シュツットガルト、シャルケ退団のアオゴを獲得!2017.08.10 01:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは9日、シャルケを退団していた元ドイツ代表DFデニス・アオゴ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2019年6月30日までの2年間で、背番号は3を着用する。

▽フライブルクの下部組織出身のアオゴは、2005年1月にトップチームに昇格。2008年7月にハンブルガーSVへと完全移籍すると、2013年8月にシャルケへレンタルされると、翌シーズンからシャルケでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。アオゴはブンデスリーガ通算213試合に出場し3ゴール21アシストを記録していた。

▽また、世代別のドイツ代表でもプレーし、2010年5月にA代表デビュー。これまで12試合に出場している。

▽アオゴは今回の移籍について、クラブの公式サイトで次のように語った。

「シュツットガルトへ加入できて嬉しく思っている。シュツットガルトからオファーを受けた時、僕は長く悩むことはなかったね。僕はこれまでのキャリアで何度かシュツットガルトと対戦したことがあるけど、いつも素晴らしい雰囲気を感じていたんだ。それもシュツットガルトへの移籍を決めた理由の一つだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ベンチ外が続く浅野拓磨、地元紙が特集記事でその状況を分析…現在地は“待避線”との表現も

日本代表FW浅野拓磨はシュツットガルトで苦境に置かれているようだ。地元紙『ワイブリンガー・クライスツァイトゥング』がその状況について、特集記事を組んでいる。<br><br>昨シーズン、アーセナルから当時ブンデスリーガ2部に所属していたシュツットガルトに送り出された浅野だが、今年に入ってから出番はなく、直近の2試合ではベンチにも含まれず。ハネス・ヴォルフ前監督の下では今シーズン前半戦は途中出場が多く、後半戦ではベンチもしくはスタンドに置かれている。<br><br>『ワイブリンガー・クライスツァイトゥング』では、「2部ではスピードに乗ったドリブルは効果的な武器(26試合出場、4ゴール4アシスト)だった彼は、1部において1対1でほとんど突破できなかった」と分析した。さらにタイフン・コルクト新監督の下で臨んだヴォルフスブルク戦とボルシアMG戦ではメンバー入りを果たせず、「状況が好転する要素が見られない」とも記されている。<br><br>同紙によると、日本代表の一員としてロシア・ワールドカップへの出場を目指す浅野は出場機会を求めて冬に移籍を検討するも、実現しなかったことからシュツットガルトで代表に向けてアピールを試みることになったという。しかしながら、後半戦開始とともに内転筋の問題に泣かされ、それを乗り越えてからは「トリッキーなウインガーの役割はほかのプレーヤー、例えばエリック・トミー、アナスタシオス・ドニス、チャドラク・アコロらが務めている」と居場所を失っているとも指摘された。<br><br>同紙では、現在地が&ldquo;待避線&rdquo;と表現されるシュツットガルトの背番号11。13日には練習が行われないが、14日から開始の次節アウグスブルク戦に向けたトレーニングで、「浅野はスクワッドに戻る次のチャンスを迎えることになる」と正念場に直面していることが伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.13 23:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフ解任のシュツットガルトが新監督にコルクト氏を招へい! ハノーファー時代には清武&酒井宏を指導

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは29日、新指揮官にタイフン・コルクト氏(49)が就任することを発表した。契約は2019年6月30日までとなる。 ▽現役時代にフェネルバフチェやソシエダで活躍したトルコ代表MFのコルクト氏は、その後シュツットガルトやホッフェンハイムのユースチームの監督を経て、ハノーファーやカイザースラウテルンでトップチームの監督を歴任。ハノーファー時代には日本代表のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)、DF酒井宏樹(現マルセイユ)を指導。 ▽昨季はシーズン途中から成績不振で解任されたロジャー・シュミット前監督(49)の後任としてシーズン終了までレバークーゼンの暫定指揮官に就任したが、公式戦12試合でわずか2勝とチームを立て直すことはできず、シーズン終了後に退任していた。 ▽昨季40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝で昇格したシュツットガルトは、28日にハネス・ヴォルフ監督の解任を発表。ブンデスリーガ第20節終了時点で6勝2分け12敗の14位と残留圏争いに巻き込まれる中、直近のリーグ戦では7試合で6敗を喫していた。 2018.01.30 02:26 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野所属のシュツットガルトがハネス・ヴォルフ監督の解任を発表

▽日本代表FW浅野拓磨の所属するシュツットガルトは28日、ハネス・ヴォルフ監督の解任を発表した。2月3日に行われるブンデスリーガ第21節のヴォルフスブルク戦に間に合わせるため、今後数日以内に後任を決める予定であることも伝えている。 ▽ヴォルフ監督は、2016年9月に退任したヨス・ルフカイ前監督の後任としてブンデスリーガ2部当時のシュツットガルトの指揮官に就任。9位に低迷していたチームの立て直しに尽力すると、2度のリーグ戦5連勝を達成。チームを40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝に導いた。 ▽しかし、昨年夏に新契約を結んで臨んだ、昇格年となった今シーズンは序盤から苦しい戦いを強いられ、直近の公式戦8試合で7敗。解任の前日となった1月27日には、ブンデス第20節シャルケ戦を0-2で落として連敗に突入し、第20節終了時点で15位に沈んでいた。 2018.01.28 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケが浅野ベンチ外のシュツットガルトに勝利で暫定2位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第20節、シュツットガルトvsシャルケが27日に行われ、0-2でシャルケが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 ▽前節マインツとの残留争いを2-3と競り負けた14位シュツットガルト(勝ち点20)は、ポルティモネンセへの移籍が噂される浅野がベンチ外となった。 ▽前節ハノーファー戦を終盤の被弾で追いつかれた3位シャルケ(勝ち点31)は、ブルクシュタラーや前節移籍後初ゴールを決めたピアツァに代えてディ・サントやコノプリャンカを起用し、アリらと3トップを形成した。 ▽そのシャルケが仕掛ける展開で立ち上がると、14分に先制した。右サイド低い位置からのカリジウリのFKにナウドがヘディングシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽さらに18分、ボックス内のゴレツカがベックに顔面を蹴られ、PKを獲得。これをアリが決めてリードを広げた。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握ったシャルケがシュツットガルトに付け入る隙を見せずに前半を2点リードしたまま終えた。 ▽後半からギンチェクを投入してゴメスとの2トップを形成してきたシュツットガルトは51分、ドニスのドリブルシュートでようやくゴールに迫ると、59分にはCKからブルニッチがヘディングシュートでシャルケを脅かした。 ▽勢い付くシュツットガルトに対し、シャルケは64分に勝負を決定付けられるチャンスを迎えるも、カウンターからアリのプレゼントパスを受けたコプリャンカは無人のゴールに流し込むだけのシュートを外してしまった。 ▽助かったシュツットガルトは76分、左サイドからのクロスを受けたボックス中央のゴメスがシュート。決定的だったが、GKフェールマンのセーブに阻まれてしまった。 ▽2点のリードを保つシャルケは80分にCKからナウドのヘディングシュートで3点目に近づくも、GKツィーラーのファインセーブに阻止されてしまう。それでも2-0で試合を終わらせたシャルケが勝利。暫定2位に浮上している。 2018.01.28 04:01 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨はやはりポルトガルへ? 中島翔哉の退団が報じられるポルティモネンセ入りが迫っていると報道

▽シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨が、ポルトガルのクラブへと移籍すrかもしれない。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽浅野は、2016-17シーズンにサンフレッチェ広島からアーセナルへと完全移籍を果たすも、ビザの関係などもあり当時ブンデスリーガ2部のシュツットガルトへとレンタル移籍。チームの昇格に貢献すると、今シーズンもシュツットガルトに残りプレーしていた。 ▽今シーズンのブンデスリーガでは、ここまで15試合に出場し1ゴールを記録。しかし、先発は7試合とポジションを勝ち取ったとは言えない状況だ。 ▽さらに、シュツットガルトは今冬に元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスを獲得。今後の出場機会もあまり得られない状況が続くと見込まれている。 ▽そんな浅野の獲得を目指しているのは、MF中島翔哉が所属するポルティモネンセのようだ。その中島も、今シーズンの活躍がスカウトの目に止まり、ポルトやベンフィカなどポルトガル国内の強豪クラブや、その他の欧州クラブも熱視線を送っている。中島が今冬に移籍する可能性もあり、ポルティモネンセは後釜として浅野をターゲットにするようだ。 2018.01.25 21:20 Thu
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース