岡崎慎司のレスターはシェフィールド・Uと、吉田麻也のサウサンプトンはウルブスと対戦《カラバオ・カップ》2017.08.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、2017-18シーズンのカラバオ・カップ(EFLカップ)2回戦の対戦カードが決定した。今シーズンからタイのエナジードリンクメーカーのカラバオがスポンサーとなり、カラバオ・カップとして開催される。

▽2回戦は北部と南部に分かれ、対戦カードが決定。北部では、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティがシェフィールド・ユナイテッドと対戦。今季からプレミアリーグに挑戦するハダースフィールドはロザラム・ユナイテッドと対戦する。

▽南部では、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンがウォルバーハンプトンと対戦。そのほか、ウェストハムはチェルトナム・タウンと対戦する。

▽カラバオ・カップ2回戦は8月21日週に開催。昨シーズンのプレミアリーグ上位陣は3回戦から参加となる。

◆EFLカップ2回戦
【北部】
カーライル・ユナイテッド(4部) vs サンダーランド(2部)
ボルトン(2部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部)
アクリントン・スタンリー(4部) vs WBA
ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト(2部)
リーズ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
ストーク・シティ vs ロッチデール(3部)
ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド(3部)
ミドルズブラ(2部) vs スカンソープ・ユナイテッド(3部)
ドンカスター(3部) vs ハル・シティ(2部)
ブラックバーン(3部) vs バーンリー
シェフィールド・ユナイテッド(2部) vs レスター・シティ
アストン・ビラ(2部) vs ウィガン(3部)
バーンズリー(2部) vs ダービー(2部)/グリムズビー・タウン(4部)

【南部】
QPR(2部) vs ブレントフォード(2部)
クリスタル・パレス vs イプスウィッチ・タウン(2部)
ワトフォード vs ブリストル・シティ(2部)
ノリッジ(2部) vs チャールトン(3部)
チェルトナム・タウン(4部) vs ウェストハム
ブライトン&ホーブ・アルビオン vs バーネット(4部)
カーディフ(2部) vs バートン(2部)
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(2部)
フルアム(2部) vs ブリストル・ローバーズ(3部)
MKドンズ(3部) vs スウォンジー
バーミンガム(2部) vs ボーンマス
レディング(2部) vs ミルウォール(2部)

コメント

関連ニュース

thumb

ハマーズに2点差引っくり返されたスパーズが公式戦12戦ぶりの黒星で敗退…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のトッテナムvsウェストハムのロンドン・ダービーが25日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのウェストハムが3-2で逆転勝利しベスト8進出を果たした。 ▽直近のリーグ戦で苦手リバプールに4-1の大勝を飾ったトッテナムは、公式戦11試合無敗(8勝3分け)と好調を継続。今週末にはマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控える中、公式戦3連勝中のウェンブリーでウェストハムとのダービーに臨んだ。リバプール戦からのメンバー変更は7人。GKにフォルム、3バックにフォイス、アルデルヴァイレルト、ベン・デイビス。中盤はトリッピアーと復帰後初先発のローズが両翼に入り、3センターにダイアー、デレ・アリ、ムサ・シッソコ、2トップにソン・フンミンとジョレンテが並んだ。 ▽試合は開始早々にホームのトッテナムがスコアを動かす。6分、ハーフウェイライン付近でデイビスから足元にクサビを受けたジョレンテが巧みなワンタッチで左サイドのスペースに流すと、ここから縦に持ち上がったソン・フンミンがDFを引き付けて中央に走り込むムサ・シッソコへラストパス。最後はフランス代表MFが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽幸先良く先制に成功したトッテナムは、その後もウェストハムを攻め立てる。18分にはトリッピアーからの絶妙なクロスをゴール前のデレ・アリが頭で合わすが、これは相手GKアドリアンのビッグセーブに阻まれる。それでも、試合をコントロールするホームチームは37分、ソン・フンミンとのパス交換からボックス中央でデレ・アリがシュートを放つと、相手DFにディフレクトして絶妙なコースに飛んだシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽ほぼ完璧な前半45分を過ごしたトッテナムだが、ハーフタイムにビリッチ監督から激しい檄が飛んだアウェイチームに後半は苦しめられる。55分、ウェストハムは左CKの二次攻撃からフェルナンデスがミドルシュート。これはGKフォルムが見事な反応ではじき出すが、こぼれ球をアイェウに流し込まれ、1点を返される。 ▽さらに、60分にはDFフォイスがやや緩慢な対応でランシーニに入れ替わられてボックス左から折り返されると、これをDFアルデルヴァイレルトの前に入ったアイェウにスライディングシュートで流し込まれ、同点に追いつかれてしまう。この失点直後の64分にはムサ・シッソコのクロスをゴール前のデレ・アリがアクロバティックなボレーで合わせるが、相手GKの好守に遭う。 ▽2-2のイーブンとなった試合はここから一進一退の攻防となるが、追いついた勢いを活かしてウェストハムが勝ち越す。70分、ランシーニの左CKをニアに飛び込んだオグボンナが打点の高いヘディングで流し込んだ。 ▽2点差を引っくり返されるまさかの展開を強いられたトッテナムは、負傷明けのデンベレやエリクセン、エンクドゥを続けてピッチに送り出し、ここから猛攻に出る。試合終了間際には決死のパワープレーからエリクセンが際どいミドルシュートを放つが、これはGKアドリアンの好守に阻まれた。 ▽直近のリーグ戦で3-2で勝利していたハマーズに同じスコアでリベンジを許したトッテナムが、公式戦12試合ぶりの敗戦を喫してベスト16での敗退となった。 2017.10.26 07:03 Thu
twitterfacebook
thumb

リュディガー初ゴールなどで競り勝ったチェルシーが8強入り! クーマン解任エバートンは及ばず…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のチェルシーvsエバートンが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-1で勝利。この結果、ベスト8進出を果たした。 ▽直近のワトフォード戦をバチュアイの2ゴールの活躍などで何とか勝ち切り公式戦4試合ぶりの勝利を手にしたチェルシーは、その試合からケイヒル、リュディガーを除く9人を変更。GKにカバジェロ、3バックはケイヒル、クリステンセン、リュディガー。中盤はザッパコスタ、ケネディの両翼に移籍後初出場のドリンクウォーターが17歳の逸材アンパドゥと共に初先発を飾り、前線はウィリアン、バチュアイ、ムソンダが入った。 ▽一方、直近の公式戦5試合未勝利(3敗2分け)でプレミアリーグ18位で降格圏に沈むエバートンは、アーセナル戦での大敗を受けて、クーマン監督を解任。この試合ではアンスワース暫定監督の下で仕切り直しを図った。注目の先発メンバーではGKピックフォードやルーニー、ウィリアムズ、ベインズら主力と共にトップチームデビューのMFバニンギムら控えメンバーも起用された。 ▽立ち上がりから球際でやり合うオープンな展開の中で徐々に流れを掴んだチェルシーが、セットプレーの流れから先制に成功する。26分、左CKの場面でウィリアンのショートコーナーを受けたムソンダがファーサイドを狙ったクロスを入れると、これをリュディガーが滞空時間の長いヘディングシュートでゴール左隅に流し込んだ。 ▽リュディガーの移籍後初ゴールで先手を奪ったチェルシーは、その後も右サイドのザッパコスタを起点に鋭い仕掛けでゴールに迫るが、バチュアイのシュートをGKピックフォードに阻まれるなど、前半の内に点差を広げられない。 ▽すると、迎えた後半は攻勢を強めるエバートンのペースとなる。56分にミララスの頭での落としに反応したルーニーが強烈なシュートで決定機を作ると、その後はGKカバジェロへのハイプレスからミスを誘い、あわやという決定機を作るなど、ゴールを予感させる仕掛けを見せる。 ▽一方、徐々に劣勢に立たされたホームチームは、疲れの見えたドリンクウォーターに代えてセスク、ムソンダに代えてペドロをピッチに送り出す。すると、その後はロングカウンターからウィリアンが決定的なシュートを放つなど、盛り返し始める。だが、ゴール前に抜け出したバチュアイが相手の寄せに遭い、絶好の追加点のチャンスを逸するなど、試合を決め切れない。 ▽試合は緊迫した状況を保って試合終盤に突入すると、ここから大きくスコアが動く。まずは93分、左CKの場面でショートコーナーからセスクとのパス交換でボックス左に抜け出したウィリアンが右足で強いカーブをかけたミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、チェルシーに待望の追加点が生まれる。しかし、諦めないエバートンも失点後のキックオフからリュディガーとクリステンセンのお粗末な対応からボックス内に持ち込んだニアッセのお膳立てからカルバート=ルーウィンが一矢報いるゴールを決めた。 ▽だが、エバートンに追いつく時間は残っておらず、試合はタイムアップ。ホームでエバートンに競り勝ったチェルシーがベスト8進出を果たした。 2017.10.26 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

チリ代表GKがブラーボな活躍! PK戦制したシティが8強入り! 岡崎招集外レスターも8強入り《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは24日、EFLカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトンと対戦し、0-0で120分間の戦いを終えた。その後、PK戦を4-1で制してベスト8進出を決めた。 ▽WBAとの3回戦を苦しみながらも勝利したシティは、プレミアリーグでも唯一の無敗で首位と絶好調。格下との一戦に向けては、3-0で快勝した直近のバーンリー戦からアグエロとベルナルド・シウバを除く先発9人を変更。GKにブラーボ、4バックにダニーロ、アダラバイヨ、マンガラ、ジンチェンコ。中盤はヤヤ・トゥーレのアンカーに2列目が右からスターリング、ベルナルド・シウバ、ギュンドアン、ガブリエウ・ジェズス。1トップにアグエロが入った。 ▽立ち上がりから主導権を握ったシティは開始5分にアグエロがミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、11分には右サイドからのクロスをゴール前のアグエロが右足で合わせるが、このイージーシュートを決めきれない。 ▽すると、エースの2度の決定機逸の影響か、徐々にリズムを失ったシティは、幾度も相手ゴールに迫るものの、スターリングらがチャンスを決め切れず、先制ゴールが遠い。逆に、前半終了間際の43分には相手のカウンターからボックス右に抜け出したエノバカレにGKとの一対一のピンチを許すが、ここはGKブラーボの見事なセーブで凌いだ。 ▽後半に入っても流れを掴み切れないシティは、65分に再びウルブズにボックス内への侵入を許すが、エウデル・コスタの決定機を再びGKブラーボが阻む。すると、直後にはボックス内で仕掛けたアグエロ、ゴール前に抜け出したベルナルド・シウバに続けて決定機も、今度は相手GKノリスの続けざまのビッグセーブに遭う。 ▽ウルブズの予想外の健闘によってその後も一進一退の攻防が続く中、何とか勝ち切りたいシティは、デ・ブライネ、ストーンズ、ザネ、ウォーカーら主力を次々にピッチへ送り込むが、後半も延長戦に入っても相手のゴールをこじ開けられず、120分間の激闘はPK戦での決着に委ねられることになった。 ▽ABBA方式で行われたPK戦で崖っぷちのシティを救ったのは、試合を通して好守を連発したチリ代表GKだった。相手2人目のエンディアイエ、コーディーのシュートを完璧な読みで連続セーブしたブラーボが流れを引き寄せると、シティはデ・ブライネ、ヤヤ・トゥーレ、ザネ、アグエロの4人全員が成功した。そして、チリ代表GKのブラーボな活躍でPK戦までもつれこんだ激闘を制したシティがベスト8進出を決めた。 ▽また、同日行われた日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティと、チャンピオンシップのリーズ・ユナイテッドの一戦は、レスターが3-1で逆転勝利を飾った。なお、岡崎はこの試合招集外となった。 ▽直近のスウォンジー戦でアップルトン新体制の初陣を飾ったレスターは、今回の試合に岡崎やヴァーディ、マフレズなど一部主力を温存して臨んだ。 ▽試合は開始27分にパブロ・エルナンデスに先制点を奪われる苦しい展開となったものの、30分にイヘアナチョの移籍後初ゴールで同点に追いつき、前半を1-1で終えた。 ▽だが、後半に入ってもスコアを動かせないレスターは、マフレズとヴァーディをピッチに送り出すと、71分にスリマニが逆転ゴールを奪取。さらに88分にはマフレズがダメ押しの3点目を奪い、苦しみながらも3-1で逆転勝利しベスト8進出を果たした。 2017.10.25 07:28 Wed
twitterfacebook
thumb

18歳新星FWエンケティアがトップ初G含む劇的2発! 2部ノリッジ相手に大苦戦アーセナルが120分の激闘制して8強入り《EFLカップ》

▽アーセナルは24日、EFLカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ・シティと対戦し、延長戦までもつれこんだ試合を2-1で制した。 ▽格下ドンカスター相手の初戦を1-0で辛勝したアーセナルは、今回の4回戦でチャンピオンシップ6位に位置するノリッジをホームで迎え撃った。直近のエバートン戦をサンチェスとエジルの今季初ゴールなどで快勝したチームは、その一戦から先発全員を変更。GKにメイシー、3バックにドゥビュシー、エルネニー、ホールディング。中盤はネルソン、ナイルズの両翼に、ウィルシャーとコクランのセントラルMF、3トップはジルー、ウォルコット、イウォビが起用され、直近のヨーロッパリーグのレッドスター戦に近いメンバー構成となった。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むアーセナルは、14分にボックス内でイウォビに決定機が訪れるなど、序盤から相手を押し込んでいく。さらに、21分にもセットプレーからホールディングが決定的なヘディングシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。 ▽なかなか決定機を決めきれないアーセナルは34分、一瞬の隙を突かれて先制点を奪われる。自陣中央でイウォビがルーズボールを奪い切れずにいると、これを拾ったマディソンの絶妙なスルーパスに抜け出したジョシュ・マーフィーに飛び出したGKメイシーの頭上を抜くループシュートを決められた。 ▽ホームでまさかの先制を許したアーセナルは、この展開に動揺したのか、前半終了間際にもボックス内に抜け出したオリヴェイラに決定機を許すなど、低調な前半を0-1で終えた。 ▽迎えた後半、ジルーの高さを生かした空中戦、ウォルコットやウィルシャーの個人技を生かした地上戦で相手ゴールを目指すアーセナルだが、前半同様に最後の精度を欠く。逆に、不用意なボールロストから再三のカウンターチャンスを与えると、マーフィーやヴランチッチに追加点のチャンスを許すも、GKメイシーの好守などで、何とか失点を免れる。 ▽何とか流れを変えたいヴェンゲル監督はアクポムに続き、85分にはネルソンを下げて先日行われたELのBATEボリソフ戦でトップチームデビューを飾ったばかりの18歳FWエンケティアを投入。すると、この交代が試合の流れを大きく変える。85分、アーセナルは左CKの場面でキッカーのエルネニーがニアサイドに速いクロスを入れると、これをコクランがダイビングヘッドでフリック。これをゴール前に詰めていたエンケティアがワンタッチで流し込み、この試合のファーストタッチでトップチーム初ゴールを決めた。 ▽その後も猛攻に出たアーセナルだったが90分間で決着を付けられず、試合は延長戦へと突入する。すると、この延長戦でもチームを救ったのはエンケティアだった。延長前半の96分、左サイドで再びCKを得ると、キッカーのエルネニーのクロスを18歳の新星FWが今度は頭で叩き込んだ。 ▽エンケティアの2ゴールでこの試合初めてリードを奪ったアーセナルだったが、その後は相手の反撃に押し込まれる。延長後半の終了間際にはボックス内で仕掛けた相手選手をDFドゥビシーが後ろから手をかけて倒し、あわやPK献上というピンチを招くも、主審はこれをノーファウルの判定で流した。 ▽新星エンケティアの2ゴールに幾つかの幸運な判定にも恵まれたアーセナルが、ホームで大苦戦を強いられながらも2-1で勝利し、ベスト8進出を果たした。 2017.10.25 06:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リンガード2発の前回王者ユナイテッドがスワンズ撃破でベスト8進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは24日、EFLカップ4回戦でスウォンジーと対戦し、2-0で勝利した。この結果、ベスト8進出を決めている。 ▽格下バートンとの初戦を快勝し大会連覇に向けて順調な歩みを進めるユナイテッド。だが、先週末のリーグ戦では昇格組ハダースフィールド相手に今季リーグ戦初黒星を喫しており、今週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、スウォンジー相手のこの試合で勝利を取り戻したいところ。 ▽モウリーニョ監督はこの一戦に向けて、スモーリング、エレーラ、マルシャル、リンガードを除く先発7人を変更。GKにロメロ、3バックにトァウンゼベ、スモーリング、リンデロフ。左右のウイングバックにブリントとダルミアン、エレーラとマクトミネイのセントラルMFコンビにトップ下にリンガード、2トップにマルシャルとラッシュフォードを置いた。 ▽立ち上がりはホームのスウォンジーの出足に苦戦するユナイテッドだったが、時間の経過と共に反撃を開始。リンガードと快速2トップの連係から縦に速い仕掛けを見せ始めると、前半半ばに先制点を奪う。 ▽21分、中盤のエレーラが前線のラッシュフォードの足元へグラウンダーの縦パスを付けると、ラッシュフォードが巧みなワンタッチプレーで最終ラインの背後を狙うリンガードへ繋げる。そして、ボックス内に持ち込んだリンガードが冷静にGKとの一対一を制し、ゴール右隅へ流し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功したユナイテッドは、その後もリンガード、マクトミネイがフィニッシュに絡むなど、守備に重きを置きつつも要所で追加点を狙う。前半終盤にはオルソンの負傷でノートンの投入を余儀なくされたスウォンジーの反撃に遭うも、マクバーニーやクルーカスのシュートはいずれも枠を外れた。 ▽1点リードで前半を終えたユナイテッドは、後半もマルシャルやリンガードの積極的な仕掛けでゴールに迫ると、59分に追加点を奪取。右サイドを持ち上がったダルミアンからの絶妙なクロスをボックス中央に走り込んだリンガードがフリーでヘディングシュートを流し込んだ。 ▽この2点目で試合を決定付けたユナイテッドは68分、週末のトッテナム戦を睨んでラッシュフォード、エレーラを下げてルカク、マティッチを同時投入。一方のスウォンジーは温存していたエイブラハムとフェルを投入し、ゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけてはホームのスウォンジーが押し込む展開となったものの、GKロメロを中心としたユナイテッド守備陣が最後まで冷静に対処し、0-2で試合はタイムアップ。スウォンジーとのプレミア勢対決を制したユナイテッドが、順当にベスト8進出を決めた。 2017.10.25 05:58 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース