ザンクト・パウリが右ヒザ前十字じん帯断裂のFW宮市亮と2019年まで契約延長2017.08.09 23:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは9日、FW宮市亮(24)との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。

▽宮市は2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと完全移籍。加入直後のプレシーズンマッチで左ヒザの前十字じん帯を断裂し8カ月の離脱を強いられていた。復帰した2016-17シーズンはブンデスリーガ2部で17試合に出場。しかし、宮市は6月28日のトレーニング中に負傷し、右ヒザ前十字じん帯を断裂していた。

▽数カ月にわたる離脱が確定している中、クラブは宮市との契約延長を発表。宮市は今回の契約延長についての心境を語っている。

「この深刻なケガにもかかわらず、ザンクト・パウリと新たな契約を結べたという事実は当然のことではありません。そのような背景を学べたことは素晴らしいです」

「僕はクラブにとても感謝しています。自分で信頼を返し、できるだけ早くピッチに戻るため、できるだけのことをします」

コメント

関連ニュース

thumb

乾エイバルとバルセロナが試合後に公式ツイッターで健闘祈り合う

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルと、バルセロナが試合後にツイッターで互いの健闘を祈っている。 ▽リーガエスパニョーラ第24節のエイバルvsバルセロナが17日に行われた。試合は16分にバルセロナがスアレスのゴールで先制。その後、エイバルも奮闘したが、試合はそのまま1-0で終了し、バルセロナはリーガ3戦ぶりの勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦に向けて弾みをつけることに。対するエイバルは5試合ぶりの敗北を喫することとなった。乾はフル出場している。 ▽すると試合後、エイバル(@SDEibar)は公式ツイッターを更新。それに対してバルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona_es)もリプライを送り、やりとりをしている。※絵文字省略 ◆エイバル公式ツイッター 「我々は友人であるバルセロナの帰りの無事を祈る。そして、残りのシーズンが幸運なものになることを祈っている」 ◆バルセロナ公式ツイッター 「素晴らしい歓迎をありがとう! 我々もエイバルのリーガエスパニョーラでの良い結末を祈っている。また来シーズンに会いましょう」 2018.02.18 12:26 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川雅也、5試合連続フル出場! マッタースブルクはプレブリャクの2発で4連勝!《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽FW奥川雅也が所属するマッタースブルクは17日、オーストリア・ブンデスリーガ第23節でオーストリア・ウィーンと対戦し、2-1で勝利した。奥川は5試合連続フル出場を果たしている。 ▽現在3連勝中と好調のマッタースブルクは、3分にプレブリャクが先制点を奪取。しかし、38分にオーストリア・ウィーンのベルートにゴールネットを揺らされてしまい、前半のうちに追いつかれてしまう。 ▽1-1の同点のまま試合は終盤を迎えると88分、マッタースブルクは先制点を挙げたプレブリャクが勝ち越しゴールを奪って2-1で試合終了。マッタースブルクは4連勝を飾った。 2018.02.18 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、好守見せるも試合終盤に均衡破られる…メスはリーグ戦3連敗《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは、17日、リーグ・アン第26節でトロワのホームに乗り込み、0-1で敗れた。川島はフル出場している。 ▽最下位・メス(勝ち点18)と19位・トロワ(勝ち点24)の一戦。リーグ戦連敗中同士の試合はメスが最初にチャンスを作る。8分、ボックス右外のドセビからのクロスをミリチェビッチがボレーシュート。こぼれ球をリビエールが詰めるも、GKゼラズニーの好守に阻まれる。 ▽連敗を脱したい試合にトロワも反撃。15分、カーウィの左CKにニアネにゴール前右で頭で合わせられる。しかし、これはクロスバーに直撃して難を逃れる。さらに18分、プレに左サイドの突破を許し、ボックス内のワルテルに左足を振り抜かれたが、GK川島が頭上に放たれたボールをパンチングでセーブ。前半終了間際にもFKからクロスバー直撃のピンチを迎えるも、ゴールレスで前半を終える。 ▽後半に入っても押し込まれる時間帯が続くメス。63分、ニヴェのスルーパスに反応してボックス右に侵攻したグランディシルにシュートを許すが、ここもGK川島がニアサイドへのシュートにしっかりと対応する。 ▽その後も川島を中心になんとか耐え凌ぐメスだったが88分、ボックス右深い位置まで持ち込んだデプラーニュの折り返しをニアネに右足で合わせられると、GK川島の右手はわずかに届かずゴール左へと突き刺さった。 ▽試合終盤に先制点を許したメスは残り少ない時間でチャンスを作ることが出来ず試合終了。0-1で敗れて3連敗を喫した。 2018.02.18 09:37 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫が今季2ゴール目のケルン、ピサーロの幻弾でドロー決着《ブンデスリーガ》

▽ケルンは17日、ブンデスリーガ第23節でハノーファーをホームに迎え、1-1で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節フランクフルト戦を2-4と完敗して2連敗となった最下位ケルン(勝ち点13)は、風邪でコンディションを崩していた大迫が3試合ぶりに先発となった。 ▽9位ハノーファー(勝ち点31)に対し、大迫が2トップの一角で起用されたケルンが仕掛ける入りとなる。その後、ハノーファーに押し込まれたケルンだったが、30分に先制する。決めたのは大迫。FKの流れからボックス左の大迫がルーズボールを拾って持ち出し、左足を一閃。強烈なシュートがゴールのニア上を破った。 ▽大迫のリーグ戦今季2点目で先制したケルンだったが、その後もハノーファーの反撃を受け、劣勢を強いられる。すると37分、フュルクルクに中央を突かれ、シュートを流し込まれてしまった。ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたケルンだったが、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれる入りとなったケルンは、61分に相手DFに顔を蹴られたテローデがプレー続行不可能となり、ツォラーが投入される。 ▽後半半ば以降、一進一退の攻防が続き、互いにシュートに持ち込めない状況の中、ケルンは81分に大迫が際どいミドルシュートを浴びせた。さらに88分にはボックス左で仕掛けた大迫がGKに倒されかけたが、ノーファウルの判定に。 ▽終盤にかけて攻勢に出るケルンは、試合終了間際の追加タイム4分、リッセの右クロスにピサードがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らすも、VARによりリッセのポジションがオフサイドでノーゴールに。そのまま1-1で試合は終わり、勝ち点1獲得に留まった。 2018.02.18 03:14 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場もバルセロナが10人&指揮官退席のエイバル下し3戦ぶり勝利! CLチェルシー戦に弾み《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のエイバルvsバルセロナが17日に行われ、0ー2でバルセロナが勝利。エイバルの日本代表MF乾貴士はフル出場した。 ▽連勝中で4試合負けなしの7位エイバル(勝ち点35)が、リーガ無敗維持も前節のヘタフェ戦をゴールレスドローで終え2戦連続勝ちなしとした首位バルセロナ(勝ち点59)をホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは前節からスタメンを4名変更。ミナ、ディーニュ、コウチーニョ、アルカセルに代えて、ピケ、ユムティティ、パウリーニョ、イニエスタを起用した。また、エイバルの乾は中盤左サイドで先発となった。 ▽試合の序盤、エイバルが積極的なプレスからチャンスを作り出していく。1分、オレジャーナの右サイドからのクロスにホセ・アンヘルが頭で合わせる。得点とはならなかったが、試合開始早々にバルセロナに冷や汗をかかせた。 ▽エイバルは、両サイドの乾やオレジャーナを起点としたクロスからゴールに迫っていく。13分にも、右CKからDFラミスがヘディングシュートを放つ。しかし、これもGKテア・シュテーゲンに阻まれた。 ▽バルセロナはなかなか攻撃に移ることができずにいたが、16分に高く維持されたエイバルの最終ラインの裏を突くことに成功する。センターサークル付近でボールを持ったメッシが、オフサイドライン際で駆け引きをするスアレスへのパスを通す。ボックス内右で一対一となったスアレスはGKドミトロビッチをかわし、無人のゴールに流し込んだ。 ▽反撃に出たいエイバルは、19分に乾のサイドチェンジを受けたオレジャーナがボックス右からミドルシュートを狙う。しかし、右足で放たれた鋭いシュートはバーを叩き得点には繋がらない。 ▽さらに32分、バルセロナボールのスローインを左サイドでカットしたパペ・ディオプが、キケ・ガルシアにパスを送る。キケ・ガルシアがボックス左から折り返すとホルダンが好機を迎えたが、シュートはゴール左に逸れていく。 ▽エイバルがバルセロナの牙城を破れずにいると、37分に再びメッシのスルーパスからスアレスが抜け出す。ボックス左からの落としを受けたメッシがダイレクトシュートを放ったが、右にポストに阻まれた。 ▽結局、前半中にエイバルの攻撃が実ることはなく前半が終了。バルセロナが1点のリードを得て、試合を折り返すことに。 ▽後半になると、バルセロナがボールを支配しようとする。それでも56分、オレジャーナが右サイドに抜け出して深い位置からグラウンダーのクロスを供給。しかし、乾がボックス内に飛び込んで滑り込みながら放ったシュートは、枠を右に外れた。 ▽突き放したいバルセロナは、63分にイニエスタに代えてコウチーニョを投入。リズムの変化を図った。すると66分、プレーが切れている最中にボールを手で弾き飛ばして苛立ちを表したオレジャーナが、この日2枚目の警告を受けて退場。さらに、抗議したメンディリバル監督も退席処分を受けてしまう。エイバルは残りの時間を10人かつ指揮官不在で戦うことに。 ▽その後のバルセロナはあまりリスクを冒さず、ボールを大きく動かしつつ好機を窺う。すると80分、コウチーニョのスルーパスからボックス内に抜け出したメッシが左足でゴールを狙う。しかし、GKドミトロビッチのファインセーブに遭い追加点とはならない。 ▽すると直後の81分、左サイドでボールを受けた乾がドリブルで中央にカットイン。そのまま右足でニアを狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンに阻まれたが、果敢にゴールに迫っていく。 ▽しかし88分、途中出場のA・ビダルのパスにボックス内中央のメッシが反応してシュートを放つ。GKドミトロビッチがまたもファインセーブで阻んだが、ジョルディ・アルバがこぼれ球に詰めて、右足でネットを揺らした。 ▽結局、バルセロナがリードを2点に広げたところで試合が終了。この結果、バルセロナはリーガ3戦ぶりの勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦に向けて弾みをつけることに。対するエイバルは5試合ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.18 02:13 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース