WBA、指揮官トニー・ピュリスと2019年まで契約を延長2017.08.11 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは11日、トニー・ピュリス監督(59)と2019年まで契約を延長したことを発表した。

▽現役を引退したボーンマスで監督としてのキャリアをスタートさせたピュリス監督。これまでクリスタル・パレスやポーツマスなどイングランドのクラブを率いてきた同監督は、2006年に2度目となるストーク・シティの監督に就任すると、2007-08シーズンに当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦っていたクラブを2位に導き、見事プレミアリーグに昇格させた。

▽2015年1月からWBAの監督を務めているピュリス監督は、契約延長についてクラブの公式サイトで喜びを語っている。

「契約を延長できて嬉しいよ。それはクラブが前進するのに必要な安定性を持続させることができるからだ」

「我々は、常に段階的なプロセスが必要であることを言ってきた。ここ最近のシーズンはクラブ全体で向上できてきたと思うし、このようなタフでタフなリーグではこれを継続していかなければならない」

▽また、ピュリス監督はクラブのアカデミーにも目を向けて、若手の育成はクラブの成長のカギを握る重要な要素だということも指摘した。

「アカデミーの若い選手たちの成長を維持することもまた重要なことだ。私はそこに巨大な才能があると信じている。その隠れた才能を見つけるためには、彼らの成長と教育のためにも、リーグ戦に身を置かせることも重要なことなのだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レスター指揮官、同点ゴールのマフレズ称賛! 降格圏内転落も巻き返し誓う

▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、WBA戦を振り返り、今後の巻き返しを誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは16日、プレミアリーグ第8節でWBAとのホーム戦に臨んだ。開幕後、1勝しかできていないレスターにとっては、きっちりと白星を飾りたい一戦だったが、63分にWBAのシャドリに直接FKを決められ、先制を許してしまう。それでもレスターは80分、左サイドからのクロスの落としをボックス右で受けたマフレズが胸トラップから右足を一閃して試合を振り出しに戻した。しかしその後、レスターは逆転ゴールを奪えずドロー決着。降格圏内である18位に後退した。 ▽シェイクスピア監督は試合後、同点ゴールを奪ったマフレズについて称賛している。また、降格圏内に転落したことについて「このリーグの監督をやっていれば誰にでも起こること」とコメントし、今後の巻き返しを誓った。 「マフレズにはゴールの直前に大きなチャンスがあった。しかし、決めきることができず、がっかりしていた。それでも、ゴールを決めたシーンでのファーストタッチは素晴らしかったよ。その後も、自分の才能を発揮していたね」 「苦手な右足でのシュートだったがよく抑えることができていたと思う。何より喜ばしいことは彼がゴールを狙い続けたことなんだ」 「(降格圏内に転落したことについて)プレミアリーグやこのリーグの監督をやっていれば誰にでも起こることだ。一生懸命プレーし、激しいトレーニングをやっていくことがフットボールの本質でもある。我々は変わっていけると思っているし、そのための勝利が必要だ。きっと、我々が順位を上げていくことを見てもらえると思うよ」 2017.10.17 09:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ギグス氏が自身のプレミア出場記録更新のバリーを祝福 「この記録がもっと伸びていくことを願っている」

▽マンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ウェールズ代表FWライアン・ギグス氏が、自身の持つプレミアリーグの最多出場記録を更新したWBAの元イングランド代表MFガレス・バリー(36)に祝福のメッセージを送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽バリーは、今月16日に行われたウェストハム戦でギグス氏が持っていた632試合というプレミアリーグ最多出場記録に並び、25日に行われたアーセナル戦で先発出場した際に、この記録を633試合に伸ばし、新記録を樹立した。 ▽同日、自身が出演するテレビ番組『スカイ・スポーツ』でバリーの偉業達成を見届けたギグス氏は、自身の記録を更新したバリーに祝福のメッセージを送った。 「やあ、ガレス。私のプレミアリーグ最多出場記録を更新した君を心から祝福したい。それはとてつもない偉業だ」 「君は素晴らしいプロフェッショナルであり、多くのトップレベルのゲームでプレーしてきたことを知っているし、本当に素晴らしい偉業だ。個人的に君の活躍を嬉しく思うし、この記録がもっと伸びていくことを願っている」 ▽また、偉業達成の試合でゲームキャプテンを務めたバリーは、自身の想像以上に注目を集めたことに戸惑いつつも、今後も記録にこだわることなくプレーしていきたいと語った。 「今週は多くのメディアの注目に晒され、少し不思議な1週間だったよ。この偉業をベッドに持っていくことができて良かったよ」 「個人的には記録のことについて、誰が上にいるのか、誰が自分の下に居るのか、とか深く考えていないんだ。僕自身、ピッチ上で全力を注ぐことだけに集中しているよ」 ▽バリーは、アストン・ビラ、マンチェスター・シティ、エバートン、そしてWBAでプレー。21シーズンプレーしており、4チームで633試合出場を達成。52ゴール63アシストを記録。PKでも14ゴールを決めている。また、イエローカードは119枚、レッドカードは6枚受けている。プレミアリーグの優勝はマンチェスター・シティ時代に1度経験しており、261勝を挙げている。 2017.09.26 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

バリーがプレミアリーグ通算633試合出場で新記録を樹立…21年で達成

▽WBAに所属する元イングランド代表MFガレス・バリー(36)が、プレミアリーグの最多出場記録を更新した。 ▽これまでは、マンチェスター・ユナイテッド一筋でプレーを続けた元ウェールズ代表FWライアン・ギグス氏が持っていた「632」試合が最多であり、今シーズンからWBAに加入したバリーは、16日に行われたウェストハム戦で記録に並んでいた。 ▽そして迎えた25日のアーセナル戦で、バリーは先発フル出場。出場試合数を「633」に伸ばし、新記録を樹立した。なお、試合はFWアレクサンドル・ラカゼットの2ゴールでアーセナルが2-0で勝利している。 ▽バリーは、アストン・ビラ、マンチェスター・シティ、エバートン、そしてWBAでプレー。21シーズンプレーしており、4チームで633試合出場を達成。52ゴール63アシストを記録。PKでも14ゴールを決めている。また、イエローカードは119枚、レッドカードは6枚受けている。プレミアリーグの優勝はマンチェスター・シティ時代に1度経験しており、261勝を挙げている。 ▽プレミアリーグの出場記録上位は全て引退した選手であり、バリーの記録が抜かれるのは当分先になりそうだ。 ◆プレミアリーグ出場記録 1位:ガレス・バリー/633 2位:ライアン・ギグス/632 3位:フランク・ランパード/609 4位:デイビッド・ジェームズ/572 5位:ギャリー・スピード/535 ◆ガレス・バリーの記録(WBA公式) 出場試合:633 勝利:261 ゴール:52 アシスト:63 イエローカード:119 レッドカード:6 プレミアリーグ優勝:1 タックル数:998 パス数:19861 2017.09.26 10:52 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがラカゼットの2発でWBAを撃破!《プレミアリーグ》

▽アーセナルは25日、プレミアリーグ第6節でWBAと対戦し、2-0で勝利した。 ▽ここまで2勝2敗1分けで12位のアーセナルが、ホームに9位WBAを迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節のBATEボリゾフ戦の控えるアーセナルは、前節のチェルシー戦からスタメンを2人変更。ウェルベックとイウォビに代えてサンチェスとエルネニーをスタメンで起用。3トップは右からラムジー、ラカゼット、サンチェスと並べた。 ▽一方のWBAは、この試合でプレミアリーグ最多出場記録を633試合に更新するバリーを先発で起用。2トップにロブソン=カヌとジェイ・ロドリゲスを配置した[3-5-2]の布陣で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりからポゼッションで上回るアーセナルは4分、ボックス左手前からカットインを仕掛けたサンチェスが倒されFKを獲得。このFKをサンチェスが直接狙うも、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 ▽対するWBAは8分、中盤からのロングパスで相手DFの裏に抜け出したジェイ・ロドリゲスがボックス左まで侵攻。切り返しの際にムスタフィに倒されたが、素早く立ち上がり右足を振り抜く。しかし、このシュートは右ポストに弾かれた。 ▽コンパクトな陣形を組むWBA守備陣に苦戦するアーセナルだが、19分にスコアを動かす。ペナルティアーク右外でエルネニーがエバンスに倒されてFKを獲得。このFKをサンチェスが直接狙うと、相手GKの弾いたボールをラカゼットが頭で押し込んだ。 ▽先制を許したWBAは38分、強引なドリブルで左サイドを持ち上がったクリホヴィアクがボックス左からクロスを供給すると、ファーサイドから走り込んだジェイ・ロドリゲスがヘディングシュート。しかし、これはゴールライン手前でモンレアルの好クリアに遭う。 ▽迎えた後半も最初のチャンスはホームチームに生まれる。51分、左サイドを持ち上がったコラシナツの折り返しをボックス内で受けたエルネニーが落とし、最後はラカゼットをシュート。これは相手DFに当たり枠の上に外れた。 ▽攻勢を強めるアーセナルは66分、左サイドから仕掛けたラムジーがボックス左深くでニョムに倒されPKを獲得。このPKをラカゼットがゴール右隅に決め、追加点を奪った。 ▽追加点で主導権握ったアーセナルは、83分にラカゼットとサンチェスを下げてジルーとエジルを投入。その後も危なげない試合運びを見せたアーセナルが2-0で勝利。ラカゼットの2ゴールで完勝したアーセナルが公式戦5試合負けなしと好調を維持している。 2017.09.26 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが獲得を望んだ鉄人MFバリー、アーセナル入りに迫った過去を告白

▽プレミアリーグの出場記録更新がかかるWBAの元イングランド代表MFガレス・バリーが、アーセナル加入の可能性が2度もあったことを明かした。『ESPN』が報じた。 ▽これまでバリーは、アストン・ビラやマンチェスター・シティ、エバートンでプレー。今夏エバートンからWBAへと移籍加入した。 ▽鉄人として知られるバリーは、アストン・ビラで365試合、マンチェスター・シティで132試合、エバートンで131試合のプレミアリーグに出場。WBAでは4試合に出場しており、あと1試合で元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏が持つ最多出場記録の632試合を超えることになる。 ▽バリーがギグス氏の記録を追い抜く可能性がある試合は、25日に開催されるアーセナル戦。アーセナルと言えば、アーセン・ヴェンゲル監督が先日、過去にバリーを獲得するつもりだったと発言。しかし、シティの資金力の前に屈したと明かしていた。 ▽そんなヴェンゲル監督の発言を受けたバリーは、そのことが事実であったとコメント。さらに、シティからエバートンに移籍する際にもアーセナル入りの可能性があったことを明かし、ヴェンゲル監督への尊敬の念を語った。 「代表と何度か話をしたんだ。そしてアーセン(・ヴェンゲル)が興味を持ってくれていた。僕がアストン・ビラを去る前、そしてマンチェスター・シティを去り、エバートンに行くときにも興味を持ってくれていた」 「でも、それは実現しなかった。僕はアーセン・ヴェンゲルがイギリスでの試合に対して起こしたことに敬意を抱いている。そして、彼の下で働くことはうまくいっただろう。でも、何も起こらなかった」 「彼は信頼に値するんだ。なぜなら、彼は当時の試合で先を行っていたからね。もし1990年代に彼とともに働いた人に話をするならば、物事を見ていて、当時のイギリス人監督がやっていなかったことをしていたと話すだろう」 ▽相思相愛であったことが発覚したヴェンゲル監督とバリー。25日の試合では2人の絡みがあるのか、そしてバリーが最多出場記録を更新するのか注目が集まる。 2017.09.23 21:31 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース