テネリフェで12ゴールを記録したアトレティコFWエンディアイエがヘタフェ移籍で再び柴崎と同僚に2017.08.11 04:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェは10日、アトレティコ・マドリーのセネガル人FWアマス・エンディアイエ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年で、移籍金は発表されていない。

▽2014年夏からアトレティコでプレーしていたエンディアイエは、ストライカーを本職にウイングでもプレー可能な173cmのアタッカー。アトレティコでのトップチーム出場歴がない中、2016-17シーズンはレンタル先のテネリフェでMF柴崎岳と共に主力として活躍。リーガエスパニョーラ2部で35試合に出場して12ゴール4アシストを記録し、昇格プレーオフ決勝まで導いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

サウール弾で逃げ切ったアトレティコがクラブ記録を更新のリーガ19戦無敗を達成!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第15節でベティスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽クラブ記録タイのリーグ18戦無敗で4位につけるアトレティコが、10位ベティスの本拠地ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループC最終節のチェルシー戦を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。グリーズマンやトーレス、ホセ・ヒメネス、リュカに代えてコレアやガメイロ、ゴディン、ヴルサリコをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから積極的な入りを見せたベティスを前に後手に回ると3分、テージョのパスからブデブスのシュートでゴールを脅かされるも、このピンチはGKオブラクのセーブで難を逃れた。 ▽押し込まれる展開が続くアトレティコは、23分にもボックス左横でFKを与えるとホアキンのFKから決定機を許したが、ファーサイドのバラガンがボールに反応できず、ゴール右にボールは流れた。 ▽劣勢が続いたアトレティコだが30分、ファーストチャンスで試合を動かす。右サイドをオーバーラップしたヴルサリコがゴディンからのロングパスを受けると、素早くクロスを供給。これが相手DFとGKの間をすり抜けるとファーサイドから駆け上がったサウールがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽アトレティコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベティス。60分、中盤のブデブスがボックス内にロングパスを供給。これが相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のテージョがダイレクトボレーで合わせるも、枠を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 ▽1-0で膠着状態が続く中、アトレティコは76分にガメイロを下げてトーレスを投入。前線をフレッシュにしたがこれも効果なく時間が過ぎる。試合終了間際の93分にアトレティコは、トーマスに代えてリュカをピッチに送り出し、試合をクローズ。サウール弾でリーグ戦3連勝を飾ったアトレティコは、クラブのリーガ無敗記録を19戦に更新した。 2017.12.11 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコDFリュカ・エルナンデス、フランス代表ではなくスペイン代表を選択へ

アトレティコ・マドリーに所属するDFリュカ・エルナンデスは、どうやらスペイン代表でプレーすることを選択するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>フランスのマルセイユ出身ながら、11歳からアトレティコの下部組織でプレーするリュカ・エルナンデス。フランス代表としてU-21までプレーしてきた同選手だが、フル代表にはいまだ呼ばれていない。<br><br>スペイン『マルカ』によれば、そんなリュカに対してスペイン代表のジュレン・ロペテギ監督が声をかけ、同代表チームでプレーすることを納得させたようだ。アトレティコDFは、すでにスペイン国籍取得の手続きを行っているという。<br><br>2018年ロシア・ワールドカップに臨むロペテギ監督は、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス、同DFナチョ、バルセロナDFジェラール・ピケ、ドルトムントDFマルク・バルトラに次ぐセンターバックを確保することを望み、リュカに目を付けた模様だ。<br><br>なお『マルカ』は以前に、リュカの弟であるレアル・マドリーDFテオ・エルナンデスも、スペイン代表でプレーすることを決断したと報じていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、今夏加入迫ったユナイテッドに来夏のバルサ行き伝える!

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)が、新天地候補の1つに挙がっていたマンチェスター・ユナイテッドに対して、来夏のバルセロナ行きの意向を伝えたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今夏にユナイテッドへの移籍が報じられながらも、アトレティコが補強禁止処分となっていたため残留を決断したグリーズマン。シーズン中も引き続きユナイテッドとの関連が伝えられているが、ここにきてバルセロナが獲得に動き始めたことで、同選手は新天地をカタルーニャの地に求めることになったようだ。 ▽『ムンド・デポルティボ』の伝えるところによれば、今夏の獲得交渉が破談した後もグリーズマンへの関心を失っていなかったユナイテッドのエド・ウッドワードCEO(最高経営責任者)は先日にも同選手の代理人と接触。その際に代理人からバルセロナとの合意の事実を伝えられたようだ。 ▽また、同メディアはバルセロナがグリーズマンとの個人合意を取り付けたことで、すでにアトレティコ側とのクラブ間交渉を進めていると報道。ただ、グリーズマンに関してはアトレティコとの現行契約に解除条項が設けられており、最終的にバルセロナは来年7月までに1億ユーロ(約133億5000万円)の契約解除金を支払い、同選手を獲得することになるようだ。 ▽その一方で、同メディアはバルセロナとグリーズマンの合意はあくまで口頭によるものとしており、ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなど同選手に関心を示すクラブが、より好条件のオファーを掲示しフランス代表FWを説得できれば、逆転の可能性もあると主張している。 2017.12.09 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

決定機を止め続けたアトレティコ守護神にチェルシーの選手も賛辞…アザール「相手のGKはすごかったね」

チェルシーは5日に行われたチャンピオンズリーグ最終節アトレティコ・マドリー戦で1-1と引き分けた。首位でのグループ突破は逃したが、DFギャリー・ケイヒル、MFエデン・アザールともに、アトレティコGKヤン・オブラクを称賛しつつ、パフォーマンスには満足しているようだ。<br><br>すでにグループ突破を決めていたチェルシーは、決勝トーナメント進出のために絶対に勝たなければいけないアトレティコをホームに迎えた。56分に失点するも、75分にオウンゴールで同点に追いついている。<br><br>&ldquo;死の組&rdquo;グループCで、5節まで首位を走っていたチェルシーだが、同時キックオフの試合でのローマが勝利したため、最終節で首位陥落。グループ2位で決勝トーナメントに進むことになった。<br><br>主将のケイヒルは『BT Sport』に対し、勝つべき試合だったと語っている。<br><br>「僕らのほうが勝利に値しただろう。いくつかのビッグチャンスを作ったからね。勝つべきだった。失点はしたが、全体的に良いパフォーマンスだったと思う。ヤン・オブラクは素晴らしかったね。信じられないような試合をしたよ」<br><br>また、アザールも「相手のGKはすごかったね」と、17本のシュートを放たれるも1失点に抑えた相手GKオブラクを称賛。引き分けには満足していると語った。<br><br>「首位突破のために勝つべきだったが、引き分けは良い結果だ。アトレティコは強かった。僕らは満足している。問題はないよ。僕らはチェルシーなんだ。欧州のトップチームであり、なんだって達成できる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.06 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

決定機を止め続けたアトレティコ守護神にチェルシーの選手も賛辞…アザール「相手のGKはすごかったね」

チェルシーは5日に行われたチャンピオンズリーグ最終節アトレティコ・マドリー戦で1-1と引き分けた。首位でのグループ突破は逃したが、DFギャリー・ケイヒル、FWエデン・アザールともに、アトレティコGKヤン・オブラクを称賛しつつ、パフォーマンスには満足しているようだ。<br><br>すでにグループ突破を決めていたチェルシーは、決勝トーナメント進出のために絶対に勝たなければいけないアトレティコをホームに迎えた。56分に失点するも、75分にオウンゴールで同点に追いついている。<br><br>&ldquo;死の組&rdquo;グループCで、5節まで首位を走っていたチェルシーだが、同時キックオフの試合でのローマが勝利したため、最終節で首位陥落。グループ2位で決勝トーナメントに進むことになった。<br><br>主将のDFギャリー・ケイヒルは『BT Sport』に対し、勝つべき試合だったと語っている。<br><br>「僕らのほうが勝利に値しただろう。いくつかのビッグチャンスを作ったからね。勝つべきだった。失点はしたが、全体的に良いパフォーマンスだったと思う。ヤン・オブラクは素晴らしかったね。信じられないような試合をしたよ」<br><br>また、FWエデン・アザールも「相手のGKはすごかったね」と、17本のシュートを放たれるも1失点に抑えた相手GKオブラクを称賛。引き分けには満足していると語った。<br><br>「首位突破のために勝つべきだったが、引き分けは良い結果だ。アトレティコは強かった。僕らは満足している。問題はないよ。僕らはチェルシーなんだ。欧州のトップチームであり、なんだって達成できる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.06 08:40 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース