岡崎慎司のレスターはシェフィールド・Uと、吉田麻也のサウサンプトンはウルブスと対戦《カラバオ・カップ》2017.08.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、2017-18シーズンのカラバオ・カップ(EFLカップ)2回戦の対戦カードが決定した。今シーズンからタイのエナジードリンクメーカーのカラバオがスポンサーとなり、カラバオ・カップとして開催される。

▽2回戦は北部と南部に分かれ、対戦カードが決定。北部では、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティがシェフィールド・ユナイテッドと対戦。今季からプレミアリーグに挑戦するハダースフィールドはロザラム・ユナイテッドと対戦する。

▽南部では、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンがウォルバーハンプトンと対戦。そのほか、ウェストハムはチェルトナム・タウンと対戦する。

▽カラバオ・カップ2回戦は8月21日週に開催。昨シーズンのプレミアリーグ上位陣は3回戦から参加となる。

◆EFLカップ2回戦
【北部】
カーライル・ユナイテッド(4部) vs サンダーランド(2部)
ボルトン(2部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部)
アクリントン・スタンリー(4部) vs WBA
ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト(2部)
リーズ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
ストーク・シティ vs ロッチデール(3部)
ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド(3部)
ミドルズブラ(2部) vs スカンソープ・ユナイテッド(3部)
ドンカスター(3部) vs ハル・シティ(2部)
ブラックバーン(3部) vs バーンリー
シェフィールド・ユナイテッド(2部) vs レスター・シティ
アストン・ビラ(2部) vs ウィガン(3部)
バーンズリー(2部) vs ダービー(2部)/グリムズビー・タウン(4部)

【南部】
QPR(2部) vs ブレントフォード(2部)
クリスタル・パレス vs イプスウィッチ・タウン(2部)
ワトフォード vs ブリストル・シティ(2部)
ノリッジ(2部) vs チャールトン(3部)
チェルトナム・タウン(4部) vs ウェストハム
ブライトン&ホーブ・アルビオン vs バーネット(4部)
カーディフ(2部) vs バートン(2部)
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(2部)
フルアム(2部) vs ブリストル・ローバーズ(3部)
MKドンズ(3部) vs スウォンジー
バーミンガム(2部) vs ボーンマス
レディング(2部) vs ミルウォール(2部)

コメント

関連ニュース

thumb

吉田フル出場のセインツがホームで先勝! 敗れたリバプールは3戦未勝利でユナイテッドとのビッグマッチへ《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝1stレグのサウサンプトンvsリバプールが11日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、サウサンプトンが1-0で先勝した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽準々決勝で強豪アーセナルを撃破し、ベスト4に駒を進めたサウサンプトンだが、現在公式戦4戦未勝利(3敗1分け)と不振が続く。2017年初勝利を目指す今回のリバプール戦に向けては、引き分け再試合となった直近のFAカップ、ノリッジ戦から先発5人を変更。デイビスやジェイ・ロドリゲス、レドモンドがスタメンに復帰し、その試合でゴールを記録した吉田は引き続きセンターバックで起用された。 ▽一方、2部所属のリーズを破り、準決勝進出を決めたリバプールは、FAカップで4部のプリマス相手に引き分け再試合に持ち込まれるなど、公式戦2戦連続ドロー中。15日に行われるリーグ戦でマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控えるチームだが、負傷離脱中のヘンダーソン、アフリカ・ネイションズカップ参戦中のサディオ・マネを除く現状のベストメンバーを起用。ただ、GKは序列を下げているカリウスが起用されたほか、昨年11月末のサンダーランド戦で負傷離脱したコウチーニョが復帰後初のベンチ入りを果たした。 ▽立ち上がりから主導権争いが続く中、時間の経過と共にリバプールがボールを保持する形に落ち着く。なかなか良い形でフィニッシュに持ち込めないリバプールだったが、18分にボックス右でララナのヘディングパスを受けたフィルミノが右足のシュートを放つ。これが枠を捉えるも、GKフォースターの好守に遭う。 ▽一方、立ち上がりから守勢が続くサウサンプトンだったが、19分に右サイドからのクロスを中央のデイビスが潰れ、ファーでフリーのレドモンドの足元にボールがこぼれる。ここでレドモンドがすかさず右足を振り抜くが、果敢に飛び出してコースを切ったGKカリウスのビッグセーブに阻まれる。それでも、直後の20分にタディッチの浮き球パスをDFクラバンがクリアミスしたボールがジェイ・ロドリゲスに流れると、元イングランド代表FWの絶妙なワンタッチスルーパスに抜け出したレドモンドがGKとの一対一を制し、先制点を奪った。 ▽先制を許したリバプールは攻勢を強めていくが、重心をより後方に置いて守りを固めるサウサンプトンの守備に苦戦。中央をきっちり締める相手に対して、背後への長いボールやサイドからのクロスで攻略を図るが、ファン・ダイクを中心に強さを見せる守備陣に跳ね返される。逆に、前半終了間際の43分にはボックス左でフリーにしたレドモンドにタディッチからのクロスを右足で合わせられるが、ここはGKカリウスのビッグセーブで凌ぎ、何とか1点差を保って後半へと折り返した。 ▽後半も一進一退の攻防が続く中、思うようにチャンスを作れないリバプールは、61分にワイナルドゥムを下げて、切り札のコウチーニョをピッチに送り出す。投入直後から積極的にボールを呼び込み、鋭い仕掛けを見せるコウチーニョを起点にここからリバプールが押し込んでいく。 ▽一方、押し込まれながらも吉田とファン・ダイクを中心にソリッドな守備で決定機を許さないサウサンプトンは、75分を過ぎてホイビュルク、ロング、ワード=プラウズと主力クラスをピッチに送り出し逃げ切りを図る。要所で効果的なカウンターを見せるホームチームだが、セドリックの決定機逸や83分にはレドモンドのシュートがクロスバーを叩くなど、試合を決め切れない。 ▽試合終盤にかけてはオリジを投入して前がかるリバプールが猛攻を見せるが、最後まで高い集中力を保ったセインツ守備陣を最後まで崩し切れず。プレミア屈指の攻撃力を誇るリバプール相手に完封勝利のサウサンプトンが、新年初勝利を飾ると共にEFLカップ決勝進出に王手をかけた。一方、2試合連続無得点で3戦未勝利のリバプールは、週末のユナイテッド戦に向けて不安を残す結果となった。 2017.01.12 06:59 Thu
twitterfacebook
thumb

マタ&フェライーニ弾で快勝ユナイテッドが決勝進出に王手! 公式戦9連勝でリバプールとのビッグマッチへ《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝1stレグのマンチェスター・ユナイテッドvsハル・シティが10日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-0で先勝した。 ▽準々決勝でそれぞれウェストハム、ニューカッスルを破ってベスト4進出を決めたユナイテッドと、ハルが対峙した第1戦。公式戦8連勝と絶好調のユナイテッドは、先週末に行われたFAカップ3回戦のレディング戦から先発7人を変更。GKにデ・ヘアが戻り、最終ラインは右からバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、ダルミアン。中盤はポグバとエレーラがセントラルMFに入り、2列目は右からマタ、ルーニー、ムヒタリャン、1トップにラッシュフォードが入った。また、15日に行われるリバプールとのビッグマッチを睨んでイブラヒモビッチやキャリックが温存された。 ▽戦前の予想通り、地力で勝るホームのユナイテッドが立ち上がりから猛攻を仕掛ける。開始2分、左サイドでダルミアンが入れた低いクロスをゴール前のマタがダイレクトボレーで合わすが、枠の左を捉えたシュートはGKヤクポビッチの好守に阻まれる。さらに6分にも同様の形からラッシュフォードにシュートチャンスも、ここはDFのブロックに阻まれた。 ▽圧倒的なボールポゼッションでハーフコートゲームを展開するユナイテッドは、完全に引いたハルを相手にムヒタリャンらが積極的にミドルシュートを浴びせていくが、なかなか枠を捉え切れない。 ▽一方、マルコ・シウバ新監督の下、直近のFAカップのスウォンジー戦で新体制初白星を飾り勢いに乗るハルだが、19分に肩を痛めたヘンリクセンがアベル・エルナンデスとの負傷交代を強いられるなど、難しいゲーム展開が続く。それでも、前半半ば以降は、焦れて前がかりになるホームチームに対して、スノッドグラスやエルナンデスのロングカウンターからフィニッシュの場面を創出。30分過ぎにはディオマンデのヘディングシュートが左ポストを叩くも、その前にオフサイドを取られた。 ▽その後も中央、サイドにミドルシュートと再三攻め込む場面を作ったユナイテッドだったが、フィニッシュの場面でことごとく精度を欠き、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ポグバのスルーパスに抜け出したルーニーが51分に際どいシュートを放つなど、ホームチームが主導権を掴む。すると56分、右サイド深くでバレンシアが入れたクロスをファーサイドのムヒタリャンが頭で折り返すと、これを逆サイドで待ち受けたマタが右足で押し込んだ。 ▽苦戦しながらもようやく相手の堅守をこじ開けたユナイテッドは、59分にルーニーを下げてマルシャル、71分にムヒタリャンを下げてリンガードを投入。73分にはボックス手前やや左で得たFKの場面でポグバが見事な直接FKを放つが、このシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 ▽その後、殊勲のマタを下げてフェライーニを投入し、試合を終わらせにかかるユナイテッドだったが、この選手交代が貴重な追加点をもたらす。87分、左サイドでダルミアンが上げた浮き球のクロスをファーサイドで競り勝ったフェライーニが頭で合わせると、このシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽リーグ戦最下位の格下相手にホームで先勝のユナイテッドが、EFLカップ決勝進出に王手をかけた。また、この勝利で公式戦連勝を「9」に伸ばしたモウリーニョ率いるチームは、15日に行われるプレミアリーグ第21節リバプールとのビッグマッチに向けて大きな弾みを付けた。 2017.01.11 07:17 Wed
twitterfacebook
thumb

17歳新星ウッドバーンがクラブ最年少得点記録を更新! ヤングレッズが格下撃破でベスト4進出!《EFLカップ》

▽リバプールは29日、アンフィールドで行われたEFLカップ準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズと対戦し、2-0で勝利した。この結果、リバプールのベスト4進出が決まった。 ▽4回戦でトッテナムを撃破し、8強入りを決めたプレミア2位のリバプールは、ホームにチャンピオンシップで5位につけるリーズを迎えた。直近のサンダーランド戦からのメンバー変更は8人。負傷のコウチーニョやララナ、スタリッジらがメンバーを外れ、ワイナルドゥムや、サディオ・マネ、オリジ、カンの主力を除き、控え中心のメンバー構成。アーノルド、スチュワート、エジャリアの若手3選手も起用された。 ▽試合前にコロンビアで起きた飛行機事故への黙祷が捧げられた一戦は、予想外に拮抗した立ち上がりとなる。地力に勝るリバプールは、12分にエジャリアのパスに反応したワイナルドゥムがゴール前で右足ボレーで合わすが、これはGKシルベストレの好守に遭う。対するリーズも3分にサッコ、11分にルーフェがGKミニョレにセーブを強いるなど、攻める姿勢を見せる。 ▽時間の経過と共にボール支配率を高めるリバプールだが、コンパクトな陣形を保ち球際で粘り強く戦うリーズの守備に苦戦。32分には相手のミスからゴール前に抜け出したカンに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。その後もアウェイチームの堅守に悩まされるリバプールは、なかなかシュートまで持ち込めない中でハーフタイムを迎えた。 ▽後半に入っても苦戦が続くリバプールは、53分に自陣でのスチュアートのボールロストからルーフェに決定機を許すが、ボックス手前左角で放ったシュートは右ポストを叩き、辛くも失点を免れた。その後も相手に押し込まれる時間が続くリバプールは、65分過ぎにもルーフェ、ドゥカラと続けて決定機を許すが、GKミニョレが何とか持ちこたえる。 ▽流れを変えたいクロップ監督は、67分に足を痛めたスチュアートを下げて、直近のサンダーランド戦でトップチームデビューを飾った17歳の新星ウッドバーンを投入。すると72分にこの試合最大の決定機が訪れる。マネのスルーパスに抜け出したワイナルドゥムがボックス右で右足を振り抜くも、このシュートは左ポストに阻まれる。さらに、こぼれ球をマネが繋いでウッドバーンにシュートチャンスも、今度はDFのブロックに遭う。 ▽思うような試合運びを見せられないリバプールだったが、76分にようやく均衡を破る。右サイドでパスを受けた18歳のアーノルドがGKと最終ラインの間に絶妙なクロスを入れると、ニアに走り込んだオリジがワンタッチで流し込んだ。 ▽オリジの公式戦2試合連続ゴールで先制に成功したリバプールは、81分に17歳の新星が魅せる。右サイドでマネとのパス交換からボックス右に進入したオリジがDFを引き付けて折り返す。これをゴール前のワイナルドゥムが巧みなタッチでファーに流すと、フリーのウッドバーンが右足で豪快に蹴り込み、嬉しいトップチーム初ゴールを記録した。なお、17歳45日でのゴールは、クラブ史上最年少ゴール記録となる。 ▽その後、ミルナーとマルコ・グルイッチを投入し、試合をクローズにかかったホームチームは、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切って2-0の勝利。17歳ウッドバーン、18歳のアーノルドらの活躍で格下相手にきっちり勝ち切ったリバプールが、EFLカップでベスト4進出を果たした。 2016.11.30 07:05 Wed
twitterfacebook
thumb

退席処分のモイーズがFAの処分対象に…吉田のファウルを訴えた際に侮辱的発言か

▽イングランドサッカー協会(FA)は27日、サンダーランドのデイビッド・モイーズ監督に対し、不適切な発言を処分対象とすると発表した。 ▽FAによると、モイーズ監督の処分対象となったのは、26日に行われたEFLカップ4回戦のサウサンプトン戦での行為。モイーズ監督は終了間際に、DF吉田麻也がFWビクター・アニチェベにファウルを犯し、PKではないかと第4審判に主張。主審から退席を命じられていた。 ▽モイーズ監督は、その際にマッチオフィシャルに向けて侮辱的な発言をしていたとのことだ。なお、モイーズ監督は、現地時間1日の18時までに異議申立てを行うことができる。 2016.10.28 12:51 Fri
twitterfacebook
thumb

退席処分のモイーズが吉田麻也のファウルを主張…「間違いなくPK」

▽サンダーランドのデイビッド・モイーズ監督が、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也のプレーがファウルであり、PKが与えられるべきだと語った。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽サンダーランドは、26日に行われたEFLカップ4回戦でサウサンプトンと対戦。1-0でサウサンプトンが勝利したが、試合中にPKがあったと主張した。 ▽そのシーンは後半アディショナルタイムに訪れた。サンダーランドのFWビクター・アニチェベがボックス内で吉田に倒されたものの、主審はPKを与えず。激怒したモイーズ監督は、第4審判に詰め寄り、退席を命じられていた。 ▽試合後、モイーズ監督が問題のシーンについてコメント。吉田のプレーがファウルだったと主張した。 「そのシーンを改めて見たが、妨害だと思う。でも問題にならなかった。吉田はビクター(・アニチェベ)にファウルを犯した。吉田と交錯したんだ。間違いなくPKが与えられるべきだった」 2016.10.27 21:35 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース