WBA、指揮官トニー・ピュリスと2019年まで契約を延長2017.08.11 21:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは11日、トニー・ピュリス監督(59)と2019年まで契約を延長したことを発表した。

▽現役を引退したボーンマスで監督としてのキャリアをスタートさせたピュリス監督。これまでクリスタル・パレスやポーツマスなどイングランドのクラブを率いてきた同監督は、2006年に2度目となるストーク・シティの監督に就任すると、2007-08シーズンに当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦っていたクラブを2位に導き、見事プレミアリーグに昇格させた。

▽2015年1月からWBAの監督を務めているピュリス監督は、契約延長についてクラブの公式サイトで喜びを語っている。

「契約を延長できて嬉しいよ。それはクラブが前進するのに必要な安定性を持続させることができるからだ」

「我々は、常に段階的なプロセスが必要であることを言ってきた。ここ最近のシーズンはクラブ全体で向上できてきたと思うし、このようなタフでタフなリーグではこれを継続していかなければならない」

▽また、ピュリス監督はクラブのアカデミーにも目を向けて、若手の育成はクラブの成長のカギを握る重要な要素だということも指摘した。

「アカデミーの若い選手たちの成長を維持することもまた重要なことだ。私はそこに巨大な才能があると信じている。その隠れた才能を見つけるためには、彼らの成長と教育のためにも、リーグ戦に身を置かせることも重要なことなのだ」

コメント

関連ニュース

thumb

WBA、DFクレイグ・ドーソンと2020年までの新契約締結!

▽WBAは23日、イングランド人DFクレイグ・ドーソン(27)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2010年からWBAでプレーするドーソンは、2014-15シーズンにレギュラーポジションを掴むと、昨シーズンは右サイドバックとセンターバックでリーグ戦37試合に出場し、4ゴールを記録した。 ▽WBAとの新契約にサインしたドーソンは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕はここで常に穏やかな気持ちでいるし、今回の合意を本当に嬉しく思っているよ。これまでこのクラブで長い旅をしてきたけど、まだまだ多くの旅が続いていく」 「個人的に一貫性を持ってチームのために自分の役割を全うしようとしている。ただ、このレベルでそれを続けていくことは決して簡単なことではないんだ。また、フットボーラーとして改善すべき点は多くあるし、これからも毎日、毎試合を懸命に戦っていきたい」 2017.08.23 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがまたまたDFを補強!? 今度はWBAのエバンスに照準か

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、今夏のディフェンスラインの補強にまだ満足していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、シティはWBAの北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(29)の獲得を試みているという。 ▽ディフェンスラインの更なる補強を画策しているとされるシティは、マンチェスター・ユナイテッドのユース出身であるエバンスに注目。すでに1800万ポンド(約25億3000万円)のオファーは拒否されたようで、今後さらに移籍金を上積みし交渉に当たる模様だ。 ▽『スカイ・スポーツ』が伝えるところでは、エバンスに関心を寄せているのはシティだけではないようだ。今夏レスター・シティが1000万ポンド(約14億円)のオファーを出したがWBAはこれを拒否。また、昨夏にはアーセナルもアプローチをかけていたようだが、これも失敗に終わっている。 ▽2015年夏にユナイテッドから加入したエバンスは、初年度からセンターバックでレギュラ―の座を確保。これまで公式戦65試合に出場している同選手は、「クラブが僕を売りたがらない限り、これまで通り何も変化することはない」とし、移籍の可能性を否認している。 2017.08.18 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

WBA、エバートンから元イングランド代表MFバリーを獲得! プレミア歴代最多出場に残り5試合

▽WBAは15日、エバートンから元イングランド代表MFガレス・バリー(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は18に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽エバートンからWBAに加入したバリーは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「僕はチームを助けるためにここに来た。どこでプレーするかに関わらず、僕にとっていつもやることは同じだ」 「このチームが成長するためにハードワークし、クオリティを加えたい」 ▽アストン・ビラでプロキャリアをスタートしたバリーは、闘争心溢れる守備的MFとしてビラ、マンチェスター・シティ、エバートンで活躍してきた。なお、ここまでプレミアリーグ通算628試合に出場している鉄人MFは、あと5試合の出場でライアン・ギグス氏の最多出場記録に並ぶことになる。また、イングランド代表では通算53試合に出場し、3ゴールを記録している。 ▽今夏、スコットランド代表MFダレン・フレッチャーがストーク・シティに去ったWBAにとって、百戦錬磨のバリーの加入は大きな補強となりそうだ。 2017.08.16 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツ、イングランド若手GKジャック・ローズと1年契約

▽サウサンプトンは14日、WBAからイングランド人GKジャック・ローズ(22)を1年契約で獲得したことを発表した。 ▽WBAの下部組織出身であるジャック・ローズは、トップチームデビューは果てしていなかったものの、U-23チームでは通算53試合に出場していた。同選手はサウサンプトンのクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ここに来ることができて興奮しているよ。サウサンプトンの若手に対する評判は知っての通りだ。彼らは僕たちにチャンスを与えてくれる。ここには多くのGKがいて、僕は彼らから学ぶことができる。フレイザー(・フォースター)はイングランド代表選手だし、スチュアート・テイラーは経験豊富だ。アレックス・マッカーシーとは一緒にトレーニングしたんだけど、彼は本当に良くしてくれたよ」 2017.08.15 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

WBAがヴェルメーレン獲得を熱望! アーセナル時代以来のプレミア復帰なるか

▽WBAがバルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン(31)の獲得を熱望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ヴェルメーレンは、昨夏にバルセロナからローマに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。しかし、度重なるケガやパフォーマンスの問題もあり、昨シーズンは公式戦12試合の出場に留まった。そのため、ローマはシーズン終了後に買い取りオプションを行使せず、バルセロナに復帰することになった。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、エルネスト・バルベルデ新監督の構想外となっているヴェルメーレンには、ウェストハムやクリスタル・パレスなどプレミア勢が関心を示しているという。その中でもトニー・ピュリス監督が率いるWBAが最も獲得に関心を示しているようだ。 ▽ウェストハムに関しては慣れ親しんだロンドンという立地に加え、最も競争力があるという強みがある。対して、パレスはアヤックスという同じルーツを持つフランク・デ・ブール新監督の存在が有利に働くとみられる。一方、WBAはベルギー代表の同僚であるMFナセル・シャドリの存在に加え、出場機会という部分で魅力があると思われるが、ヴェルメーレンの選択はどうなるのか。 2017.07.31 03:06 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース