ギュンドアン、ペップ指揮下での成長を感じる「僕の憧れはシャビだった」2017.08.11 14:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の指導下で充実した日々を過ごしているようだ。

グアルディオラがシティ指揮官に就任した際、最初に獲得したのはギュンドアンだった。シティは移籍金2000万ユーロ(約26億円)でドルトムントからギュンドアンを獲得している。

加入後度重なる負傷に苦しめられてきたギュンドアンだが、グアルディオラ監督の下で確かな成長を感じている。スペイン『マルカ』のインタビューで、以下のように語った。

「グアルディオラは中盤の選手が好きみたいだね(笑) 彼が監督になって、僕は得点という部分で向上した。ゴール前でより危険な選手になったんだ。もちろん、それはチームの動き方にもよるけれどね」

「グアルディオラと彼のコーチングスタッフは、常に改善を求めている。細部にものすごく拘っているね。監督はいつも解決策を与えてくれる。彼が世界最高の監督だと呼ばれる所以だね」

ギュンドアンは、グアルディオラ監督が率いていたバルセロナのファンだったという。

「僕の憧れはシャビだった。彼のことはよく見ていたよ。今もまだプレーしているんだよね? 彼はピッチ上のマエストロだった。シャビに(アンドレス)イニエスタ、(リオネル)メッシ...あの頃のバルセロナといったら! いつも楽しく試合を観戦していたよ」


提供:goal.com

コメント



PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース