WBA、指揮官トニー・ピュリスと2019年まで契約を延長2017.08.11 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは11日、トニー・ピュリス監督(59)と2019年まで契約を延長したことを発表した。

▽現役を引退したボーンマスで監督としてのキャリアをスタートさせたピュリス監督。これまでクリスタル・パレスやポーツマスなどイングランドのクラブを率いてきた同監督は、2006年に2度目となるストーク・シティの監督に就任すると、2007-08シーズンに当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦っていたクラブを2位に導き、見事プレミアリーグに昇格させた。

▽2015年1月からWBAの監督を務めているピュリス監督は、契約延長についてクラブの公式サイトで喜びを語っている。

「契約を延長できて嬉しいよ。それはクラブが前進するのに必要な安定性を持続させることができるからだ」

「我々は、常に段階的なプロセスが必要であることを言ってきた。ここ最近のシーズンはクラブ全体で向上できてきたと思うし、このようなタフでタフなリーグではこれを継続していかなければならない」

▽また、ピュリス監督はクラブのアカデミーにも目を向けて、若手の育成はクラブの成長のカギを握る重要な要素だということも指摘した。

「アカデミーの若い選手たちの成長を維持することもまた重要なことだ。私はそこに巨大な才能があると信じている。その隠れた才能を見つけるためには、彼らの成長と教育のためにも、リーグ戦に身を置かせることも重要なことなのだ」

コメント

関連ニュース

thumb

WBAのエバンスら4選手がタクシーを盗む

▽イギリス『サン』は、WBAに所属するGKボアズ・マイヒル、DFジョニー・エバンス、MFガレス・バリー、MFジェイク・リバモアの4選手が犯罪を犯したと報じた。 ▽アラン・パーデュー監督率いるWBAは、最下位に沈むプレミアリーグで巻き返すべく、スペインで短期間のウィンターキャンプを実施。そのスペイン滞在中に、4名の選手がタクシー盗難の愚行を働いたという。 ▽エバンスら4選手は15日、真夜中の外出禁止令を破り、バルセロナ中心部に繰り出すと、宿泊先のホテルに戻るために出先のマクドナルドでタクシーを窃盗。逮捕こそ回避したものの、現地警察の聴取を受けたとみられる。 ▽この一件について、WBA側も認め、パーデュー監督も「彼らは外出禁止令を破った。許せない。失望した。不徳の致すところ」と言及。その後、4選手は共同声明として、「お詫び申し上げます」と謝罪している。 ▽なお、タクシーは無事、持ち主の下へ。犯罪を犯した4選手に関しては今後、クラブからのペナルティに加えて、現地裁判所から処罰が下されることになりそうだ。 2018.02.17 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アザール2発のチェルシーが最下位WBAに快勝で連敗ストップ! 4位を死守《プレミアリーグ》

▽チェルシーは12日、プレミアリーグ第27節でWBAを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ワトフォード戦をバカヨコの退場もあって1-4と惨敗し、格下相手に痛恨の2連敗となった暫定5位のチェルシー(勝ち点50)は、コンテ監督解任待ったなしの中、ジルーが移籍後初先発を飾り、負傷明けのA・クリステンセンがスタメンに戻った。そして肩を痛めて戦列を離れていたモラタがベンチ入りした。 ▽開始4分に負傷でスタリッジがプレー続行不可能となった2連敗中の最下位WBA(勝ち点20)に対し、徐々に圧力を強めていったチェルシーだったが、11分にピンチ。モーゼスのヘディングでのバックパスが短くなってジェイ・ロドリゲスに際どいシュートを打たれてしまった。 ▽5バックを敷くWBAに対し、引き続き押し込むチェルシーは18分に決定機。右サイドからのアスピリクエタのアーリークロスをファーサイドのザッパコスタがボレー。しかし、GKフォスターにセーブされてしまった。さらに20分、アザールの右サイドからのグラウンダークロスをボックス中央のジルーが右足ダイレクトで合わせるも、GKフォスターの守備範囲に飛んで先制点とはならない。 ▽その後もジルーにボールを当てながら圧力をかけたチェルシーは、25分にゴールをこじ開けた。アザールがジルーとのワンツーからボックス中央に侵入してシュートを流し込んだ。 ▽前半半ば以降はチェルシーが試合をコントロール。WBAに付け入る隙を与えずに時間を消化し、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽後半からブラントに代えてバークを投入してきたWBAに対し、チェルシーがセスクを軸に敵陣でボールを動かしていくも、57分にピンチ。A・クリステンセンがロンドンに競り負けてボックス内からシュートを打たれたが、GKクルトワが好守で凌いだ。さらに直後のCKからエバンスのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、わずかに枠を外れた。 ▽ひやりとしたチェルシーは61分、ジルーに代えてモラタを投入すると、63分に突き放す。右サイドから中へ切れ込んだモーゼスがセスクへパス。セスクのダイレクトヒールパスが相手DFに当たってボックス右のモーゼスの下にこぼれ、モーゼスがシュートを流し込んだ。 ▽さらに71分、アザールがファインゴールで勝負を決定付ける。ボックス右から左足を振り抜き、GKフォスターが一歩も動けないパーフェクトショットをゴール右隅に決めてみせた。 ▽余裕のチェルシーは負傷明けのA・クリステンセンに代えてケイヒルを投入。終盤にかけても危なげなく試合を進めたチェルシーが快勝で連敗をストップし、4位を死守している。 2018.02.13 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

WBAとの下位対決を制したサウサンプトンがプレミア13戦ぶりの白星!吉田はベンチ入りも出場せず《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは3日、プレミアリーグ第26節でWBAと対戦し、3-2で勝利した。吉田はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦12試合未勝利で18位に沈むサウサンプトン(勝ち点23)が、最下位WBA(勝ち点20)のホームに乗り込んだ一戦。サウサンプトンは、タディッチやワード=プラウズの主力に加え、新加入のFWカリージョがスタメンに名を連ねた。ハムストリングの負傷で欠場が続いていた吉田は、この試合もベンチスタートとなった。 ▽試合が動いたのは開始早々の4分、ブラントの右CKをゴール前に走り込んだヘガジがヘディングで叩き込み、WBAが先制に成功した。 ▽一進一退の展開が続く中、サウサンプトンの反撃は40分。ペナルティエリア手前でパスを受けたレミナが積極的にミドルシュートを狙うと、これがゴール左に突き刺さった。同点弾で勢いづくサウサンプトンは43分、ワード=プラウズの左CKをニアに走り込んだスティーブンスが頭で合わせると、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。 ▽逆転して後半を迎えたサウサンプトンは55分、ペナルティアーク内でホードが倒されてFKを獲得。ワード=プラウズの直接FKがゴール右隅に突き刺さり、3点目を奪った。 ▽WBAは72分にロンドンが1点を返すも反撃はここまで。下位対決を制したサウサンプトンが、リーグ戦13試合ぶりの白星を飾った。 2018.02.04 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

シティがWBAにホームで3発快勝! 優勝に向けて更なる独走態勢に《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは1月31日、プレミアリーグ第25節でWBAとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽プレミアリーグ第23節でリバプール相手にリーグ戦初黒星を喫したシティだが、その後は3連勝。EFLカップとFAカップでも順調に駒を進め、シーズン4冠に向けて視界良好なシチズンズは、FAカップのカーディフ戦から6選手を変更。GKにはエデルソンが入り、ディフェンスラインには新加入のラポルテがいきなりの初先発。中盤から前線には、シルバやフェルナンジーニョ、スターリング、アグエロらが起用されている。 ▽ホームのシティは、まずはFKでチャンスを迎えた。4分、ボックスの外右の位置でFKを得ると、デ・ブライネが直接狙いに行く。しかしこのシュートは壁に当たってしまう。8分にはシルバがボックス内で倒されるが笛は吹かれず。 ▽その後もWBAに攻撃の隙を全く与えないシティは、19分に試合を動かす。左サイドに流れたデ・ブライネから見事なスルーパスを受けたフェルナンジーニョ。このパスでボックス左に侵入すると、そのままGKの股を抜くシュートを沈めて先制点を奪った。 ▽27分にも、デ・ブライネがGKと一対一の場面を迎えるなど、ほとんどワンサイドゲームを展開するシティ。36分にはカウンターから再びデ・ブライネ。インサイドステップでの丁寧なシュートはGKフォスターに阻まれた。 ▽押せ押せのシティだったが40分にアクシデント。シルバが腰当たりの痛みから交代を要求。ギュンドアンとの交代でピッチを退いた。 ▽後半に入ってもシティペースは変わらない。後半開始早々に、ボックス左に侵攻したスターリングがゴールの右上隅をかすめるシュートを放つと、50分過ぎにはアグエロがヒールシュートでGKを強襲。 ▽65分のベルナルド・シウバの左足のシュートはGKフォスターがファインセーブ。なかなか追加点が奪えないでいるシティだったが、68分に待望の追加点を挙げる。自陣からのカウンターを発動したシティは、デ・ブライネがピッチ中央を駆け上がって一気に前線へ。一度ボックス左のスターリングに預けたデ・ブライネは、その折り返しを流し込んで2点目を奪った。 ▽これで楽になったシティは、試合終了間際の89分には、アグエロが3点目を決めてチェックメイト。リーグ戦2連勝を飾り、優勝に向けて独走態勢に拍車をかけた。 2018.02.01 07:02 Thu
twitterfacebook
thumb

WBAがスタリッジのレンタル加入を発表! 「自分にとって適した場所」

▽WBAは29日、リバプールからイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」に決定した。 ▽29日にザマレクからエジプト代表DFアリ・ガブルを獲得したのに続き、得点力不足解消に大きく役立つ有能ストライカー獲得に成功したWBAのアラン・パーデュー監督は喜びのコメントを残している。 「今回の補強を通じて、我々のファンにはチームがプレミアリーグ残留に向けてピッチ内だけでなく市場でも戦っていることを理解してもらいたい」 「今回の補強は我々にとって非常に大きなものであり、我々のリーグとFAカップの戦いを助けてくれる、ダニエルには“ありがとう”と伝えたい」 「彼は素晴らしいタレントであり、2つのコンペティションで我々の野望を叶える強みとなるはずだ」 ▽また、バーミンガム出身のスタリッジは地元クラブへの加入に心地よさを感じているようだ。 「正しい場所に来たと感じているよ。ここには以前に一緒にプレーしたこともある友人たちがいるんだ。それに監督ともチームの挑戦やプレースタイルに関してよく話し合ったんだ。だから、ここが自分にとって適した場所だと感じている」 ▽度重なるケガからようやく復帰したスタリッジは、今シーズンここまでの公式戦14試合に出場し3ゴール3アシストを記録。しかし、ユルゲン・クロップ監督の構想外と目される同選手はターンオーバーや主力負傷以外でスタメン起用されることはほぼなく、今夏のロシア・ワールドカップ本大会出場を目指し今冬の移籍を希望していた。 ▽そのスタリッジに関しては一時個人間合意も報じられたインテルを筆頭に、ローマやセビージャ、ウェストハム、直近ではニューカッスル行きも報じられていたが、新天地は得点力不足に苦しむプレミアリーグ19位のWBAとなった。 2018.01.30 06:24 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース