ナポリがメルテンス&アルビオル弾でエスパニョールを撃破!《プレシーズンマッチ》2017.08.11 14:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは10日、プレシーズンマッチでエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。

▽ここまでプレシーズンマッチで4勝2分け1敗のナポリは、インシーニェやカジェホン、メルテンス、ハムシクなどベストメンバーを先発に起用した。

▽試合は開始早々の4分にナポリに決定機。ジョルジーニョのスルーパスでゴール前に抜け出したメルテンスがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で取り消された。

▽その後も試合を優勢に進めるナポリは35分にスコアを動かす。ペナルティーアーク手前でFKを獲得すると、メルテンスがこのFKを直接ゴール右に突き刺した。

▽後半に入っても主導権を握るナポリは55分、カジェホンの右CKをアルビオルが頭で流し込み、追加点。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したナポリは、16日にチャンピオンズリーグ予選プレーオフ1stレグでニースと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う

▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:マンチェスター・シティ[15/9] 2:シャフタール[12/0] 3:ナポリ[6/0] 4:フェイエノールト[3/-9] ◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。 ◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。 ◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_63_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。 ◆蚊帳の外~フェイエノールト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_64_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。 2017.12.13 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

復帰後も出場機会なく…デウロフェウが再びイタリアへ!?

▽バルセロナのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が、セリエAを考慮しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナのカンテラ―ノであるデウロフェウは2011年にジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるトップチームで初出場を果たした。しかし満足いく出場機会は与えられず2013年にエバートン、2014年にセビージャへとレンタル移籍で加入した。 ▽2015年6月にはバルセロナを退団してエバートンに完全移籍で加入。さらに2017年1月からは半年間のレンタル移籍でミランに加入するなど、行く先々でポジションを得られず。それでも今夏、ブラジル代表FWネイマールが退団した影響もありバルセロナへの復帰が決まった。 ▽ところが、5シーズンぶりに復帰したバルセロナでも再び選手層の厚さの前にベンチを温める日々が続いており、リーガエスパニョーラ9試合に出場し1ゴールを奪うも、先発出場は5試合にとどまっており、新指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取っているとは言えない状況となっている。 ▽この状況を受けて、ナポリが今シーズン終了までのレンタル移籍での獲得に興味を持っているようだ。中でも、攻撃陣の強化をマウリツィオ・サッリ監督は、デウロフェウの能力を高く評価。主力として活躍しているベルギー代表MFドリエス・メルテンス、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェらをターンオーバーさせるためにもデウロフェウを獲得したいと考えているようだ。 2017.12.13 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook
thumb

決め手欠いたナポリ、フィオレンティーナにドローで首位奪還ならず《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第16節でフィオレンティーナをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を0-1と惜敗し、リーグ戦今季初黒星を喫して首位から陥落した2位ナポリ(勝ち点38)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのフェイエノールト戦を1-2と敗れ、グループステージ敗退に終わった。そのナポリはフェイエノールト戦のスタメンから2選手を変更。A・ディアワラとマッジョに代えてジョルジーニョとマリオ・ルイを起用した。 ▽7位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、勝利すれば首位奪還となるナポリは、立ち上がりから攻勢に出ていく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、11分にピンチ。 ▽ディフェンスライン裏を取ったシメオネにネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。ここからフィオレンティーナに盛り返され、一進一退の攻防に持ち込まれる。 ▽インシーニェを欠く影響もあって思うように攻撃を仕掛けられないナポリは、40分にもピンチ。ディフェンスライン裏を取ってボックス右深くまでえぐったシメオネにシュートに持ち込まれる。しかし、ここはGKレイナが阻んだ。続く41分にもシメオネのヘディングシュートがGKレイナを強襲したナポリは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ジエリンスキがボックス左から決定的なシュートを浴びせたナポリが攻勢を強めると、55分にはメルテンスのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のジエリンスキが左足を振り抜く。しかし、GKスポルティエッロにセーブされ、シュートは左ポストを直撃した。 ▽さらに58分、ハムシクのミドルシュートでゴールに迫ったナポリが圧力をかけ続けると、71分に決定機。アランのスルーパスをボックス右で受けたメルテンスがシュート。しかし、GKスポルティエッロのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽ゴールが遠いナポリはジエリンスキとアランに代えてウナスとログを投入していく。だが、最後までゴールを割れずに0-0のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、首位奪還のチャンスを逃している。 2017.12.11 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

“怠け者”と呼ばれるも…イグアイン「サッリは正しかった」

ユベントスのFWゴンサロ・イグアインがフランス誌『So Foot』のインタビューに応じ、ナポリ時代を振り返った。<br><br>イグアインは2013年夏、レアル・マドリーからナポリへ加入。3シーズンにわたりチームの絶対的エースとして活躍したのち、2016年夏にユベントスへ加入した。今シーズンはセリエAにおいてこれまで9得点を挙げているが、ナポリ在籍当時のマウリツィオ・サッリとのやりとりを振り返った。<br><br>「僕は怠け者だと言われた。(リオネル)メッシやクリスティアーノ・ロナウドのようにゴールを決めて欲しいと言うんだ」と述べ、サッリからバルセロナやレアル・マドリーのエース同様の活躍を要求されたことを明かした。<br><br>イグアインはナポリにおいて、セリエAで1年目は17得点、2年目は18得点をマークした。しかし3年目となるラストシーズンは36得点とゴール数を倍増させた。元ナポリのストライカーは指揮官の意見が一部正しかったことを認めている。<br><br>「彼が言っていたことは少し正しかったと思う。実際、僕はその後36ゴールをマークしたんだから」<br><br>なお王者ユベントスへの移籍については、「簡単な決断ではなかった。だがチャンピオンズリーグ決勝に出場することができて誇りに思っているし、幸せだ」とコメントし、自身の決断が正しかったと結論付けた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 18:29 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース