イスコに契約延長報道! 契約解除金は推定897億円!2017.08.11 19:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン『アス』は、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(25)が契約延長で合意した報じた。

▽伝えられるところによると、イスコはマドリーと新たに4年契約を結び、2022年まで延長。これにより、年俸600万ユーロ(約7億7000万円)を受け取る見込みで、契約解除金も破格の7億ユーロ(約897億円)に引き上げられたとみられる。

▽また、『アス』によれば、イスコは7月の時点でマドリーと延長合意に達していたようだが、本人の意思を汲み、プレシーズン終了の今月まで発表を控えていた模様。なお、8月13日と16日に行われるバルセロナとのスーペル・コパ終了後に公式発表される見通しとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループH総括】“死の組”制したスパーズが首位通過! 2連覇中の王者マドリーは低調ドルト退け2位通過

▽2連覇中の王者レアル・マドリーに加え、決勝トーナメントの常連ドルトムント、昨季プレミアリーグ2位のトッテナムが同居したグループHは、グループCと同様に今大会の“死の組”と評された。その三つ巴の争いを制したのは、3番人気のトッテナムとなった。一方、そのトッテナムの後塵を拝したマドリーだが、低調なドルトムントを退けて2位通過を果たした。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[16/5/1/0/11] 2.レアル・マドリー[13/4/1/1/10] 3.ドルトムント[2/0/2/4/-6] 4.アポエル[2/0/2/4/-15] ◆昨季教訓に圧巻の首位通過~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、低調な戦いぶりでグループステージ敗退となるなど、ヨーロッパの舞台で経験不足を露呈してきたトッテナムだが、ポチェッティーノ監督の下で着実に成長を続けた若きチームは、5勝1分けの勝ち点16という、今グループステージ出場チーム最多勝ち点で見事な首位通過を果たした。初戦では今季国内リーグで勝利がなかったウェンブリーで難敵ドルトムントを撃破し勢いに乗ると、第2戦のアポエル戦ではエースFWケインのハットトリックで連勝。そして、マドリーとの連戦では敵地での一戦を守備的なアプローチで戦い、互角以上の内容で勝ち点1を奪取。さらに、ウェンブリーでのリターンマッチでは出場停止明けで初出場のMFデレ・アリの2ゴールの活躍で2連覇中の王者を撃破した。その後、第5節ではドルトムント相手のアウェイゲームをきっちり勝ち切り、最終節を前に首位通過を決めた。多士済々なタレントに加え、采配に柔軟性が出てきたアルゼンチン人指揮官の下で躍動するチームは、決勝トーナメント1回戦で昨季のファイナリスト、ユベントスを相手に更なる躍進を目指す。 ◆順当突破も3連覇に向け不安要素~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前人未踏のCL連覇を達成したマドリーは、更なる偉業を目指す今シーズンも順当に決勝トーナメント進出を果たした。国内リーグではアタッカー陣の不振によって序盤戦から大苦戦を強いられるも、CLの舞台ではその攻撃陣が真価を発揮。とりわけ、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの存在感が抜群だった。今季の自身公式戦最初の試合となったアポエルとの初戦で2ゴールを奪ったC・ロナウドは、リーグ戦の不調とは裏腹にまるで打ち出の小槌のようにシュートを放てばゴールを積み重ね、史上初のグループステージ全試合ゴールを達成すると共に、得点ランキング独走の9ゴールを記録した。そのエースにけん引されたチームは、トッテナム相手に敗戦を喫したものの4勝1敗1分けときっちり勝ち点を積み上げた。ただ、2位通過となったことで、先日の組み合わせ抽選会では優勝候補パリ・サンジェルマンという最悪な相手を決勝トーナメント1回戦の対戦相手に引き当ててしまい、3連覇に向けて大きな不安要素を残した。 ◆絶不調でまさかの未勝利…~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽実績や選手層で2番手という位置付けだったドルトムントだったが、今グループステージ未勝利という低調な戦いぶりで早くも今季CLの戦いを終えることになった。9月中旬まではボス新監督の下で素晴らしい序盤戦を過ごしたドルトムントだが、徐々に歯車が狂い始めると、トッテナムとマドリーとの開幕2試合をいずれも僅差ながら連敗。さらに、国内リーグで泥沼の低迷期に陥ったチームはグループ最弱のアポエルとの連戦を、いずれも1-1のドローで終える体たらく。この連続ドローで突破の可能性がほぼ消滅すると、残りのライバル2チームとの直接対決も無残に連敗。未勝利で勝ち点2という低調な数字となったが、同勝ち点のアポエルを辛くも得失点差で振り切り、EL出場権を獲得。なお、CLと国内リーグでの低迷によってボス監督を解任したチームは前ケルン指揮官のシュティーガー新監督の下、ELラウンド32でアタランタと対戦する。 ◆奮闘も我慢し切れず~アポエル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽予備予選、プレーオフを制して本大会出場を決めた中、強豪揃いのグループに入ったアポエル。結果的に最下位で大会を去ることになったものの、実りあるグループステージとなった。とりわけ、圧倒的な格上であるドルトムントとの連戦では持ち味の堅守速攻を武器に互角の戦いを披露し、いずれも1-1のドローで終える見事な戦いを披露した。その一方で、トッテナムとマドリー相手には先制点を奪われた後の試合運びに問題を抱え、4試合で3失点以上を喫しての無得点負けとなった。仮に、この4試合でもう少し我慢できていれば、3位フィニッシュも可能だったかもしれない。 2017.12.13 18:07 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーが本気! クラブW杯を現地観戦するファン・サポーターにチケット代を還元

▽クラブ・ワールドカップに参加するレアル・マドリーが、ファン・サポーターへの還元を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽史上初のクラブ・ワールドカップ連覇を目指すマドリー。準決勝で開催国王者のアル・ジャジーラとの対戦を控えている。 ▽マドリーは公式サイトで「クラブ・ワールドカップでアブダビを訪れるファンクラブ会員とサポーターのサポートに感謝し、準決勝と決勝、または3位決定戦のチケットを払い戻す手続きを行います」と発表した。 ▽すでに、南米王者のグレミオが北中米カリブ海王者で日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカを延長戦の末に下し、決勝進出を決めているが、マドリーは決勝に進出し史上初の連覇を達成できるのだろうか。 2017.12.13 16:52 Wed
twitterfacebook
thumb

欲しがるマドリー、サラー獲得に向けてあの期待の若手を差し出す!?

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽サラーは今夏の移籍市場でローマからリバプールへ4200万ユーロで加入。すると加入直後からポジションを掴み、リーグ戦とチャンピオンズリーグでは22試合で18ゴール4アシストと結果を残している。 ▽この活躍を受けて、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はサラーをマドリ―に引き込む動きを見せているようだ。来年2月に33歳を迎えるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや負傷がちのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)らに変わる存在として考えているという。 ▽また、移籍金に関してはリバプールが要した4200万ユーロ以上の金額が必要とふんでいる。そこで驚くことにカンテラ出身であるスペイン代表FWルーカス・バスケス(26)を差し出して、移籍金の引き下げを考えているようだ。 ▽ルーカス・バスケスは、今シーズンのリーグ戦で13試合に出場し1ゴールをマーク。決して多くはない出場機会ながらも、そのプレーぶりはジネディーヌ・ジダン監督から高い評価を受けている。2021年までマドリ―と契約を結んでいるが、会長の決断によりマドリーを去ることになるのだろうか。 2017.12.13 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダンは昨年の柴崎岳2発がトラウマ?クラブW杯開催国王者に警戒心

UAEで開催されているクラブ・ワールドカップで、13日にレアル・マドリーが登場する。この試合では準々決勝で浦和レッズを破った、開催国王者アルジャジーラと激突することになった。<br><br>この一戦を前に、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が開催国チームに警戒心を示した。記者会見の席で次のように述べている。<br><br>「相手は開催国のチームだし、簡単な試合にはならないだろう。実際、昨年は開催国のチーム(鹿島アントラーズ)相手に苦労し、多くの問題を乗り越えて勝利したからね」<br><br>昨年のクラブ・ワールドカップでは、決勝で開催国王者の鹿島と戦ったレアル・マドリー。しかし、試合は柴崎岳の2ゴールにより、一時は1点を追う展開に追い込まれた。結果としてレアル・マドリーは4-2で逆転勝利を収めたが、ジダン監督にとっては昨年の鹿島戦は、苦い記憶として印象深いようだ。<br><br>ジダンは「日程はやはり厳しいがこれは決まっているものだ。シーズン中に浮き沈みはあるものだし、チームはいたってポジティブな状況にある。クラブW杯が終わっても、リーガ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイで6カ月間戦うことになるからね」と続け、過密日程を強いられている現状を嘆いた。<br><br>クラブW杯で連覇を目指すレアル・マドリー。準決勝アルジャジーラ戦は13日、日本時間21時にキックオフとなる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 12:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、マドリー行きの可能性もあったことを告白…ユナイテッド復帰を決断した理由は?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、同クラブ加入前にレアル・マドリーからオファーがあったことを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユナイテッドの下部組織出身であるポグバは、2011年にトップチーム昇格後、2012年8月にユベントスへと移籍。加入初年度である2012-13シーズンのセリエAでは27試合で5ゴールを記録してチームのリーグ連覇に貢献し、一気にその名を轟かせた。その後もチームの主力として活躍し、ユベントス在籍時に4度のセリエA優勝や2度のコッパ・イタリア制覇を果たしたポグバは、2016年8月に史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ+ボーナス500万ユーロ(当時のレートで計約124億7000万円)でユナイテッドに復帰した。 ▽そんな中、ポグバはユナイテッドに加入する前にレアル・マドリーからオファーが来ていたことを告白。しかし、自分の心がユナイテッドへの加入を後押ししたことを明かしている。 「正直に言うと、レアル・マドリーは僕のところへ来た。その時は僕も、レアル・マドリーに行くか、ユナイテッドにも行くか迷っていたんだ」 「それでも僕のハートはこう言ったんだ『ユナイテッドに戻るべきだ』とね。なぜかはわからないし、どうしてそれが起こったのかはわからないけどね」 「だからこの選択をした。後悔はしていないし、残念になんて思わないよ」 2017.12.13 10:20 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース