岡崎慎司のレスターはシェフィールド・Uと、吉田麻也のサウサンプトンはウルブスと対戦《カラバオ・カップ》2017.08.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、2017-18シーズンのカラバオ・カップ(EFLカップ)2回戦の対戦カードが決定した。今シーズンからタイのエナジードリンクメーカーのカラバオがスポンサーとなり、カラバオ・カップとして開催される。

▽2回戦は北部と南部に分かれ、対戦カードが決定。北部では、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティがシェフィールド・ユナイテッドと対戦。今季からプレミアリーグに挑戦するハダースフィールドはロザラム・ユナイテッドと対戦する。

▽南部では、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンがウォルバーハンプトンと対戦。そのほか、ウェストハムはチェルトナム・タウンと対戦する。

▽カラバオ・カップ2回戦は8月21日週に開催。昨シーズンのプレミアリーグ上位陣は3回戦から参加となる。

◆EFLカップ2回戦
【北部】
カーライル・ユナイテッド(4部) vs サンダーランド(2部)
ボルトン(2部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部)
アクリントン・スタンリー(4部) vs WBA
ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト(2部)
リーズ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
ストーク・シティ vs ロッチデール(3部)
ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド(3部)
ミドルズブラ(2部) vs スカンソープ・ユナイテッド(3部)
ドンカスター(3部) vs ハル・シティ(2部)
ブラックバーン(3部) vs バーンリー
シェフィールド・ユナイテッド(2部) vs レスター・シティ
アストン・ビラ(2部) vs ウィガン(3部)
バーンズリー(2部) vs ダービー(2部)/グリムズビー・タウン(4部)

【南部】
QPR(2部) vs ブレントフォード(2部)
クリスタル・パレス vs イプスウィッチ・タウン(2部)
ワトフォード vs ブリストル・シティ(2部)
ノリッジ(2部) vs チャールトン(3部)
チェルトナム・タウン(4部) vs ウェストハム
ブライトン&ホーブ・アルビオン vs バーネット(4部)
カーディフ(2部) vs バートン(2部)
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(2部)
フルアム(2部) vs ブリストル・ローバーズ(3部)
MKドンズ(3部) vs スウォンジー
バーミンガム(2部) vs ボーンマス
レディング(2部) vs ミルウォール(2部)

コメント

関連ニュース

thumb

ホームで逆転劇を演じたアーセナルがチェルシーを下し、マン・Cの待つ決勝へ進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝2ndレグのアーセナルvsチェルシーが24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、2-1でアーセナルが勝利した。この結果、合計スコア2-1としたアーセナルが決勝に進出することが決定した。 ▽2週間前にチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで行われた1stレグは0-0のゴールレスドローに終わった。今回ホームのアーセナルはその後連勝を飾り、直近の試合ではクリスタル・パレスに4-1と快勝。その試合からの変更点はGKチェフをオスピナに代えた点のみ。勢いのあるメンバーを組んだ。 ▽一方のチェルシーも直近のブライトン戦では快勝を収めた。それまでの得点力不足から一転して4発大勝を飾ったアウェイチームは、その試合からの変更点はこちらも1点のみ。バチュアイに代わってペドロがスタメンに起用された。 ▽今季5度目のビッグロンドン・ダービーはチェルシーが先手を奪う。7分、ボックス手前でパスを収めたペドロがディフェンスの裏へ走るアザールにスルーパス。このパスを受けたアザールがGKとの一対一を制し、ゴールネットを揺らした。 ▽出鼻をくじかれてしまったアーセナルも12分に反撃。左CKをモンレアルが頭で合わせると、これがマルコス・アロンソとリュディガーに当たって、思わぬ形で相手のオウンゴールを誘い同点とした。 ▽不運な失点を喫したチェルシーは30分にウィリアンがゴールの右を掠めるシュートでGKオスピナを強襲。しかし、それから10分も経たないうちにそのウィリアンが足の痛みを訴えて負傷交代。代わりに今冬加入のバークリーが起用され、チェルシーデビューを果たした。 ▽代わって入ったバークリーに40分、すぐに見せ場が訪れる。右サイドでモーゼスとのパス交換からボックス右に侵攻すると、マイナスのボールを供給。しかしこのクロスは味方に合わずチャンスとはならなかった。逆にアーセナルにビッグチャンスが訪れる。前半アディショナルタイムの48分、ムスタフィのパスをオフサイドラインギリギリで受けたエジルがそのまま反転してシュートを放つ。だが、相手に当たってコースが僅かに変化したシュートはボール1つ分枠の左に外れてしまった。 ▽1-1のまま迎えた60分。後半に入って押し気味に試合を進めるアーセナルが追加点を奪う。左サイドのイウォビの右への展開から、ボックス右のラカゼットへ繋がるとラカゼットはクロスを選択。するとこのボールが相手の足に当たり、運よくジャカの下へ。ジャカはこれを押し込んで逆転となる2点目を沈めた。 ▽チェルシーはその後、ペドロを下げてバチュアイ、モーゼスを下げてザッパコスタを投入し、攻撃の活性化を図った。82分には、そのザッパコスタのクロスに逆サイドのマルコス・アロンソがダイレクトボレーで合わせたが、相手にブロックされてタッチラインを割った。 ▽終盤にかけてボールを持つ時間帯が続いたチェルシーだったが、GKカバジェロの攻め上がりも虚しくタイムアップ。2戦合計スコアを2-1としたアーセナルが、マンチェスター・シティの待つ決勝へと駒を進めた。 2018.01.25 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

両者ゴールが遠く、ビッグ・ロンドン・ダービー1stレグはゴールレスドロー《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝1stレグ、チェルシーvsアーセナルが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽今年初の試合となったプレミアリーグ第22節で相まみえ、2-2で引き分けた両者。その後のFAカップ3回戦では、チェルシーはノッリジ相手に得点が奪えず再試合に、アーセナルはノッティンガム・フォレストにまさかの敗北を喫した。 ▽前回の対戦からちょうど1週間後の激突となったこの一戦に向けて、ホームのチェルシーはノリッジ戦からドリンクウォーター以外の10人を変更。GKクルトワ、A・クリステンセン、カンテ、アザール、モラタなどベストメンバーで挑んだ。対するアーセナルは、ノッティンガム・フォレスト戦から7選手を代え、ムスタフィやウィルシャー、ベジェリン、ラカゼットらが先発に名を連ねた。 ▽互いに一歩も引かない展開を見せる中、やや優勢に試合を運ぶアーセナルがより長くボールを持つようになる。そんな中22分に、ウィルシャーのパスに反応したラカゼットがボックス右からシュートを放つが大きく枠を越えてしまう。 ▽一方のチェルシーも、モーゼスがカットインから左足でGKオスピナを強襲。37分のFKの場面では、ボックス手前左の位置から、セスクが不意をついて横のカンテにパス。カンテはボックスの外からシュートを狙うが枠を捉えることが出来なかった。 ▽前半の終盤には、イウォビの枠を捉えたシュートでアーセナルがゴールに迫るも、GKクルトワがファインセーブでチェルシーゴールに蓋をする。直後にナイルズがエリア内で倒されるも笛は鳴らず。45分の、アスピリクエタのクロスに合わせたセスクのヘディングシュートも、GKの正面に飛んでしまい、両者ともゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、序盤に押し込んだチェルシーは47分のCKの流れからA・クリステンセンがヘディングで迫るがシュートは枠の外へ。52分には、前半と同じような位置でFKを得ると、今度はマルコス・アロンソが直接狙う。しかし、シュートは壁に当たり枠の外へ。 ▽後半のチェルシーペースはまだ続く。56分にはモラタがボックスの外から枠内シュートを放つがGKオスピナがかき出す。続くモラタのシュートはポストに弾かれた。66分のCKでは、こぼれ球をモーゼスが押し込みにかかるが、ムスタフィが足を延ばしてゴールを死守。 ▽このあたりからアーセナルはサンチェス、チェルシーはウィリアンを投入し両チームとも攻撃の活性化を図ったが、その後もチェルシーがイニシアチブを握る。後半半ばにかけてはウィリアン、マルコス・アロンソがボックスの外から積極的に狙いに行く姿勢を見せた。 ▽以降もチェルシーが試合を支配したが、最後までゴールが遠く結果はゴールレスドロー。0-0のまま、今月24日にエミレーツ・スタジアムで行われる2ndレグを迎えることになった。 2018.01.11 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エース・アグエロの土壇場弾で逆転したシティがブリストルとの1stレグを制す!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは9日、EFLカップ準決勝1stレグでブリストル・シティとホームで対戦し、2-1で勝利した。 ▽プレミアリーグで快進撃を続けるシティは、第21節のクリスタル・パレス戦で引き分けたものの、その後の2試合で連勝を飾り、見事に立て直した。今回のブリストル戦に向けて、直近のFAカップのバーンリー戦から4選手を変更。オタメンディ、シルバ、フェルナンジーニョ、アグエロに代えて、マンガラ、ヤヤ・トゥーレ、デ・ブライネ、ベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽序盤から猛攻を仕掛けていくシティは、8分にヤヤ・トゥーレのパスにデ・ブライネが抜け出すも、GKに詰められてシュートを打てない。根気良く守るブリストルも、11分にロングスローからパーターソンがシュートに持ち込みチャンスを迎えた。さらに16分には、ブリストルがセンター付近でボールを奪うと、K・スミスがカウンターで持ち上がり、そのままボックス手前左からシュートを狙う。だが、ここはGKブラーボがストップ。こぼれ球も詰められず絶好機を逸してしまった。 ▽シティが思うような攻撃ができないでいる中、果敢に前からボールを奪いに行くブリストル。すると44分、敵陣でボールを奪い一気にボックス内へ侵入したボビー・リードがストーンズに倒されPK獲得。これをリード自身が沈めて、チャンピオンシップ4位のブリストルが先制した。 ▽まさかの展開となったシティ。前半アディショナルタイムに、味方とのパス交換からボックス右に攻め入ったスターリングがGKの頭上を抜く完璧なループシュートを放つが、ブリストルDFフリントが寸前のところを頭でクリア。スーパープレーが飛び出し、前半はブリストルがリードして折り返した。 ▽迎えた後半、まずは51分にシティがカウンターからブリストルゴールに迫る。だが、スターリングのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールならず。55分に、再びカウンターでデ・ブライネが中央から一気に持ち上がると、ボックス右のスターリングに展開。その折り返しを受けたデ・ブライネがダイレクトでニアに蹴り込み、同点とした。 ▽もう1点が遠い状況に見かねたグアルディオラ監督は、70分にヤヤ・トゥーレを下げてアグエロを投入。それでも得点のにおいがしないシティだったが、迎えた後半アディショナルタイムの92分、右サイドのベルナルド・シウバのクロスに、アグエロが頭で合わせ土壇場で逆転。 ▽絶対的エースが監督の期待に応える活躍で2-1としたシティ1stレグで劇的逆転勝利を収めた。なお、2ndレグは今月23日にブリストルのホームで行われる。 2018.01.10 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ユナイテッド撃破のブリストル称賛「フットボール界にとって美しい日」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝でユナイテッドを下したチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のブリストル・シティに賛辞を送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽前回王者ユナイテッドは20日、EFLカップ準々決勝でブリストル・シティの本拠地アシュトン・ゲート・スタジアムに乗り込んだ。前半からチャンスを量産するも2度ポストに嫌われるなどなかなかゴールを奪えないでいると、51分に先制点を献上する。58分にイブラヒモビッチのFKで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにブリストルに劇的ゴールを許してしまい、1-2で敗戦。2部相手に屈辱の敗退を喫した。 ▽準々決勝で姿を消すこととなったユナイテッドのモウリーニョ監督は試合後、ブリストルが「少しラッキーだった」と語るも、戦いぶりを称賛し、「フットボール界にとって美しい日」だと主張した。 「彼らは少しラッキーだったね。ただ、その運を得るためにとても戦っていた。みんなが我々のゴールを待っている最高の瞬間に彼らは勝利を手にした」 「ただ、彼らがラッキーだったと言うべきだよ。我々は前半に2度もポストに嫌われたからね。それでも彼らのプレーは見事だったよ。命をかけているかのようにね。今日はフットボール界にとっても美しい日だ。下部リーグのチームが勝利して準決勝に進んだからね」 「私は彼らを祝福しているし、彼らが私にラッキーだったとは言ってほしくない。一番重要なことは彼らが懸命に戦い、チャンピオンシップのチームがマンチェスター・ユナイテッドのようなクラブを倒したということなんだ」 2017.12.21 21:33 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース