シュツットガルト、シャルケ退団のアオゴを獲得!2017.08.10 01:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは9日、シャルケを退団していた元ドイツ代表DFデニス・アオゴ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2019年6月30日までの2年間で、背番号は3を着用する。

▽フライブルクの下部組織出身のアオゴは、2005年1月にトップチームに昇格。2008年7月にハンブルガーSVへと完全移籍すると、2013年8月にシャルケへレンタルされると、翌シーズンからシャルケでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。アオゴはブンデスリーガ通算213試合に出場し3ゴール21アシストを記録していた。

▽また、世代別のドイツ代表でもプレーし、2010年5月にA代表デビュー。これまで12試合に出場している。

▽アオゴは今回の移籍について、クラブの公式サイトで次のように語った。

「シュツットガルトへ加入できて嬉しく思っている。シュツットガルトからオファーを受けた時、僕は長く悩むことはなかったね。僕はこれまでのキャリアで何度かシュツットガルトと対戦したことがあるけど、いつも素晴らしい雰囲気を感じていたんだ。それもシュツットガルトへの移籍を決めた理由の一つだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

シュツットガルト、途中就任でチームを立て直したコルクト監督と契約延長!

▽シュツットガルトは10日、タイフン・コルクト監督(44)と1年間の契約延長で合意したことを発表した。 ▽また、クラブはアシスタントコーチのイリアン・アラチッチ氏、スティーブン・チェルンドロ氏とも1年間の契約延長で合意に至ったことを発表。 ▽コルクト監督は、2018年1月末にハネス・ヴォルフ前監督の後任としてシュツットガルトの指揮官に就任。14位と残留圏争いに巻き込まれるチームの立て直しに成功すると、就任後はリーグ戦8試合無敗を記録。 ▽その後も限られた戦力をやり繰りし、リーグ戦14試合で9勝4分け1敗と、ヨーロッパリーグ(EL)争いの7位までチームを引き上げた。 2018.06.11 03:02 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス代表DFがアーセナル移籍に関心か

▽シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)がアーセナル移籍に関心を示しているようだ。ドイツ『CalcioInsider』が伝えている。 ▽リールの下部組織出身のパヴァールは、2015年にトップチームデビュー。186cmの恵まれたサイズに加え、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能なテクニックを持ち合わせたモダンなセンターバック。 ▽2016年夏に当時ブンデスリーガ2部に所属していたシュツットガルトに加入すると、昨シーズンはクラブの2部優勝に貢献。さらに今季はリーグ戦全試合に出場しブンデスリーガ残留にも貢献した。また、シュツットガルトでの目覚ましい活躍を受けて、昨年11月に行われたドイツ代表との国際親善試合では自身待望のフランス代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りも果たしている。 ▽『CalcioInsider』が伝えるところによれば、今夏のステップアップの可能性が報じられるパヴァールは、多くの同胞プレーヤーが活躍しているアーセナルを自身の新天地に設定しており、移籍に向けて前向きな姿勢を見せているようだ。 ▽ただ、アーセナルはドルトムントのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(29)、フライブルクのトルコ代表DFチャグラル・ソユンク(21)をセンターバックの獲得候補に挙げていると伝えられており、今夏にパヴァールの希望が叶うかは微妙なところだ。 ▽なお、昨年12月にシュツットガルトとの契約を2021年まで延長したパヴァールに関しては、4400万ポンド(約65億5000万円)の値付けがされているようだ。 2018.06.04 13:27 Mon
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨、ハノーファーと契約へ

▽シュツットガルトのFW浅野拓磨(23)のハノーファー入りが近づいているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽先日伝えられた日本代表FW大迫勇也のブレーメン移籍。『キッカー』によれば、ハノーファーも大迫の獲得に動いていたようで、それが失敗に終わった現在は、“プランB”として浅野の獲得を進めているようだ。 ▽現在所属しているシュツットガルトは、アーセナルからのレンタル移籍で今季までの契約となっている。気になるのはハノーファー移籍の形態だが、現時点では完全移籍なのかレンタル移籍なのかは不明だ。 ▽今季、レンタル移籍期間を延長して迎えた2シーズン目は、前半戦こそリーグ戦17試合に出場し1ゴールという成績だったが、タイフン・コルクト監督が指揮を執るようになってからは出場機会に恵まれなかった。 2018.05.17 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

シティDFパブロ・マフェオがシュツットガルトへ完全移籍…今季はジローナでリーグ戦32試合出場

▽マンチェスター・シティは14日、スペイン人DFパブロ・マフェオ(20)がシュツットガルトへ完全移籍することを発表した。 ▽わずか15歳でエスパニョールBの試合に出場したマフェオは、2013年7月にマンチェスター・シティに加入。2015-16シーズンからは提携先でもある当時スペイン2部に所属していたジローナへのレンタルでの行き来を繰り返しながらチームの1部昇格に貢献。今シーズンはリーガエスパニョーラで32試合に出場していた。 2018.05.14 19:56 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトに3発完勝のドルトムントが前節の大敗を払拭!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節のドルトムントvsシュツットガルトが8日に行われ、3-0でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司とシュツットガルトのFW浅野拓磨は共にベンチ入りしなかった。 ▽前節のバイエルン戦で0-6と大敗を喫した3位ドルトムント(勝ち点48)が、リーグ戦8試合無敗中の9位シュツットガルト(勝ち点38)をホームに迎えた一戦。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内死守を狙うドルトムントは、前節からスタメンを4人変更。ゲッツェやシュールレ、カストロらに代えて負傷明けのロイスやシャヒン、トプラクらをスタメンで起用した。 ▽日本人不在の中始まった一戦は、立ち上がりからハイプレスを志向するシュツットガルトの攻撃をドルトムントが受ける展開で推移。中盤での攻防が続く中、ドルトムントは16分にシャヒンとのパス交換で左サイドからカットインしたM・フィリップのスルーパスにバチュアイが反応するも、これは飛び出した相手GKにキャッチされる。 ▽対するシュツットガルトは26分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアオゴがゴール前にクロスを供給。これをゴールエリア左のゴメスが頭で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽劣勢が続いたドルトムントだったが38分、ワンタッチパスの繋ぎから右サイドで受けたプリシッチが縦に切り込みクロスを供給。キックミスのクロスボールがゴール方向に飛ぶと、そのまま左ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽後半は早い時間にスコアが動く。48分、ダフードの縦パスをボックス手前のバチュアイがワンタッチではたくと、ボックス左深くでボールを拾ったシャヒンがマイナスの折り返しを供給。これをボックス内に上がったバチュアイが右隅に流し込み、ドルトムントが追加点を奪った。 ▽早い時間に追加点を奪ったドルトムントは、59分にもダフードの左クロスをファーサイドのプリシッチが頭で落とし、最後はM・フィリップがシュート。このシュートは相手GKに弾かれるも、ゴール前に走り込んだM・フィリップが再び押し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽3点を追うシュツットガルトは、85分に決定機。スローインをボックス左手前で受けたゴメスがミドルシュートでゴールを脅かすも、これはクロスバーを直撃した。 ▽その後も安定した試合運びで相手の反撃を無失点で凌いだドルトムントが、3-0で完勝。クリーンシートでバイエルン戦のショックを払拭したドルトムントが、次節に行われるシャルケとのダービーに向けて勢いを付けている。 2018.04.09 00:43 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース