鎌田大地にチャンス到来か…フランクフルトMFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷で2カ月離脱2017.08.11 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトにとっては痛手となりそうだ。メキシコ代表MFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷により戦線を離脱すると発表した。

▽フランクフルトの発表によると、マルコ・ファビアンは腰椎に問題を抱えており、専門医の下で保存療法を受けるとのこと。これにより、約2カ月の離脱になるとのことだ。

▽マルコ・ファビアンは、2016年1月にグアダラハラからフランクフルトに完全移籍で加入。背番号10を背負い、攻撃的MFのポジションでプレー。2016-17シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引していた。

▽開幕を前に主力を失ったフランクフルトにとっては悩ましいことだが、今夏サガン鳥栖から加入したMF鎌田大地にとっては大きなチャンスとなるかもしれない。

▽鎌田はプレシーズンマッチでは上々のスタートを切っており、ニコ・コバチ監督も評価。開幕まで1週間となったが、フライブルク戦でいきなりデビューの可能性も出てきた。新加入選手が出場機会を得るのは難しいことだが、これまでのプレーぶりを見ればマルコ・ファビアンの代役としても役割を果たせる可能性は高い。ポジション確保には最初のインパクトが重要となるが、鎌田はチャンスを生かすことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ラス・パルマスと契約解除のボアテングがフランクフルトに加入…約1年半ぶりのドイツ帰還

▽フランクフルトは18日、ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(30)の加入を発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。16日に、一身上の都合によりラス・パルマスとの契約を解除していたボアテングは、母国ドイツのフランクフルトを新天地に選んだようだ。 ▽ヘルタ・ベルリンでキャリアをスタートさせたボアテングは、トッテナムやドルトムントを経て、2010年夏にミランに加入。ミランでは10番を背負い、通算114試合に出場した。その後はシャルケ、そして2度目のミラン移籍を経て、昨夏にラス・パルマスがフリーで獲得。今年5月には3年間の契約延長をしたばかりだった。 ▽フランクフルト加入で、ドイツでは4つ目のクラブ加入となったボアテング。ここまでブンデスリーガ通算98試合に出場し10ゴール18アシストをマークしており、中でも2013年夏に加入したシャルケでは、在籍2年間で60試合を数え、7ゴール9アシストと主力として活躍した。 2017.08.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田大地、ブンデス開幕に向けてアピールできず?公式戦デビューに地元紙は酷評

今夏にフランクフルトに加入したMF鎌田大地だが、公式戦デビューでアピールとはいかなかったようだ。先日のカップ戦でのプレーに対する現地メディアの評価は低めとなっている。<br><br>12日に行われたDFBポカール1回戦でフランクフルトは4部所属のエルンテブリュックと対戦。長谷部誠とともに先発出場を果たしたフランクフルトは、相手チームのFW西谷優希がDFダビド・アブラハムの一発退場を誘うなど活躍もあり、格下に苦しめられながらも最終的に3-0での勝利を収めている。<br><br>だがそんな中、73分までのプレーとなった鎌田は、リーグ開幕に向けてアピールできなかったとの見方が述べられている。ドイツ誌『キッカー』では、「おそらく鎌田大地はポジションを失うだろう。21歳の同選手は、(チーム2点目を記録した)ミヤト・ガチノビッチに比べて明らかに精彩を欠いていた」とブンデスリーガ開幕に向けてベンチスタートが予想されている。<br><br>また『フランクフルター・ルンドシャウ』も、鎌田に対して辛口だった。採点を行わない地元紙は、同選手を「低調」のカテゴリーに含め「序盤には期待できる状況を迎えるも、結果を出せず。リーグで生き残るためには改善が必要。まだ甘すぎて、判断も遅すぎる」との評価を記した。<br><br>一方で、同紙は長谷部を「まずまず」のグループに含め、パフォーマンスについては「冷静な判断力やビジョンが見られることもあれば、集中力を欠く場面も」と安定していなかったことを指摘。「より上手くできるはず。3点目の前にウィレムスに送ったダイアゴナルパスは素晴らしかった」と勝利に貢献した場面に言及した。<br><br>19日の開幕節でフライブルクとのアウェー戦に臨むフランクフルト。長谷部はスタメン出場が確実視される一方で、鎌田がドイツでのサッカーに馴染むのは多少先になると見られているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤が今季初弾を含む2ゴールでマインツ快勝、鎌田&長谷部先発の10人フランクフルトも快勝《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が12日にドイツ各地で行われた。マインツはリューネブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利している。FW武藤嘉人は72分までプレーし、2ゴールを決めた。 ▽試合は13分にゴールエリア左に抜け出した味方の丁寧な浮き球クロスをファーサイドの武藤が頭で押し込んでマインツが先制する。 ▽その後、同点とされたマインツだったが、前半終了間際にブロジンスキのPKで勝ち越すと、60分に武藤がこの試合2点目を決めて3-1と突き放す。左サイドからのクロスを受けた武藤は反転から右足でゴール左にシュートを流し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが武藤の活躍で初戦を突破している。 ▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地が先発したフランクフルトは、エルンテブリュックとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。22分に味方DFが退場するアクシデントに見舞われたものの、フランクフルトは35分にチャンドラーのゴールで先制する。 ▽そして1-0とリードしたまま迎えた72分に鎌田が左サイドで起点となってアラーのラストパスをガチノビッチが決めてリードを広げると、直後に鎌田を交代させる。それでも76分に長谷部のロングパスを起点にダメ押しのゴールをアラーが決めて10人のフランクフルトが初戦を勝ち上がっている。 2017.08.13 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト指揮官「マコトがいるチームの監督は幸せ」長谷部に最大級の賛辞

ドイツメディア『Frankfurter Allgemeine Zeitung』が、フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠について特集記事を展開している。<br><br>長谷部は今年3月のバイエルン戦でコーナーポストに激突し、その後ひざに問題があったとして執刀手術に踏み切った。新シーズンを前にしたプレシーズンマッチではすでにフル出場も果たしており、長谷部の完全復活は間近と見られている。地元ドイツ紙もフランクフルトの守備の要として長谷部に注目しているようだ。<br><br>5日に行われたベティス戦について、長谷部は「(ケガも)問題もなかったし、プレーできて良かった」と語っている。<br><br>現在チーム一番の古株であるアレックス・マイヤーが戦列を離れていることから長谷部がニコ・コバチ体制で続く古株であると伝え、「まだまだ調子を上げていく必要がある。自分が持っている経験を生かして、チームのために貢献していきたい」という長谷部の言葉を添えている。<br><br>また、コバチ監督による「マコトのような存在がいるチームの監督は幸せだよ。彼は若いサッカー選手のみならず、すべてのプロフェッショナルの模範ともいうべき存在で、チームに安定感をもたらしてくれる」という長谷部への賛辞の言葉も伝えている。<br><br>「長谷部はまさに&ldquo;リベロ&rdquo;というべき存在だ。予測するプレーが素晴らしく、後方からピッチ上の状況を把握して最適なプレーを選択する」<br><br>最後に「長谷部は最終ラインからボールをビルドアップし、ゲームをスピードアップさせる役割を担う。コバチ体制において、長谷部が自らの価値を証明し、賛辞を受けている理由の一つがこの能力だ。最近パパになったベテランは、コバチから重要な存在だと認識されている」と伝え、長谷部が指揮官から絶大な信頼を寄せられている存在であることを強調している。<br><br>提供:goal.com 2017.08.10 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト守護神のベンフィカ移籍が有力に…同僚長谷部、鎌田に痛手?

今夏の移籍市場で、ベンフィカはGKエデルソンをマンチェスター・シティに売却した。その穴埋め役として、フランクフルトの守護神ルーカス・フラデツキーの獲得が間近に迫っているようだ。<br><br>複数のポルトガルメディアが報じたところによると、すでに本人とベンフィカの間で合意に至っており、フランクフルトと契約解除の話し合いを進める状況となっているようだ。<br><br>フィンランド代表GKのフラデツキーは2015-16シーズンからフランクフルトでプレー。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し、一時は上位争いに加わったフランクフルトの躍進の原動力となった。<br><br>新シーズンのブンデスリーガ開幕前となり、この時期に正GKが国外クラブに引き抜かれることが異例とも言える状況。ニコ・コバチ監督が絶大な信頼を寄せる守護神退団が決定となれば、MF長谷部誠、MF鎌田大地を擁するフランクフルトにとって大きな痛手と言えそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.10 07:20 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース