インゴルシュタット移籍のMF関根貴大がドイツへ出発「浦和の誇りを持って戦ってくる」2017.08.10 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズからブンデスリーガ2部のインゴルシュタットへ移籍するMF関根貴大が10日、チームに合流するために出国。約100名を超えるファン・サポーターやメディアに見送られ、ドイツへと飛び立った。

▽2008年に浦和ジュニアユースに入団した関根は、2010年にU-16日本代表に選出。その後も世代別の代表に選ばれ続けるようになる。浦和ではユースを経て2014年にトップチーム昇格。3月のJ1第4節、清水エスパルス戦でJ1デビューを果たすと、途中出場をメインに1年目ながらリーグ戦21試合に出場。5月17日のJ1第14節セレッソ大阪戦では、Jリーグ初得点も記録するなど、1年目で2得点を挙げた。

▽2年目以降は右ウイングバックのポジションを確保し、リーグ戦32試合に出場し6得点。2016年も32試合に出場し2得点を記録。今シーズンもここまで全22試合に出場(先発20試合)し3得点を記録していた。

(C)CWS Brains,LTD.
▽前日に行われたアウェイでのヴァンフォーレ甲府戦から一夜明けた関根は、当初の予定より大幅に遅れて空港に到着。「起きて高速に乗ってみたら少しも動かなかったので、飛行機乗れるのかな?という思いもありました」と渋滞で予定がずれ込み、ドタバタでの出国となったが、「空港にも多くの人たちが駆けつけてくれて、いよいよ行くんだなという実感が湧きました」とコメントした。

▽自身初の移籍、そして初のドイツでのプレーとなる関根は「楽しみですし、浦和で培ってきたものをあっちでもしっかりと出して、皆さんに恩返していきたいなと思います」とコメント。また、インゴルシュタットについては「インゴルシュタットも赤いチームで、自分が育ってきたチームと同じカラーなので、そういったチームでプレーできるのも何かの縁だと思います」と印象を語った。また、日本ではドリブラーとして活躍した関根は「自分が本当に持っているもの、ゴールへ向かう姿勢をあっちでも魅せられたらと思います」と、ドイツでも持ち味を発揮すると語った。

▽今シーズンの目標については「まずは試合に出ることが大事だと思いますし、あっちの環境に慣れて、1日でも早くピッチに立てるように頑張りたいと思います」とコメント。新天地での挑戦については「全ての環境が変わって、新たなスタートだと思いますし、すごく楽しみですけど、自分が育った浦和の誇りを持って、あっちでも戦ってきたいなと思います」と意気込んだ。

▽また、移籍に際しては、同じ浦和ユース出身で2014年にヘルタ・ベルリンへと移籍した日本代表FW原口元気に相談したとのこと。移籍の決め手は「チームの状況だったり悩みましたが、先輩である原口元気選手がドイツに渡って活躍して、元気くんからも『お前の気持ちはどうなんだ。行きたいのか、行きたくないのか』とシンプルな質問をもらって、素直に行きたいと思いましたし、挑戦したい思いが強くなったので決断しました」とコメント。同じ浦和出身でドイツで活躍する先輩の後押しもあったようだ。

▽7月には明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで、ブンデスリーガ1部のドルトムントと対戦。切れ味鋭いドリブルで見せ場を作った関根は「あのような日本での戦いで、シーズン前というのもありますが、そういった自信があるから挑戦しますし、それをあっちで見せつけるために結果を残してきたいと思います」と語り、ドルトムントとの一戦での手応えも背中を押したようだ。

▽今後はメディカルチェックを受けた後、13日にはDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を観戦するとのこと。その後、本格的にチームに合流しドイツでのキャリアがスタートする。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルティモネンセMF中島翔哉が積極果敢なプレーもノーゴール…チームは決定力に欠きAT弾を許して7試合ぶり黒星《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは10日、プリメイラ・リーガ第14節でチャベスと対戦し、0-1で敗れている。中島は10試合連続スタメンで75分までプレーした。 ▽前節のエストリル・プライア戦を0-0の引き分けに終えたものの、6戦無敗をキープしているポルティモネンセ。14分には中島が右サイドからのクロスに反応し、ボックス手前やや左から下がりながら右足を振り抜くも枠を捉えることができない。 ▽さらに中島は34分にもディフェンスラインの裏へのボールに抜け出して、巧みなトラップでボックス左に侵攻してシュート。しかし、これがGKの正面に飛んでしまう。 ▽前半から積極果敢にゴールを狙うポルティモネンセだがあと一歩のところでゴールを奪うことができない。すると後半アディショナルタイムに味方がボックス内でファウルを犯してしまい、PKを献上。これをペドロ・ティバにゴール右へと突き刺されて試合終了。決定力不足を露呈したポルティモネンセが7試合ぶりの黒星を喫した。 2017.12.11 09:32 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安律、リーグ戦6試合連続スタメン! フローニンヘンは2点差追いつきドロー《エールディビジ》

▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは10日、エールディビジ第15節でローダと対戦し、2-2で引き分けた。堂安はリーグ戦6試合連続スタメンで57分までプレーした。 ▽キックオフ直前まで除雪作業が行われた試合。前節ADOデンハーグに2試合ぶりの白星を飾り、連勝したいフローニンヘンだったが14分、ミドルシュートを許すとGKパットが弾くもシモン・グスタフソンにこぼれ球をプッシュされた。 ▽雪の影響で23分には除雪機が入る中断も。攻勢に転じたいフローニンヘンだったが34分、最終ラインで味方がシモン・グスタフソンにボールを奪われる。そのまま左アウトサイドでゴールを狙われると、前に飛び出していたGKパットが意表を突かれてボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽リードを2点に広げられたフローニンヘン。しかし37分、味方のパスに反応したイェスパー・ドロストがボックス左からクロスを送り、トム・ファン・ウィートが右足で合わせて1点を返す。 ▽1-2のビハインドで試合を折り返したフローニンヘンは、57分に堂安を下げる。するとその直後、最終ラインからのボールに抜け出した味方がアディル・アウアサルに倒されてPKを獲得。さらにこのプレーでアディル・アウアサルが一発退場となった。このPKをトム・ファン・ウィートがゴール右下に落ち着いて流し込み、試合を振り出しに戻す。 ▽ついに同点に追いつき、数的有利の状況を活かしたいフローニンヘンだったが、その後ゴールは生まれずそのまま試合終了。2-2の引き分けで勝ち点1を分け合った。 2017.12.11 09:14 Mon
twitterfacebook
thumb

シュティーガー監督解任のケルン、3点差を逆転されて未勝利継続… 大迫は出場停止で欠場《ブンデスリーガ》

▽ケルンは10日、ブンデスリーガ第15節でフライブルクをホームに迎え、3-4で逆転負けした。ケルンのFW大迫勇也は出場停止で欠場している。 ▽前節シャルケ戦を2-2で引き分け、リーグ戦未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点3)は、シュティーガー監督を解任し、フェー監督を招へい。そのケルンは前節退場した大迫が出場停止のため欠場となった。 ▽ピッチに雪が積もった影響でキックオフが30分遅れた一戦。16位フライブルク(勝ち点12)に対し、ルーテンベック暫定監督が指揮を執ったケルンは、8分にヨイッチのスルーパスに抜け出したクランターがシュートを流し込んで先制する。 ▽さらに14分にはPKを獲得。ギラシーがボックス左に侵入したところでシュスターに倒された。これをギラシー自ら決めてケルンが2点をリードした。良い形でゴールを重ねるケルンは、29分に3点目を奪い切る。左サイドからのラウシュのクロスがスタンコのオウンゴールを誘った。 ▽しかし、39分にFKからペテルゼンにボレーシュートを叩き込まれたケルンは、後半も劣勢が続くと65分に1点差に詰め寄られる。右CKからペテルゼンのヘディングシュートが決まった。 ▽終盤にかけてもフライブルクの攻勢を受けたケルンは、試合終了間際の88分に同点とされる。エーズカンがボックス内でホフラーを倒してPKを献上した。これをペテルゼンに決められると、追加タイム5分にもPKを献上してしまう。FKの流れからボックス内のギラシーがハンドを犯してしまった。これを再びペテルゼンに決められ、直後にタイムアップ。ケルンは3点差を大逆転されての敗戦を喫し、リーグ戦初勝利はまたもお預けとなった。 2017.12.11 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ対エイバル、乾&柴崎の採点はともに低評価…柴崎「リズムを欠いている」乾「最高のレベルには程遠かった」

9日のリーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェ対エイバル(0&minus;0)で、MF柴崎岳とMF乾貴士の現地評価は乏しいものとなった。<br><br>&ldquo;日本人ダービー&rdquo;としてリーガ側が盛り上げることを狙ったこの対戦。先発出場の乾は63分に交代によってベンチに下り、その10分後に柴崎が出場と、両日本人選手は入れ違いでプレーすることになった。<br><br>スペイン『マルカ』の両選手の採点は、3点満点中1点となった。寸評において、柴崎は「見事なヒールを見せた。プレーリズムを欠いていた」と負傷明けの影響を指摘され、乾については「プレーにあまり関与せず。最高のレベルには程遠かった」と精彩を欠いていたとの見解が示されている。<br><br>なおリーガ第16節で、ヘタフェはアウェイでジローナと対戦し、エイバルはホームにバレンシアを迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 23:13 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場ジルーの終盤弾でアーセナルがセインツにドロー、フル出場の吉田は失点に関与《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、サウサンプトンvsアーセナルが10日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗れた5位アーセナル(勝ち点28)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦を6-0と大勝した。そのアーセナルはBATEボリソフ戦のスタメンから全選手を変更し、ユナイテッド戦のスタメンからは負傷したムスタフィに代えてメルテザッカーを起用した。 ▽前節ボーンマス戦を1-1と引き分けた11位サウサンプトン(勝ち点17)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで2試合ぶりにスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、カウンターを狙うサウサンプトンが先制した。メルテザッカーのクリアが甘くなってショートカウンターに転じると、タディッチのスルーパスをボックス右で受けたオースティンがゴールへ流し込んだ。 ▽続く5分にもサウサンプトンはディフェンスライン裏を取ったオースティンがボックス右に侵入してGKチェフを強襲するシュートを浴びせ、序盤のペースを握っていく。 ▽一方、早々に失点したアーセナルはポゼッションを高めて敵陣で試合を展開。16分にはラカゼットがボックス中央から枠内シュートを浴びせると、32分にはサンチェスの右クロスをラムジーがボレーで合わせたシュートが枠の右を捉えたが、GKフォースターのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出る流れが続くも、ラカゼットの決定的なシュートは枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたアーセナルだったが、水際で守るサウサンプトンを崩しきることができない。すると62分にピンチ。ロメウのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽流れの悪いアーセナルは64分にメルテザッカーに代えてウェルベックを投入し、4バックに変更。しかし66分にはバートランドにゴールを脅かされると、ジャカに代えてウィルシャーを、ラカゼットに代えてジルーを投入していく。 ▽しかし、集中した守備を続けるサウサンプトンをやはり崩せず、時間だけが過ぎていく。84分にようやくサンチェスの直接FKでゴールを脅かすも、GKフォースターにセーブされる。 ▽それでも88分、左サイドからのサンチェスの右足クロスを吉田に競り勝ったジルーがヘッド。これがゴール右に決まってアーセナルが土壇場で同点に追いついた。このまま1-1で試合はタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合っている。 2017.12.10 22:59 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース