インゴルシュタット移籍のMF関根貴大がドイツへ出発「浦和の誇りを持って戦ってくる」2017.08.10 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズからブンデスリーガ2部のインゴルシュタットへ移籍するMF関根貴大が10日、チームに合流するために出国。約100名を超えるファン・サポーターやメディアに見送られ、ドイツへと飛び立った。

▽2008年に浦和ジュニアユースに入団した関根は、2010年にU-16日本代表に選出。その後も世代別の代表に選ばれ続けるようになる。浦和ではユースを経て2014年にトップチーム昇格。3月のJ1第4節、清水エスパルス戦でJ1デビューを果たすと、途中出場をメインに1年目ながらリーグ戦21試合に出場。5月17日のJ1第14節セレッソ大阪戦では、Jリーグ初得点も記録するなど、1年目で2得点を挙げた。

▽2年目以降は右ウイングバックのポジションを確保し、リーグ戦32試合に出場し6得点。2016年も32試合に出場し2得点を記録。今シーズンもここまで全22試合に出場(先発20試合)し3得点を記録していた。

(C)CWS Brains,LTD.
▽前日に行われたアウェイでのヴァンフォーレ甲府戦から一夜明けた関根は、当初の予定より大幅に遅れて空港に到着。「起きて高速に乗ってみたら少しも動かなかったので、飛行機乗れるのかな?という思いもありました」と渋滞で予定がずれ込み、ドタバタでの出国となったが、「空港にも多くの人たちが駆けつけてくれて、いよいよ行くんだなという実感が湧きました」とコメントした。

▽自身初の移籍、そして初のドイツでのプレーとなる関根は「楽しみですし、浦和で培ってきたものをあっちでもしっかりと出して、皆さんに恩返していきたいなと思います」とコメント。また、インゴルシュタットについては「インゴルシュタットも赤いチームで、自分が育ってきたチームと同じカラーなので、そういったチームでプレーできるのも何かの縁だと思います」と印象を語った。また、日本ではドリブラーとして活躍した関根は「自分が本当に持っているもの、ゴールへ向かう姿勢をあっちでも魅せられたらと思います」と、ドイツでも持ち味を発揮すると語った。

▽今シーズンの目標については「まずは試合に出ることが大事だと思いますし、あっちの環境に慣れて、1日でも早くピッチに立てるように頑張りたいと思います」とコメント。新天地での挑戦については「全ての環境が変わって、新たなスタートだと思いますし、すごく楽しみですけど、自分が育った浦和の誇りを持って、あっちでも戦ってきたいなと思います」と意気込んだ。

▽また、移籍に際しては、同じ浦和ユース出身で2014年にヘルタ・ベルリンへと移籍した日本代表FW原口元気に相談したとのこと。移籍の決め手は「チームの状況だったり悩みましたが、先輩である原口元気選手がドイツに渡って活躍して、元気くんからも『お前の気持ちはどうなんだ。行きたいのか、行きたくないのか』とシンプルな質問をもらって、素直に行きたいと思いましたし、挑戦したい思いが強くなったので決断しました」とコメント。同じ浦和出身でドイツで活躍する先輩の後押しもあったようだ。

▽7月には明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで、ブンデスリーガ1部のドルトムントと対戦。切れ味鋭いドリブルで見せ場を作った関根は「あのような日本での戦いで、シーズン前というのもありますが、そういった自信があるから挑戦しますし、それをあっちで見せつけるために結果を残してきたいと思います」と語り、ドルトムントとの一戦での手応えも背中を押したようだ。

▽今後はメディカルチェックを受けた後、13日にはDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を観戦するとのこと。その後、本格的にチームに合流しドイツでのキャリアがスタートする。

コメント

関連ニュース

thumb

戦術家ビエルサの下、リーズで出場した井手口陽介…プレー内容に地元ファンから賛否両論

リーズ・ユナイテッドでついにデビューを飾った井手口陽介に対して、サポーターの意見は真っ二つに分かれているようだ。イギリス『HITC』が伝えた。<br><br>今冬、井手口はガンバ大阪からリーズに加入するも、イギリス国内での就労ビザの関係により、すぐさまスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにローンで移籍。そして、チームに復帰した今夏、19日に行われた親善試合のヨーク・シティ戦でようやくリーズの一員としてピッチに立った。<br><br>今夏、リーズ指揮官に就任したマルセロ・ビエルサ監督からチャンスをもらった井手口だが、1-1で終わった一戦で大きな見せ場を作れず。同選手のパフォーマンスを受け、試合後ツイッター上ではサポーターからのさまざまな意見が飛び交った。<br><br>「今日の試合を見て思ったのは、イデグチはチャンピオンシップで食い物にされるだろう」や「何か効果的なことをしたわけではなかった。ボールを持ったとき、攻撃をスローダウンさせた」と同選手のプレーに不満を持つ意見が散見された。<br><br>その一方で「まずまずだった」との意見も多数寄せられ、「今シーズンは(マテウシュ)クリヒよりも多くの試合に出場できることを願っている」といったポジティブな投稿も見られるなど、一部サポーターからは一定の評価を得たようだ。<br><br>リーズの新シーズンは8月5日、イングランド2部に降格したストークとの一戦で、開幕を迎える。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、ポルト移籍か

▽ポルトガル『Record』は、ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(23)にポルト移籍の可能性が高まっていると報じた。 ▽東京ヴェルディでプロキャリアをスタートさせた中島は、2014年にFC東京入りを果たすと、そのまま期限付き移籍でカターレ富山へ。同年8月にFC東京に復帰した。そして、昨年夏からポルティモネンセに期限付き移籍。海外挑戦1年目にして公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。 ▽その中島に対して、ポルティモネンセは契約解除額を2000万ユーロ(約26億1000万円)に設定。伝えられるところによれば、ポルティモネンセはポルトから届いた800万ユーロ(約10億4000万円)のオファーを拒否した模様だ。 ▽しかし、「(ポルト監督の)セルジオ・コンセイソンの手の内にある」との見解も示した『Record』によると、中島は新たなウィンガーを探しているポルト移籍に向け、今後交渉が前進する可能性があるという。 2018.07.21 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

豪メディアが本田圭佑のAリーグ加入に期待「決まればデル・ピエロ以来のビッグネーム」

パチューカを退団し、次の所属先が未定となっている日本代表MF本田圭佑。同選手の新天地は、オーストラリアになる可能性が高まっているようだ。<br><br>オーストラリアのAリーグは集客力の向上のため、サラリーキャップ制の制限を受けずに年俸を設定できる、マーキープレーヤー(marquee player)を各クラブ1人獲得可能となっている。この枠を適用してAリーグ側は本田圭佑の獲得に動いていていたことは以前から報じられていた。地元メディア『ROAR』によると、メルボルン・ビクトリーが本田の獲得に向けて動いており、マーキープレーヤーとして迎え入れるべく接触しているという。<br><br>記事では「ビクトリーが本田と契約を結ぶことができれば、アレッサンドロ・デル・ピエロがシドニーFCと契約を結んだ2012年以来のビッグネームとなるだろう」と紹介し、本田のAリーグ挑戦に期待を寄せている。<br><br>ロシア・ワールドカップ終了後、本田は「次のW杯はない」と代表引退を示唆。その後、次なる所属先は未定のままで、自身の去就について明言はしていないが、オーストラリアに新天地を求める可能性は十分にあるものとみられる。<br><br>だが、本田は昨年、突如リーガMXのパチューカと契約を結んでサッカー界を驚かせただけに、全くノーマークの&ldquo;サプライズ発表&rdquo;を再びチョイスする展開もありそうだ。果たして本田圭佑は新シーズン、どのユニフォームを身にまとうのか、引き続きその動向が注目される。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の新天地、現時点で豪有力 現地メディア報道

▽日本代表FW本田圭佑(32)のオーストラリア行きが決定的な様相だ。オーストラリア『Sydney Morning Herald』が報じた。 ▽本田は代理人を通して、ここ数カ月間にわたってメルボルン・ビクトリーと交渉。あとは、数百万ドルのマーキープレーヤー契約が結べるかどうかを残すのみだという。 ▽そのため、本田の代理人は、並行してオーストラリアサッカー協会とも会談。メルボルン・ビクトリーに獲得資金の補助を認めるよう交渉を行っているとみられる。 ▽本田は今年6月に契約満了に伴い、パチューカを退団。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。 2018.07.20 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にニューカッスル&ウェストハム関心か マインツSDは早期決着求む

▽マインツは、日本代表FW武藤嘉紀(26)に早期の去就決着を求めているようだ。ドイツ『LigaInsider』が『ビルト』の情報をもとに伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いが終わり、今夏の去就に注目が集まる武藤。マインツとの契約は、2019年6月30日までとなっている。伝えられるところによれば、プレミアリーグのニューカッスルとウェストハムの2クラブが関心を示しているという。 ▽マインツでスポーツディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、「W杯が終わるまで、彼らはテレビの前に座っていた。ヨシと代理人は、早く決断してほしいという我々の希望を理解している」と話したという。 ▽以前から将来的なプレミアリーグ行きを希望しているとみられてきた武藤。果たして、その願いは叶うのだろうか。 2018.07.18 09:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース