シュツットガルト、シャルケ退団のアオゴを獲得!2017.08.10 01:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは9日、シャルケを退団していた元ドイツ代表DFデニス・アオゴ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2019年6月30日までの2年間で、背番号は3を着用する。

▽フライブルクの下部組織出身のアオゴは、2005年1月にトップチームに昇格。2008年7月にハンブルガーSVへと完全移籍すると、2013年8月にシャルケへレンタルされると、翌シーズンからシャルケでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。アオゴはブンデスリーガ通算213試合に出場し3ゴール21アシストを記録していた。

▽また、世代別のドイツ代表でもプレーし、2010年5月にA代表デビュー。これまで12試合に出場している。

▽アオゴは今回の移籍について、クラブの公式サイトで次のように語った。

「シュツットガルトへ加入できて嬉しく思っている。シュツットガルトからオファーを受けた時、僕は長く悩むことはなかったね。僕はこれまでのキャリアで何度かシュツットガルトと対戦したことがあるけど、いつも素晴らしい雰囲気を感じていたんだ。それもシュツットガルトへの移籍を決めた理由の一つだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

浅野途中出場のシュツットガルトが今季ホーム初黒星で3戦未勝利…リーグ10戦無敗のレバークーゼンが暫定4位浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、シュツットガルトvsレバークーゼンが8日に行われ、アウェイのレバークーゼンが2-0で勝利した。なお、シュツットガルトのFW浅野拓磨は85分から途中出場した。 ▽13位のシュツットガルト(勝ち点17)と、9位のレバークーゼン(勝ち点21)による中位対決。ハノーファー、ブレーメンとのアウェイ連戦を1勝1分けで終えたシュツットガルトは、今季5勝1分けと圧倒的な強さを誇るホームに戻り、レバークーゼン相手に3試合ぶりの勝利を目指した。直近のブレーメン戦からは3人のメンバー変更を行ったものの、浅野は3試合連続のベンチスタートとなった。 ▽互いに今季スロースタートの両チームは、なかなか決定的な場面を作り出せない。それでも、リーグ戦9戦無敗を継続する好調のアウェイチームがファーストチャンスをゴールに結びつける。20分、相手陣内の左サイド深くでスローインを得ると、ブラントとのパス交換でボックス左ライン際に抜け出したベイリーがマイナスの折り返し。ややボールウォッチャーとなったDFの前に走り込んできたハフェルツがこれをワンタッチで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールを記録した。 ▽得意のホームでビハインドを負ったシュツットガルトは、すぐさま反撃を開始。30分には右サイドを突破したドニスがボックス付近まで持ち込んでシュートを狙うが、ここは相手DFのブロックに阻まれる。すると、その後は前線のテローデになかなかボールが収まらず、攻撃に厚みを加えられず、前半終了の笛を聞くまで思うようにチャンスを作り出せなかった。 ▽迎えた後半、1点リードのレバークーゼンはアクシデントか、最終ラインのレトソスに代わってハーフタイム明けにバウムガルトリンガーを投入。この交代でラース・ベンダーが最終ラインに下がり、双子の弟スヴェン・ベンダー、ターと共に3バックを形成する。 ▽一方、後半に入って攻勢を強めるホームチームは52分、CKの二次攻撃からボックス手前中央のインスーアが左足で抑えの利いたミドルシュートを放つ。密集をすり抜けたシュートがゴール左上隅を捉えるが、これをGKレノが圧巻のワンハンドセーブではじき出し、後半最初の絶好機を逃す。続く56分にはボックス左に抜け出したエズカンに決定機も、これもレノのビッグセーブに遭う。さらに60分には鋭いロングカウンターから中央を突破したドニスがミドルシュートを狙うが、三度レバークーゼンの守護神に防がれた。 ▽後半に入って防戦一方のレバークーゼンは61分、メーメディを下げてヘンリクスを投入。この交代でシステムを[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に変更。この交代直後のセットプレーの流れからインスーアに決定機を許すが、頼れる守護神がチームを救う。逆に、65分には自分たちのセットプレーの二次攻撃から右に流れたターのクロスにラース・ベンダーが飛び込むが、このヘディングシュートはわずかに枠の左に外れる。 ▽相手守護神の再三に渡る好守によって早い時間帯に同点ゴールを奪えなかったシュツットガルトは、アコロ、マンガラと交代カードを切っていくが、守備の立て直しを図ったレバークーゼンを相手に攻め切れない状況が続く。さらに72分には相手のカウンターからヘンリクスに決定的なシュートを放たれるが、ここはこの試合でブンデスリーガ200試合出場を達成したGKツィーラーが何とか触りボールは右ポストの外側を叩く。 ▽後半半ばを過ぎてより緊迫感のある状況が続く中、判定を巡って激昂したレバークーゼンのヘルリッヒ監督がピッチ内にドリンクボトルを投げ捨てたことで、退席処分となる。だが、指揮官の退席で闘争心に火が付いたアウェイチームは80分、左CKの場面でベイリーの左足アウトスウィングのクロスをキャプテンのラース・ベンダーが頭で右隅に流し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽何とか追いつきたいシュツットガルトは85分、最後の交代カードとして浅野をピッチに送り出す。だが、完全に逃げ切り態勢に入ったレバークーゼンを前に決定機を作り出せず、試合はこのままタイムアップ。今季7戦目にしてホーム初黒星を喫したシュツットガルトは3戦未勝利。一方、敵地で快勝のレバークーゼンはリーグ10戦負けなしで暫定4位に浮上した。 2017.12.09 06:31 Sat
twitterfacebook
thumb

浅野先発もシュツットガルト、苦手アウェイでブレーメンに敗戦《ブンデスリーガ》

▽シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第14節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。シュツットガルトのFW浅野拓磨は57分までプレーしている。 ▽12位シュツットガルト(勝ち点17)が17位ブレーメン(勝ち点8)のホームに乗り込んだ一戦。前節ハノーファー戦でブンデス一部初ゴールを決めた浅野が[3-4-3]の最前線で先発となった試合は、2分にその浅野がヘディングシュートでオンターゲットを記録する。 ▽その後は一進一退の攻防となり、主導権を争いが続く。互いに決定打が出ないまま時間が経過していった中、29分に浅野に決定機。相手GKパブレンカのミスパスをカットしてゴール前へ突進。しかし、DFに寄せられシュートは枠の右に外れていった。 ▽ハーフタイムにかけてもこう着した展開が続いていたが、シュツットガルトは45分に失点する。クイックリスタートを受けたボックス左のクルーゼにシュートを流し込まれた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ブレーメンにペースを握られる展開が続くと、52分にバルテルスにネットを揺らされる。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってオフサイドと判定され、ノーゴールに覆った。 ▽助かったシュツットガルトは、57分に浅野に代えてドリスを投入。その後もテロッデやアコロとアタッカーを投入していったが、ブレーメンの守備網を攻略するには至らず0-1のまま敗戦。シュツットガルトは苦手のアウェイで7敗目を喫している。 2017.12.03 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス1部初得点の浅野拓磨がマン・オブ・ザ・マッチに!「多くの攻撃的プレーに関与」

シュトゥットガルトFW浅野拓磨は24日、ハノーファー相手にブンデスリーガ1部初ゴールをマーク。ドイツ誌『キッカー』ではこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。<br><br>ブンデスリーガ第13節でついにその瞬間が訪れた。24分に相手GKがシュトゥットガルトの主将MFクリスティアン・ゲントナーが放ったシュートを前方へと弾くと、こぼれ球を浅野が押し込み先制点を記録。試合は結局1-1に終わるも、同選手はチームの今季アウェー戦初の勝ち点1の獲得に導いている。<br><br>そして、この一戦での浅野のパフォーマンスに対する現地メディアの評価も高かった。27日付の『キッカー』は、73分の交代までセンターFWのポジションでプレーした同選手にチーム単独トップの「2」をつけ、さらにMOMにも選出している。「浅野拓磨は得点者、そして機敏なコンビネーション・プレーヤーとして、多くの攻撃的プレーに関与し、シュトゥットガルトの勝ち点1獲得に大きく貢献した」との寸評が記された。<br><br>同誌のマッチレポートでも、「攻撃的ポジションにおいて、とりわけ浅野や(ベルカイ・)エッジャンが(相手)より高い機敏性やスピードを発揮した」と言及。前半のシュトゥットガルトが優勢に立った一つの要因として挙げられている。<br><br>次節ではブレーメンと対戦し、敵地での連戦が続くシュトゥットガルト。ハンネス・ヴォルフ監督は浅野を再び最前線で起用するのか、注目されるところだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.27 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

浅野がブンデスリーガ初ゴールも昇格組対決はドロー決着…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第13節のハノーファーvsシュツットガルトが24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨は、73分までプレー。24分にブンデスリーガ初ゴールを記録した。 ▽8位ハノーファー(勝ち点18)の本拠地AWDアレーナに乗り込んだ11位のシュツットガルト(勝ち点16)は、前節のドルトムント戦からスタメンを2人変更。ギンチェクとアコロに代えて浅野とブレカロを先発で起用した。 ▽右ウィングを主戦場としている浅野だが、この日は3トップの最前線でプレー。昇格組同士の一戦は、序盤から一進一退の展開が続く。決定機が生まれたのは18分、スルーパスで左サイドを突破したブレカロのクロスをニアに走りこんだ浅野が右足で合わせたが、これはGKチャウナーがキャッチ。 ▽すると、24分にスコアが動く。バイタルエリア中央に持ち上がったゲントナーがミドルシュートでゴールを脅かすと、GKチャウナーの弾いたこぼれ球をゴール前の浅野が押し込み、シュツットガルトが先制した。 ▽先制を許したハノーファーは35分、バイタルエリア中央でFKを獲得するとクラウスの直接FKが枠を捉えるも、これはGKツィーラーがセーブ。 ▽迎えた後半、1点を追うハノーファーはハルニクを下げてファルカーケを投入。すると51分、左サイドを突破したクラウスのクロスをニアサイドに走り込んだファルカーケが左足で合わせるも、これは枠の左に外れた。 ▽後半に入り攻勢を強めるハノーファーは62分、左サイドでボールを受けたベブの折り返しをボックス内で受けたS・サネがピッチに足を滑らせながらも右足を振り抜く。しかし、このシュートも右ポストに嫌われ、同点ゴールとはならない。 ▽1点をリードするシュツットガルトは、66分にブレカロを下げてアオゴを投入。さらに73分に浅野を下げてテローデをピッチに送り出した。しかし、直後にチャンスを迎えたのはハノーファー。 ▽75分、ボックス内でオストルツォレクがパヴァールに倒されると、主審がPKを宣告。このPKをファルカーケがゴール左に突き刺し、ハノーファーが試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたシュツットガルトは78分、インスーアの左クロスからアオゴに決定機が生まれるも、シュートは枠の上に外れる。さらに85分にも、アスカシバルのパスからボックス左に侵入したアオゴがシュートを放ったが、これもゴール右に逸れた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。浅野のブンデスリーガ初ゴールを守り切れなかったシュツットガルトが、ハノーファーと勝ち点1を分け合う形となった。 2017.11.25 06:43 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト指揮官「良い選手」…U-17日本代表FW中村敬斗がシュツットガルトの練習に参加

▽U-17ワールドカップでも活躍を見せたU-17日本代表FW中村敬斗がシュツットガルトのトレーニングに参加しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽現在は三菱養和SCに所属する中村。10月に行われたU-17ワールドカップでは4得点を記録する活躍を見せ、チームを決勝トーナメントに導いた。そんな中村が、日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトでトレーニングに参加している。 ▽シュツットガルトは、世界中の有望な才能を探しており、かつて浦和レッズでプレーし、指揮も執っていたギド・ブッフバルト氏が持つコネクションにより、今回のトレーニング参加が実現したとのことだ。 ▽シュツットガルトを率いるハネス・ヴォルフ監督は、中村について「彼を見てみたかった」とコメント。「それでトレーニングに参加してもらった。良い選手だ」と評価した。 ▽一方で、獲得については「冬になっても、彼はまだプロではないだろう。まだ若すぎる。18歳になる夏まではいないだろう」とコメントし、中村は7月28日に18歳になるため、それまでは獲得に動かない見込みだ。 2017.11.21 11:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース