インゴルシュタット移籍のMF関根貴大がドイツへ出発「浦和の誇りを持って戦ってくる」2017.08.10 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズからブンデスリーガ2部のインゴルシュタットへ移籍するMF関根貴大が10日、チームに合流するために出国。約100名を超えるファン・サポーターやメディアに見送られ、ドイツへと飛び立った。

▽2008年に浦和ジュニアユースに入団した関根は、2010年にU-16日本代表に選出。その後も世代別の代表に選ばれ続けるようになる。浦和ではユースを経て2014年にトップチーム昇格。3月のJ1第4節、清水エスパルス戦でJ1デビューを果たすと、途中出場をメインに1年目ながらリーグ戦21試合に出場。5月17日のJ1第14節セレッソ大阪戦では、Jリーグ初得点も記録するなど、1年目で2得点を挙げた。

▽2年目以降は右ウイングバックのポジションを確保し、リーグ戦32試合に出場し6得点。2016年も32試合に出場し2得点を記録。今シーズンもここまで全22試合に出場(先発20試合)し3得点を記録していた。

(C)CWS Brains,LTD.
▽前日に行われたアウェイでのヴァンフォーレ甲府戦から一夜明けた関根は、当初の予定より大幅に遅れて空港に到着。「起きて高速に乗ってみたら少しも動かなかったので、飛行機乗れるのかな?という思いもありました」と渋滞で予定がずれ込み、ドタバタでの出国となったが、「空港にも多くの人たちが駆けつけてくれて、いよいよ行くんだなという実感が湧きました」とコメントした。

▽自身初の移籍、そして初のドイツでのプレーとなる関根は「楽しみですし、浦和で培ってきたものをあっちでもしっかりと出して、皆さんに恩返していきたいなと思います」とコメント。また、インゴルシュタットについては「インゴルシュタットも赤いチームで、自分が育ってきたチームと同じカラーなので、そういったチームでプレーできるのも何かの縁だと思います」と印象を語った。また、日本ではドリブラーとして活躍した関根は「自分が本当に持っているもの、ゴールへ向かう姿勢をあっちでも魅せられたらと思います」と、ドイツでも持ち味を発揮すると語った。

▽今シーズンの目標については「まずは試合に出ることが大事だと思いますし、あっちの環境に慣れて、1日でも早くピッチに立てるように頑張りたいと思います」とコメント。新天地での挑戦については「全ての環境が変わって、新たなスタートだと思いますし、すごく楽しみですけど、自分が育った浦和の誇りを持って、あっちでも戦ってきたいなと思います」と意気込んだ。

▽また、移籍に際しては、同じ浦和ユース出身で2014年にヘルタ・ベルリンへと移籍した日本代表FW原口元気に相談したとのこと。移籍の決め手は「チームの状況だったり悩みましたが、先輩である原口元気選手がドイツに渡って活躍して、元気くんからも『お前の気持ちはどうなんだ。行きたいのか、行きたくないのか』とシンプルな質問をもらって、素直に行きたいと思いましたし、挑戦したい思いが強くなったので決断しました」とコメント。同じ浦和出身でドイツで活躍する先輩の後押しもあったようだ。

▽7月には明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで、ブンデスリーガ1部のドルトムントと対戦。切れ味鋭いドリブルで見せ場を作った関根は「あのような日本での戦いで、シーズン前というのもありますが、そういった自信があるから挑戦しますし、それをあっちで見せつけるために結果を残してきたいと思います」と語り、ドルトムントとの一戦での手応えも背中を押したようだ。

▽今後はメディカルチェックを受けた後、13日にはDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を観戦するとのこと。その後、本格的にチームに合流しドイツでのキャリアがスタートする。

コメント

関連ニュース

thumb

吉田が決勝PKを獲得! サウサンプトンが土壇場PK弾でホーム開幕戦を白星で飾る!!《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは19日、プレミアリーグ第2節でウェストハムとホームで対戦し、3-2で勝利した。日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 ▽12日に行われた開幕節のスウォンジー戦をゴールレスドローで終えたサウサンプトンは、その試合からワード=プラウズに代えて新戦力のレミナを起用した。一方のウェストハムは、完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメンを4人変更。リードやエジミウソン・フェルナンデスらに代えて古巣対決となるフォンテやアントニオらを起用した。 ▽試合は早い時間に動く。11分、レドモンドのスルーパスでボックス左に抜け出したガッビアディーニが左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。先手を取ったサウサンプトンは、33分に退場を誘発。最終ラインのスティーブンスが後ろからボールを奪いに来たアルナウトビッチにヒジ打ちを受けた。 ▽数的優位となったサウサンプトンは38分、レドモンドのパスをボックス内で受けたデイビスがフォンテに引き倒されPKを獲得。このPKをダディッチが決めて追加点を奪った。 ▽2点のリードを許したウェストハムだが、前半終了間際に1点を返す。45分、ボックス手前でボールを受けたアントニオが反転からミドルシュート。GKフォースターの弾いたルーズボールをエルナンデスが押し込んだ。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。サウサンプトンは65分、レミナを下げてワード=プラウズを投入。対するウェストハムは、68分にアントニオとA・アイェウに代えてD・サコとE・フェルナンデスを投入する2枚替えを敢行。 ▽すると、この交代で功を奏したのはウェストハム。74分、サイドチェンジを受けたクレスウェルが左クロスを供給すると、D・サコがヘディングシュート。GKフォースターの弾いたボールがクロスバーを叩くと、セカンドボールに反応したエルナンデスが押し込み、同点に追いついた。 ▽試合終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが後半アディショナルタイム3分に試合が動く。吉田を前線に上げ、パワープレーを敢行するサウサンプトンは、ワード=プラウズのロングパスをボックス内で競り合った吉田がサバレタに倒され、PKを獲得。このPKを途中出場のオースティンが決め、土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり3-2で試合終了。サウサンプトンがホーム開幕戦で今季初勝利を手にした。 2017.08.20 04:21 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野フル出場、原口途中出場で日本人対決実現、ヘルタが新戦力の2発で勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第1節ヘルタ・ベルリンvsシュツットガルトが19日に行われ、2-0でヘルタが勝利した。ヘルタのMF原口元気は76分からプレーし、シュットガルトのFW浅野拓磨はフル出場している。 ▽原口がベンチスタート、浅野がフラットな[4-4-2]の右サイドで起用された一戦。ヘルタが立ち上がりからボールを保持する中、シュツットガルトは浅野がスピードで牽制して応戦していく。 ▽互いにシュートに持ち込めず膠着状態が続く中、ヘルタは40分にようやくエスヴァインが枠内シュートを浴びせてGKツィーラーを脅かした。しかし、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にヘルタが均衡を破る。ボックス右に抜け出したレッキーが深い切り返しでDFを外し、左足でシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽失点を受けて前がかるシュツットガルトは53分、ボックス右に抜け出したテローデがシュート。しかし、GKヤルシュテインの正面を突いた。 ▽すると62分、ヘルタは左CKの流れからルーズとなったボールをゴールエリア左のレッキーが左足で蹴り込んで加点した。 ▽2点を追うシュツットガルトは74分、浅野にビッグチャンス。ボックス右に抜け出して思い切りよく右足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃した。 ▽ひやりとしたヘルタは76分、カルーに代えて原口を左サイドにそのまま投入。浅野との日本人対決が実現した。 ▽原口が守備に徹するヘルタはシュツットガルトをシャットアウト。白星スタートを切っている。 2017.08.20 02:31 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎の開幕2戦連発弾でレスターがホーム開幕戦で今季初白星!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは19日、プレミアリーグ第2節でブライトンをホームに迎え、2-0で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は76分までプレーし、1分に今季2ゴール目を記録した。 ▽11日に行われた開幕戦でアーセナルに3-4と敗れ、黒星スタートとなったレスターは、そのアーセナル戦と同様のスタメンを送り出した。アーセナル戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。1分、右サイドを持ち上がったマフレズがボックス右からカットインしシュート。これはGKライアンに弾かれるも、こぼれ球に素早く反応した岡崎が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制点で主導権を握ったレスターは16分、最終ラインのパスミスをカットした岡崎がボックス右深くまで持ち込みクロス。これを中央のヴァーディがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽レスターは、40分にも右サイドライン際まで持ち上がったヴァーディの折り返しからニアに走り込んだ岡崎がゴールを脅かしたが、これはゴール右に外れた。 ▽後半に入っても主導権を握るレスターは、54分にセットプレーから追加点を奪う。マフレズの右CKをファーサイドのマグワイアが頭で叩き込んだ。 ▽リードを広げたレスターは、76分に岡崎を下げてスリマニをピッチに送り出す。すると、直後のプレーでマフレズのミドルシュートが枠を捉えるも、これはGKライアンに防がれた。 ▽結局、その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、岡崎の開幕2戦連発弾などでホーム開幕戦を勝利で飾っている。 2017.08.20 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場のマインツが昇格組相手に黒星スタート…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕節のマインツvsハノーファーが19日に行われ、0-1でハノーファーが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場した。 ▽昨季15位でシーズンを終えたマインツは、GKアドラーやディアロ、マキシム、フィッシャーなど新加入選手を積極的に起用。[4-4-2]の2トップにフィッシャーと武藤が並んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に出るマインツは、6分に最初のチャンス。マキシムの右CKをファーサイドのベルが頭で合わせるも、ボールはゴール右に外れた。さらに18分、中盤でヒュブナーからボールを奪った武藤がカウンター。ドリブルでボックス左まで侵攻し、逆サイドを駆け上がったフィッシャーヘクロスを送ったが、これは守備に戻ったフェリペのスライディングブロックに阻まれた。 ▽主導権を握るマインツは23分、武藤に決定機。ボックス手前でセカンドボールをつないだラツァのパスに武藤が抜け出すも、シュートは飛び出した相手GKがブロック。32分にも、デ・ブラシスのスルーパスに抜け出した武藤に決定機が生まれるが、シュートは再び相手GKにブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先制点の遠いマインツは、66分にフィッシャーとマキシムを下げてエツナリとクアインソンを投入。すると直後の67分、デ・ブラシスのロングパスをボックス右で受けたエツナリがワントラップから右足を振り抜いたが、シュートは相手GKが正面で弾く。 ▽後半も主導権を握るマインツだったが、一瞬の隙から先制を許す。73分、中盤をドリブルで持ち上がったハルニクが左のスペースへパス。これをオーバーラップしたオストルツォレクがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだハルニクがワンタッチで流し込んだ。 ▽マインツは、後半アディショナルタイム3分にブロシンスキのロングフィードからクアイソンがハノーファーゴールに迫ったが、ゴールは奪えず。試合はそのまま0-1で終了。マインツは、昇格組を相手に開幕戦で黒星を喫した。 2017.08.20 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

プリシッチの1G1Aでドルトムントが完勝スタート、香川は86分から出場《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第1節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で完勝した。ドルトムントのMF香川真司は86分から出場している。 ▽5連覇中のバイエルンを追う筆頭の存在であるドルトムントは、1週間前に行われたDFBポカール1回戦のリーラジンゲン戦をオーバメヤンのハットトリックなどで4-0と快勝。そのドルトムントは、リーラジンゲン戦のスタメンから3選手を変更。ダフードやシュールレに代えてゲッツェやプリシッチを起用した。DFBポカールで左肩脱臼から復帰した香川はベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からプリシッチ、オーバメヤン、M・フィリップと並べる[4-3-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから押し込むと、17分に決定機。ボックス右に抜け出したプリシッチのクロスをカストロが右足ボレーで合わせたが、枠の左に外れた。 ▽それでも22分、ゲッツェのパスを受けたプリシッチがボックス右に侵入。正確なシュートをゴール左隅に流し込んだ。続く25分にはオーバメヤンの右クロスにM・フィリップが頭で合わせるもわずかに枠の左に外れる。 ▽しかし27分、セットプレーの流れからドルトムントが追加点を奪いきる。ボックス左に侵入したバルトラが意表を突いた技ありのコントロールシュートを、右サイドネットに流し込んだ。ハーフタイムにかけてもドルトムントが主導権を握り続け、2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にゲッツェが枠内シュートを浴びせたドルトムントが引き続きボールを保持すると、60分にダメ押しのゴールを奪う。プリシッチの右クロスをファーサイドのオーバメヤンがスライディングで押し込んだ。 ▽69分にFKからゴメスにネットを揺らされたものの、オフサイドで3点のリードを保ったドルトムントは、終盤にかけても余裕の試合運びを続ける。86分には1ゴール1アシストのプリシッチに代えて香川を投入したドルトムントが、完勝で白星スタートを切っている。 2017.08.20 00:28 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース