ナポリがメルテンス&アルビオル弾でエスパニョールを撃破!《プレシーズンマッチ》2017.08.11 14:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは10日、プレシーズンマッチでエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。

▽ここまでプレシーズンマッチで4勝2分け1敗のナポリは、インシーニェやカジェホン、メルテンス、ハムシクなどベストメンバーを先発に起用した。

▽試合は開始早々の4分にナポリに決定機。ジョルジーニョのスルーパスでゴール前に抜け出したメルテンスがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で取り消された。

▽その後も試合を優勢に進めるナポリは35分にスコアを動かす。ペナルティーアーク手前でFKを獲得すると、メルテンスがこのFKを直接ゴール右に突き刺した。

▽後半に入っても主導権を握るナポリは55分、カジェホンの右CKをアルビオルが頭で流し込み、追加点。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したナポリは、16日にチャンピオンズリーグ予選プレーオフ1stレグでニースと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

アンチェロッティ、新天地ナポリで手応え「面白くて、さらに良いアイディアが浮かぶ」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが22日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チームを称えた。<br><br>夏季合宿中のナポリは22日、親善試合でセリエBカルピと対戦し、5-1で快勝した。14日にもセリエDゴッツァーノとの対戦で4-0の勝利を収めており、アンチェロッティは満足感を口にした。<br><br>「素晴らしいチームで気に入った。仕事を進めるのに苦労もない。こういうときは面白いし、さらに良いアイディアが浮かんでくる。ナポリはクオリティの高いチームだが、これは今夜、知った話ではない。この試合で良い兆候が見えた。チームは意欲を持ってしっかりやってくれている。こうした試合を過小評価する傾向があるものだが、この観点からもこのチームは健全だと言える」<br><br>またナポリの新指揮官は、新たなオプションを模索しており、複数のポジションで選手のテストを続けている。<br><br>「アランはサイドバックでもプレーできるし、(エルセイド)ヒサイは左でもプレーできる。2人ともクオリティがあり、頭も良い選手だ。問題なく適応できている。(ロレンツォ)インシーニェの偽9番も好きだ。ロレンツォの動きは良かったし、ラインの間での彼のプレーはすごく気に入った」<br><br>またセンターフォワードについても言及しているが、良い感触を得ているようだ。<br><br>「(アルカディウシュ)ミリクが合流したし、もう一人のCF(ドリエス・メルテンス)も8月6日に到着する。それに(ロベルト)イングレーゼと(カルロス)ヴィニシウスは今日、得点を決めている。選手層はとても充実しているし、私は心配していない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、古巣から選手引き抜きを狙うサッリ前監督に不快感「チームを解体しようとしていた」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、チェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督が全選手を奪おうとしていたと批判した。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>ナポリを昨シーズンまで率いていたサッリは、先日アントニオ・コンテ氏を解任したチェルシーの新監督に就任。そして、サッリの後任としてカルロ・アンチェロッティがナポリの指揮官に就任することとなった。<br><br>ナポリの会長は前指揮官が退任時に「お互いミスを犯した」と発言したことに対し、「私は何一つミスを犯したつもりはない」と反論。さらに、同監督が選手に対して許せない態度を取っていたと暴露している。<br><br>「彼とは契約が残っていたから何かを言うことができた。なぜなら彼は自分の好みではない選手に対し許容できない態度を取っていたからだ」<br><br>「選手は彼のために多くを費やしてきた。彼の有名なトレーニングは選手たちをとても追い込んでいたからね。それでも選手たちをよくやっていたさ」<br><br>チェルシーの監督に就任したサッリは早速、古巣からジョルジーニョを補強。ラウレンティス氏は全選手を新天地に連れて行こうとしていたと語り、その問題についてチェルシーのグラノフスカヤTD(テクニカル・ディレクター)と話をしたことを明かした。<br><br>「サッリは我々の選手全員をイングランドに連れて行き、チームを解体することを望んでいた。そのため、マリーナには強く注意する必要があった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ベネヴェントがナポリMFインシーニェをレンタルで獲得…昨季はパルマの昇格に貢献

▽セリエBのベネヴェントは21日、ナポリからMFロベルト・インシーニェ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽インシーニェは、ナポリの下部組織出身で、ペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノ、ラティーナ・カルチョへとレンタル移籍を繰り返し、2017-18シーズんはパルマへとレンタル移籍。セリエBで31試合に出場し5ゴール4アシストを記録すると、チームのセリエA昇格に貢献していた。 ▽ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの実の弟であるロベルト。武者修行はまだまだ続くようだ。 2018.07.23 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、カバーニ獲得を否定「不可能だ」

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、パリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニの獲得を否定した。イタリアのラジオ番組での発言を『ANSA通信』などが伝えている。 ▽ナポリは現在、かつて同クラブで活躍したカバーニの買い戻しに動いていることが報じられていた。だが、現実的ではないという。 ▽同会長は「カバーニがナポリに来るのは不可能だ。パリ・サンジェルマンが5800万ユーロ(約75億円)要求しているという話を読んだからね。私は彼らに6300万ユーロ(約81億円)で売った。そうやって使った金を取り戻したいのだろうが、それはない」と語った。 ▽2006年からパレルモで、2010年からナポリでプレーしたカバーニは、2013年にパリ・サンジェルマンへ移籍した。イタリア復帰の可能性はないのだろうか。 2018.07.23 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ナポリ退団の元ブラジル代表GKを獲得!

▽サンプドリアは22日、ナポリから元ブラジル代表GKラファエウ・カブラル(28)を獲得したことを発表した。なお、公式サイトでは契約期間などは明かされていない。 ▽2003年に母国の名門サントスのユースチームに入団したラファエウは、2009年にトップチームに昇格。サントスでは在籍4年間で公式戦126試合に出場し42試合のクリーンシートを達成。 ▽その後、2013年の夏にナポリへ加入すると、同期入団となったスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナの控えGKとしての座を脱却できず、ナポリでは在籍5シーズンで公式戦45試合に出場にとどまっていた。 ▽また、2011年に初招集されたブラジル代表ではこれまで3キャップを記録しているが、2014年11月以降は招集外が続いている。 ▽なお、ラファエウは昨季限りでナポリとの契約を満了しており、フリーでの加入となる。 2018.07.23 00:50 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース