ブライトンがコロンビア代表FWイスキエルド獲得で合意…今夏3度目のクラブレコード更新2017.08.10 19:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは10日、クラブ・ブルージュのコロンビア代表FWホセ・イスキエルド(25)を完全移籍で獲得することで合意した。クラブ史上最高額での獲得となる。

▽イスキエルドは、2014年8月にコロンビアのオンセ・カルダスからクラブ・ブルージュへと完全移籍。クラブ・ブルージュでは公式戦117試合に出場し38ゴール19アシストを記録。2016-17シーズンはベルギー・ジュピラーリーグで21試合に出場し9ゴール2アシスト、チャンピオンズリーグでも4試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽ブライトンにとっては、イスキエルドの移籍金はクラブレコード更新となり、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(25)、オランダ代表MFダヴィ・プレパー(25)についで3度目の更新となった。

▽なお、イスキエルドは、個人条件でも合意しており、メディカルチェックを受けて国際移籍証明書が発行されるのを待つとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ブライトンの主力サイドMFマーチが2022年まで契約延長

▽ブライトンは20日、イングランド人MFソロモン・マーチ(24)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽両サイドMFとしてプレー可能なマーチは、2011年1月にブライトンへ移籍。ブライトンではこれまで公式戦125試合に出場して9ゴール12アシストを記録している。2017-18シーズンはプレミアリーグ36試合に出場して1ゴール3アシストと、残留に貢献していた。イングランド代表としてはこれまでU-21まで選出されてきた経歴を持っている。 ▽そのマーチはブライトンとの契約延長について次のように語っている。 「24歳の誕生日にこれほど嬉しいプレゼントはないよ。ここで4年過ごしたけど、まだ居られることを嬉しく思う。クラブのことは知り尽くしているから、サッカーだけに集中できる。地元のクラブでプレーするのは楽しいし特別だよ。新シーズンの目標もプレミアリーグに残留することだね」 2018.07.21 03:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンがリールのマリ代表MFビスマを獲得、推定移籍金は22億円

▽ブライトンは17日、リールのマリ代表MFイヴ・ビスマ(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は1500万ポンド(約22億2000万円)とのことだ。 ▽2016年7月にマリのクラブからリールに移籍したセントラルMFのビスマは、これまでリールで公式戦55試合に出場して4ゴール2アシストを記録。2017-18シーズンはリーグ・アンで24試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽2015年10月にデビューしたマリ代表ではこれまで13試合に出場して3ゴールをマークしている。 2018.07.18 03:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトンがライプツィヒからブラジル人DFベルナルドを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは5日、ライプツィヒからブラジル人DFベルナルド(23)を獲得した。契約期間は2022年6月までの4年間となる。 ▽2014年にレッドブル・ブラジルでプロデビューしたベルナルドは、2016年1月に姉妹クラブであるレッドブル・ザルツブルクへ移籍。ザルツブルクでは、1年半の在籍で公式戦26試合に出場。2016年の夏には、ザルツブルクから同じレッドブルが出資するライプツィヒへステップアップ移籍を果たした。 ▽ライプツィヒでは、両サイドバックを務め在籍2シーズンで公式戦49試合に出場。昨季は、リーグ戦18試合を含む公式戦27試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 2018.07.06 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

GKの退団が相次ぐブライトン、サンダーランドからGKスティールを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは21日、サンダーランドからイングランド人GKジェイソン・スティール(27)を獲得した。契約期間は2021年までの3年間となる。 ▽ミドルズブラユース出身のスティールは、2007年にトップチームに昇格。昇格後は出場機会に恵まれなかったが、2010-11シーズンからレギュラーを獲得すると在籍7シーズンで公式戦142試合に出場。2014年の夏に移籍したブラックバーンでは、2年目からレギュラーに定着すると2年半で公式戦120試合に出場した。 ▽その後、2017年の夏からは10年ぶりの2部降格となったサンダーランドに移籍。昨シーズンは、GKロビン・ロイターの控えGKとして公式戦19試合に出場していた。 ▽なお、ブライトンは昨夏に加入したオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが守護神を務めているが、今シーズンに控えGKを務めていた元オランダ代表GKティム・クルルとフィンランド代表GKニキ・マーンパーが今夏での退団を表明。スティールは第2GKとして期待されている。 2018.06.22 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、ブライトンからDFゴールドソンを完全移籍で獲得

▽レンジャーズは13日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからDFコナー・ゴールドソン(25) を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽シュルーズベリー・タウンの下部組織出身のゴールドソンは、2010年に当時フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属したトップチームに昇格。在籍6シーズンで公式戦120試合に出場し8ゴールをマーク。 ▽2015年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属していたブライトンに移籍すると、加入初年度はリーグ戦24試合に出場。しかし、2016-17シーズンの途中に行った定期検診で大動脈の異常が見つかり、心臓の手術を実施。 ▽2017年の夏にはチャンピオンシップのイプスウィッチへのレンタル移籍が決まりかけたが土壇場で移籍話が破談。今季も開幕からベンチ外の状況が続いたが、コツコツと練習を重ねると昨年8月に行われたEFLカップのバーネット戦で戦列復帰。 ▽また、同年12月に行われたプレミアリーグ第19節のワトフォード戦でプレミアデビューを飾ると、今季は公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽なお、スティーブン・ジェラード氏を新監督に迎えたレンジャーズは、今夏の移籍市場で積極補強を見せており、ゴールドソンは今夏6人目の補強選手となった。 2018.06.14 02:26 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース