終盤にPK被弾のミランがベティスに惜敗…《プレシーズンマッチ》2017.08.10 06:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは9日、プレシーズンマッチでベティスと対戦し、1-2で敗戦した。

▽3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦2ndレグのクラヨーヴァ(ルーマニア)戦を2-0で勝利したミランは、守護神GKドンナルンマやモントリーボ、新加入のアンドレ・シウバ、チャノハノール、ボヌッチらを現状のベストメンバーを先発に起用した。

▽立ち上がりから一進一退の展開となる中、ミランは12分に決定機。バイタルエリア左でFKを獲得するとチャノハノールがクロスを供給。これをゴール左のアントネッリが左足でダイレクトボレーを狙うも、ミートはできず。しかし、アントネッリの足をかすめたボールをゴール前に走り込んだアンドレ・シウバが上手く合わせ、ゴールネットを揺らした。

▽先制かに思われたミランだったが、アントネッリがボールに触れたことで飛び出したアンドレ・シウバがオフサイドの判定を取られ、ゴールは取り消された。

▽ゴールレスで迎えた後半、ミランはGKドンナルンマとアントネッリに代えてGKストラーリとアバーテを投入。さらに63分には、サパタ、スソ、ロカテッリを下げてグスタボ・ゴメス、マウリ、ケシエをピッチに送り出した。

▽後半も拮抗した展開で試合が進む中、先にスコアを動かしたのはベティス。67分、ボックス右手前でボールを受けたファビアン・ルイスがカットインから左足を振り抜くと、コントロールシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽先制を許したミランだが75分、CKの際にボックス内のポジション争いでアンドレ・シウバがファウルを受け、PKを獲得。これをアンドレ・シウバが決め、同点に追いついた。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが90分にスコアが動く。ベティスはボックス左角手前でFKを獲得すると、ホアキンのプレスキックが壁に入ったチャノハノールのハンドを誘発。これで得たPKをサナブリアが決め、土壇場で勝ち腰に成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり1-2で試合終了。敗戦したミランは17日にEL予選プレーオフ1stレグでシュケンディヤ(マケドニア)と対戦する。

ミラン 1-2 ベティス
【ミラン】
アンドレ・シウバ(後30[PK])
【ベティス】
ファビアン・ルイス(後22)
サナブリア(後45[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン入閣が濃厚のレオナルド氏、ユーベGMと接触…イグアイン移籍を巡り議論?

ミランへの入閣が囁かれている元ブラジル代表レオナルド氏が、FWゴンサロ・イグアイン獲得を目指し、ユベントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)と連絡を取った。イタリア『スカイスポーツ』が22日、報じている。<br><br>ミランでは、昨年4月から中国人投資家リー・ヨンホン氏の下、チャイナマネーによるクラブ再建がスタートしたが、出資を受けていたアメリカのエリオット・ファンドに負債を返済できず、エリオットにミランの保有権が移っていた。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じているように、前体制からスポーツディレクター(SD)を務めていたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏の解任が濃厚となっており、後任としてミランでプレー経験もあるレオナルド氏がテクニカル部門の責任者となる可能性が高い。この場合、イグアインのミラン移籍が近づくとみられる。<br><br>レオナルド氏はパリ・サンジェルマン時代にも、レアル・マドリーに所属していたイグアインの獲得を目指していた。当時は失敗に終わったが、FWクリスティアーノ・ロナウドを補強したばかりのユベントスでは、現在、余剰戦力になっており、イグアイン本人も移籍に同意したと伝えられている。<br><br>このため22日、レオナルド氏とマロッタGMの間で電話による話し合いの場がもたれ、イグアインの移籍について議論されたようだ。なおユーベは6000万ユーロ(約78億円)を要求しており、移籍金は高額だが、エリオットの資金力に加え、FWニコラ・カリニッチやFWアンドレ・シウヴァを放出すれば実現不可能ではないと分析される。今夏の移籍市場の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:52 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ミラン加入もチェルシー移籍報道にレイナ「サッリに愛着あるが可能性に過ぎない」

ミランのGKペペ・レイナことホセ・マヌエル・レイナは22日、話題に上がっているチェルシー移籍についてコメントを残した。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>レイナは2017-18シーズン限りで3年間所属した古巣のナポリを退団し、ミランにフリーで加入した。しかし、ナポリの恩師であるマウリツィオ・サッリがチェルシー指揮官に就任したことで、チェルシー移籍の可能性が取りざたされている。ロシア・ワールドカップで活躍したベルギー代表GKティボー・クルトワが退団した場合に備え、サッリの&ldquo;愛弟子&rdquo;であるレイナが獲得候補になっている。<br><br>インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が行われる米国へ向けて出発する際、レイナはミラノのリナーテ空港で取材に応じ、コメントを残している。<br><br>「(チェルシー移籍は)可能性に過ぎない。僕はこの数日間、このチームに適応し、楽しむことだけを考えたい。サッリ? 僕に多くを与えてくれた監督であり、愛着を感じている。彼の幸運を祈っている」<br><br>ミランには、19歳の守護神GKジャンルイジ・ドンナルンマと、兄のGKアントニオ・ドンナルンマが所属しており、2人とポジション争いをすることになる。<br><br>「2人とは以前から良い関係を築けているし、面白いシーズンになるだろう。僕らは非常に重要なクラブに所属していて、3人ともトップのGKであると感じている。3人とも最善を尽くし、決断は監督に託される。新シーズンへ向けてモチベーションは高い。とても幸せだ。チームの成長に自分も貢献したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

冷遇受けたモントリーボ、事実上の戦力外か

▽ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(33)の移籍が決定的な様相だ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ミランは21日、プレシーズンのアメリカ遠征メンバーを発表。しかし、その名簿の中にモントリーボの名前はなかった。どうやらジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は直接本人に伝えず、チームマネージャーを通して伝達したという。 ▽伝えられるところによれば、ガットゥーゾ監督やクラブ首脳陣は、契約をあと1年残しているモントリーボの今夏退団に容認姿勢であり、そういった背景がやや冷ややかな行動に繋がったとみられる。 ▽モントリーボは2012年夏、フォオレンティーナからミランに加入。2013年から主将を引き受けるなど人望の厚い選手として知られるが、故障癖も散見され、欠場を強いられる試合も少なくなかった。 2018.07.23 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰間近のレオナルド氏、最初の仕事はイグアインの獲得か!?

▽ミランが、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)の獲得に興味を示しているようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽『エリオット・マネジメント』が経営権を獲得したミランは、首脳陣にも新しい風を送りこむために、かつて鹿島アントラーズでもプレーしていた元ブラジル代表のレオナルド氏をテクニカルディレクターとして招へいする予定となっている。 ▽そんな中『スカイスポーツ・イタリア』によれば、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOからテクニカルディレクター就任のお祝いを電話で受けたレオナルド氏は、その際にイグアインについていくつか質問をしたようだ。 ▽現時点でミランは正式なオファーは提出していないが、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチやポルトガル代表FWアンドレ・シウバなどの人員整理が終わり次第、正式オファーに乗り出す可能性もある。 2018.07.23 05:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&代理人がミラン移籍報道を徹底否定

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の代理人が、ミラン移籍の噂を断固否定した。スペイン『アス』が報じている。 ▽イタリア『スカイ』が先日に伝えたところでは、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行ったという。具体的な契約内容まで約束され、ミラン側が1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意するまでに至ったとされていた。 ▽上記の内容は、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏からの情報を基にしたものだ。高い信憑性を誇ることで知られる同氏だが、今回ばかりは当てを外したかもしれない。ベンゼマの代理人であるカリム・ジャジリ氏が、自身のツイッターアカウント(@KDjaziri)を通じて以下のように否定した。 「ディ・マルツィオはピエロだ。自分の名声を高めるための戯言だし、本当に笑わせてくれる」 ▽また、ベンゼマ本人も自身のインスタグラム(karimbenzema)を更新し、激しく否定している。 「ディ・マルツィオ、君は新しい仕事を探す必要があるみたいだ。#嘘つき」 ▽なお、現在では両投稿ともに削除済みだ。『アス』は、これらのベンゼマに関する噂はマドリーのフレン・ロペテギ監督が最終的な決断を下すまで続くだろう、伝えている。 2018.07.22 13:55 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース