本田圭佑のパチューカデビューはまたも見送り…ケガの完全回復がカギに2017.08.10 18:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏パチューカに加入した日本代表FW本田圭佑だが、デビューはまたしてもお預けとなるようだ。『ESPN』が報じた。

▽本田は、ミランを2016-17シーズン限りで契約満了により退団。欧州の複数クラブなどからオファーがある中、新天地にはメキシコを選択。パチューカ入りは大きな話題となった。

▽既にリーガMX(メキシコ1部リーグ)は新シーズンが開幕しているものの、本田は筋肉系の負傷によりここまでデビューを果たせていない。8月12日には、ティグレスとのホームゲームを控えるものの、まだ全体練習に合流できていない本田は欠場。ケガが100%回復するまでは出場を見送ることとなるようだ。

▽徐々に状態は上向きではあるとしているが、今月末からは日本代表にとって大事なロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合が行われる。W杯出場が懸かる大一番だけに、本田の状態はヴァイッド・ハリルホジッチ監督も気にするところだ。

▽パチューカは、18日にモナルカス・モレリア戦、22日にべラクスル戦、25日にティフアナ戦と代表戦までにあと3試合リーグ戦がある。本田は、新天地でのデビューを果たして代表に合流するのか、はたまた代表招集が見送られることがあるのか。日本にとっても気掛かりなところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

格下相手に痛恨ドローのドルトムントがGS突破に黄色信号…フル出場香川はバー直撃のミドルも勝利に導けず《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、アポエルvsドルトムントが17日にGSPスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。ドルトムントのMF香川真司は先発フル出場した。 ▽トッテナム、レアル・マドリーとのライバル2連戦を共に落とし厳しい連敗スタートとなったドルトムントは、直近のRBライプツィヒ戦も2-3で落とし、国内リーグ戦での今季初黒星を喫した。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて連勝が求められるアポエルとの初戦に向けては、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。バルトラと負傷明けのシュメルツァーが左右のサイドバックに入り、トプラクとパパスタソプーロスと4バックを形成し、中盤は復帰した香川とヴァイグルがゲッツェと組み、3トップはプリシッチ、オーバメヤン、ヤルモレンコの並びとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持して攻勢に出るドルトムントは開始4分、香川のスルーパスに抜け出したヤルモレンコがボックス右からシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに11分と13分には積極的に前線に飛び出していく香川が続けてシュートを狙うが、いずれも枠に飛ばせない。 ▽その後も香川やゲッツェを起点に中央を固める相手の守備ブロック攻略を目指すドルトムントは、21分にボックス手前の好位置で得たFKをシュメルツァーが左足で狙うも、これは相手GKの守備範囲に飛んだ。 ▽すると、徐々に攻めあぐね始めたドルトムントは、アロネフスやザヒドの両翼を起点とするアポエルのカウンターに晒され、何度となくピンチを招く。だが、30分にエースFWデ・カマルゴ、前半終了間際に守護神ヴァテルマンという攻守の要を負傷交代で失ったホームチームに流れを渡さず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も攻勢を続けるドルトムントだが、足を痛めたトプラクがトルヤンとの負傷交代を強いられるアクシデントが発生。すると62分、自陣でバックパスを味方に繋ごうとしたGKビュルキがまさかのパスミスでエベリシオにボールをプレゼント。そして、慌てた守護神はボックス中央に持ち込んだエベリシオのシュートを再びファンブルしてしまうミスを犯すと、こぼれ球に反応したポテにドリブルでかわされて無人のゴールへシュートを流し込まれた。 ▽守護神の痛恨ミスでまさかのビハインドを負ったドルトムントだが、67分に追いつく。左CKの二次攻撃からボックス左付近でゲッツェが浮き球で入れたクロスをゴール前で競り勝ったパパスタソプーロスが頭で叩き込んだ。勢い付くドルトムントは69分、カウンターから中央をドリブルで持ち上がった香川がボックス手前から渾身の右足ミドルシュート。だが、枠を捉えたシュートは相手GKが懸命に伸ばした手に当たり惜しくもクロスバーを叩く。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて勝ち点3が必須のドルトムントは、シュメルツァー、ヤルモレンコを下げてM・フィリップ、イサクの若手アタッカーを続けて投入。85分にはボックス左付近で香川が上げた絶妙なクロスにファーのプリシッチが飛び込むが、このボサーシュートはサイドネットを叩く。さらに試合終了間際には見事な単騎突破で敵陣深くに持ち込んだプリシッチの右クロスをボックス左で待ち構えたオーバメヤンが頭で合わすが、これは相手GKの鋭い反応と左ポストに阻まれ、劇的な逆転ゴールとはならず。 ▽結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。格下相手のアウェイゲームでまたしても今大会初勝利を逃したドルトムントは、上位2チームとの勝ち点を縮めることができず、グループステージ突破に向けて厳しい立場に立たされた。 2017.10.18 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

内田篤人に試練続く…練習中に負傷し左足肉離れで離脱

▽ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンは17日、元日本代表DF内田篤人が練習中に負傷したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、内田は17日に行われたトレーニングセッション中に左足を負傷。その後の検査の結果、左足大腿部の筋繊維に損傷を負ったことが確認されたという。なお、現時点で離脱期間に関して明かされていないが、少なくとも数週間の離脱となる見込みだ。 ▽今夏、シャルケからウニオン・ベルリンに完全移籍した内田は、第5節のデュッセルドルフ戦でデビューを飾ると、第7節のサンドハウゼン戦では2年半ぶりのフル出場を果たしていた。 ▽また、来月に行われる日本代表の欧州遠征で代表復帰の可能性も報じられたが、この戦列復帰を受けて、その可能性は消滅する見込みだ。 2017.10.17 22:47 Tue
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹先発のマルセイユ、昇格組相手に3-3のドロー《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第8節のストラスブール戦に臨み、3-3で引き分けた。酒井は85分までプレーした。 ▽敵地に乗り込んだ3連勝中のマルセイユは、6分にパイエのゴールで幸先良く先制したが、32分に失点。48分にオウンゴールで再びリードしたものの、60分と75分にも失点を重ね、逆転を許してしまう。 ▽それでも、85分に酒井をベンチに下げたマルセイユは、88分にミトログルのゴールで同点。だが、勝ち越しとはならず、昇格組相手に痛いドローという結果に終わっている。 ストラスブール 3-3 マルセイユ 【ストラスブール】 アフル(前32) B・コネ(後15) ライナール(後30) 【マルセイユ】 パイエ(前6) OG(後3) ミトログル(後43) 2017.10.16 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

MF堂安律、2戦連続フル出場でPK獲得 フローニンヘン2戦未勝利《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは15日、エールディビジ第8節のAZ戦に臨み、1-1で引き分けた。堂安律は2試合連続の先発フル出場を果たしている。 ▽AZをホームで迎え撃ったフローニンヘンは、トップ下でプレーする堂安が38分にミドルレンジからシュートを放つなど攻撃面で躍動した。 ▽前半終了間際にリードを許したフローニンヘンだが、53分にボックス内に仕掛けた堂安がPKのチャンスを獲得。これをマヒが決めて追いついた。 ▽その後も堂安を軸に攻め立てたフローニンヘンだったが、1-1で試合終了。2試合未勝利という結果に終わった。 フローニンヘン 1-1 AZ 【フローニンヘン】 マヒ(後8) 【AZ】 ジャハンバクシュ(前45+1) 2017.10.16 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがダービー制す! イカルディ圧巻トリプレッタで“カルチョのスカラ座”で劇的フィナーレ《セリエA》

▽セリエA第8節、インテルvsミランによるミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-2で勝利した。なお、インテルのDF長友佑都は、左サイドバックでフル出場した。 ▽名将スパレッティ監督を迎えたインテルは、7試合を終えて6勝1分けと好スタートを切っている。代表ウィーク明け初戦となる今回の一戦に向けては、前節のベネヴェント戦でドッピエッタもクロアチア代表で負傷したブロゾビッチに代えてガリアルディーニを起用し、ボルハ・バレロをトップ下に入れた。また、長友は引き続き左サイドバックで先発した。 ▽対する大型補強を敢行したミランは、格下にこそ着実に勝利しているものの、ローマやラツィオといった強豪に力負けし、すでに3敗を喫している。モンテッラ監督の去就問題も叫ばれる中で必勝が求められるダービーに向けては、代表ウィーク前に行われた直近のローマ戦から先発2人を変更。出場停止のチャルハノールに代わってボナヴェントゥーラを起用したほか、負傷のカリニッチに代えてスソをアンドレ・シウバの相棒に据えた。 ▽ホームチーム、インテルの好調や大型補強を敢行したミランへの期待感から8万枚以上のチケットが売れた新時代に突入した注目のミラノ・ダービー。立ち上がりから互いに集中した入りを見せるが、現時点での地力で勝るインテルが主導権を掴む。 ▽13分にはボルハ・バレロからパスを受けたカンドレーバがボックス中央で精度の高い右足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに23分には左サイドでFKの流れたボールを回収したペリシッチからのクロスをファーのミランダが打点の高いヘッドで合わすが、これは枠の右に外れる。 ▽その後はケシエとボナヴェントゥーラの豊富な運動量と激しいプレスに苦戦し始めたインテルだったが、ダービーに相性が良い名クロッサーがエースのゴールを演出する。28分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったダンブロージオのスルーパスに抜け出したカンドレーバがゴール前のスペースに絶妙なクロスを供給。2センターバックの間から抜け出したイカルディが見事な右足のワンタッチでゴール左隅に流し込んだ。 ▽相手の見事な連係プレーで先手を奪われたミランは、ボナヴェントゥーラやケシエの推進力を活かした中央からの仕掛けにスソがアクセントを付けていくが、全体を押し上げ切れず、攻撃に厚みを加えられない。それでも、44分には相手陣内中央でルーズボールに反応したケシエが鋭い反転から持ち上がってDF長友の背後を取ったボリーニへスルーパス。ボリーニはボックス右角度のないところから右足を振るが、これはGKハンダノビッチに読まれて弾き出された。 ▽1点ビハインドで前半を終えたミランは、ケシエを下げてハーフタイム明けにクトローネを投入。この交代でクトローネがアンドレ・シウバと2トップを組み、スソがインサイドハーフに入る攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽すると、この交代で前線の収まり、スソの前向きな仕掛けが増えたことで、両ウイングバックも高い位置を取って相手を押し込むミランは、49分にボックス右からカットインしたアンドレ・シウバの左足シュートが左ポストを叩く。このこぼれ球をムサッキオが蹴り込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽その後も続けて決定機を作り出すミランは56分、ボックス手前右でボールを持ったスソが右を追い越すボリーニをおとりにカットインから得意の左足シュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽早い時間帯の同点ゴールでこのまま一気にミランペースかと思われたが、前半に続いてインテルの頼れるエースがミランゴールをこじ開ける。63分、相手陣内中央で同胞ビリアからボールを奪ったイカルディが左サイドに走り込むペリシッチにボールを預けてゴール前に飛び出すと、ペリシッチからの難しいクロスを見事な右足脛を使ったダイレクトボレーで右隅に流し込み、すぐさま勝ち越しに成功した。 ▽後半は完全に優勢に運びながらも再び追う展開となったミランは、足が止まり始めたインテルに対して、引き続き攻勢を強める。78分にはセンターバックのロマニョーリを下げてロカテッリを投入。この交代でボナヴェントゥーラが左ウイングバック、ロドリゲスが左センターバックにポジションを移り、ロカテッリがインサイドハーフに入る。すると81分には、右サイドでボリーニが入れたクロスをボックス左に飛び込んだボナヴェントゥーラが懸命にスライディングで合わせると、GKハンダノビッチが一度は弾き出すも、自身のヒザに当たったボールがそのまま跳ね返ってゴールネットを揺らした。 ▽再び振り出しに戻った試合は試合終盤にかけてより激しさを増す。ホームで勝ち切りたいインテルはカンセロに続きエデルをピッチに送り出すと、88分にはヴェシーノとイカルディの見事なダイレクトパスからボックス右に抜け出したエデルに決定機も、ここはDFロドリゲスの決死のシュートブロックに遭う。 ▽このままドローでの幕引きも想定されたが、“カルチョのスカラ座”は最後の最後に劇的なフィナーレを迎える。89分、インテルの右CKの場面でDFロドリゲスがダンブロージオを抱え倒してしまい、インテルにPKが与えられる。これをキッカーのイカルディが冷静に流し込み、決勝点となるトリプレッタを達成した。 ▽そして、白熱のダービーはこのまま3-2のスコアでタイムアップを迎え、エースの圧巻のトリプレッタで競り勝ったインテルが開幕8戦無敗を継続し単独2位に浮上した。一方、善戦しながらも敗れたミランは痛恨の3連敗となり、いよいよモンテッラ監督の去就が騒がしくなってきた。 2017.10.16 06:01 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース