岡崎慎司のレスターはシェフィールド・Uと、吉田麻也のサウサンプトンはウルブスと対戦《カラバオ・カップ》2017.08.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、2017-18シーズンのカラバオ・カップ(EFLカップ)2回戦の対戦カードが決定した。今シーズンからタイのエナジードリンクメーカーのカラバオがスポンサーとなり、カラバオ・カップとして開催される。

▽2回戦は北部と南部に分かれ、対戦カードが決定。北部では、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティがシェフィールド・ユナイテッドと対戦。今季からプレミアリーグに挑戦するハダースフィールドはロザラム・ユナイテッドと対戦する。

▽南部では、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンがウォルバーハンプトンと対戦。そのほか、ウェストハムはチェルトナム・タウンと対戦する。

▽カラバオ・カップ2回戦は8月21日週に開催。昨シーズンのプレミアリーグ上位陣は3回戦から参加となる。

◆EFLカップ2回戦
【北部】
カーライル・ユナイテッド(4部) vs サンダーランド(2部)
ボルトン(2部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部)
アクリントン・スタンリー(4部) vs WBA
ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト(2部)
リーズ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
ストーク・シティ vs ロッチデール(3部)
ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド(3部)
ミドルズブラ(2部) vs スカンソープ・ユナイテッド(3部)
ドンカスター(3部) vs ハル・シティ(2部)
ブラックバーン(3部) vs バーンリー
シェフィールド・ユナイテッド(2部) vs レスター・シティ
アストン・ビラ(2部) vs ウィガン(3部)
バーンズリー(2部) vs ダービー(2部)/グリムズビー・タウン(4部)

【南部】
QPR(2部) vs ブレントフォード(2部)
クリスタル・パレス vs イプスウィッチ・タウン(2部)
ワトフォード vs ブリストル・シティ(2部)
ノリッジ(2部) vs チャールトン(3部)
チェルトナム・タウン(4部) vs ウェストハム
ブライトン&ホーブ・アルビオン vs バーネット(4部)
カーディフ(2部) vs バートン(2部)
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(2部)
フルアム(2部) vs ブリストル・ローバーズ(3部)
MKドンズ(3部) vs スウォンジー
バーミンガム(2部) vs ボーンマス
レディング(2部) vs ミルウォール(2部)

コメント

関連ニュース

thumb

前回王者ユナイテッドが快勝発進! ザネ2発のシティがWBA撃破! マンチェスター勢が揃って4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsバートンが20日に行われ、4-1で快勝したユナイテッドが4回戦進出を決めた。 ▽連覇を目指す昨季王者のユナイテッドは、今大会初戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のバートンと対戦した。モウリーニョ監督は4-0で大勝した直近のエバートン戦からマタとラッシュフォードを除く先発9人を変更。GKにロメロが入ったほか、ダルミアンやリンデロフ、エレーラ、キャリックなど控えメンバーが名を連ね、1トップにはラッシュフォードが入った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むユナイテッドは5分、リンガードのクロスのこぼれ球に反応したボックス右のラッシュフォードが冷静に流し込み、開始早々にゴールを奪う。さらに17分にはボックス手前左角でブリントから短いパスを受けたラッシュフォードが反転気味に右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まった。 ▽ラッシュフォードの2ゴールで完全に流れを掴んだユナイテッドは、相手をいなしながら積極的にゴールを狙う。すると36分、マルシャルの個人技からボックス中央でリンガードがパスを受けると、右足のシュートが相手DFに当たってGKの逆を突く形でゴールネットに吸い込まれた。 ▽3点リードで後半に入ったユナイテッドは、マタに代えて負傷明けのショーをピッチに送り込む。60分にはボックス手前でDFと入れ替わったラッシュフォードのスルーパスに抜け出したマルシャルが冷静にシュートを決め、後半最初のゴールを奪った。 ▽その後、若手MFマクトミネイ、78分にはGKロメロに代えてGKペレイラを投入する余裕の試合運びを見せたユナイテッドは、試合終了間際の失点でクリーンシートを逃すも、格下相手に4-1の大勝。連覇に向けて順調な歩みを見せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたWBAvsマンチェスター・シティは、2-1で勝利したシティが4回戦進出を決めている。 ▽直近の公式戦3試合を4得点以上無失点での3連勝と絶好調のシティは、プレミア勢同士の対戦となったWBAとのEFLカップ初戦に向けて直近のワトフォード戦から先発7人を変更。シルバやアグエロ、デ・ブライネらが招集外となり、シティでの通算300試合出場となるヤヤ・トゥーレが今季初出場を飾り、2トップにはガブリエウ・ジェズスとスターリングが起用された。 ▽試合は開始早々に動く。右サイドからのクロスを中央のギュアンドアンがダイレクトで合わせると、これはGKに弾かれるもこぼれ球をザネが冷静に流し込んだ。 ▽早い時間帯の先制点で守備的なWBAを前につり出すことに成功したシティだが、球際で粘りを見せる相手になかなかチャンスを決めきれず、1点リードのまま前半を終えた。 ▽すると72分、相手の右CKからギブスのクロスをヤコブに決められ、同点ゴールを許す。それでも、慌てないアウェイチームは失点から数分後の77分にベルナルド・シウバからパスを受けたザネがボックス手前右から内に切れ込んで得意の左足のシュートを突き刺した。 ▽その後、ザネの2点目をきっちり守り切ったシティが敵地でのWBAとのプレミア勢対決を制し、4回戦進出を決めた。 2017.09.21 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが3部相手に辛勝! チェルシーはバチュアイ3発で2部相手に快勝! ロンドン勢が順当に4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、アーセナルvsドンカスター・ローバーズが20日に行われ、1-0で勝利したアーセナルが4回戦進出を決めた。 ▽前節、チェルシーとの壮絶な“ビッグロンドン・ダービー”をゴールレスドローで終えたアーセナルは、今季のEFLカップ初戦となるリーグ1(イングランド3部)所属のドンカスター戦に向けてダービーからスタメン全員を変更。GKオスピナやサンチェス、ジルー、ウィルシャー、ウォルコットらと共に17歳の逸材MFネルソンがトップチームデビューを飾った。 ▽立ち上がりにウォルコットの一対一、ジルーの豪快なクロスバー直撃のバイシクルシュートなど、格下相手に押し込むアーセナルだが、粘り強い相手の守備を崩し切れない。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは25分、バイタルエリア左でボールを持ったサンチェスから絶妙なフィードがボックス右に走り込むウォルコットに通ると、ウォルコットはGKとの一対一を冷静に制した。 ▽前半を1点リードで終えたアーセナルは、後半立ち上がりにチャンバースに代えて若手DFダ・シルバを投入し、ネルソンに続いてデビューさせる。だが、前半に引き続き最後の場面で決め切れないアーセナルは、なかなか試合を決定付ける追加点を奪えない。 ▽逆に、前がかりなところを相手のカウンターで突かれるが、ダ・シルバが快足を活かしたカバーリングで防ぐなど、失点を許さない。 ▽その後、イウォビ、ウィルロックをピッチに送り出して試合を締めにかかるアーセナルだが、試合終盤にかけてはなりふり構わずに仕掛けてくる相手の攻撃に晒される。後半アディショナルタイムにはセットプレーからクロスバー直撃のヘディングシュートを許すなど、最後までバタついたホームチームだが、何とか1-0で逃げ切った。3部相手に辛勝のアーセナルが4回戦進出を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたチェルシーvsノッティンガム・フォレストは、5-1で勝利したチェルシーが4回戦進出を決めた。 ▽前節、アーセナルとのダービーを引き分け公式戦の連勝が4試合でストップしたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム戦に向けてその試合からケイヒルとセスクを除く9人を変更。アザールが今季初先発を飾ったほか、GKカバジェロがデビューを飾り、ケネディやムソンダがリュディガー、ザッパコスタの新加入選手と共にピッチに立った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは12分、右サイドを攻め上がったリュディガーからのクロスをボックス左に走り込んだケネディが冷静なトラップからニアに蹴り込み、早々にゴールをこじ開ける。 ▽これで完全に勢いづいたチェルシーは18分、ボックス手前中央のアザールの縦パスに抜け出したバチュアイが冷静に蹴り込み、追加点を奪取。さらに前半終了間際の40分にはボックス右でセスクから短いパスを受けたムソンダがファーポストに低い弾道の強烈なシュートを突き刺し、前半のうちに試合を決めた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないチェルシーは52分、セスクのロングフィードに抜け出したアザールがそのままボックス内に持ち込みGKとDFを引き付けてフリーのバチュアイにプレゼントパス。これをバチュアイが難なく流し込む。 ▽その後、アンパドゥ、クラーク・ソルター、スターリングと期待の若手をトップチームデビューさせたチェルシーは、85分にはケネディのシュートの跳ね返りをバチュアイが泥臭く押し込んでハットトリック達成。試合終了間際にはノッティンガムに一矢報いるゴールを許すも、5-1の大勝で4回戦進出を決めた。 2017.09.21 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ弾でバーンズリーを下したスパーズが4回戦進出《EFLカップ》

▽トッテナムは19日、EFLカップ3回戦でバーンズリーとウェンブリーで対戦し、1-0で勝利した。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリー戦に向けて、3日前に行われ、0-0で引き分けたスウォンジー戦のスタメンからトッテナムは6選手を変更。ケインやエリクセン、アルデルヴァイレルトらをベンチスタートとし、ジョレンテやウィンクスらバックアッパーを起用した。 ▽時間の経過とともに攻勢を強めたトッテナムは、CKからフォイスとジョレンテが決定的なヘディングシュートを浴びせていく。いずれも枠を外れて先制とはならなかったが、デレ・アリのミドルシュートでゴールに近づいていくと、迎えた後半の65分に均衡を破った。 ▽CKの流れからボックス右に侵入したトリッピアーのグラウンダークロスをデレ・アリが押し込んだ。その後もソン・フンミンがGKを強襲するシュートを浴びせるなど、主導権を渡さなかったトッテナムが1-0で勝利。順当に4回戦へ進出している。 2017.09.20 07:13 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の岡崎弾でレスターがリバプール撃破《EFLカップ》

▽EFLカップ3回戦、レスター・シティvsリバプールが19日に行われ、2-0でレスターが勝利している。レスターの岡崎は53分から出場し、65分にゴールを決めている。 ▽3日前に行われたリーグ戦のハダースフィールド戦を1-1と引き分けたレスターは、そのハダーズフィールド戦のスタメンから大幅に8選手を変更。マフレズやイヘアナチョがベンチスタートとなり、イボーラが移籍後初スタメンを飾った。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、バーンリー戦で1-1の引き分けに終わったリバプールは、スタメンを大幅に8選手変更。コウチーニョは引き続き先発し、チェンバレンが移籍後初スタメンとなった。 ▽今週末にリーグ戦でも対戦する両チームの一戦は、 [4-3-3]を採用し前線の3トップに右からチェンバレン、ソランケ、コウチーニョと並べたリバプールが、スリマニとウジョアの2トップとする[4-4-2]を採用したレスターを攻め立てる展開で推移していく。 ▽すると、まずは6分に決定機。ボックス左のロバートソンのクロスをチェンバレンがシュート。しかしDFにブロックされた。直後の左CKの流れからゴールエリア右のソランケがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽攻勢を続けるリバプールは22分にロバートソンの左クロスからソランケがボレーで合わせるも枠を捉えきれない。ハーフタイムにかけてもボールを一方的に保持したリバプールだったが、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、攻め手のないレスターは負傷したウジョアに代えて53分に岡崎を投入。すると65分、CKの流れからイボーラが頭で落としたボールをボックス中央で受けた岡崎がシュート。これが決まり、レスターが先制した。 ▽その後も守勢に回ったレスターだったが、78分に突き放す。岡崎のパスを受けたスリマニがペナルティアーク右から左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さった。 ▽直後、80分のグレイのコントロールシュートはGKの好守に凌がれたレスターだったが、2点のリードを守り切って勝利。リバプールを撃破している。 2017.09.20 05:47 Wed
twitterfacebook
thumb

小児ガンで他界したファンへ粋なはからい…エバートン、サンダーランドが1試合限定で胸スポンサーを変更

▽今週のミッドウィークに行われるカラバオ・カップ(EFLカップ)で、エバートンとサンダーランドが粋なはからいを計画しているようだ。両クラブが公式サイトで発表した。 ▽20日に、EFLカップ3回戦でエバートンvsサンダーランドが行われる。その際、両チームは「ブラッドリー・ローリー財団」を宣伝するユニフォームを着用することになる。 ▽ブラッドリー・ローリー君は、生後18カ月で神経芽細胞腫(小児ガン)と診断。今年7月7日に6歳で他界していた。昨シーズンまでサンダーランドでプレーし、現在はボーンマスでプレーするイングランド代表FWジャーメイン・デフォーとも親交があり、昨シーズンはプレミアリーグのサンダーランドvsエバートンに招待。クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立っていた。 ▽両クラブは、チームの胸スポンサーである「SportPesa」(エバートン)、「Dafabet」(サンダーランド)と今回の取り組みについて合意。8月に発足した「ブラッドリー・ローリー財団」を胸に記したユニフォームでプレーすることで、ガンやその他の命を脅かす病との戦いに挑む子供たちを支援するために設立された財団のアピールをすることにした。 ▽ブラッドリー君の母親であるジェマさんは「私たちはシャツの前面に財団のロゴを見ることができて、とても感激しています」とコメントしている。 2017.09.19 11:05 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース