「長友佑都らは頑張ったけど…監督に適した選手の獲得を」インテルOBはSBを不安視2017.08.11 14:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
現役時代にインテルやナポリなどでプレーした経験を持つベニート・カルボーネ氏が9日、イタリアのスポーツ情報サイト『ItaSportPress』のインタビューに応じ、インテルについて自身の見解を示した。

まずカルボーネ氏は、新シーズンに向けてインテルの強みは指揮官ルチアーノ・スパレッティだと断言している。

「インテルにとって最高の買い物はもちろんルチアーノ・スパレッティだ。彼にはチームを同じ目標へ向けて引っ張っていく力がある。現段階では彼が“トッププレーヤー”かな。プレシーズンを見て欲しい。(ステファン)ヨヴェティッチは生まれ変わったようだ」

一方で今夏の補強ポイントについては、昨シーズンから指摘されているようにサイドバックを挙げている。カルボーネ氏は日本代表のDF長友佑都ら所属選手の貢献を認めながらも、スパレッティの戦術にフィットする新たなディフェンダーの獲得が重要であると考えている。

「メルカートに関してだがサイドバックの選手が複数必要だと思う。長友、(ダニーロ)ダンブロージオ、(ダヴィデ)サントンは頑張っていたけど、スパレッティのサッカー哲学に適した選手が必要になると思う」

なお9日には、左サイドバックを主戦場とするブラジル出身のDFダルベルト・エンリケがニースから5年契約で加入した。新たなライバルを迎え、長友はポジション争いを勝ち抜くことができるのか、今後の活躍は注目されるところだ。


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース