【プレミア・シーズンプレビュー】本命シティ、対抗ユナイテッド2017.08.10 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのプレミアリーグが8月11日(金)に開幕を迎える。昨シーズンは、チェルシーがコンテ体制下の初年度ながらも2位のスパーズに7ポイント差をつけてプレミアリーグを制覇。欧州でのコンペティションがなかったブルーズのアドバンテージがなくなる今シーズンは、昨シーズン以上の白熱した争いが見られそうだ。

(C)CWS Brains,LTD.
◆守備陣大刷新で大本命~シティ~
Getty Images
▽本命はグアルディオラ体制2年目のマンチェスター・シティだ。昨シーズンは高齢のバックラインが不安定だったことに加え、移籍初年度のGKブラーボが苦戦したことなどもあり3位止まり。これを受け、今夏はサバレタ、サーニャ、コラロフ、クリシの4人のサイドバックを放出し、メンディ(←モナコ)、ウォーカー(←スパーズ)、ダニーロ(←レアル・マドリー)、GKエデルソン(←ベンフィカ)の4選手を総額1億6000万ユーロ(約209億円)を費やして“防衛力”を高めた。プレシーズン中に採用していた3バックならウォーカーが右、メンディが左のウイングバックとなる見込みだが、両サイドに加えて中盤センターもこなせるダニーロも定期的な出場機会を得ることになりそうだ。

▽攻撃陣もアンタッチャブルだ。将来が嘱望されるイヘアナチョをレスター・シティに放出したが、今年1月加入ながらも昨シーズンにリーグ戦10ゴール4アシストとインパクトを残したガブリエウ・ジェズスがシーズンを通して起用可能。アグエロも含めて得点が計算できるストライカー陣で、デ・ブライネ、シルバに加えて新たにプレーメーカーとしてモナコから推定移籍金5000万ユーロ(約65億3000万円)でベルナルド・シルバも補強した。選手の層、質は共にリーグ屈指。得点数、失点数ともに昨シーズンから改善されることは想像に難くない。2013-14シーズン以来となる戴冠へ態勢は整った。

◆モウ2年目で巻き返し必至~ユナイテッド~
Getty Images
▽対抗は、モウリーニョの2年目で昨季6位からの巻き返しが予想されるマンチェスター・ユナイテッドだ。同監督は過去、ポルト、チェルシー(第1期と第2期)、インテル、レアル・マドリーのすべてで2年目にリーグ制覇を達成している。就任から1年が経ち、選手の特徴把握、戦術の浸透、1年目を受けての的確な補強などがその要因だ。

▽的確な補強という観点では今夏ここまで、リンデロフ、マティッチ、ルカクの3選手を補強。バイリー以外のメンバーが質を欠いていたセンターバックと、キャリックに取って代われるセントラルMF、イブラヒモビッチが抜けたストライカーとウィークポイントのポジションをきっちりと補強した。ペリシッチの獲得には失敗したものの、移籍市場閉幕までにウインガーを確保できれば盤石だ。プレシーズンを見る限りルカクはすんなりフィットしそうで、チェルシーで2度の優勝を経験しているマティッチも適応に心配はない。ラッシュフォードのさらなる成長とマルシャルの復活があればさらにプラスで、ライバルのシティと差のない優勝候補だ。

◆リーグ随一の完成度~スパーズ~
Getty Images
▽3番手にはスパーズを挙げる。昨シーズンは最後までチェルシーに食らいつく戦いぶり。得失点差では8ポイントも上回っており、ポチェッティーノ体制4年目となるチームの完成度はプレミアリーグNO.1といっても差し支えない。

▽3シーズン連続でプレミア20得点を記録しているケイン、世界屈指のプレーメーカーで名フリーキッカーのエリクセン、覚醒した感のあるソン・フンミン、市場価格2億ユーロまで評価を高めてきたデレ・アリ、重厚な守備でバイタルを守るワニャマ、移籍が噂されながらも残留濃厚となったダイアー、抜群の補完性を誇るアルデルヴァイレルト&ヴェルトンゲンら個人能力の高い選手たちがポチェッティーノの下でユニットとして機能しており、1960-61シーズン以来となる悲願の優勝の可能性も十分だ。

▽それだけに補強策が難しく、実際に今夏ここまで獲得選手なし。中途半端なクオリティの選手を獲得しても、なかなか現在のレギュラー陣に組み込みづらい状況だからだ。それでも、ウォーカーを放出した右サイドバックはトリッピアーに頼りきりになるのは心もとなく、手を加えたい。そして、優勝に向けての障壁になる可能性があるのが、新スタジアム以降のためにウェンブリーがホームとなること。昨季はラストシーズンのホワイト・ハート・レーンで17勝2分け無敗としていただけに、この数字にウェンブリーでどこまで近づけることができるかがカギとなる。

◆ルーニー帰還&充実メンバーで注目~エバートン~
Getty Images
▽エバートンも面白い。何といっても注目は、13年ぶりに古巣に復帰したルーニーの存在。心のクラブで新たなモチベーションを得た元悪童に以前のような活気が戻れば、一定の得点数とアシストだけでなく、チームの精神的支柱として躍進の立役者となってもおかしくない。

▽ルーニーだけでなく、主力のメンバーも豪華。新戦力ではイングランド代表の若手GKピックフォード、昨季にバーンリーで評価を高めたマイケル・キーン、バルサから万能型アタッカーのサンドロ・ラミレス、昨季アヤックスで20得点のクラーセンらを補強。ベインズやバリーといったベテランのほかにも、シュナイデルラン、コールマン、ミララスなど多士済々だ。その中でも、昨季ブレイクした19歳のセントラルMFトム・デイビスは引き続き要注目。攻守にダイナミズムを生み出すプレーヤーで、エバートンが躍進した際にはその象徴の1人となり得る逸材だ。

◆CLとの並行に不安~チェルシー~
Getty Images
▽昨季王者のチェルシーは評価を落とした。昨季終了後にはコンテとジエゴ・コスタの関係悪化が露わとなり、同選手は移籍が濃厚となっている。それを受け、DFを背負えるストライカーであるルカクの獲得を目指しているとみられていたが、ものの見事にユナイテッドに掻っ攫われてしまった。その結果、ストライカーの補強はルカクとは違うタイプのモラタに。市場に出ている中で最高級の選手だったため獲得した感もあり、咄嗟の方向転換に対してコンテがいかに同選手をチームにハメ込むことができるかがチームの浮沈を左右しそうだ。

▽4番手評価に落とした理由はそれだけではなく、チャンピオンズリーグ(CL)の並行と、二足の草鞋を履くだけの選手層があるのかどうか疑問だからだ。昨季にほとんどローテーションしなかったチームだけに、ここのCLの戦いが加わるとなるとスカッドを増大させなければならない。しかし、モナコからバカヨコを獲得した一方でマティッチを放出。ウイングバックのモーゼス、マルコス・アロンソに代わるレギュラー級の選手も獲得できていない。2連覇とCLでの勝ち抜きを本気で狙うのならば、移籍市場閉鎖までにこのあたりの補強を行いたいところだ。

◆3バック本格採用も守備陣に不安~アーセナル~
Getty Images
▽昨季5位でCL出場記録が19シーズンで途絶えたアーセナルは、退任も噂されたヴェンゲルが2年の契約延長となった。プレシーズンを見る限り、今シーズンも昨シーズン終盤から採用し始めた3バックシステムで開幕から戦うことが濃厚だ。

▽しかし、ヴェンゲルは相変わらず守備陣の補強に着手しない。クラブ歴代最高額で獲得したのは、ストライカーのラカゼット。もちろん、決して悪い補強ではないが、3バックを採用するならばコシエルニーやムスタフィ以外にシーズンを通して計算できるセンターバックの補強が必要となるはずだ。メルテザッカーは年齢、ホールディングもまだまだ若手、モンレアルは純粋なセンターバックではない。エジルとサンチェス抜きで臨んだコミュニティシールドはチェルシーを下して優勝したが、日程面で苦しくなるヨーロッパリーグの参戦もあり、シーズンに向けて楽観視できる状況ではない。

◆コウチーニョOutなら厳しいか~リバプール~
Getty Images
▽昨季4位のリバプールは今夏、クロップが熱望したと言われる新戦力のサラーを獲得。プレシーズン中から調子の良さをアピールしているサラーは、すんなりフィットしそうで、サディオ・マネとともに強力なサイド攻撃を仕掛けられるはずだ。フィルミノ、サラー、S・マネの3トップはどんな守備陣でも蹂躙できるユニットと言える。懸念はウイングだけでなくインサイドハーフとしても起用できるコウチーニョ。同選手が噂されるバルセロナ移籍が実現するとなれば、それなりの代役を確保することが必須だ。あとは、ライバルクラブに比べてネームバリューで劣る守備陣がどこまで踏ん張れるかだろう。

◆セインツ、レスターはEL狙い~そのほかのチーム~
▽そのほかのクラブは、上述チームから少し離れた2番手集団となる。吉田所属のサウサンプトンは大きな戦力ダウンこそないものの補強が進んでおらず、狙いはヨーロッパリーグ圏内。レスター・シティはシティから獲得したイヘアナチョに期待で、ヴァーディに加えてマフレズが残留すれば降格の心配はないだろう。

▽昇格組はチャンピオンシップを制したニューカッスルと2位のブライトン、昇格プレーオフを勝ち抜いて初のプレミア昇格を果たしたハダーズフィールドの3チーム。この中では、シェルヴェイ、アヨセ・ペレスらを擁するニューカッスルに注目。知将ベニテスが上位チームを困らせる策を施すシーンも何度が見ることができそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】昨季2位vs昨季王者による今季占うダービー《トッテナムvsチェルシー》

▽プレミアリーグ第2節、トッテナムvsチェルシーのロンドン・ダービーが日本時間20日24:00にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。昨シーズン2位のトッテナムと、昨季王者がいきなり激突する今季を占う注目のダービーだ。 ▽昨シーズン、数々のクラブ記録を更新しプレミアリーグ最高位の2位でシーズンを終えたトッテナムは今シーズン、半世紀以上遠ざかっているリーグタイトル獲得を目指す。昨季2部優勝を果たしたニューカッスルとの開幕戦では、トップチームデビューでいきなりマン・オブ・ザ・マッチに輝く圧巻デビューを飾った新鋭DFウォーカー=ピータースの活躍もあり、敵地で2-0の完勝スタートを切った。また、18日には今夏最初の新戦力となるDFダビンソン・サンチェスをアヤックスからクラブ史上最高額で獲得するなど、良い形で聖地ウェンブリーでのホーム開幕戦を迎えた。対戦相手となるチェルシーはローカルライバルであり、昨季の覇権を争った宿敵という事情に加え、先日のインタビューでコンテ監督から「スパーズには野心が感じられない」と、クラブの補強戦略を批判する趣旨の挑発を受けており、是が非でも勝ち点3を奪いたい相手だ。 ▽一方、昨季コンテ新監督の下、圧倒的な強さで2年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたチェルシーだが、ホームで行われたバーンリーとの開幕戦では2人の退場者を出した影響もあり、2-3の敗戦を喫し、連覇に向けて厳しいスタートとなった。また、今夏の移籍市場ではFWモラタ、MFバカヨコ、DFリュディガー、GKカバジェロを獲得したものの、FWルカク獲得失敗に指揮官が獲得を望むウイングバックやセンターバック、MFマティッチの後釜の獲得交渉が難航。さらに、多くの若手をレンタルや完全移籍で放出した判断が裏目に出て、負傷者や出場停止者を抱えるチームは、選手層に大きな問題を抱えている。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)参戦による今後の過密日程を考えると、強敵相手のアウェイゲームといえど、開幕2連敗は許されない。 ▽なお、新スタジアム建設に伴い、118年を過ごしたホワイト・ハート・レーンが昨季限りで解体となったトッテナムは今シーズン、ウェンブリー・スタジアムを1年間借用する。だが、昨シーズンはCL、FAカップ準決勝を同スタジアムで戦うも、1勝3敗の戦績に終わった。昨季ホワイト・ハート・レーンのリーグ戦では17勝2分けと圧倒的なホームアドバンテージを誇っていただけに、苦手の“聖地”を“ホーム”に変えるため、今回の一戦は重要な初陣となる。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【3-4-3】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_101_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロリス DF:エリック・ダイアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン MF:ウォーカー=ピータース、ワニャマ、デンベレ、ベン・デイビス FW:エリクセン、ケイン、デレ・アリ 負傷者:DFローズ、トリッピアー、MFラメラ、FWエンクドゥ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては、ローズとラメラ、エンクドゥの欠場が確定。プレシーズンマッチ最終戦のユベントス戦で足首を痛めたトリッピアーに関しては、間に合う可能性はあるものの、スタメン起用は難しい。 ▽システムに関しては、ニューカッスルとの開幕戦を[4-2-3-1]で戦っていたが、ワニャマのコンディションが整った点と、[3-4-3]を採用する対チェルシー戦を考慮してミラーゲームを仕掛けると予想する。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_102_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、ダビド・ルイス、リュディガー MF:モーゼス、バカヨコ、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ウィリアン、モラタ、ペドロ 負傷者:MFバカヨコ、アザール、FWペドロ 出場停止者:DFケイヒル(1/3)、MFセスク ▽前節のバーンリー戦で一発退場のケイヒルが3試合出場停止の1試合目、同試合で退場したセスクが共に出場停止となり、移籍を巡ってクラブと衝突中のFWジエゴ・コスタも欠場となる。その一方で、出場停止明けのモーゼスが復帰する。負傷者に関しては、それぞれヒザと足首の手術から復帰を目指すバカヨコとアザール、足首を痛めているペドロの3人がコンディションに不安を抱えており、試合当日まで状態を確認する必要がある。 ▽多くの離脱者がいるものの、[3-4-3]からのシステム変更を行う可能性は低い模様だ。だが、セスクの不在とバカヨコのコンディション問題でカンテ以外に本職がいないセントラルMFに関しては、同ポジションでプレー経験のあるD・ルイスをスクランブル起用し、3バックの中央にクリステンセンを置く形も想定される。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWハリー・ケイン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_103_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナムの注目プレーヤーは、2シーズン連続リーグ得点王のエースFWケインだ。3年連続リーグ戦20ゴール以上を記録し、2年連続得点王と今や押しも押されもしないプレミア最高峰のストライカーに成長したケインは、ロンドン・ダービーにも滅法強い、スパーズにとって頼りになる存在だ。 ▽その一方、スロースターターとして知られるケインは、8月開催のリーグ戦で未だゴールを記録したことがないという、負のジンクスもある。前節のニューカッスル戦では2度の決定機があったものの、相手GKの好守とポストに阻まれた。しかし、昨季終了後に数年ぶりのまとまった休暇を手にした同選手は、休養十分で臨んだプレシーズンからコンディション自体は良好であるため、得意のダービーで自身のジンクスを破ると共に、チーム全体で苦手意識のあるウェンブリーの呪縛を解きたいところだ。 ◆チェルシー:FWアルバロ・モラタ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_104_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、プレミアデビュー戦となったバーンリー戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた新エースストライカーのモラタだ。今夏、5000万~6000万ポンド(約72億~86億円)といわれる高額な移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに加入したモラタだが、クラブがFWルカクをトップターゲットに挙げていたという事情や、プレシーズン、コミュニティー・シールドの低調なパフォーマンスの影響で、早くもブルーズサポーターから懐疑的な見方をされていた。 ▽しかし、デビュー戦となったバーンリー戦では0-3のスコアに加え、数的不利を背負った絶体絶命の状況下で途中投入されると、ストライカーらしい動き出しでいきなりデビューゴールを飾り、絶妙な頭でのフリックからD・ルイスのゴールもアシスト。ホーム開幕戦での敗戦という厳しい結果の中、唯一光明を見いだした。今回のダービーではボールポゼッションで勝るスパーズに対して、カウンタースタイルでの戦いがメインとなるため、自身の特長を出しやすい展開となるはずだ。ビッグマッチでチームを今季初勝利に導き、新エースストライカーとしての地位を確固たるものとできるか。 2017.08.20 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア第2節プレビュー】スパーズvsチェルシーが開催!

▽開幕節1番のトピックは何といっても王者チェルシーの黒星スタート。前年チャンピオンは2選手の退場もあり、バーンリーに不覚をとった。一方で、昨季からの巻き返しを期するマンチェスター勢は共に快勝。アーセナルとスパーズのノースロンドン勢も白星発進に成功したが、リバプールはドロースタートとなっている。迎える今節、注目はスパーズvsチェルシーのロンドン・ダービーだ。 ▽チェルシーは前節、ホームにバーンリーを迎えたが、2-3で敗戦。この試合で一発退場となったケイヒル、そして2枚のイエローカードで退場したセスクが今節も起用できない。さらに、マティッチを放出したセントラルMFのポジションはバカヨコも負傷中で起用できないため、主力級はカンテのみとなっている。スパーズの強力攻撃陣を抑えるため、コンテ監督がどのような人選、システムで臨むのか注目だ。 ▽一方のスパーズはニューカッスルとのアウェイ戦をデレ・アリとベン・デイビスのゴールにより2-0で制し、上々のスタートをきった。いつも序盤戦にゴールができないケインが開幕節にネットを揺らせなかったのは残念だが、ウォーカーを放出した上にトリッピアーが負傷中の右サイドバックでは若手のカイル・ウォーカー=ピータースがまずまずのパフォーマンスを披露。新スタジアム建設中で今季にホームとなるウェンブリーでの戦いは未知数だが、王者を連敗に追い込む勝利を手にすれば最高のスタートとなる。 ▽ユナイテッドはウェールズに赴いてのスウォンジー戦。開幕節では、新戦力のルカクが2発、さらにマルシャルとポグバにもゴールが生まれ、4-0と大勝した。そして何よりも明るい材料が、新加入のマティッチが秀逸なパフォーマンスを披露して早くもチームのオーガナイザーとして輝いたことだろう。昨季よりも着実に戦力を上げたチームはカウンターの威力もアップ。開幕節のサウサンプトン戦をドローで終えたスウォンジーとのアウェイ戦でも3ポイントを見据えることができる状況だ。 ▽マンデーナイトのシティvsエバートンも注目だ。シティは開幕節、昇格組のブライトンを相手にアグエロのゴールとオウンゴールで2-0と完勝した。スターリングやサネ、ベルナルド・シルバが途中出場した開幕節からも分かる通り、選手層とその質の高さを改めて感じさせた。エバートン戦では、相手もより前に出てくることでスペースが生まれるため、格下に引かれる試合より攻撃力が生きる展開となりそうだ。対するエバートンは、新戦力GKピックフォードの活躍と復帰したルーニーの決勝弾でストークに1-0で勝利した。ここでシティに一泡ふかすようなら、早くも今季のプレミアに旋風を巻き起こす候補として注目を浴びることになるだろう。 ▽そのほか、レスター・シティとの激しい打ち合いを4-3で制したアーセナルは、ストークとのアウェイ戦。ワトフォード戦の3-3ドローから今季初勝利を狙うリバプールは、開幕節でハダースフィールドに0-3で敗れたフランク・デ・ブール率いるクリスタル・パレスをアンフィールドに迎える。そして、レスターはホームでのブライトン戦。イヘアナチョを退けて開幕スタメンとなって結果を残した岡崎の2戦連続弾に期待だ。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/19(土) 《20:30》 スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド 《23:00》 リバプール vs クリスタル・パレス レスター・シティ vs ブライトン バーンリー vs WBA ボーンマス vs ワトフォード サウサンプトン vs ウェストハム 《25:30》 ストーク・シティ vs アーセナル ▽8/20(日) 《21:30》 ハダースフィールド vs ニューカッスル 《24:00》 トッテナム vs チェルシー ▽8/21(月) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs エバートン 2017.08.19 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ開幕節プレビュー】待ちに待ったリーガ開幕! 柴崎が開幕戦でビルバオと激突!

▽今週末から2017-18シーズンのリーガエスパニョーラが開幕。昨シーズンはバルセロナとの一騎打ちを制したレアル・マドリーの5年ぶりの優勝で幕を閉じたが、新シーズンの優勝はどのチームになるか。 ▽今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇と共にリーグ連覇を目指すレアル・マドリーは、開幕戦でデポルティボのホーム、リアソールに乗り込む。今夏、MFハメス・ロドリゲスやFWモラタ、DFダニーロなど、準主力クラスを放出し、DFテオ・エルナンデスやMFダニ・セバージョスなど有能な若手を獲得したジダン監督率いるチームは、リーグ開幕前に行われたUEFAスーパーカップ、スーペル・コパでマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナと難敵を破り、既に今季2つのタイトルを獲得した。 ▽ここまで順調な歩みを進めた一方、スーペル・コパ1stレグでは主審への暴力行為でエースFWクリスティアーノ・ロナウドが5試合の出場停止処分を科され、開幕からのリーガ4試合を欠場することになった。それでも、昨季のC・ロナウド欠場試合で9戦全勝を誇るレアル・マドリーは、MFアセンシオら頼れるバックアッパーが控えており、今回の開幕節で格下デポルティボ相手に不覚を取る可能性は低い。懸念はスーペル・コパから中3日という日程面だが、昨シーズン同様にターンオーバー性を採用しているフランス人指揮官は、MFイスコやMFベイルなどを休ませており、抜かりはない。 ▽一方、昨シーズンにリーガ3連覇を逃したバルセロナは、CLと共にリーガのタイトル奪還が大きな目標となる。だが、ルイス・エンリケ監督の後任として就任したバルベルデ新監督には、早くも強烈な逆風が吹く。今夏、FWネイマールがパリ・サンジェルマンに電撃移籍すると、その後釜の獲得交渉も停滞し、開幕までに前線の補強を完了できず。さらに、スーペル・コパで宿敵に完敗したチームはエースFWスアレスやMFイニエスタ、DFピケと主力に故障者が続出しており、厳しい状況の中でベティスとの開幕戦に臨む。例年、スロースタート気味のバルセロナにとって、昨季のアウェイ戦で苦戦したベティスは不気味な相手だ。とりわけ、ラス・パルマスで魅力的なフットボールを展開したセティエン新監督の存在も不安材料の1つだ。カンプ・ノウの大歓声と、昨季躍動した“MSN”で唯一開幕戦に出場する大エースFWメッシの活躍で不安を払しょくするスタートにしたい。 ▽雲の上にいる2強を追う第2グループの筆頭アトレティコ・マドリーは、FIFAから科された補強禁止処分(登録不可)によって今夏の補強は皆無。それでも、漢気残留のFWグリーズマンやMFコケ、MFサウールら昨季主力の慰留に成功しており、MFビトロら新戦力が登録可能となる冬までは現有戦力の活躍とシメオネ采配がカギとなる。開幕戦では昇格組ジローナとの対戦となる。ジローナはマンチェスター・シティとの提携で多くの有能な若手をレンタルで獲得しており、油断できない相手だ。また、アトレティコは昨季序盤戦で昇格組相手に苦戦を強いられており、初物相手にきっちり対策を練りたい。 ▽ベリッソ新監督の就任に加え、MFヘスス・ナバス、MFバネガの帰還、FWムリエルやDFケアーなど、MFナスリやビトロの流出を補って余りある補強に成功したセビージャは、開幕戦でキケ・フローレス体制2年目のエスパニョールと2年連続で対戦。ここまではヨーロッパリーグ(EL)プレーオフで先勝を飾るなど、好仕上げのチームは堅守とハードワークを誇るエスパニョール撃破となるか。 ▽今夏プリメーラでプレーする日本人選手はエイバルのMF乾貴士と、昇格組ヘタフェのMF柴崎岳の2選手だ。昨シーズンのリーグ最終節でバルセロナ相手に衝撃の2ゴールを決めるなど、良い形で2年目を終えた乾は、主力として昨季以上の活躍が求められる今季の開幕戦でマラガと対戦。互いに多くのメンバーが入れ替わっており、連係面に不安があるなか、乾には得意のドリブルでよりエゴイスティックなプレーを期待したい。 ▽一方、今冬にセグンダA(スペイン2部)のテネリフェに加入して評価を高めた柴崎は、個人昇格という形で自身初のプリメーラの舞台に挑む。そして、開幕戦ではホームで強豪ビルバオと対戦する。バスク純血主義を採用し、リーガでも最もインテンシティの高いフットボールを志向する難敵相手に、自身の特長であるパスやキープ力を発揮できるか。 ▽その他の試合では、ルイス・エンリケ副官のウンスエ新監督を招へいしたセルタと、元バルセロナOBのエウセビオ監督が率いるソシエダとの一戦や、前ビジャレアル指揮官のマルセリーノ新監督の下で名門復活を目指すバレンシアとラス・パルマスの一戦も要注目だ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ開幕節》 ▽8/18(金) 《27:15》 レガネス vs アラベス 《29:15》 バレンシア vs ラス・パルマス ▽8/19(土) 《25:15》 セルタ vs ソシエダ 《27:15》 ジローナ vs アトレティコ・マドリー 《29:15》 セビージャ vs エスパニョール ▽8/20(日) 《25:15》 ビルバオ vs ヘタフェ 《27:15》 バルセロナ vs ベティス 《29:15》 デポルティボ vs レアル・マドリー ▽8/21(月) 《27:15》 レバンテ vs ビジャレアル 《29:00》 マラガ vs エイバル</div> 2017.08.18 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス開幕節プレビュー】金曜のバイエルンvsレバークーゼンで開幕

▽昨季はバイエルンの5連覇で順当に終わったブンデスリーガ。ライプツィヒやホッフェンハイムの健闘があった一方、シャルケやレバークーゼン、ボルシアMGといった強豪は低迷した。日本人にとっては新たに鎌田大地と浅野拓磨がブンデス1部に加わり、10選手がプレーするサムライたちに注目が集まる中、新シーズンの開幕節注目試合は金曜日に行われるバイエルンvsレバークーゼンだ。 ▽ラームとシャビ・アロンソの両重鎮が引退した王者バイエルンだが、ハメス・ロドリゲスを筆頭にトリッソやルディ、ジューレといった新戦力を補強し、十分な選手層を誇る。そして、DFLスーパーカップではプレシーズンマッチでの低調な出来を払拭するPK戦勝利を飾り、順調な仕上がり具合をアピール。リーグ戦一本に集中するレバークーゼンを開幕から叩くことはできるか。 ▽対するレバークーゼンは新指揮官にかつてレバークーゼンでプレーした経歴を持つヘルリッヒ監督を招へい。3部のレーゲンスブルクを2部に昇格させた手腕で、チャルハノール、エルナンデス、トプラクとセンターラインの抜けたチームを復活に導くことはできるか。 ▽優勝候補のバイエルンを追う存在の筆頭であるドルトムントは、ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。2週間前に行われたバイエルンとのDFLスーパーカップでは土壇場で追いつかれた挙句にPK戦負けと流れが悪いドルトムントだが、昨季プレーオフでぎりぎり残留を果たしたヴォルフスブルクに勝利して白星スタートを切ることはできるか。先週のDFBポカールで左肩脱臼から復帰した香川真司はベンチスタート予想となっている。 ▽開幕節ではバイエルンvsレバークーゼンの他、シャルケvsライプツィヒの好カードも組まれている。昨季10位に終わったシャルケは、31歳のテデスコ監督を招へい。毎年首を挿げ替えているシャルケだが、青年監督の下でCL圏内返り咲きとなるか。プレシーズンマッチで実戦復帰している内田篤人はベンチスタート予想だ。 ▽一方、昨季初昇格ながら2位と大健闘したライプツィヒは、主力の残留に成功し、戦力ダウンを免れている。CLとの併用が待ち受ける中、白星スタートを切れるか。 ▽開幕節ではヘルタ・ベルリンvsシュツットガルト、ハンブルガーSVvsアウグスブルクの日本人対決が2試合開催される。オフシーズン中に移籍を希望したヘルタの原口元気は控えスタートが濃厚だが、シュツットガルト2年目の浅野はスタメン予想。1部で存在感を示せるか。 ▽HSVのキャプテンを務める酒井高徳は先週行われたDFBポカールで失点に絡むなど精彩を欠いたが、リーグ開幕戦で本来のプレーを見せられるか。宇佐美貴史に関してはDFBポカールでもベンチ入りできず、今季も厳しい戦いが待ち受けそうだ。 ▽その他、DFBポカールで2ゴールを決めたマインツの武藤嘉紀は、1年で1部に復帰したハノーファーとのホーム戦を、鎌田と長谷部のフランクフルトは、フライブルクとのアウェイ戦に臨む。ケルンの大迫勇也は負傷により欠場とのことだ。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ開幕節 ▽8/18(金) 《27:30》 バイエルン vs レバークーゼン ▽8/19(土) 《22:30》 マインツ vs ハノーファー ホッフェンハイム vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs シュツットガルト ハンブルガーSV vs アウグスブルク ヴォルフスブルク vs ドルトムント 《25:30》 シャルケ vs ライプツィヒ ▽8/20(日) 《22:30》 フライブルク vs フランクフルト 《25:00》 ボルシアMG vs ケルン 2017.08.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス・シーズンプレビュー】本命は6連覇狙うバイエルン、対抗はドルトムント

▽2017-18シーズンのブンデスリーガが18日に開幕する。昨季はバイエルンが後半戦に盤石の強さを見せ付け、難なく前人未到の5連覇を達成した。一人勝ち状態が続く中、新シーズンもバイエルンに付け入る隙は見当たらない。優勝争いに絡めるチームが限られる中、日本人としては10選手がプレーするサムライたちに注目が集まる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2017-18bundes_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><B>◆重鎮引退も隙なしの陣容~バイエルン~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽DFラームとMFシャビ・アロンソの両重鎮が引退したバイエルンだが、アンチェロッティ体制2季目の今季も優勝の本命だ。プレシーズンマッチでこそ不調が続いたが、DFLスーパーカップとDFBポカール1回戦で本来の強さを見せつけ、開幕に向けて順調な仕上がりを見せている。 ▽新戦力ではMFトリッソ、MFルディ、DFジューレら新戦力が早くもフィットしている上、レアル・マドリーで師弟関係にあったMFハメス・ロドリゲスの起用法をアンチェロッティ監督が熟知しているため、チームに馴染むのにそう時間がかかることはないだろう。卓越したチームマネージメント力を持つアンチェロッティ監督をもってすれば、ブンデスリーガ6連覇は容易いタスクと言えそうだ。 <B>◆新監督の手腕&デンベレの動向次第~ドルトムント~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽絶対王者バイエルンに唯一対抗できそうなのがドルトムントだ。昨季終了後にフロントとの対立からトゥヘル監督を解任したドルトムントは、アヤックスをヨーロッパリーグ準優勝に導いたボス監督を招へい。さらに新戦力ではMFダフード、DFトプラクとレギュラーに割って入れるだけの実力者を加えた。 ▽不安を挙げるとすればブンデスリーガ初采配となるボス監督の手腕と、バルセロナへの移籍が噂されるMFデンベレの動向だ。とりわけデンベレはオーバメヤンと共にドルトムント攻撃陣に欠かせない存在となっていただけに移籍すれば大打撃となる。不本意な昨季を過ごしたMF香川真司にとっては引き続き厳しいポジション争いが待っているが、レギュラーを奪取できるか。 <B>◆CLとの両立~ライプツィヒ~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初昇格ながら昨季2位と躍進したライプツィヒは新シーズン、CLとの二束の草鞋に耐えられるかがポイントとなる。MFナビ・ケイタやMFフォルスベリら主力の残留に成功した点はプラスだが、FWブルマ以外にレギュラーに割って入れそうな新戦力は獲得しておらず、週2試合ハードな戦いを強いられるスケジュールをこなせるかはいささか不安だ。初めてのCLを戦う中、4位以内を確保できれば成功のシーズンと言えそうだ。 <B>◆新監督招へいでCL圏返り咲きなるか~シャルケ、レバークーゼン~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季不振に陥った強豪のシャルケとレバークーゼンは、新監督招へいによってCL圏返り咲きを目指す。昨季10位に終わって7年ぶりに欧州カップ戦出場を逃がしたシャルケはシーズン終了後、ヴァインツィアル監督を見切り、エルツゲビルゲ・アウエを2部残留に導いた31歳の若き指揮官テデスコ監督を招へい。毎年監督をすげ替えるシャルケだが、伸び盛りのMFゴレツカやMFマイヤーら若手を軸に、青年監督の下で上位返り咲きを果たせるか。ここ2年、ケガによって満足にプレーできていないDF内田篤人の本格復帰にも期待が懸かる。 ▽昨季12位に終わったレバークーゼンは、3部のレーゲンスブルクを2部に昇格させたヘルリッヒ監督を招へい。FWエルナンデス、MFチャルハノール、DFトプラクとセンターラインをごっそりと引き抜かれた中、リーグ戦に集中できる環境を活かし、OB監督の下でCL圏内返り咲きを目指す。 <B>◆鎌田と浅野がブンデス初挑戦~日本人選手~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽10選手がプレーする日本人選手ではサガン鳥栖からフランクフルトに移籍したMF鎌田大地と、昨季2部を戦って昇格に貢献し、シュツットガルトに再レンタルとなったFW浅野拓磨に注目したい。 ▽MF長谷部誠を軸に堅守が目立った昨季のフランクフルトだったが、攻撃面に大きな課題があった。そんなチームを鎌田の攻撃センスで変えることができるかに注目だ。浅野に関しては昨季2部で4ゴールとやや物足りない結果に終わった。ただ、プレシーズンではウイングのポジションでレギュラーとしてプレーしており、シュツットガルトの攻撃の軸として期待されている。昨季を上回るゴール数を挙げてレギュラーの座を死守したい。 ▽その他、ヨーロッパリーグを戦うケルンのFW大迫勇也と、昨季負傷に泣いたFW武藤嘉紀らストライカー陣にはゴール量産を期待したい。 2017.08.18 16:00 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース