フィオレンティーナがニースからMFエイセリックを獲得!2017.08.10 02:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フィオレンティーナは9日、ニースからフランス人MFヴァランタン・エイセリック(25)を獲得した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となる。

▽なお、移籍金の詳細は明かされていないが『スカイ・スポーツ・イタリア』の伝えるところによれば、移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)ほどになるという。

▽モナコの下部組織で育ったエイセリックは、当時2部に所属していた同クラブでトップチームデビュー。その後、2012-13シーズンにレンタルで加入したニースで頭角を現すと、2013年1月にニースへ完全移籍。

▽ニースでは、在籍5年で公式戦136試合に出場し18ゴール18アシストをマーク。昨季も主力としてリーグ・アン29試合に出場し4ゴール7アシストを記録。クラブのCL出場権獲得に貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

決め手欠いたナポリ、フィオレンティーナにドローで首位奪還ならず《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第16節でフィオレンティーナをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を0-1と惜敗し、リーグ戦今季初黒星を喫して首位から陥落した2位ナポリ(勝ち点38)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのフェイエノールト戦を1-2と敗れ、グループステージ敗退に終わった。そのナポリはフェイエノールト戦のスタメンから2選手を変更。A・ディアワラとマッジョに代えてジョルジーニョとマリオ・ルイを起用した。 ▽7位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、勝利すれば首位奪還となるナポリは、立ち上がりから攻勢に出ていく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、11分にピンチ。 ▽ディフェンスライン裏を取ったシメオネにネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。ここからフィオレンティーナに盛り返され、一進一退の攻防に持ち込まれる。 ▽インシーニェを欠く影響もあって思うように攻撃を仕掛けられないナポリは、40分にもピンチ。ディフェンスライン裏を取ってボックス右深くまでえぐったシメオネにシュートに持ち込まれる。しかし、ここはGKレイナが阻んだ。続く41分にもシメオネのヘディングシュートがGKレイナを強襲したナポリは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ジエリンスキがボックス左から決定的なシュートを浴びせたナポリが攻勢を強めると、55分にはメルテンスのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のジエリンスキが左足を振り抜く。しかし、GKスポルティエッロにセーブされ、シュートは左ポストを直撃した。 ▽さらに58分、ハムシクのミドルシュートでゴールに迫ったナポリが圧力をかけ続けると、71分に決定機。アランのスルーパスをボックス右で受けたメルテンスがシュート。しかし、GKスポルティエッロのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽ゴールが遠いナポリはジエリンスキとアランに代えてウナスとログを投入していく。だが、最後までゴールを割れずに0-0のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、首位奪還のチャンスを逃している。 2017.12.11 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

代理人パストレッロがロッシのジェノア移籍を示唆「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチーム」

▽元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシの代理人を務めるアンドレア・パストレッロ氏は、同選手が3週間から1カ月の間にジェノアへ加入する可能性が高いことを明かした。イタリア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。 ▽ビジャレアルで活躍したストライカーのロッシは、2016年夏にフィオレンティーナからセルタへレンタル移籍。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで18試合に出場して4ゴールを決めていたが、4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂して自身4度目の長期離脱を強いられていた。 ▽『Tuttomercatoweb.com』によると、昨シーズン限りで所属元であったフィオレンティーナとの契約が終了し、現在フリーの状態が続くロッシには、セリエAで17位に低迷するジェノアが獲得を検討している模様。ロッシの代理人を務めるパストレッロ氏も、ロッシがセリエA復帰に向け前向きな姿勢を見せていることを明かした。 「さまざまなオファーを検討したが、ジェノアは理想的なチームだ。ロッシもセリエAでもう一度プレーしたいと思っており、復帰に向けすごく意気込んでいるよ」 「ロッシにはイタリアからだけでなく、スペインや様々な欧州諸国からオファーがあった。特にジェノアは有名なクラブだし、復帰クラブとしては最高の環境だと思っている」 「いまのジェノアは17位と低迷しているが、ロッシが加入すれば復調への兆しとなるだろう。契約期間は今シーズン終了までで、1年の延長オプションが付く予定だ」 「これから彼はチームトレーニングに参加し、さらにコンディションをあげる必要がある。3週間から1カ月後には、彼のベストパフォーマンスが見られるだろう」 2017.11.30 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、追加タイムのVARによるPK被弾でフィオレンティーナとドロー《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第14節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節ローマとのダービーを1-2と完敗した5位ラツィオ(勝ち点28/未消化1試合)が、9位フィオレンティーナ(勝ち点17)をホームに迎えた一戦。 ▽ラツィオがボールを保持する入りとなった中、21分にラツィオはルイス・アルベルトのミドルシュートでゴールに迫る。すると25分、ラツィオが先制する。左サイド低い位置からのルイス・アルベルトのFKをデ・フライがヘディングで流し込んだ。 ▽その後もラツィオが攻勢に出ると、26分にパローロがヘディングシュート、40分にルイス・アルベルトがミドルシュートを浴びせ、主導権を握ったまま前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半、自陣に引いて構えるラツィオがフィオレンティーナにポゼッションを譲って試合を進めると、70分に追加点のチャンス。インモービレが左サイドから切れ込んでシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽終盤にかけても危なげなく試合を進めたラツィオは、86分のパローロのヘディングシュートはGKスポルティエッロのファインセーブに阻まれると、追加タイム1分のペッゼッラのバイシクルシュートはGKストラコシャがファインセーブで阻止。 ▽このまま逃げ切るかと思われたラツィオだったが、90分にカイセドが自陣ボックス内でペッゼッラを倒していたとしてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKが与えられ、これをババカルに決められた。終了間際のPK被弾によってラツィオは勝ち点2を獲り逃がしている。 2017.11.27 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェルソンのローマ初ゴールを含む2Gなどで4得点のローマが敵地でヴィオラを破る《セリエA》

▽セリエA第12節、フィオレンティーナvsローマが5日に行われ、4-2でローマが勝利した。 ▽ここまで5勝5敗1分けと、上位陣に若干遅れを取っている7位のフィオレンティーナ(勝ち点16)は、前節リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫したクロトーネ戦から、先発をローリーニとエイセリックをガスパールとジル・ディアスに変更した布陣で挑む。 ▽対するローマ(勝ち点24)は、消化試合が1試合少ないながらも、8勝2敗で5位に位置。現在公式戦4連勝中と好調で、チャンピオンズリーグ第4節では3-0でチェルシーを粉砕。その試合からファン・ジェズス、ストロートマン、デ・ロッシ、ペロッティを代えて、ペッレグリーニ、ゴナロン、フロレンツィ、ジェルソンを先発に起用した。 ▽試合開始早々、ローマがこの試合でも好調ぶりを見せた。5分、敵陣でボールを奪ったナインゴランがボックス手前のエル・シャーラウィに繋ぐ。エル・シャーラウィはそこから、ボックス右に入り込んだジェルソンにパスを送ると、ジェルソンがローマ移籍後初ゴールを決め幸先良く先制した。 ▽しかし、ホームチームもすぐに反撃に出る。9分、オフサイドラインギリギリで右サイドを抜け出したジル・ディアスがボックス右に侵攻。意図も簡単にコラロフをかわし、そのラストパスを受けたヴェレトゥが冷静に押し込み同点とした。 ▽中盤でのポゼッション争いが激しくなる中、ローマはエル・シャーラウィがゴールに迫るが、アストーリにブロックされゴールに至らない。フィオレンティーナは右ウイングに入ったジル・ディアスが積極的な攻めで、ヴィオラの攻撃をけん引する。 ▽一進一退の攻防が続く中、ローマが再びリードを得る。30分、先制点と同じような形から、今度はゴナロンのパスを受けたジェルソンがボックス右からGKのタイミングをずらしたシュートでネットを揺らした。だがその9分後に、左サイドのビラギのクロスをシメオネが頭で合わせ、フィオレンティーナも食らいつく。 ▽2-2で迎えた後半、この試合で常に先行してきたローマが三度リードを得る。50分、コラロフの右CKに、ゼコが触れてわずかにコースが変わると、そのボールがマノラスに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽その後のゲームはややテンポダウンした展開が続いたが、ローマが87分にストロートマンのクロスからペロッティが試合を決定付ける4点目を記録。途中出場の2人が監督の期待に応える活躍を見せた。 ▽シーソーゲームとなった激しい試合はここで終了。フィオレンティーナを敵地で4-2と破ったローマがリーグ戦9勝目を挙げ、公式戦5連勝を飾った。 2017.11.06 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

かつてミランやヴィオラでプレーしたイタリア人MFサルヴァトーリ氏が49歳で逝去

▽かつてミランやフィオレンティーナでプレーしたイタリア人MFステファノ・サルヴァトーリ氏が、10月31日にガンとの闘病の末に49歳の若さでこの世を旅立った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽1967年12月29日にローマで生まれたサルヴァトーリ氏は、ミランの下部組織に在籍。だが、アリーゴ・サッキ氏が率いる黄金時代のミランのトップチームではなかなか出場機会に恵まれず、パルマやフィオレンティーナへの武者修行を経験した。 ▽その後、1989年にミランに復帰したサルヴァトーリ氏は、バルセロナとのUEFAスーパーカップに出場し、同タイトル獲得に貢献するなど、わずかながら出場機会を与えられたが、1990年には出場機会を求めてフィオレンティーナに完全移籍した。 ▽以降はSPALやアタランタといった国内クラブを渡り歩き、1996年から1999年まではスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)で国外でのプレーも経験。そして、2001年にイタリア下部のレニャーノで現役を引退した。 ▽また、守備的MFとセンターバックを主戦場としていた同氏は、イタリアフル代表でのプレー経験はないものの、アッズリーニ(U-21代表)の主力としてプレーしていた。 2017.11.02 00:14 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース