マルセイユがアストン・ビラからフランス人DFアマヴィを完全移籍で獲得2017.08.10 23:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは10日、アストン・ビラのフランス人DFジョルダン・アマヴィ(23)が完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金や契約期間などは発表されていない。

▽アマヴィは7月7日に移籍金800万ユーロ(約10億3000万円)の5年契約でセビージャへの加入が発表されていたが、メディカルチェックで問題が見つかり、一転して破断していた。

▽左サイドバックを主戦場とするアマヴィは、2015年7月にニースからアストン・ビラへと移籍。加入1年目はプレミアリーグで開幕からポジションを確保。しかし、ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負った影響で、10試合の出場にとどまり、チームはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格。しかし、ケガから復帰した2016-17シーズンは、チャンピオンシップで34試合に出場していた。世代別のフランス代表も経験しており、U-21フランス代表として10試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

南野不出場で日本人対決ならず…酒井フル出場のマルセイユが2位でザルツブルクと共に決勝T進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI最終節、マルセイユvsザルツブルクが7日に行われ、0-0のドローに終わった。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場。ザルツブルクのMF南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽グループ2位のマルセイユ(勝ち点7)と、すでに首位通過を決めたザルツブルク(勝ち点11)の一戦。前節、3位コンヤシュポル(勝ち点5)とのアウェイゲームを土壇場のオウンゴールで追いつきドローに持ち込んだマルセイユは、引き分け以上で2位通過が決まる。この一戦に向けてマルセイユは出場停止のアマヴィに代わってブナ・サールを右サイドバックに入れ、酒井を左サイドバックで起用した。一方、消化試合となるザルツブルクは前節に今季EL初先発を飾った南野をベンチスタートとした。 ▽立ち上がりからホームのマルセイユが左サイドの酒井とオカンパスのコンビや、サンソンの個人技を生かしてアウェイチームを攻めたてる。しかし、オカンポスやサンソンのシュートがことごとく相手のブロックに遭う。さらに、カウンターの局面で幾度かエンジエが抜け出す場面を作るが、最後の部分でうまくいかない。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半に入ってよりオープンな展開に。48分にはボックス手前右のマキシム・ロペスがゴール左上隅に絶妙なシュートを放つが、これはGKの好守に遭う。さらに54分にはボックス右で仕掛けたB・サールがニア上を狙った強烈なシュートも、再びGKのファインセーブに阻まれた。 ▽一方、前半同様にカウンターからゴールを目指すザルツブルクは、ファン・ヒチャンやヤボらをピッチに送り出すと、そのファン・ヒチャンの仕掛けやベリシャの直接FKでゴールに迫るが、GKマンダンダの牙城を破れない。なお、ザルツブルクは76分に最後の交代カードとしてライトゲプを投入したことで、南野に出場機会はなく酒井との日本人対決は実現ならず。 ▽その後、パイエとジェルマンの投入でマルセイユが攻勢を仕掛けたものの、試合は0-0のままタイムアップ。互いにやや見せ場を欠く試合展開となったが、狙い通りに勝ち点1を手にしたマルセイユが2位通過を果たした。 ▽また、同日行われたグループIのもう1試合、ヴィトーリア・ギマランエスvsコンヤシュポルは、1-1のドローに終わった。 2017.12.08 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、2つの疑惑判定で辛くもドロー《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第16節、モンペリエvsマルセイユが3日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、1-1のドローに終わった。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽リーグ戦10試合無敗で2位に位置するマルセイユ(勝ち点31)と、リーグ最少失点(8失点)の堅守を武器に、4戦無敗で7位に付けるモンペリエ(勝ち点21)による南仏対決。来週ミッドウィークに決勝トーナメント進出が懸かるヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を控えるマルセイユだが、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持するマルセイユだが、組織的な相手の守備ブロックの前でボールを横に動かす場面が目立ち、なかなか危険なエリアでボールを受けられない。逆に、9分にセセニョン、18分にムベンザと相手得意のカウンターからGKマンダンダがセーブを強いられる場面が続く。 ▽なかなか流れを掴み切れないマルセイユは29分、一瞬の隙を突かれて先制点を許す。相手のショートカウンターからボックス左でルシヨンが入れたクロスがDF酒井にディフレクトしてボックス中央のスペースへ。これをジョバンニ・シオがアクロバティックなボレーで合わすと、GKマンダンダの手を弾いたボールがネットに吸い込まれた。 ▽リーグ最高の堅守を誇るモンペリエを前にビハインドを背負う苦しい展開となったマルセイユは、古巣対戦のサンソンや酒井とトヴァンの右サイドを起点に攻勢を強める。すると、前半終了間際の45分に味方のスルーパスに抜け出した酒井が右サイド深くで折り返す。これを中央の味方がシュートすると、DFイウトンが身体に付けていた腕にボールが当たる。ここで主審はかなり微妙な判定ながらハンドを取り、マルセイユにPKが与えられる。これをキッカーのトヴァンが冷静に右隅へ決めてリーグ戦3試合連続ゴールを記録した。 ▽幸運な判定によって1-1のイーブンで試合を折り返したマルセイユは、後半も前半同様にボールを保持していくが、相手の堅守を前にほとんど決定的な場面を作れない。何とか流れを変えたいガルシア監督は61分にトヴァンを下げてオカンポスを投入。70分過ぎには酒井の際どいクロス、ジェルマンの枠を捉えたミドルシュートでゴールに迫るが、GKルコントの好守に遭う。 ▽試合終盤にかけてはホームのモンペリエが押し返す展開が続く。すると88分、マルセイユは自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのサンビアのクロスをニアのカマラに頭で合わせられ、これがゴール右隅に吸い込まれる。土壇場で痛恨の勝ち越し点を許したかに思えたが、副審はカマラのヘディングに反応したオフサイドラインのイウトンがプレーに関与したとの判定でフラッグを上げ、主審との話し合いの結果、ノーゴールの判定となった。その後も相手の猛攻に晒されたマルセイユだが、何とか守り切って試合は1-1のドローで決着。2つの幸運な判定によって辛くも勝ち点1を拾ったマルセイユは11戦無敗継続もリヨンとモナコに勝ち点で並ばれ、得失点差の関係で4位に転落した。 2017.12.04 07:08 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼は偉大な兄貴」ポグバ、ハイキック騒動のエブラを擁護

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、マルセイユを解雇された元同代表DFパトリス・エブラを擁護した。フランス『BMF TV』がフランス『SFR Sport』でのインタビューをもとに伝えた。 ▽11月2日に行われたヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリアvsマルセイユの試合前に執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞ったエブラ。これを受けて同月11日にマルセイユが双方合意の上で同選手の契約を解除したことを発表し、欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が科された。 ▽この騒動についてユベントス時代やフランス代表でもともにプレーしたポグバは、エブラが素晴らしい人間であると主張してかばった。 「この騒動が起きる前から彼に対する周りのイメージは良いものではなかった。本当は素晴らしい男なんだ」 「チームをとても助けてくれるんだ。ベンチにいても周りを鼓舞するし、ロッカールームでもみんなと話したり、チームをより良くしようとしてくれる。彼は『僕を選ばなくても良いから選手の成長のために若手をしてくれ』と言う選手なんだ。素晴らしいリーダーであり、みんなの偉大な兄貴なんだ。僕は彼のことをアンクル・パッドって呼んでいるんだけど、本当に良いおじさんなんだよ」 2017.12.01 13:59 Fri
twitterfacebook
thumb

いつでも“平常心”の酒井宏樹、好調チームで定位置確保は「常に良い状態で準備を…」

マルセイユは29日に行われたリーグ・アン第15節で、メスに3-0と快勝を収めた。フル出場した酒井宏樹は、アシストを記録したことを喜んでいる。<br><br>敵地に乗り込んだマルセイユは、序盤から試合を支配すると前半で2点のリードを手にする。すると71分、酒井はワンツーでエリア内に侵入すると、倒れ込みながらフリーのルーカス・オカンポスへラストパス。今季2度目のアシストを記録し、チームの快勝に大きく貢献した。<br><br>「相手のサイドハーフがかなりさぼっていて、マークについている&rdquo;ふり&rdquo;をして効果的にできた」と、右サイドで活発に動けたことを分析した酒井。今季2本目のアシストのシーンでは、周りと上手く連携できたと喜んでいる。<br><br>「結果や数字を求めているので良かったです。良いボールが来ましたし、フロー(フロリアン・トヴァン)やフランク(フランク・ザンボ・アンギサ)との距離感が非常に良かったですね。試合を終わらせるためにも3点目が非常に大事だったので、そういう意味で(オカンポスが)決めてくれてよかったです。アシストは決めてくれないと結果には残らないので(笑)。だけど、勝ち点3がすべてですね」<br><br>今季レギュラーポジションをつかむ酒井だが、定位置を争うMFブノワ・サールとは「かなり良い選手。2人でやっていこうという話はかなりしています」と良い関係を築けているという。<br><br>また、左サイドに入ることも「ケガや退場があれば僕がやらないと。準備はしてます」と問題はないとした酒井。日本代表DFは、周りの声に惑わされず常に最高の準備をしていきたいと語っている。<br><br>「常にやるべきことはやっているので、それが成功するかしないかは相手次第ですし、状況だったり運にもよると思います。うまくいった試合、うまくいかなった試合、っていうのは個人的には嫌いなので、常に良いプレーができるよう個人的には準備しています。調子が悪かったようにみえるのであれば、それは自分のせいですし、良かったと見えるのであれば、常に良い状態でやっているのでそれが現れたのかなと思います」<br><br>マルセイユは、この試合の勝利でリーグ戦10試合負け無しに。順位も2位に浮上した。好調のチームで、酒井がリュディ・ガルシア監督の信頼をしっかりと掴めたのは、日頃の入念な準備があったからだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.11.30 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏と川島の日本人対決が実現! 酒井宏のアシストなどでマルセイユが3発快勝《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第15節、メスvsマルセイユが29日に行われ、0-3でマルセイユが勝利した。メスのGK川島永嗣とマルセイユのDF酒井宏樹は共にフル出場している。 ▽前節アミアン戦を0-2と敗れてここ8試合で7敗と泥沼の最下位に沈むメス(勝ち点4)と、前節ギャンガン戦を1-0と勝利してリーグ戦9試合負けなしとした4位マルセイユ(勝ち点28)による日本人対決。 ▽4試合ぶりにスタメンとなった川島と、前節先発を外れた酒井宏がスタメンに戻った一戦は、メスが開始2分にリビエールがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 ▽良い入りを見せたメスだったが、10分を過ぎる頃にはマルセイユが主導権を握り始めると、18分に先制した。相手DFからボールを奪ったトヴァンが右サイドを駆け上がってカットイン。ボックス右からトヴァンの放ったシュートがゴール左サイドネットに吸い込まれた。 ▽先制したマルセイユがポゼッションを高めて迎えた29分、パイエのラストパスを受けたミトログルがボックス左からシュートを放ったが、ここはGK川島がファインセーブで防いだ。 ▽しかし37分、右CKの流れから右サイドのトヴァンのクロスをファーサイドのグスタボが蹴り込んで、マルセイユがリードを2点に広げ後半へ折り返した。 ▽迎えた後半もマルセイユが攻勢に出ると、52分にFKからトヴァンのヘディングシュートがバーを直撃。さらに59分にもボックス右にスピードを活かして侵入したトヴァンが決定的なシュートに持ち込んだマルセイユは、酒井宏のアシストで71分に3点目を奪った。トヴァンのスルーパスを酒井宏がボックス右で受け、丁寧な横パスを最後はボックス中央のオカンポスが難なくゴールに流し込んだ。 ▽3-0としたマルセイユがそのままメスを一蹴。10戦負けなしとし、酒井宏が川島との日本人対決を制している。 2017.11.30 04:49 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース