オランダ代表MFデ・ルーン、ミドルズブラからアタランタに完全移籍で復帰2017.08.11 02:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラは10日、オランダ代表MFマルテン・デ・ルーン(26)がアタランタに完全移籍したことを発表した。移籍金は『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば1350万ユーロ(約17億3000万円)+ボーナスで150万ユーロ(約1億9000万円)とのことだ。契約期間は発表されていない。

▽スパルタでプロデビューを飾ったセントラルMFのデ・ルーンは、ヘーレンフェーンを経て2015年夏にアタランタへ移籍。そして、アタランタで主力として活躍し、2016年夏に1200万ユーロでミドルズブラに移籍していた。そのミドルズブラでは2016-17シーズン、プレミアリーグで33試合に出場して4ゴールをマークしていたが、チームを降格から救うことはできず、1年でアタランタに復帰することとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

エヴァートン相手にセリエA史上初の快挙達成…アタランタ指揮官「あらゆる想像超えた」

アタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニは思わぬ大勝に驚きを隠せない。イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューで語った。<br><br>■イングランドでセリエA初の5得点23日、ヨーロッパリーグ(EL)第5節エバートン対アタランタが行われ、アタランタが敵地で5-1と大勝を収めた。これによりあと1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたほか、プレミアリーグのクラブから敵地において5得点を奪ったセリエA史上初のクラブになった。これまでの最高記録は2002年にインテルが記録したニューカッスル戦の4-1だったという。<br><br>ガスペリーニ監督は想像を超えた選手たちの躍動に脱帽している。<br><br>「これほど鮮やかな勝利は想像できない。あらゆる予想を超えた結果になった。実際、試合に勝利するのは簡単ではなかった。後半に入り良いプレーができていたので、終盤、ゴールラッシュになったが、激しい試合だった。グループリーグ突破が優先事項だったが、決められて満足している。今度はリヨン戦に向けて準備していくが、抽選になるので首位に立つことが有利に働くかどうか分からない」<br><br>先制点を挙げるなどドッピエッタ(1試合2得点)の活躍を見せ、勝利に貢献した22歳のMFブライアン・クリスタンテを称賛している。<br><br>「彼は最高の選手だ。トップコンディションにある時は、ゴール前でも重要な役割を果たしてくれる。(フランク・)ランパードとの比較? 分からないが、彼は攻守両面に優れているミッドフィルダーだ。フィジカルがあり、守備のサポートができるし、得点を取りに行くこともできる。偉大な選手たちに肩を並べられるよう努力していかなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 17:21 Fri
twitterfacebook
thumb

南野のザルツブルクやミラン、ビジャレアルら11チームが新たに決勝T進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が23日に各地で行われた。この結果、新たに11チームの決勝トーナメント進出が決まった。 ▽例年、混戦模様のグループステージにおいて前節終了時点で突破を決めていたのは、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)、アーセナル(イングランド)、ラツィオ(イタリア)、ゼニト(ロシア)の5チーム。そして、今節では新たに11チームの突破が決まった。 ▽今大会の優勝候補に上がりながらも足踏みが続いていたミラン(イタリア)は、オーストリア・ウィーン(オーストリア)をホームに迎えた今節を5-1の逆転勝利で飾り、最低限のノルマである首位通過を果たした。また、エバートン(イングランド)との三つ巴の争いと思われた混戦のグループEでは、いずれもそのエバートンを破ったリヨン(フランス)、アタランタ(イタリア)の2チームの突破が決定した。 ▽さらに、ELに滅法強いイベリア半島勢ではビジャレアルとソシエダのスペイン勢、ブラガ(ポルトガル)が今節での突破を決めた。また、日本人選手所属クラブではMF南野拓実が在籍するザルツブルク(オーストリア)が今大会日本勢初の決勝トーナメント進出を決めた。さらに、大会初出場のエステルンド(スウェーデン)がクラブ史上初の突破という快挙を成し遂げた。第5節終了時点での決勝トーナメント進出チームは以下のとおり。 ◆EL決勝トーナメント進出チーム(第5節終了時点) ▽グループA ビジャレアル(スペイン)※ ▽グループB ディナモ・キエフ(ウクライナ) パルチザン(セルビア)※ ▽グループC ブラガ(ポルトガル)※ ▽グループD ミラン(イタリア)※ ▽グループE アタランタ(イタリア)※ リヨン(フランス)※ ▽グループG ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ)※ ▽グループH アーセナル(イングランド) ▽グループI ザルツブルク(オーストリア)※ ▽グループJ エステルンド(スウェーデン)※ ▽グループK ラツィオ(イタリア) ニース(フランス)※ ▽グループL ゼニト(ロシア) レアル・ソシエダ(スペイン)※ ※今節での決勝T進出チーム 2017.11.24 07:28 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン粉砕のアタランタと攻撃陣爆発のリヨンが揃って決勝T進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第5節、エバートンvsアタランタが23日に行われ、アウェイのアタランタが5-1で圧勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で首位に立つアタランタ(勝ち点8)は、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。対するエバートン(勝ち点1)は前節の敗戦によって敗退が決定したものの、ルーニーやウィリアムズ、トム・デイビスなど主力をピッチに送り出した。 ▽試合はモチベーションで勝るアウェイのアタランタが出足鋭い攻めを見せていく。すると12分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したカスターニュがグラウンダーのクロス。これをニアでペターニャが潰れ、最後はクリスタンテがワンタッチで流し込んだ。 ▽ホームで先手を許したエバートンは、その後もアレハンドロ・ゴメスを中心に縦に速い攻撃を展開するアタランタを前に耐える時間が続く。それでも、時間の経過と共に押し返し始めると、30分と47分にはボックス付近のミララスが続けて決定的なシュートを放つ。だが、GKベリシャの見事な反応に阻まれ、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半も立ち上がりはアタランタペースで進む。48分にはボックス内に抜け出したクリスタンテがDFウィリアムズに後ろから倒され、PKを獲得。これをキッカーのA・ゴメスが蹴るが、左を狙ったシュートはコースが甘くGKロブレスにストップされる。さらにこぼれ球を再びA・ゴメスが蹴り込むが、再びロブレスに阻まれた。 ▽絶好の追加点のチャンスを逃したアタランタだったが、その後もエバートンを自陣深くに押し込める猛攻を見せる。しかし、A・ゴメスやハテボエルの決定機が相手の身体を張った守備やGKロブレスのビッグセーブに防がれ、あと一押しが足りない。それでも、64分にはA・ゴメスの左CKをニアで待ち構えていたクリスタンテがバックヘッドでファーポストに流し込み、待望の追加点を奪う。 ▽一方、ホームで意地を見せたいエバートンは、ヴラシッチ、フィーニーと続けて交代カードを切っていくと、71分に1点を返す。右サイドのスペースに抜け出したミララスが折り返したボールを中央で受けたサンドロ・ラミレスが素早い足の振りからゴール左隅に流し込んだ。 ▽この失点をキッカケにエバートンが押し返す時間が続くも、焦れずに失点を防ぐアタランタ。すると、試合終盤にかけて見事なゴールラッシュを見せる。86分、セットプレーの二次攻撃でボックス外のゴセンズが左足で放ったシュートが左ポストの内側を叩いて決まる。さらに、87分と94分にはいずれもカウンターからコーネリウスが連続得点を記録し、終わってみれば5-1の圧勝。敵地でエバートンを粉砕したアタランタが最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、リヨンvsアポロン・リマソルは、ホームのリヨンが4-0で快勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で2位のリヨン(勝ち点8)は、3位アポロン・リマソル(勝ち点3)をホームに迎えたこの一戦で引き分け以上で突破が決定する優位な状況となった。 ▽試合は立ち上がりからリヨンペースで進んでいくが、互いにアクシデントに見舞われる。15分過ぎ、共に足を痛めたリヨンのトラオレ、アポロンのアントン・マクリガがプレー続行不可能となり、それぞれオアール、セラヤの緊急投入を余儀なくされる。 ▽それでも、試合の主導権を握ったホームチームは29分、左CKの場面で相手GKとDFがクリアミスを犯すと、これをゴール前に詰めていたディアカビが冷静に蹴り込んで先制に成功する。さらに32分にはロングカウンターから左サイドを突破したデパイがクロスを入れると、ボックス右で胸トラップしたフェキルが冷静に左足で流し込んだ。 ▽リヨンの2点リードで折り返した試合は、後半も試合展開に大きな変化はなし。モレルに代えてトゥサールをハーフタイム明けに送り出したホームチームは、後半も鋭いカウンターから相手の背後を突いては決定機を作り出す。 ▽66分にはボックス右でパスを受けたオアールがGKとDFを引き付けて浮き球のクロス。これをマリアーノ・ディアスが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪った。その後も攻撃の手を緩めないリヨンは、試合終了間際にも若手FWマオリダにゴールが生まれ、4-0の圧勝。この結果、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2017.11.24 07:04 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディは猛禽類?インテル指揮官スパレッティ、今季リーグ戦13ゴールの主将を称賛

インテルは、19日に行われたセリエA第13節のアタランタ戦に2-0で勝利した。ルチアーノ・スパレッティ監督は、2ゴールを挙げたFWマウロ・イカルディを手放しで称賛している。<br><br>ここまでリーグ戦無敗をキープし、難敵アタランタをホームに迎えたインテル。51分にFKからエースのイカルディの頭のゴールで先制すると、さらにその8分後に再びイカルディがヘディングで決め、相手の攻撃を最後までシャットアウト。リーグの無敗記録を「13」にまで伸ばしている。<br><br>この試合で2得点を奪ったイカルディは、今季すでにリーグ戦13ゴールを挙げ、ラツィオのFWチーロ・インモービレ(15ゴール)に次ぐ、得点ランキング2位につけている。今季好調のチームを引っ張る主将を、スパレッティ監督も『Mediaset Premium』上において、手放しで称賛している。<br><br>「この試合まで、アタランタ相手にセットプレーから誰も得点を奪えていなかったが、獲物に襲いかかる猛禽類のようにイカルディはやってのけたね」<br><br>しかし、指揮官は決してイカルディの&ldquo;ワンマンチーム&rdquo;ではないことを強調。チーム全員の力で好調を維持できていると語っている。<br><br>「彼は勝者だ。だが、私は勝利は全員の力でつかむものだと思っている。我々はアタランタにチャンスを数回しか許さず、タイトに戦い、何度も決定機をつくろうと試みた。インテルは独自のアイデンティティを持っており、今夜は成熟したチームのようにプレーできた。我々はどこへ向かっているのかを理解しているし、そこへたどり着く方法もわかっているよ」<br><br>現在勝ち点33を稼ぐインテルは、首位ナポリと2ポイント差の2位。8シーズンぶりの優勝も十分狙える位置につけている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがイカルディのドッピエッタで難敵アタランタに快勝! 長友は出場せず《セリエA》

▽インテルは19日、セリエA第13節でアタランタをホームに迎え、2-0で快勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節トリノ戦を途中出場のエデル弾で引き分けて無敗を維持した3位インテル(勝ち点30)は、日本代表としてブラジル戦とベルギー戦にフル出場した長友がベンチスタートとなってサントンが起用された。 ▽9位アタランタ(勝ち点16)に対し、一進一退の攻防で立ち上がると、16分にピンチ。ハテボエルにボックス右に侵入され、枠内シュートを浴びせられるが、GKハンダノビッチがセーブした。 ▽ひやりとしたインテルは25分に反撃。ボルハ・バレロのダイレクトヒールパスに抜け出したイカルディがGKと一対一に。しかし、ややシュートコースが甘く止められてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてはインテルが押し込む時間を増やしたが、アタランタ守備陣を崩せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始6分にインテルが試合を動かす。右サイドからのカンドレーバのFKをフリーとなったイカルディがヘッドで叩き込んだ。 ▽失点を受けてイリチッチに代えてペターニャを投入してきたアタランタに対し、60分にインテルが突き放す。右サイドからのダンブロージオの左足クロスをイカルディがヘディングで流し込んだ。 ▽その後、アレハンドロ・ゴメスを諦めてオルソリーニを投入してきたアタランタをインテルがシャットアウト。イカルディのドッピエッタでインテルが勝利し、ユベントスを抜いて2位に浮上している。 2017.11.20 06:43 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース