鎌田大地にチャンス到来か…フランクフルトMFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷で2カ月離脱2017.08.11 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトにとっては痛手となりそうだ。メキシコ代表MFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷により戦線を離脱すると発表した。

▽フランクフルトの発表によると、マルコ・ファビアンは腰椎に問題を抱えており、専門医の下で保存療法を受けるとのこと。これにより、約2カ月の離脱になるとのことだ。

▽マルコ・ファビアンは、2016年1月にグアダラハラからフランクフルトに完全移籍で加入。背番号10を背負い、攻撃的MFのポジションでプレー。2016-17シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引していた。

▽開幕を前に主力を失ったフランクフルトにとっては悩ましいことだが、今夏サガン鳥栖から加入したMF鎌田大地にとっては大きなチャンスとなるかもしれない。

▽鎌田はプレシーズンマッチでは上々のスタートを切っており、ニコ・コバチ監督も評価。開幕まで1週間となったが、フライブルク戦でいきなりデビューの可能性も出てきた。新加入選手が出場機会を得るのは難しいことだが、これまでのプレーぶりを見ればマルコ・ファビアンの代役としても役割を果たせる可能性は高い。ポジション確保には最初のインパクトが重要となるが、鎌田はチャンスを生かすことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

伊藤途中出場のHSVが長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに惜敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、ハンブルガーSVvsフランクフルトが12日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は67分からプレーした。また、フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地はそれぞれベンチ外となった。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を0-0で引き分け、2戦連続ゴールレスドロー中の15位HSV(勝ち点15)は、ヴォルフスブルク戦で3試合ぶりに先発した伊藤はベンチに戻り、11試合ぶりにベンチスタートで出場機会のなかった酒井高は引き続きベンチスタートとなった。 ▽対する9位フランクフルト(勝ち点22)は前節バイエルン戦を0-1と惜敗。前節共にベンチ外だった長谷部と鎌田は引き続きベンチ外となった。 ▽開始3分にアブラアムがコスティッチとの競り合いで右足首を痛め、サルセドとの交代を強いられたフランクフルトに対し、HSVが9分に先制する。右CKからレビッチに競り勝ったパパドプーロスがヘディングでねじ込んだ。 ▽それでも16分、鋭いカウンターを狙うフランクフルトが同点に追いつく。チャンドラーの右クロスを受けたボックス右のヴォルフがDFを交わして右足を強振。強烈なシュートがGKの手をすり抜けてネットを揺すった。 ▽さらに24分、勢い付くフランクフルトが逆転する。ヴォルフのパスを受けたチャンドラーの右クロスをゴール前に飛び込んだガシノビッチが右足で押し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもオープンな攻防が続いた前半はフランクフルトが1点をリードしたまま終了した。 ▽迎えた後半、攻勢に出たHSVは開始5分に決定機。FKの流れからルーズボールをゴール前のアルプがボレー。しかし、ゴール至近距離からの強烈なシュートはGKフラデツキーのビッグセーブに阻まれた。 ▽さらに54分、コスティッチのシュートをボックス内でカットしたディークメイアーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれた。 ▽その後、67分にワルドシュミットに代えて伊藤を右サイドに投入したHSVは、75分に伊藤の右サイドゴールライン際からのクロスをエクダルがヘディングで合わせるも、威力を欠いてGKにセーブされる。 ▽終盤にかけてもHSVが攻勢に出たが、GKフラデツキーがゴールを許さずフランクフルトが勝利。日本人対決が実現しなかった試合はフランクフルトに軍配が上がった。 2017.12.13 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

風邪の長谷部誠は今節も欠場…鎌田大地についてコバチ監督「彼のキャプテンが病気になると彼も病気になる(笑)」

▽フランクフルトのニコ・コバチ監督が、ハンブルガーSV戦を前に記者会見に出席。日本代表MF長谷部誠やMF鎌田大地についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽フランクフルトは12日、ブンデスリーガ第16節でハンブルガーSVと対戦する。9日(土)に行われたバイエルン戦では、20分にビダルにゴールを許すと、その後は粘り強い戦いを見せたものの、0-1で敗れていた。 ▽残留ラインギリギリの15位に位置するハンブルガーSVとの一戦を前に、コバチ監督がコメント。現役時代を過ごした古巣との対戦は感慨深いようだ。 「(ハンブルクでは)とても素晴らしい時間だった。ハンブルガーSVが大きなクラブであることは知っている。私の娘もハンブルク出身だ。多くの知り合いもいる」 ▽中2日で迎える試合については「一番難しい」とコメントしたコバチ監督。メンバーの入れ替えも示唆したが、長谷部と鎌田に関してはプレーできないと語り、負傷者や体調不良者の影響でメンバーが限られていると明かした。 「復帰には近づいているが、私はスコアシートに18人しか書けない。ハンブルガーSV戦の後には、19人か20人の選手が起用できるだろう。鎌田はまだ難しい。彼にとってのキャプテンが病気になると病気になるんだ(笑)。我々はセーフティにプレーする必要がある」 「マコト(長谷部誠)は、まだ風邪を引いている。試合で起用するプランはない」 2017.12.12 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、主力CBアブラアムと2021年までの新契約締結!

▽フランクフルトは9日、アルゼンチン人DFダビド・アブラアム(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽これまでバーゼルやヘタフェ、ホッフェンハイムで活躍したアブラアムは、2015年夏にフランクフルトに3年契約で加入。加入以降はセンターバックのレギュラーとして、公式戦85試合に出場し1ゴールを記録している。また、現在は負傷離脱中のドイツ人FWアレクサンデル・マイヤーに代わってゲームキャプテンを務めている。 ▽アルゼンチンのフル代表の経験はないものの、2005年に行われたU-20ワールドカップでは、バルセロナFWリオネル・メッシやウェストハムDFパブロ・サバレタと共に優勝を果たしている。 2017.12.10 04:16 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ビダルの虎の子1点を守りきって長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、フランクフルトvsバイエルンが9日に行われ、0-1でバイエルンが辛勝した。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にベンチ外となった。 ▽前節ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝った8位フランクフルト(勝ち点22)は、前節3試合ぶりに先発に復帰した長谷部が欠場となった。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、4日前に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした中、PSG戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやトリッソ、フンメルスらがベンチスタートとなってミュラーやビダル、ハビ・マルティネスらがスタメンとなった。そして直前にGKウルライヒが負傷したことでベテランGKシュターケがスタメンとなった。 ▽開始6分にレビッチの直接FKでGKシュターケを強襲されたバイエルンだったが、徐々にポゼッションを高めて反撃に出ると、20分に先制する。右CKの流れから右サイドのキミッヒが上げた左足クロスをファーサイドのビダルがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽さらに28分、バイエルンはコマンがドリブルでボックス右に侵入し、シュートに持ち込んでフランクフルトを脅かす。前半半ば以降、一進一退の攻防が続いた中、フランクフルトはレビッチの単騎突破に活路を見いだしたが、バイエルンはJ・ボアテングを中心に跳ね返していく。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスを生み出し、フランクフルトは40分にセットプレーのサインプレーからヴィレムスが枠内シュートを浴びせれば、バイエルンは44分に左CKの流れからビダルのボレーシュートが枠を捉えたが、GKのセーブに阻まれ、バイエルンの1点リードで前半を終了した。 ▽迎えた後半、バイエルンはフランクフルトにポゼッションを譲って時間を進めていく。凌ぐバイエルンはビダルに代えてトリッソを、リベリに代えてアラバを投入していった。 ▽そんな中72分、ヴォルフがハメス・ロドリゲスに対するスライディングタックルで一発退場と判定される。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードに覆り、フランクフルトは助かった。 ▽しかし、バイエルンが最後までビダルの1点を守り抜いて勝利。首位を堅守している。 2017.12.10 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第15節プレビュー】長谷部フランクフルトがハメスのバイエルンと対戦

▽前節は首位バイエルンがハノーファーに快勝した一方、2位ライプツィヒがホッフェンハイムに惨敗したことで勝ち点差が6に広がった。そして、未勝利が続いていた最下位ケルンのシュティーガー監督がついに解任されている。迎える第15節は長谷部フランクフルトがバイエルンと対戦する。 ▽フランクフルト(勝ち点22)は前節、ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝って8位と好位置に付ける。中盤アンカーの位置で3試合ぶりに先発に復帰した長谷部も攻守のバランスを取る働きをこなし、勝利に貢献した。バイエルン戦ではワールドカップでも対戦するハメス・ロドリゲスとのマッチアップも予想されるが、守備のタスクを忠実にこなせるかに注目だ。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、火曜日に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした。ハインケス体制となって王者の風格を取り戻したバイエルンとしては年内の3戦を全勝し、首位固めといきたい。 ▽ホッフェンハイムにまさかの惨敗を喫した2位ライプツィヒ(勝ち点26)は、武藤の14位マインツ(勝ち点15)と対戦する。水曜日に行われたCLのベシクタシュ戦を1-2と敗れ、決勝トーナメント進出はならなかった。悪い流れにハマらないためにもここで踏み止まりたいところだが、背中を痛めてここ2試合欠場となっている武藤のマインツ撃破となるか。 ▽香川が途中出場で流れを好転させながらも10人のレバークーゼンに引き分け止まりとなった6位ドルトムント(勝ち点22)は、17位ブレーメンとのホーム戦に臨む。リーグ戦7試合勝利なしと泥沼状態のドルトムントだが、追い打ちをかけるように新たにM・フィリップとカストロが離脱してしまった。香川としてはライバルが不在の内にアピールしておきたいところだが、ここ3試合で2勝と復調している感のあるブレーメン相手に久々の勝利となるか。 ▽前節は苦手アウェイの地でブレーメンに0-1と敗れた13位シュツットガルト(勝ち点17)は、金曜日に9位レバークーゼン(勝ち点21)を6戦で5勝と得意のホームに迎える。前節見せ場を作れなかった浅野はベンチスタート予想となっている。 ▽その他、酒井高がボランチでフル出場し、勝ち点1を積み上げたハンブルガーSV(勝ち点14)は、11位ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、シュティーガー監督が解任となってフェー監督を招へいした大迫のケルンは、16位フライブルク(勝ち点12)とのホーム戦に臨むが、大迫は出場停止で欠場となる。 ◆ブンデスリーガ第15節 ▽12/8(金) 《28:30》 シュツットガルト vs レバークーゼン ▽12/9(土) 《23:30》 ライプツィヒ vs マインツ ドルトムント vs ブレーメン ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク フランクフルト vs バイエルン 《26:30》 ボルシアMG vs シャルケ ▽12/10(日) 《21:30》 ケルン vs フライブルク 《23:30》 ハノーファー vs ホッフェンハイム 《26:00》 アウグスブルク vs ヘルタ・ベルリン 2017.12.08 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース