鳥栖がFC東京MF河野広貴を完全移籍で獲得…恩師・フィッカデンティと再タッグ2017.08.09 21:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は9日、FC東京のMF河野広貴(27)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽河野は東京ヴェルディの下部組織出身で、2012年からFC東京でプレー。FC東京では公式戦通算138試合に出場し18得点を記録していた。なお、今シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合、YBCルヴァンカップ、天皇杯では1試合ずつの出場に留まっていた。

▽鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンディ監督の下では、3トップや2トップなど様々なポジションでレギュラーとして活躍していた。河野は両クラブを通じてコメントしている。

◆サガン鳥栖
「はじめまして!FC東京から加入する事になりました河野広貴です。自分の持ち味であるドリブルと前線からのプレッシングで攻守に貢献したいと思います。早くチームの一員としてサガン鳥栖の勝利のために闘います。ご声援よろしくお願いします!」

◆FC東京
「まずは、6年前に移籍加入したとき、温かく迎え入れていただき本当にありがとうございました。小平や味スタで、常に支えて励まして下さったことに感謝しています。今回の移籍について、心から悩み、色々な人に相談しました。その中でサッカー選手として、環境を変えてもう一歩チャレンジしたい気持ちが強くなりました」

「大好きな“東京”から離れる事は苦渋の決断であり、みなさんと別れるのは本当に寂しくもありますが、とにかく頑張ってきます。ファン・サポーターのみなさんには、「俺のトーキョー」をこれからも愛してもらえればと思います。そして、ほんの少し河野広貴を思い出し、気にかけてもらえたら嬉しいです。今まで、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

東京五輪へ…鳥栖FW田川亨介の目標は「二桁を目指す」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽U-21日本代表でもあるサガン鳥栖のFW田川亨介がクラブブースで取材に応対。昨シーズンの活躍が自信になっていると語り、今シーズンの目標は「二桁を目指す」と意気込んだ。 ◆FW田川亨介(サガン鳥栖) ──キャンプなどを終えて、ここまでの手応えは 「メンバーも大きく変わっていないと思うので、そこの連携面や戦術理解という点は強みかなと思っています」 ──マッシモ・フィッカデンティ監督が続投したことで戦術面などはより深まっていると思いますが 「監督がどう攻めて、どう守るというところは、だいぶ自分の頭の中に落とし込めていると思います。ピッチ内で一番表現するというか、それができればもっともっと成長できるかなと思います」 ──昨シーズンの活躍が自信に繋がっている部分はありますか 「途中からプレーするという点では、精神面で落ち着きが出てきたという実感があります。プレー面もだいぶ変わってきたと思うので、それを今年は最初からできると思いますし、もっと得点を重ねたいなと思います」 ──豊田陽平(蔚山現代)がいなくなったことで役割が増えたり、期待されることが増えると思いますが 「そこはあまり意識していないです。前線の選手たちはみんな上手くて早い選手です。連携に不安はないので、トヨさんがいなくてもこのチームは点が取れるというぐらい、チームとして成長しなくてはいけないと思います。今年は大事な年になるなと思っています」 ──今シーズンの個人目標は 「二桁を目指すと目標を掲げたので、それに向けてどんどん点を重ねたいなと思っています」 ──シーズンの先には東京オリンピック、日本代表というのがあると思います。そこに向けても大事なシーズンになると思いますが 「東京オリンピック世代なので、結果を残さないと狭き門に入ることはできないと思います。毎シーズン、毎シーズン、大事な年になるかなと思っています」 ──今シーズンは史上初の開幕が平日金曜日となります。どのチームよりも最初に試合を行いますが 「初めての試みなので、正直ビックリした部分もあります。それでも、平日のナイトゲームでもお客さんが入ってくれるように工夫していかなければいけなと思うので、そういった面では良い試みだとも思います」 ──貴重な試合でゴールを決められたら最高ですね 「今はそれを一番の目標にしています」 2018.02.15 20:17 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖を率いて3年目のフィッカデンティ監督、長崎のJ1昇格は「一番の大事なニュース」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽3シーズン目を迎えるサガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督がクラブブースで取材に応対。新たな試みを行っていることを明かすとともに、V・ファーレン長崎のJ1昇格を「一番の大事なニュース」と語った。 ◆マッシモ・フィッカデンティ監督(サガン鳥栖) ──キャンプなどを終えてのチーム状態、手応えは 「この時期は試合が始まっていないので、チームの状態はキャンプ後の独特な状態にあると思います。例年通りのキャンプを終えて、トレーニングして、試合に向けてという、いつも通りの状況です。シーズン前はいつもこういった感じかなという状況です」 ──今年は金曜日の開幕で、一番最初に試合を行います 「歴史の中で25年経って初めての試みで、我々が試合を行えるということは非常に光栄です」 ──チームとして昨シーズンからの上積みはどのあたりにありますか 「元々あったものに、これで大丈夫といって何かを加えたわけではありません。まずは修正するべきところに手を加えて、修正でも足りないところを補うという段階です。もちろん、昨シーズンよりも良い状況にするというのはノルマだと思います。ただ、始まってみないと結局何とも言えないですが、そういった取り組みはしています」 ──新しい選手を加えて、今シーズンはやれるというメンバー構成でしょうか 「確実に良くなっていると思います」 ──今シーズンの具体的な目標は 「昨シーズンよりも良い結果を残す。それを具体的な目標としています」 ──今シーズンのサガン鳥栖が昨シーズンから変化した部分は 「戦術的な部分で色々なバリエーションを増やしたりというのは、新しい選手が加わることで増えていくものです。そういったものは当然準備しているので、グラウンドで見てもらいたいです」 ──同じ九州で隣県のV・ファーレン長崎が初めてJ1に昇格して来ました。対戦もありますが 「これが一番の大事なニュースだと思っています。他の九州のチームもありますが、鳥栖と長崎がJ1で戦っているのを見て、他のチームが上を目指す刺激になればと思います。九州全体が活性化するキッカケになれると良いですね」 ──ワールドカップもあり例年以上の過密日程になりますが対策は考えられていますか 「短期間ですごく試合が詰まっています。シーズンが始まったら、チームをどう回していくかを考えなくてはいけません。私はよりコンディションを保つということにウェイトを置くプランも考えています。今じゃなければできないことも同時にあるので、それをやっています」 2018.02.15 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

史上初の平日金曜開幕戦の鳥栖vs神戸は“勝利の女神”倖田來未さんが国家独唱

▽サガン鳥栖は13日、23日(金)にホームで開幕する明治安田生命J1リーグ第1節のヴィッセル神戸戦で、女性歌手の倖田來未さんの国歌独唱が決定したことを発表した。 ▽昨シーズンにスペシャルサポーター「勝利の女神」に就任した倖田さんは、選手入場後のピッチ中央(メインスタンド側)で国家独唱の予定。また、開幕戦での国家独唱は2年連続となる。 ▽なお、倖田さんが国家独唱を予定しているサガン鳥栖vsヴィッセル神戸は、Jリーグ史上初の平日金曜開催の開幕戦となる。 2018.02.14 12:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW小野裕二に第一子となる女の子が誕生「2人がいつまでも幸せに生きていけるようがんばります!!」

▽サガン鳥栖は13日、FW小野裕二に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、小野の長女は2月9日に誕生したとのことだ。小野はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではありますが、新しい家族が増えました。頑張ってくれた妻、産まれてきてくれた娘の為にも、より一層努力し、2人がいつまでも幸せに生きていけるようがんばります!!もう少しで開幕です。しっかり準備して最高の開幕戦にしたいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」 2018.02.13 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

蔚山現代FW豊田陽平は背番号「55」を選択…その理由は?

▽Kリーグ1の蔚山現代が、2018シーズンの選手背番号を発表。サガン鳥栖からレンタル移籍で加入したFW豊田陽平は「55」を背負うこととなった。 ▽韓国『sportalkorea』は、選手が背番号を選んだ理由を掲載。豊田は鳥栖では「11」を背負っていたが、新天地で選んだのは「55」。その理由は、文化的なものも影響したようだ。 「韓国でも11番をつけたかったですが、韓国ではウインガーの選手がほとんど11番をつけると言っていました。だから、ファン・イルス(今冬加入)に譲って、55番を選びました」 ▽「11」を諦めて「55」を選んだ豊田。その理由は、地元の英雄が関係していることを明かした。 「僕が生まれた故郷・石川県出身の元メジャーリーガー、松井秀喜さんが55番をつけていました。松井さんが好きだということ、そして「55」は日本語で“ゴーゴー(GoGo)”と読みます。それは、僕が前進するという意味を表します」 ▽松井氏は、豊田が卒業した星稜高校の大先輩であり、プロ野球の読売ジャイアンツやメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキース、ロサンゼルス・エンゼルス、オークランド・アスレチックス、タンパベイ・レイズでプレーした野球界のレジェンド。“ゴジラ”呼ばれ、海を渡ってもホームランを量産した松井氏のように、豊田は海を割ってゴールを量産できるだろうか。 2018.02.02 21:00 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース