ワトフォード、クラブ史上最高額でバーンリーからFWアンドレ・グレイを獲得!2017.08.10 03:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは9日、バーンリーからイングランド人FWアンドレ・グレイ(26)クラブ史上最高額の移籍金で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。

▽なお、移籍金の詳細は明かされていないがイギリス『BBC』によると、1850万ポンド(約26億5000万円)とのことだ。

▽A・グレイはイングランド3部に属するシュルーズベリー・タウンの下部組織出身。2009年に同クラブでトップチームデビューを飾ると、その後はイングランドの各カテゴリーを渡り歩き、2015年の夏に900万ポンド(約13億円)でバーンリーへ加入。

▽バーンリーでは加入初年度からエースFWとして活躍すると、クラブは43年ぶりのチャンピオンシップ制覇を達成。自身も得点王とチャンピオンシップ 年間最優秀選手賞を獲得した。プレミアリーグ復帰を果たした昨季は、リーグ戦32試合に出場し9ゴール3アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ロンドン勢関心のリシャルリソン「僕はワトフォードのことだけを考えている」

▽ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソン(20)が、自身の移籍の可能性を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏ブラジルのフルミネンセから加入したリシャルリソン。主戦場を左ウイングとするブラジル人FWは、プレミア初挑戦ながらここまでリーグ戦27試合に出場し5ゴール5アシストを挙げる活躍を見せている。 ▽ロシア・ワールドカップに向けてもセレソン入りが期待されている注目のヤングスターには、アーセナルやチェルシー、トッテナムといったロンドンのビッグクラブが興味。しかし、リシャルリソンは「移籍のことは頭にない」として、この噂を一蹴している。 「今、僕は完全にワトフォードのことしか頭にない。他のことは考えていないよ。僕はチームがより上の順位に行けるようサポートすることだけを考えている。これが僕の目標でそれだけに集中している」 2018.02.16 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

元ワトフォードのマルコ・シウバ、チェルシー暫定指揮?

▽元ワトフォードのマルコ・シウバ氏(40)が、今シーズン終了までチェルシーを指揮する可能性が浮上している。イギリス『メトロ』が『タイムズ』のレポートをもとに伝えた。 ▽アントニオ・コンテ監督の解任が迫っているチェルシー。次節WBA戦で敗れれば即刻クビになるだろうと伝えられる中、報道によれば、同クラブは今季終了まで、マルコ・シウバ氏を指揮官に据える計画を準備しているという。 ▽2011年に母国エストリルで監督業を始めたマルコ・シウバ氏。昨年1月、シーズン途中で最下位に沈んでいたハル・シティの監督に就任すると、一時は残留圏内の17位に浮上させた。結局、クラブは2部に降格してしまったが、その手腕が評価され、今季からワトフォードを指揮。開幕からスタードダッシュを決めたチームは、第8節を終えた時点で4勝3分2敗で4位に位置。開幕でリバプールとの3-3の打ち合いを演じ、最8節ではアーセナルを破るなど勢いに乗っていたが、それ以降白星が遠く同監督は1月21日にワトフォードを解任された。 ▽チェルシーは新指揮官の第一候補として、元バルセロナ監督のルイス・エンリケ氏をリストアップ。しかし、今季中の引き抜きは難しいと判断したため、暫定的にマルコ・シウバ氏に白羽の矢が立ったようだ。 2018.02.12 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーファンに中指を立てたディーニーはお咎めなし

▽ゴール後に中指を立てるパフォーマンスを見せていたワトフォードのFWトロイ・ディーニーだが、どうやら処分は下されないようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ディーニーは、5日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に出場。先制点となるPKを決めた後、チェルシーファンに向けて中指を立てるパフォーマンスを行っていた。 ▽しかし、試合中にマイク・ディーン主審はディーニーにカードを提示することはなく、イングランドサッカー協会(FA)も3名の元審判員による委員会で調査したものの、処分を下さないことを決定した。 ▽ディーニーは、このパフォーマンスに対して「移籍の噂に対する反応だった」とコメントしていたが、そのことが汲み取られたのだろうか。FAは、イングランド代表の試合中に中指を立てたトッテナムMFデレ・アリに対し、3800ポンド(約58万円)の罰金と1試合の出場停止処分を下していた。しかし、デレ・アリはチームメイトであるマンチェスター・シティDFカイル・ウォーカーに対するものだったと主張していた。 ▽今シーズンのディーニーは、既に危険な行為で2度の退場処分を受けている。昨年10月にはストーク・シティ戦でMFジョー・アレンに対して暴力行為を働いたとして3試合の出場停止、同12月にはハダースフィールド戦でレッドカードを受けて4試合の出場停止処分を下されていた。 2018.02.08 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンが明かすチェルシー戦涙の理由とは?

▽ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソンが、チェルシー戦で涙を流した理由を明かした。イギリス『デイリー・メール』が『ESPN』をもとに伝えている。 ▽5日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に先発出場したリシャルリソン。65分にロベルト・ペレイラと交代でピッチを後にした同選手は、ベンチで涙を流す姿がカメラに捉えられていた。 ▽試合後、その涙の理由についてリシャルリソンは「僕はもっとチームを助けたかった。だから泣いていたんだ。でも、代わってピッチに入った仲間はとても上手くやってくれた。だからすべてオーケーさ」と語っている。 ▽試合は、トロイ・ディーニーのPK弾で先制したワトフォードが、チェルシーのエデン・アザールに同点に追いつかれるものの、終盤に3得点を奪い、結局大量4得点で勝利。今季8勝目を手にしている。 2018.02.07 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ、ワトフォードに移籍した理由を明かす「ベンチにいるのが好きじゃない」

ワトフォードFWジェラール・デウロフェウが、今冬移籍を決断した理由を明かしている。<br><br>バルセロナは昨夏、1200万ユーロ(約16億円)を支払ってデウロフェウを買い戻した。だがデウロフェウはエルネスト・バルベルデ監督の下で出場機会を確保できず、半年レンタルでのワトフォード移籍を決めた。<br><br>デウロフェウは『デイリー・エクスプレス』で以下のように語っている。<br><br>「僕はベンチにいるのが好きな選手ではない」<br><br>「ネイマールがいると知りながら、僕はバルサ復帰を決めた。ネイマールが退団したら、次は(ウスマーヌ・)デンベレと(フィリペ・)コウチーニョがやって来た。ワトフォードに来て、試合に出て自信を得るのが解決策だと思った」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.07 12:17 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース