鎌田大地にチャンス到来か…フランクフルトMFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷で2カ月離脱2017.08.11 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトにとっては痛手となりそうだ。メキシコ代表MFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷により戦線を離脱すると発表した。

▽フランクフルトの発表によると、マルコ・ファビアンは腰椎に問題を抱えており、専門医の下で保存療法を受けるとのこと。これにより、約2カ月の離脱になるとのことだ。

▽マルコ・ファビアンは、2016年1月にグアダラハラからフランクフルトに完全移籍で加入。背番号10を背負い、攻撃的MFのポジションでプレー。2016-17シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引していた。

▽開幕を前に主力を失ったフランクフルトにとっては悩ましいことだが、今夏サガン鳥栖から加入したMF鎌田大地にとっては大きなチャンスとなるかもしれない。

▽鎌田はプレシーズンマッチでは上々のスタートを切っており、ニコ・コバチ監督も評価。開幕まで1週間となったが、フライブルク戦でいきなりデビューの可能性も出てきた。新加入選手が出場機会を得るのは難しいことだが、これまでのプレーぶりを見ればマルコ・ファビアンの代役としても役割を果たせる可能性は高い。ポジション確保には最初のインパクトが重要となるが、鎌田はチャンスを生かすことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが終盤豪快弾で連勝! 《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のハノーファーvsフランクフルトが14日に行われ、1-2でアウェイのフランクフルトが勝利した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地はベンチ外となった。 ▽2-1で勝利した前節のシュツットガルト戦でメンバー外となった長谷部は、[3-4-3]のディフェンスライン中央で先発。これまで同様、リベロとしての起用となった。 ▽試合開始早々、フランクフルトが先制に成功する。敵陣内中央付近から開始したショートカウンターの場面で、ボールを受けたヴォルフがボックス手前からスルーパス。ボックス内に走り込んだアラーがこれに追いつき、GKを出し抜くチップキックで冷静に決めた。 ▽その後もフランクフルトが攻勢を保ったが、CKからハノーファーが意地をみせる。36分、右CKでキッカーはシュベクラー。アウトスイングで滞空時間の長いクロスを送ると、助走したサネが飛び上がり、高い打点のヘッドを叩きつけた。 ▽それでも1-1で迎えた後半開始早々、フランクフルトがチャンスを迎える。49分、前線でボールを収めたヴォルフが、自らボックス手前まで持ち込み強烈なミドルシュート。これはGKのファインセーブに阻まれたものの、積極的にハノーファーのゴールマウスを脅かしていく。 ▽一進一退の攻防が続くと、84分にハノーファーに好機が訪れた。フランクフルトのボックス内でルーズボールに反応したサネが、ボックス左手前から豪快なボレーシュートを放つ。しかし、左足から繰り出されたシュートは枠を外れた。 ▽フランクフルトがピンチを脱すると、89分に決勝点が生まれる。GKのフィードを最前線のアラーが胸で落とすと、ボックス手前のレビッチが反応。ダイレクトで右足を振り抜き、グラウンダーのシュートをネットに突き刺した。 ▽試合は直後に終了の笛。終了間際に決勝点を決め切ったフランクフルトは、2連勝を飾ることに。一方、あと一歩というところで勝ち点を失ったハノーファーは、連敗を喫することとなった。 2017.10.15 05:07 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第7節プレビュー】長谷部&鎌田フランクフルトvs浅野シュツットガルト開催

▽前節はドルトムントがボルシアMGに6発大勝して首位をキープした一方、バイエルンがヴォルフスブルクに2点差を追いつかれてのドローに終わり、勝ち点差が3に広がった。その他の上位陣ではホッフェンハイムが今季4勝目を、ライプツィヒが3勝目を挙げている。下位では唯一の開幕5連敗となっていたケルンが好調ハノーファーに引き分け、何とか連敗を止めた。迎える第7節では、長谷部&鎌田フランクフルトと浅野シュツットガルトによる日本人対決が行われる。 ▽前節ライプツィヒ戦では開幕節以来のスタメンとなった鎌田だったが、チームが守備に追われたこともあってアピールするには至らずチームは1-2の敗戦に終わった。長谷部も失点に絡み、芳しいパフォーマンスではなかったが、引き続きスタメン予想となっている。鎌田はベンチからアピールのチャンスを窺う。 ▽前節アウグスブルク戦では再びベンチスタートとなったシュツットガルトの浅野は、終盤に出場するもチームはゴールレスドローに終わった。引き続きベンチスタート予想の浅野だが、長谷部が守備を統率するフランクフルト相手にゴールとなるか。 ▽ボルシアMGに対してM・フィリップのドッピエッタとオーバメヤンのハットトリックで6-1と大勝して5勝目を挙げたドルトムントは、アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では1-3と完敗してCL2連敗スタートと苦しい状況となったドルトムントだが、好調のリーグ戦で勝利を取り戻せるか。3勝2分け1敗と上々のスタートを切ったアウグスブルクが相手だが、堅守を誇る相手に自慢の攻撃力で押し切りたい。レアル・マドリー戦で出番のなかった香川は先発予想となっており、活躍に期待だ。 ▽ドルトムントを追うバイエルンは原口のヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。ヴォルフスブルクに引き分け、4勝1分け1敗となったバイエルンは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を0-3と完敗した。その結果を受け、クラブはアンチェロッティ監督を電撃解任。ショック療法で勝利を取り戻し、状況を好転できるか。 ▽一方、前節マインツ戦を0-1と敗れて2勝2分け2敗の五分の星となったヘルタは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦を0-1で敗戦。ベンチ入りしながらも出場機会のなかった原口は引き続きベンチ予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽前節ハノーファー戦をゴールレスドローで乗り切って開幕からの連敗を5で止めた大迫のケルンは、CLベシクタシュ戦を完敗したライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。木曜日に行われたレッドスター戦を0-1で落としたケルンは、リーグとELの二束の草鞋に耐えきれていない状況だが、そんなチームを大迫は救えるか。 ▽前節ヘルタ戦で先発復帰し、チームの今季2勝目に貢献したマインツの武藤はバイエルンに引き分けたヴォルフスブルクとのアウェイ戦を、2試合連続スタメンとなったものの、チームはレバークーゼンに0-3と完敗したハンブルガーSVの酒井高はブレーメンとのノルト・ダービーを戦うが、2選手共に先発予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第7節 ▽9/29(金) 《27:30》 シャルケ vs レバークーゼン ▽9/30(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs マインツ ボルシアMG vs ハノーファー フランクフルト vs シュツットガルト アウグスブルク vs ドルトムント 《25:30》 ハンブルガーSV vs ブレーメン ▽10/1(日) 《20:30》 フライブルク vs ホッフェンハイム 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs バイエルン 《25:00》 ケルン vs ライプツィヒ 2017.09.29 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部&鎌田先発のフランクフルト、オギュスタン&ヴェルナー弾でライプツィヒに敗戦《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節、ライプツィヒvsフランクフルトが23日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は56分に交代している。 ▽3日前に行われた前節ケルン戦ではボランチとリベロの両ポジションでプレーし、チームのシャットアウト勝利に貢献したフランクフルトの長谷部は、[5-4-1]のリベロで先発となった。そして開幕節以降出場機会がなく今季2試合目の先発となった鎌田は左MFで起用された。 ▽前節アウグスブルク戦を0-1で敗れて今季2敗目を喫したライプツィヒに対し、フランクフルトは自陣に引いて対応していく。 ▽しかし、立ち上がりから攻勢に出るライプツィヒが順当に先制する。28分、サビツァーの右クロスをニアで受けたヴェルナーのシュートはGKフラデツキーにセーブされるも、ルーズボールをオギュスタンが詰めて先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもライプツィヒが主導権を握ったまま、前半を1点リードして終えると、51分にはフォルスベリがボックス内から左ポストを直撃するシュートを浴びせる。 ▽フランクフルトは56分に見せ場を作れなかった鎌田を下げてレビッチを投入。さらにストライカーのアラーに代えてヨビッチを投入したフランクフルトが前がかるも、67分にライプツィヒが突き放す。 ▽右サイドからのオギュスタンのグラウンダークロスを長谷部がクリアしきれず、ルーズボールを拾ったヴェルナーにボックス右から放たれたシュートがゴール左に決まった。 ▽2点を追う展開となったフランクフルトは77分、右サイドのヴォルフのクロスをファーサイドのレビッチが押し込んで1点を返すも、86分のFKからファレットの放ったヘディングシュートは左ポストに阻まれてタイムアップ。今季3敗目を喫した。一方、勝利したライプツィヒは今季3勝目としている。 2017.09.24 00:46 Sun
twitterfacebook
thumb

“フランクフルトの皇帝”長谷部「自分が戦術の鍵を握っている」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のケルン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが長谷部のコメントを伝えている。 ▽長谷部はアウェイで行われた一戦でダブルボランチの一角として先発出場。チームメートであるMF鎌田大地はベンチスタートとなり、ケルンの日本代表FW大迫勇也は先発でピッチに立った。 ▽試合は22分にアラーがPKを決めてフランクフルトが先制すると、これが決勝点となった。長谷部と大迫はフル出場。鎌田は出場機会が与えられなかった。 ▽試合後に、インタビューに応じた長谷部は過密日程の中での勝利に満足感を示すとともに、チームにおける自身の役割が勝敗の鍵を握っていると口にした。 「ケルンも疲労のある中、厳しかったとは思いますけど、自分たちもチャンスが少ない中、こういう難しい試合で勝てて、非常に重要な勝ちだったと思います」 「このチームは自分が戦術の鍵を握っていると言っても過言ではないと思うので、責任を持ってやらないといけません。前の試合で、自分が出て負けて、その前の試合は、自分が出ていなくて勝っていたので、責任を感じていましたし、今日はどうしても勝ちたかった。そういった意味でも、まずは勝ってホっとしています」 ▽また長谷部は対戦した大迫やケルンの印象についても言及している。 「(ケルンの)チーム状況もあまり良くないという部分で、その流れに彼も苦しんでいるかな、というのはありますけど、ケルンはあそこ(大迫選手のところ)でボールが収まって攻撃が始まる部分があるので、そういう意味では嫌でしたね。トップにいたり、中盤に下がったりといろいろな動きをする。そこに自分が対応する形になったので、その辺は注意しながら見ました」 2017.09.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫vs長谷部が実現! 軍配は長谷部に上がりケルンは開幕5連敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ケルンvsフランクフルトが20日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利した。ケルンのFW大迫勇也、フランクフルトのMF長谷部誠は共にフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽3日前に行われた前節ドルトムント戦を0-5と大敗して開幕4連敗となったケルンは、大迫がフラットな[4-4-2]のFWで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦でボランチとしてフル出場したものの、1-2と敗戦したフランクフルトの長谷部は[4-3-3]のボランチで先発となり、ここ2試合ベンチ外が続いていた鎌田は3試合ぶりにベンチ入りを果たした。 ▽フランクフルトがボールを持つ立ち上がりとなった中、20分にフランクフルトがPKを獲得する。マローのバックパスをカットしたガシノビッチがGKと一対一となり、ボックス内でホルンに倒された。これをアラーが決めてフランクフルトが先制した。 ▽アラーの移籍後初ゴールで先手を取ったフランクフルトは、26分にガシノビッチが枠内シュートをマーク。直後にルーズボールをゴールエリア左のS・ツォラーにシュートを打たれる大ピンチを迎えたが、長谷部が顔面ブロックで防いだ。 ▽後半からリッセを投入したケルンは、49分に大迫がボックス左から枠内シュートをマーク。そして60分に2枚代えを敢行すると、代わって入ったヨイッチが65分に枠内シュートを浴びせた。 ▽攻勢に出るケルンは78分、大迫に決定機。ヘーガーのボレーシュートに反応したボックス左の大迫が右足で合わせるもわずかに枠の上に外れた。これ以降、長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトをケルンは崩せずにタイムアップ。開幕5連敗となった。一方、勝利したフランクフルトは今季2勝目を挙げている。 2017.09.21 04:26 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース