本田圭佑のパチューカデビューはまたも見送り…ケガの完全回復がカギに2017.08.10 18:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏パチューカに加入した日本代表FW本田圭佑だが、デビューはまたしてもお預けとなるようだ。『ESPN』が報じた。

▽本田は、ミランを2016-17シーズン限りで契約満了により退団。欧州の複数クラブなどからオファーがある中、新天地にはメキシコを選択。パチューカ入りは大きな話題となった。

▽既にリーガMX(メキシコ1部リーグ)は新シーズンが開幕しているものの、本田は筋肉系の負傷によりここまでデビューを果たせていない。8月12日には、ティグレスとのホームゲームを控えるものの、まだ全体練習に合流できていない本田は欠場。ケガが100%回復するまでは出場を見送ることとなるようだ。

▽徐々に状態は上向きではあるとしているが、今月末からは日本代表にとって大事なロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合が行われる。W杯出場が懸かる大一番だけに、本田の状態はヴァイッド・ハリルホジッチ監督も気にするところだ。

▽パチューカは、18日にモナルカス・モレリア戦、22日にべラクスル戦、25日にティフアナ戦と代表戦までにあと3試合リーグ戦がある。本田は、新天地でのデビューを果たして代表に合流するのか、はたまた代表招集が見送られることがあるのか。日本にとっても気掛かりなところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

M・アロンソの直接FK弾で競り勝ったチェルシーが連勝! 吉田フル出場のセインツは6戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、チェルシーvsサウサンプトンが16日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽前節、ハダースフィールドに3-1の勝利を収めてウェストハム戦の敗戦を払しょくした3位のチェルシー(勝ち点36)は、連勝を目指して11位のサウサンプトン(勝ち点18)をホームで迎え撃った。コンテ監督は中3日での一戦に向けて、リュディガーとケイヒルを入れ替えたものの、それ以外は同じメンバーを起用。また、負傷明けのモラタがベンチに入った。 ▽一方、FW岡崎慎司に2ゴールを奪われるなど、前節のレスター・シティ戦で1-4の大敗を喫したサウサンプトンは、その試合から先発6人を変更。ファン・ダイクやデイビス、タディッチらをベンチに置き、ガッビアディーニやホード、レドモンドが先発に入り、システムも守備的な[3-5-2]を採用した。 ▽ホームのチェルシーが立ち上がりからボールを保持するが、引いてスペースを消すサウサンプトンの守備ブロックを前になかなか攻撃のスイッチが入らない。それでも、15分にはボックス左で仕掛けたウィリアンが枠をわずかに外れる惜しいシュートを放つと、徐々に攻撃にエンジンがかかり始める。 ▽一方、守勢が続きながらも最後の場面で粘るサウサンプトンだったが、15分過ぎにアクシデントが発生。立ち上がりに足を痛めていたセドリックがプレー続行不可能となり、17分にレミナの投入を余儀なくされる。この交代でワード=プラウズが右ウイングバックに移り、レミナがセントラルMFに入った。 ▽時間の経過と共に攻勢を強めるチェルシーは、25分にボックス手前でアザールの落としを受けたカンテが強烈なシュートを放つが、これはGKフォースターの好守に遭う。さらに33分にはマルコス・アロンソが右足のシュートでゴールを脅かすが、ここも相手守護神の好守に遭う。 ▽それでも、攻勢を続けるチェルシーは前半アディショナルタイム2分にボックス手前中央で仕掛けたアザールがDF吉田のファウルを誘い、好位置でFKを獲得。ここでウィリアンとマルコス・アロンソがセットしたボールの前に立つと、左利きのマルコス・アロンソが壁の外側から巻いて落とす見事なシュートを突き刺し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽前半ラストプレーの失点によってビハインドを背負って後半を迎えたサウサンプトンは、その後半立ち上がりも押し込まれる展開が続く。この状況を受けて、ペジェグリーノ監督は61分、ガッビアディーニを下げてオースティンを投入。すると、オースティンは投入直後のファーストプレーでホイビュルクのスルーパスに抜け出してGKクルトワと一対一のチャンスを迎えるが、ここは相手GKの好守に阻まれ、同点ゴールとはならない。 ▽あわや同点というピンチを招いたことで、より追加点がほしいチェルシーは65分、味方とのパス交換でペドロがゴールネットを揺らすが、ここはパスを出したアザールが戻りオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽その後、68分にペドロ、73分にアザールを下げてセスク、モラタを投入したチェルシーは、そのセスクとモラタに追加点のチャンスが訪れるも、これを決め切れない。それでも、持ち味の堅守を武器にサウサンプトンの反撃を危なげなく凌ぎ切って、1-0で勝利。やや苦戦を強いられたものの、マルコス・アロンソの直接FK弾を守り切ったホームのチェルシーがリーグ戦2連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは6試合未勝利となった。 2017.12.17 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルライヒのラストプレーのPKストップでバイエルンが浅野途中出場のシュツットガルトに競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節、シュツットガルトvsバイエルンが16日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨は81分から出場している。 ▽3日前に行われた前節ホッフェンハイム戦を0-1と敗戦した14位シュツットガルト(勝ち点17)は、ホッフェンハイム戦で味方の負傷により26分から途中出場となった浅野が引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、レヴァンドフスキ弾でケルンを押し切った首位バイエルン(勝ち点22)は、リーグ戦3連勝とした中、ケルン戦のスタメンから5選手を変更。リベリ、ミュラー、アラバ、ルディ、GKシュターケに代えてフンメルス、コマン、ハメス・ロドリゲス、ラフィーニャ、負傷が癒えたGKウルライヒを起用した。 ▽3トップに右からハメス・ロドリゲス、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは、開始早々にレヴァンドフスキが際どいシュートを浴びせてけん制する。対するシュツットガルトも7分にアコロが枠内シュートを放つも、GKウルライヒの好守に阻まれた。 ▽序盤、互いにゴールに迫った中、徐々にポゼッションを高めていったのはバイエルン。そして21分には決定機。ハメス・ロドリゲスのパスを受けたボックス左のレヴァンドフスキがDFを外して右足でコントロールシュート。枠の右を捉えていたが、GKツィーラーの好セーブに阻まれた。 ▽続く36分にもバイエルンに決定機。ハメス・ロドリゲスのパスを受けたトリッソがボックス右に侵入。シュートを浴びせるもGKツィーラーの好セーブに阻まれた。ハーフタイムにかけてもバイエルンが攻勢に出たが、シュツットガルトの身体を張った守備の前にゴールを奪うには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もバイエルンが攻勢に出ると、59分にトリッソのパスを受けたボックス左のコマンがGKツィーラーを強襲するシュートを浴びせる。ゴールが遠いバイエルンはトリッソに代えてミュラーを投入。すると66分、J・ボアテングの左足ミドルが枠を捉えたが、ここもGKツィーラーのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも、一方的な展開に持ち込んだバイエルンは79分に均衡を破る。コマンの左サイドからのクロスを受けたボックス左のミュラーが左足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽途中出場のミュラーのゴールで試合を動かされ、1点を追う展開となったシュツットガルトは両ウイングバックのアオゴとベックに代えて浅野とブレカロの両アタッカーを投入。攻撃的な布陣とすると、88分にはCKの流れからボックス右の浅野がシュートに持ち込むもDFに当たって枠の上に外れる。 ▽その後、追加タイム1分のハメス・ロドリゲスのGKとの一対一をツィーラーが止めて望みをつないだシュツットガルトは、同2分にPKを獲得する。右クロスを受けたボックス内のアズカシバルがジューレに蹴られた。ところが、キッカーのアコロはGKウルライヒにシュートを止められてタイムアップ。バイエルンがシュツットガルトを退け、4連勝で前半戦を終えている。 2017.12.17 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで伏兵ウディネに屈したインテルが17戦目にして今季初黒星…長友はベンチ入りも出場なし《セリエA》

▽セリエA第17節、インテルvsウディネーゼが16日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのウディネーゼが3-1で快勝した。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、劣勢となったユベントスとの“イタリア・ダービー”をドローで終えて首位キープに成功したインテル(勝ち点40)だが、ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアではセリエCの格下ポルデノーネ相手に120分間でゴールをこじ開けられず、PK戦の末の薄氷勝利で辛くも準々決勝進出を果たした。同試合からの巻き返しを図るスパレッティ監督は、シュクリニアル、ヴェシーノを除く主力9人を先発復帰させ、13位のウディネーゼ(勝ち点18)撃破を狙った。 ▽ブーイングに晒されたポルデノーネ戦の失態を払しょくするため、立ち上がりから攻勢を見せるインテル。カンドレーバやヴェシーノ、ペリシッチと立て続けにシュートを放っていくが、いずれも決め手を欠く。すると14分、相手セットプレーの流れからボックス右のヴィドマーにグラウンダーで折り返されると、ゴール前でDFシュクリニアルの前に身体を入れたラザーニャにワンタッチで流し込まれた。 ▽ホームで先制を許す立ち上がりとなったインテルだったが、失点からわずか1分後に追いつく。失点後のリスタートからダンブロージオのフィードが右サイド深くのカンドレーバに渡ると、すかさず鋭いクロスを供給。これをボックス中央でDFをブロックしながら前に入ったイカルディが右足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽エースのゴールでスコアをタイに戻したインテルは、ここからきっちり試合の主導権を握っていく。攻守の切り替えの場面で相手を圧倒していくと、得意のカウンターやセットプレーで勝ち越しゴールに迫る。36分にはCKのクリアボールに反応したブロゾビッチが右ポストを掠めるダイレクトシュートを放つと、40分にもカウンターから左サイドを突破したペリシッチがニアを狙った低いシュートを放つが、ここは相手GKビサーリに防がれ、前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 ▽迎えた後半、先に決定機を作ったのはウディネーゼ。自陣からのロングカウンターで右サイドを突破したデ・パウルからのクロスをゴール前で受けたラザーニャがGKをかわして右足を振り抜くが、このシュートをふかしてしまい、勝ち越しゴールとはならなかった。 ▽一方、後半に入って流れが悪いインテルは54分、ブロゾビッチを下げてガリアルディーニを投入する。だが、61分に自陣ボックス左のライン際でヴィドマーにクロスを許すと、これをDFサントンが腕を使ってブロックしてしまう。最初の判定ではクロスを上げた時点でボールがラインを割っていたと判断されるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、判定が覆りウディネーゼにPKが与えられる。これをキッカーのデ・パウルに決められ、再びビハインドを背負った。 ▽前半同様に早い時間帯に追いつきたいインテルは、68分にセットプレーからカンドレーバのクロスをシュクリニアルが頭で合わすが、ボールはクロスバーを叩く。さらに72分にも左CKからガリアルディーニが決定的なヘディングシュートを放つが、今度は相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後はやや攻めあぐねる状況が続く中、スパレッティ監督は2失点に関与したサントン、ヴェシーノを下げてカラモー、エデルを続けて投入。この交代でシステムも攻撃的な[3-4-3]に変更し、リスクを冒して前に出る。しかし、77分には相手のカウンターを浴びて左サイドのスペースに飛び出したヤンクトの絶妙なグラウンダーのクロスをファーでドフリーのバラクに流し込まれ、今季最多となる3失点目を喫する。 ▽敗色濃厚の中、諦めずに猛攻を仕掛けたインテルだったが、完全に引いたウディネーゼの守備を最後までこじ開けることはできず。ホームで伏兵相手にまさかの大敗を喫したインテルが、今季リーグ戦17試合目にして初黒星を喫し、首位陥落が濃厚となった。 2017.12.17 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

本田不出場のパチューカ、アル・ジャジーラに4発快勝で3位フィニッシュ《CWC》

▽パチューカは16日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・3位決定戦でアル・ジャジーラと対戦し、4-1で快勝した。パチューカのMF本田圭佑はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽準決勝でグレミオに延長戦の末に0-1と敗れたパチューカと、レアル・マドリーに1-2と惜敗した開催国王者アル・ジャジーラによる3位決定戦。 ▽本田がベンチスタートとなったパチューカがボールを保持する立ち上がりとなった中、アル・ジャジーラもロマリーニョのスピードを生かしたカウンターで応戦。そんな中、最初のチャンスはパチューカに訪れる。12分、左クロスをゴール前のエリック・サンチェスが合わせるも、シュートは枠の左に外れた。 ▽その後もボールを保持したパチューカは16分に決定機。ウレタビスカヤのFKが相手DFにディフレクトし、ボールは左ポストを直撃。ルーズボールをO・ムリージョが頭で押し込みにかかるも、シュートはバーを越えていった。 ▽続く23分にF・ハラがヘディングシュートでゴールに迫ったパチューカは、37分に先制する。サガルのスルーパスを受けたウレタビスカヤがボックス右に侵入。冷静に右足アウトでGKアルセナニを破った。 ▽迎えた後半、アル・ジャジーラが前がかる入りとなると、57分に同点に追いつく。スローインの流れからブスファがシュートに持ち込むと、これはゴールライン前のDFに好クリアで阻まれるも、ルーズボールをボックス右のアルレッジが蹴り込んだ。 ▽それでも60分、左サイドのスペースを突いたサガルのアーリークロスをF・ハラがダイレクトで蹴り込み、パチューカがすかさず勝ち越しに成功した。 ▽その後も攻め手を緩めなかったパチューカは、79分にスルーパスに抜け出したデ・ラ・ローザがGKとの一対一を制して勝負を決定付けた。さらに84分にはPKでサガルが加点したパチューカが圧勝。3位で今大会を終えている。 2017.12.17 00:51 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場の10人レスターがC・パレスに完敗…連勝が「4」でストップ…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、レスター・シティvsクリスタル・パレスが16日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのパレスが3-0で快勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司は77分から途中出場した。 ▽リーグ4連勝と絶好調の8位レスター(勝ち点26)が、ホームに18位のパレス(勝ち点14)を迎えた一戦。レスターは中2日での一戦に向けて先発3人を変更。前節のサウサンプトン戦で2ゴールを記録した岡崎やフックス、アンディ・キングをベンチに置き、グレイ、イボーラ、オルブライトンを起用した。 ▽立ち上がりから押し込まれるレスターは6分、ボックス左で仕掛けた古巣対戦のシュラップにシュート性のクロスを許すが、これは枠をわずかに外れたうえ、相手FWも押し込めず、辛くも失点を免れる。その後も球際と出足で上回れて苦しい展開が続くが、要所でマフレズとヴァーディを活かしたカウンターで反撃の機会を窺う。 ▽その後も劣勢が続くレスターは19分、右サイドで仕掛けたタウンゼントのクロスをゴール前で競り勝ったベンテケに頭で合わせられ、先制点を許す。なお、パレスにとってこのゴールは今季のアウェイゲーム初ゴールと共に昨季から数えて11試合ぶりのアウェイでのゴールとなった。 ▽格下相手に厳しい入りとなったレスターは、背後を狙うヴァーディ、グレイ、マフレズの個人技で反撃を試みるが、全体の距離感の悪さや単調な仕掛けを相手に読まれて決定機に持ち込めない。また、セットプレーの場面でマグワイアらにシュートチャンスが訪れるも、相手の粘り強い守備に遭う。 ▽すると、40分には相手中盤のキャバイエからマッカーサー、ベンテケと縦に繋がれて最後はボックス付近のザハにラストパスが入る。ここで冷静に戻ったDFをかわしたザハの右足シュートがゴール左隅に決まり、レスターはまさかの2点ビハインドで試合を折り返すことになった。 ▽後半に入って攻勢を強めるレスターだが、相変わらず流れの中でチャンスを作れない。60分にはマフレズのFKをイボーラが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、ここはイボーラが相手DFへのプッシングのファウルを取られてしまい、ゴールは認められず。すると、後半立ち上がりに1枚カードをもらっていたエンディディがボックス内で故意に倒れたとして61分にシミュレーションを取られて2枚目の警告をもらい、痛恨の退場処分となった。 ▽2点ビハインドに加え、数的不利まで背負ったレスターは77分、オルブライトンとイボーラに代えて切り札の岡崎とアンディ・キングを同時投入。しかし、連戦と10人での戦いを強いられるチームはなかなか主導権を奪い返せない。 ▽逆に、相手のカウンターから幾度もピンチを招くと、試合終了間際には途中出場のバカリ・サコに決定的な3点目を奪われ、万事休す。アウェイを苦手とするパレス相手にまさかの大敗を喫したレスターの連勝が「4」でストップした。 2017.12.16 23:32 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース