WBA、指揮官トニー・ピュリスと2019年まで契約を延長2017.08.11 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは11日、トニー・ピュリス監督(59)と2019年まで契約を延長したことを発表した。

▽現役を引退したボーンマスで監督としてのキャリアをスタートさせたピュリス監督。これまでクリスタル・パレスやポーツマスなどイングランドのクラブを率いてきた同監督は、2006年に2度目となるストーク・シティの監督に就任すると、2007-08シーズンに当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦っていたクラブを2位に導き、見事プレミアリーグに昇格させた。

▽2015年1月からWBAの監督を務めているピュリス監督は、契約延長についてクラブの公式サイトで喜びを語っている。

「契約を延長できて嬉しいよ。それはクラブが前進するのに必要な安定性を持続させることができるからだ」

「我々は、常に段階的なプロセスが必要であることを言ってきた。ここ最近のシーズンはクラブ全体で向上できてきたと思うし、このようなタフでタフなリーグではこれを継続していかなければならない」

▽また、ピュリス監督はクラブのアカデミーにも目を向けて、若手の育成はクラブの成長のカギを握る重要な要素だということも指摘した。

「アカデミーの若い選手たちの成長を維持することもまた重要なことだ。私はそこに巨大な才能があると信じている。その隠れた才能を見つけるためには、彼らの成長と教育のためにも、リーグ戦に身を置かせることも重要なことなのだ」

コメント

関連ニュース

thumb

WBAがピュリスの後任監督にパーデュー氏を招へい…昨季途中にC・パレス監督を解任

▽WBAは29日、新監督にアラン・パーデュー氏(56)を招へいすることを発表した。契約期間は2年半となる。 ▽これまでウェストハムやニューカッスルなどを指揮したパーデュー氏は、2015年1月からクリスタル・パレスを指揮。しかし、2016年12月に成績不振により解任され、フリーとなっていた。 ▽WBAは、2015年1月に残留争いに巻き込まれていた中、トニー・ピュリス監督を招へい。見事にチームを残留させるも、今シーズンは下位に低迷し、先日解任されていた。 ▽今シーズンのWBAは、14試合を終えて2勝6分け6敗の16位と低迷している。 2017.11.29 20:35 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズが格下WBA相手に痛恨ドロー…ケイン弾で追いつくも2戦未勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第13節、トッテナムvsWBAが25日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに敗れ今季3敗目を喫したトッテナム(勝ち点23)は4位に転落。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でドルトムントを撃破し、最終節を残して首位通過を決めた。リーグ戦でのバウンスバックが求められる今回の一戦では、前節のチェルシー戦大敗後にピュリス監督を解任した18位WBAをホームで迎え撃った。ドルトムント戦からは左右のウイングバックをトリッピアーとベン・デイビスに戻した以外、同じメンバーを起用した。 ▽試合は開始早々にあっさりと動く。4分、中盤で緩慢なデレ・アリからボールを奪ったリバモアが背後を狙うロンドンにスルーパスを出すと、DFダビンソン・サンチェスをショルダーチャージで吹き飛ばしたロンドンがボックス右から意表を突いたタイミングで右足のシュート。これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 ▽やや緩い入りかららしくない失点を喫したトッテナムは、重心を下げたWBA相手に反撃を開始。9分にはエリクセンの右CKにケインが頭で合わすが、これは枠の左に外れる。その後は圧倒的なボール支配率で押し込む時間が続くが、徹底的にスペースを消す相手に対して、危険なエリアでボールを受けられず、完全に攻撃が停滞。27分にはボックス付近でパスを受けたケインが個人技から左足のシュートに繋げるが、わずかに枠の右に外れる。さらに32分には左サイドからカットインしたソン・フンミンがGKの前でバウンドさせる強烈なミドルシュートを放つが、今度はGKフォースターの好守に防がれる ▽その後はパススピードを上げたトッテナムが、ソン・フンミンの果敢な仕掛けを起点に相手ゴールに襲い掛かっていく。41分には右CKからエリック・ダイアーのヘディング、44分と45分にはボックス左でのソン・フンミンが際どいチャンスを創出するが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽迎えた後半、より攻撃的な[4-2-3-1]の布陣で攻勢を仕掛けるトッテナムは、キックオフ直後にケインが続けてフィニッシュに絡むなど、逆転に向けて圧力を強める。だが、前半同様に集中力を切らさない相手の守備を崩し切れない。 ▽何とか流れを変えたいポチェッティーノ監督は60分、ヴェルトンゲンとウィンクスを下げてデンベレ、ジョレンテを同時投入。この交代でダイアーを再び最終ラインに戻し、ケインとジョレンテを最前線に並べた[4-4-2]に布陣を変更した。68分にはセットプレーの二次攻撃からトリッピアーのシュートにデレ・アリが飛び込むが、わずかに届かない。 ▽ゴールが遠いトッテナムだが、頼れるエースがワンチャンスを生かす。74分、ボックス右でトリッピアーのパスを受けたデレ・アリがニアを狙って低いクロスを入れると、DFエバンスの前に入ったケインがワンタッチで流し込んだ。 ▽エースの貴重な同点弾で俄然勢いづくホームチーム。残り時間を考えれば、ここから逆転という展開だったが、メグソン暫定監督の下で粘りを見せるWBAは失点後もソリッドなパフォーマンスを継続し、流れを渡さない。 ▽試合終盤にかけて前がかるトッテナムは、ジョレンテやソン・フンミン、ケインらに決定機が訪れるも、最後の場面で身体を張る相手守備をあと一歩で崩せない。逆に、試合終了間際には不用意なボールロストからM・フィリップスのクロスをロンドンに合わせられるが、これはわずかに枠の左に外れ、事なきを得る。 ▽結局、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、ホームで格下WBA相手に引き分け止まりのトッテナムは、首位マンチェスター・シティの背中が一層遠のく痛恨の2戦未勝利となった。 2017.11.26 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

WBA、ピュリス監督を解任! 17位低迷に守備的スタイルに批判…

▽WBAは20日、トニー・ピュリス監督(59)の解任を発表した。なお、後任人事が決定するまではアシスタントコーチを務めるゲイリー・メグソン氏(58)が暫定指揮官を務める。 ▽これまでストーク・シティやクリスタル・パレスで“残留請負人”として高い評価を受けてきたピュリス監督は、2015年1月に残留争いに巻き込まれていたWBAの新監督に就任。“残留請負人”という評判通り、チームを13位でフィニッシュさせた。また、その後の2シーズンも堅守速攻を武器に、14位と10位でシーズンを締めくくるなど、一定の成果を残していた。 ▽しかし、今シーズンは開幕2連勝を飾るも、以降の10試合で未勝利と極度の不振に陥り、第12節終了時点で2勝6敗4分けの17位に低迷。18日に行われた直近のチェルシー戦での0-4の大敗で4連敗を喫したことを受け、クラブは同監督の解任に踏み切った。 ▽また、昨シーズンに入って中国資本へのクラブ売却が行われたため、スペクタクルに欠けるピュリス監督のスタイルが受け入れられなかったことも、今回の解任に繋がった模様だ。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』はピュリス監督の後任候補として、北アイルランド代表を率いるマイケル・オニール監督や、前エバートン指揮官のロナルド・クーマン氏、昨季限りで監督業引退の意向を示したサム・アラダイス氏などの名前を挙げている。 2017.11.20 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールの2Gなどでチェルシーがバギーズを4発圧勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節WBA vsチェルシーが18日に行われ、4-0でチェルシーが勝利した。 ▽4位のチェルシー(勝ち点22)と16位のWBA(勝ち点10)の一戦。チェルシーは前節マンチェスター・ユナイテッドを1-0で破り、リーグ戦3連勝を飾ったその試合から同じメンバーで敵地ザ・ホーソンズに乗り込んだ。 ▽最初のチャンスはWBA。開始5分に左サイドのM・フィリップスのクロスにロンドンが頭で合わせネットを揺らすが、ここはオフサイドでノーゴールの判定に。さらに9分には味方のスルーパスから抜け出したジェイ・ロドリゲスがゴール前に迫るが、DFが上手く身体を入れてシュートを打たせない。 ▽逆にチェルシーも14分、セスクのパスを受けたバカヨコがボックス手前で上手く反転してシュートに持ち込むが相手に当たって枠を外れた。それでも昨季の王者が強さを見せた。17分、アザールが敵陣中央からドリブルで切れ込み左足で強烈なシュートを見舞う。GKフォスターがこれを必死で弾くが、そこに詰めていたモラタが押し込んでチェルシーが先制点を奪った。 ▽このゴールで勢いに乗ったチェルシーはすぐさまバギーズを突き放す。23分、セスクのパスをモラタがヒールでワンタッチではたくと、これが前線のアザールに繋がり、アザールは楽々とシュートを流し込んだ。さらに38分にも、ボックス外左からのセスクのFKにファーサイドでマルコス・アロンソが合わせて3点目を挙げた。 ▽前半だけで3点を奪ったチェルシーは後半も手を緩めなかった。63分、最終ラインのセスクが絶妙な浮き球パスを前線に送ると、このボールに反応したのがアザール。ディフェンスラインの裏に抜け出したアザールがこれをきっちり沈めてチェルシーに4点目をもたらした。 ▽その後、チェルシーはこの試合の主役級の活躍をしたセスク、アザール、カンテを休ませるなど余裕を見せたチェルシーはそのまま危なげなく試合をクローズ。アザールの今季リーグ戦初の複数ゴールが飛び出すなど圧倒的な試合運びを見せたチェルシーが4-0で快勝した。 2017.11.19 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

一時同点もシティが勝ち切り無敗維持で首位堅守! 《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは28日、プレミアリーグ第10節でWBAの本拠地に乗り込み、3-2で勝利した。 ▽8勝1分け無敗で首位のシティが、2勝4分け3敗で13位のWBAのホームに乗り込んで行われた一戦。ミッドウィークのカラバオカップ4回戦でPK戦の末ウォルバーハンプトンを下したシティは、その試合でフル出場したアグエロやスターリング、ヤヤ・トゥーレらをベンチからスタートさせることに。ゴールマウスにエデルソン、最終ラインにウォーカー、ストーンズ、デルフ、オタメンディ、中盤にフェルナンジーニョ、L・ザネ、ベルナルド・シウバ、デ・ブライネ、シルバを並べ、最前線にはガブリエウ・ジェズスが入った。 ▽シティは序盤から試合を支配。ほぼ相手の陣内で試合を進行していくと10分に先制点を奪取する。フェルナンジーニョのパスを受けたL・ザネが、ボックス手前左でDFとの一対一を迎えると、一瞬の加速で半身だけずらし、股を抜くシュート。タイミングをずらされたGKは反応できず、ゴール右隅に決まった。 ▽大きなアドバンテージを握ることに成功したシティだったが、直後に一瞬の隙を突かれ、同点弾を許すことに。13分、ピッチ中央付近でボールを持ったバリーが前を向くと、ラインの裏にフライスルーパスを供給。ストーンズを背負いつつもボックス内に抜け出したジェイ・ロドリゲスが、GKエデルソンの頭上を抜くループ気味のシュートを放ち、試合をイーブンに戻した。 ▽それでも直後の15分、動揺せずに相手を押し込み続けるシティが、再びリードを得る。敵陣深くでボール回しが続くと、ボックス手前中央でボールを持ったフェルナンジーニョがミドルシュート。ボールは左ポストを叩きつつ、ゴールに吸い込まれた。 ▽5分間で3得点が生まれる怒涛の時間が過ぎ去ると、試合はややこう着状態に。ワンタッチでパスを回すシティに対して、WBAは前を向かせないことに集中して対応。結局、1点差で試合の折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入ってもWBAが落ち着いた守備をみせると、なかなか好機が生まれない。リズムを変化させたいシティは、61分にベルナルド・シウバに代えてスターリングを投入。得点力のある選手を起用し、追加点を目指していく。 ▽すると64分、途中出場の選手が早くも監督の期待に応える。ショートカウンターの場面で右サイド深くにオーバーラップしたウォーカーが、グラウンダーのクロスを供給。DFを置き去りにして抜け出したスターリングが、ダイレクトでゴールに流し込んだ。 ▽その後もシティがチャンスを作り続けると、85分にはボックス内右でフリーとなったデ・ブライネがシュートを放つ。ボールはゴールポスト右に逸れたが、相手GKに息を突く暇を与えない。 ▽しかし、試合終了間際の92分にホームのWBAが意地をみせる。敵陣中央付近からバリーがボックス内にボールを放り込むと、オタメンディは胸でGKエデルソンにバックパス。背後につけていた途中出場のM・フィリップスが飛び出してこれに触り、点差を縮めることに成功する。 ▽それでも、直後に試合終了の笛が鳴り、WBAの反撃はここで終了。攻め勝ったシティが無敗を継続することとなり、首位を堅守する結果となった。 2017.10.29 01:07 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース