ハンブルガーSV酒井高徳、チームキャプテンを続投2017.08.10 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは9日、日本代表DF酒井高徳が2017-18シーズンもチームキャプテンを続投すると発表した。

▽酒井は、昨シーズン途中にDFヨハン・ジュルー(現・アンタルヤシュポル)からキャプテンの座を継承。ブンデスリーガ33試合1得点2アシストを記録したプレー面だけでなく、リーダーシップも発揮し、チームの1部残留に貢献した。

▽なお、副キャプテンには、DFメルギム・マブライ、DFキリアコス・パパドプーロスの2選手が就任。19日に開幕する第1節で、日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクとホームで対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

伊藤途中出場のHSVが長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに惜敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、ハンブルガーSVvsフランクフルトが12日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は67分からプレーした。また、フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地はそれぞれベンチ外となった。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を0-0で引き分け、2戦連続ゴールレスドロー中の15位HSV(勝ち点15)は、ヴォルフスブルク戦で3試合ぶりに先発した伊藤はベンチに戻り、11試合ぶりにベンチスタートで出場機会のなかった酒井高は引き続きベンチスタートとなった。 ▽対する9位フランクフルト(勝ち点22)は前節バイエルン戦を0-1と惜敗。前節共にベンチ外だった長谷部と鎌田は引き続きベンチ外となった。 ▽開始3分にアブラアムがコスティッチとの競り合いで右足首を痛め、サルセドとの交代を強いられたフランクフルトに対し、HSVが9分に先制する。右CKからレビッチに競り勝ったパパドプーロスがヘディングでねじ込んだ。 ▽それでも16分、鋭いカウンターを狙うフランクフルトが同点に追いつく。チャンドラーの右クロスを受けたボックス右のヴォルフがDFを交わして右足を強振。強烈なシュートがGKの手をすり抜けてネットを揺すった。 ▽さらに24分、勢い付くフランクフルトが逆転する。ヴォルフのパスを受けたチャンドラーの右クロスをゴール前に飛び込んだガシノビッチが右足で押し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもオープンな攻防が続いた前半はフランクフルトが1点をリードしたまま終了した。 ▽迎えた後半、攻勢に出たHSVは開始5分に決定機。FKの流れからルーズボールをゴール前のアルプがボレー。しかし、ゴール至近距離からの強烈なシュートはGKフラデツキーのビッグセーブに阻まれた。 ▽さらに54分、コスティッチのシュートをボックス内でカットしたディークメイアーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれた。 ▽その後、67分にワルドシュミットに代えて伊藤を右サイドに投入したHSVは、75分に伊藤の右サイドゴールライン際からのクロスをエクダルがヘディングで合わせるも、威力を欠いてGKにセーブされる。 ▽終盤にかけてもHSVが攻勢に出たが、GKフラデツキーがゴールを許さずフランクフルトが勝利。日本人対決が実現しなかった試合はフランクフルトに軍配が上がった。 2017.12.13 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

伊藤スタメン出場もHSVは2戦連続のゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSV(HSV)は9日、ブンデスリーガ第15節でヴォルフスブルクと対戦し、ゴールレスドローで終えた。なお、ハンブルガーSVのMF伊藤達哉は先発して60分までプレー、DF酒井高徳はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽16位と下位に沈んでいるHSV(勝ち点14)が、11位のヴォルフスブルク(勝ち点17)をホームに迎えた一戦。前節のフライブルク戦をゴールレスで終えたHSVは、[4-2-3-1]の右サイドに3節ぶりの出場となる伊藤をスタメン起用した。一方で、キャプテンの酒井はこの試合の先発メンバーから外れている。 ▽先発起用された伊藤は23分、右サイドで味方のサイドチェンジを受けると、ドリブルを開始。相手DFを一人かわしてボックス内に侵入していく。しかし、もう1人かわしてクロスを上げるか、というところでブロックされて得点には繋がらない。 ▽31分には、ワラセのスルーパスに反応したアルプがボックス内に侵攻。相手GKと一対一の場面を迎えたものの、シュートはわずかにポストの左に逸れていった。その後、お互いに大きなチャンスを作ることができずに前半が終了。試合を折り返した。 ▽後半に入っても、伊藤が積極的な仕掛けをみせた。53分、敵陣浅い位置の右サイドでボールを持つと、中央に切り込んでいく。そのまま右足のアウトにかけてボックス内にスルーパスを供給したが、味方には合わなかった。 ▽お互いに決定機を手にできないながらも試合が激しさを増してきた60分、伊藤はワルドシュミットと交代で退くことに。HSVはフレッシュな選手を投入してホームでの勝利を目指していく。 ▽69分には、ディークメイヤーがスピードに乗ったドリブルで相手DF2人をかわしてシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。結局、その後も得点が動くことはなく終了。試合は得点が生まれることなく幕を閉じた。 ▽この結果、HSVは2試合連続でゴールレスドローに。ヴォルフスブルクも、前節ボルシアMGに3-0で勝利した勢いをこの試合に持ち込むことは叶わなかった。 2017.12.10 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

HSVがMF伊藤達哉と2021年までの契約延長間近? クラブSDは年内での締結を希望

▽ハンブルガーSVがMF伊藤達哉(20)との契約を今年中に延長することを望んでいるようだ。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。 ▽柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年7月にハンブルガーSVに加入。今シーズンはU-23チームとしてレギオナルリーガ(ドイツ4部相当)で主にプレーしていたが、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦で途中出場を果たしてトップチームデビューを果たすと、続く第6節のブレーメン戦では初先発も飾った。その後もトップチームのメンバーに入り続け、ブンデスリーガでここまで7試合に出場している。 ▽伝えられるところによると、今シーズン限りで契約が満了となる伊藤には、10試合以上の出場で契約が自動延長される契約があるとのこと。それでも、ハンブルガーは2021年まで契約を延長することを望んでいるようだ。 ▽ハンブルガーのスポーツ・ディレクターを務めるイェンス・トート氏は、「我々は現在良い話し合いができている。今年中には合意に達することを望んでいる」と契約延長に向けての交渉が順調に進んでいることを明かしている。 2017.12.08 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、HSVの戦術批判に反論「気にしない。すべてのチームがバイエルンではない」

ハンブルガーSV(HSV)の主将を務める日本代表DF酒井高徳は、チームに対する批判を気に留める様子はない。ドイツ紙『ビルト』が報じた。<br><br>HSVは2日、フライブルクとの下位直接対決でスコアレスドローに終わった。開幕から14試合で14ポイント、15位に沈むチームに対しては批判が飛んでいる。バイエルンのSD(スポーツディレクター)職を務めたマティアス・ザマーがその一人だ。<br><br>ザマー氏はフライブルク戦後、「彼らはサッカーをプレーしたくないようだった」とコメント。ボールを受けることを避け、ミスを恐れているような姿勢で試合に臨んだHSVを批判している。<br><br>しかし、酒井は「外部の批判を気に留めることはないです。彼が言っていることや考えていることも気にしていません。すべてのチームがバイエルンではないですからね」と話す。<br><br>ディフェンスラインの一角を担うキリアコス・パパドプロスも「良いサッカーをするより勝ち点を取らないと」と現実的な姿勢を見せる。<br><br>いずれにしろ、1ポイントでも多く積み上げ、早く降格圏から遠ざかりたいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のHSV、フライブルクとの下位対決はドロー…伊藤はベンチ入りも出場なし《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、フライブルクvsハンブルガーSV(HSV)が1日に行われ、0-0のドローに終わった。なお、HSVのDF酒井高徳はフル出場。MF伊藤達哉はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽降格圏手前の16位フライブルク(勝ち点11)と、15位HSV(勝ち点13)による下位対決。前節、ホッフェンハイム相手に3-0の快勝を収めたHSVは今節で今季初のリーグ連勝を目指す。この試合に向けては酒井が引き続き先発に入った一方、伊藤はベンチからのスタートとなった。 ▽互いにセットプレーからゴールに迫り合うなど、オープンな入りとなった下位対決。開始10分にはペテルゼンがミドルレンジのシュートでHSVゴールを脅かすが、ここはGKの好守に遭う。 ▽一方、時間の経過と共に反撃を試みるHSVは、カウンターの形からフントやウッドらにシュートチャンスが生まれるも、こちらも決め手を欠き、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても拮抗した展開が続く中、53分には酒井がミドルシュートで相手ゴールを脅かす。逆に、その数分後には味方のスルーパスに抜け出したフライブルクのラヴェがゴールネットを揺らすが、ここはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められない。 ▽その後もこう着状態が続く中、連勝を目指すHSVはフント、ウッド、アルプら攻撃陣に代えてワラセ、ハーン、シプロックを続けて投入。得意のドリブルで局面の打開が期待される展開だったものの、最後まで伊藤に声はかからず。結局、最後まで互いに決め手をかいた一戦は、このままゴールレスドロー。敵地から勝ち点1を持ち帰ったやや消極的な采配が目立ったHSVは、今季初の連勝を逃した。 2017.12.02 06:46 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース