ザンクト・パウリが右ヒザ前十字じん帯断裂のFW宮市亮と2019年まで契約延長2017.08.09 23:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは9日、FW宮市亮(24)との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。

▽宮市は2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと完全移籍。加入直後のプレシーズンマッチで左ヒザの前十字じん帯を断裂し8カ月の離脱を強いられていた。復帰した2016-17シーズンはブンデスリーガ2部で17試合に出場。しかし、宮市は6月28日のトレーニング中に負傷し、右ヒザ前十字じん帯を断裂していた。

▽数カ月にわたる離脱が確定している中、クラブは宮市との契約延長を発表。宮市は今回の契約延長についての心境を語っている。

「この深刻なケガにもかかわらず、ザンクト・パウリと新たな契約を結べたという事実は当然のことではありません。そのような背景を学べたことは素晴らしいです」

「僕はクラブにとても感謝しています。自分で信頼を返し、できるだけ早くピッチに戻るため、できるだけのことをします」

コメント

関連ニュース

thumb

シュティーガー監督解任のケルン、3点差を逆転されて未勝利継続… 大迫は出場停止で欠場《ブンデスリーガ》

▽ケルンは10日、ブンデスリーガ第15節でフライブルクをホームに迎え、3-4で逆転負けした。ケルンのFW大迫勇也は出場停止で欠場している。 ▽前節シャルケ戦を2-2で引き分け、リーグ戦未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点3)は、シュティーガー監督を解任し、フェー監督を招へい。そのケルンは前節退場した大迫が出場停止のため欠場となった。 ▽ピッチに雪が積もった影響でキックオフが30分遅れた一戦。16位フライブルク(勝ち点12)に対し、ルーテンベック暫定監督が指揮を執ったケルンは、8分にヨイッチのスルーパスに抜け出したクランターがシュートを流し込んで先制する。 ▽さらに14分にはPKを獲得。ギラシーがボックス左に侵入したところでシュスターに倒された。これをギラシー自ら決めてケルンが2点をリードした。良い形でゴールを重ねるケルンは、29分に3点目を奪い切る。左サイドからのラウシュのクロスがスタンコのオウンゴールを誘った。 ▽しかし、39分にFKからペテルゼンにボレーシュートを叩き込まれたケルンは、後半も劣勢が続くと65分に1点差に詰め寄られる。右CKからペテルゼンのヘディングシュートが決まった。 ▽終盤にかけてもフライブルクの攻勢を受けたケルンは、試合終了間際の88分に同点とされる。エーズカンがボックス内でホフラーを倒してPKを献上した。これをペテルゼンに決められると、追加タイム5分にもPKを献上してしまう。FKの流れからボックス内のギラシーがハンドを犯してしまった。これを再びペテルゼンに決められ、直後にタイムアップ。ケルンは3点差を大逆転されての敗戦を喫し、リーグ戦初勝利はまたもお預けとなった。 2017.12.11 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ対エイバル、乾&柴崎の採点はともに低評価…柴崎「リズムを欠いている」乾「最高のレベルには程遠かった」

9日のリーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェ対エイバル(0&minus;0)で、MF柴崎岳とMF乾貴士の現地評価は乏しいものとなった。<br><br>&ldquo;日本人ダービー&rdquo;としてリーガ側が盛り上げることを狙ったこの対戦。先発出場の乾は63分に交代によってベンチに下り、その10分後に柴崎が出場と、両日本人選手は入れ違いでプレーすることになった。<br><br>スペイン『マルカ』の両選手の採点は、3点満点中1点となった。寸評において、柴崎は「見事なヒールを見せた。プレーリズムを欠いていた」と負傷明けの影響を指摘され、乾については「プレーにあまり関与せず。最高のレベルには程遠かった」と精彩を欠いていたとの見解が示されている。<br><br>なおリーガ第16節で、ヘタフェはアウェイでジローナと対戦し、エイバルはホームにバレンシアを迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 23:13 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場ジルーの終盤弾でアーセナルがセインツにドロー、フル出場の吉田は失点に関与《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、サウサンプトンvsアーセナルが10日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗れた5位アーセナル(勝ち点28)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦を6-0と大勝した。そのアーセナルはBATEボリソフ戦のスタメンから全選手を変更し、ユナイテッド戦のスタメンからは負傷したムスタフィに代えてメルテザッカーを起用した。 ▽前節ボーンマス戦を1-1と引き分けた11位サウサンプトン(勝ち点17)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで2試合ぶりにスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、カウンターを狙うサウサンプトンが先制した。メルテザッカーのクリアが甘くなってショートカウンターに転じると、タディッチのスルーパスをボックス右で受けたオースティンがゴールへ流し込んだ。 ▽続く5分にもサウサンプトンはディフェンスライン裏を取ったオースティンがボックス右に侵入してGKチェフを強襲するシュートを浴びせ、序盤のペースを握っていく。 ▽一方、早々に失点したアーセナルはポゼッションを高めて敵陣で試合を展開。16分にはラカゼットがボックス中央から枠内シュートを浴びせると、32分にはサンチェスの右クロスをラムジーがボレーで合わせたシュートが枠の右を捉えたが、GKフォースターのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出る流れが続くも、ラカゼットの決定的なシュートは枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたアーセナルだったが、水際で守るサウサンプトンを崩しきることができない。すると62分にピンチ。ロメウのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽流れの悪いアーセナルは64分にメルテザッカーに代えてウェルベックを投入し、4バックに変更。しかし66分にはバートランドにゴールを脅かされると、ジャカに代えてウィルシャーを、ラカゼットに代えてジルーを投入していく。 ▽しかし、集中した守備を続けるサウサンプトンをやはり崩せず、時間だけが過ぎていく。84分にようやくサンチェスの直接FKでゴールを脅かすも、GKフォースターにセーブされる。 ▽それでも88分、左サイドからのサンチェスの右足クロスを吉田に競り勝ったジルーがヘッド。これがゴール右に決まってアーセナルが土壇場で同点に追いついた。このまま1-1で試合はタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合っている。 2017.12.10 22:59 Sun
twitterfacebook
thumb

大失速の低迷ドルトムントがボス監督を解任…後任にはケルンを解任されたシュティーガー氏が就任

▽ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督の解任を発表した。後任には、先日ケルンの監督を解任されていたペーター・シュティーガー氏(51)を迎える。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。香川のアシストからオーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつくが、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽ボス監督は、ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位に終わっていた。 ▽シュティーガー氏は、2013-14シーズンにケルンの監督に就任。就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨シーズンはブンデスリーガ5位に導いていた。しかし、今シーズンはヨーロッパリーグとの両立が求められ、開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。 2017.12.10 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希フル出場、ヘーレンフェーン3戦未勝利《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは9日、エールディビジ第15節のVVV戦に臨み、2-2で引き分けた。小林はフル出場を果たしている。 ▽2試合で白星から遠ざかるヘーレンフェーンは、10分に失点するが、19分にダンフリスのゴールで追いつく。 ▽すると、49分にはフェールマンのゴールで勝ち越し。だが、勝利目前の85分に痛恨の同点弾を浴び、3試合で白星から遠ざかる結果となっている。 ヘーレンフェーン 2-2 VVV 【ヘーレンフェーン】 ダンフリス(前19) フェールマン(後4) 【VVV】 ティー(前10) スンチェンス(後40) 2017.12.10 08:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース