小林&中村弾で川崎Fが3試合ぶりの白星…新潟は9試合白星なし《J1》2017.08.09 21:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽9日に明治安田生命J1リーグ第21節のアルビレックス新潟vs川崎フロンターレがデンカビッグスワンスタジアムで行われ、2-0で川崎Fが勝利した。

▽ここまで2勝3分け15敗で最下位に沈む新潟が、10勝6分け4敗で5位につける川崎Fをホームに迎えた。前節の横浜F・マリノス戦を0-2で落とし、リーグ戦8試合白星がない新潟は、その一戦から先発メンバーを2人変更。加藤とロメロ・フランクに代えて、川口と出場停止明けのチアゴ・ガリャルドを起用した。

▽一方、FC東京戦を1-1のドローで終え、中断期間明け以降、調子が下向きの川崎Fは、その一戦から先発メンバーを2人変更。エドゥアルドと登里に代えて、奈良と長谷川を起用した。

▽苦しい状況を打破したい両者の一戦は、立ち上がりからボールを保持して敵陣へと迫る川崎Fと、速攻からチャンスを狙う新潟の構図となる。そうした中、ホームの新潟が6分、クロスのこぼれ球を拾った小泉がボックス手前から右足を振り抜く。さらに10分、右CKでホニが入れたボールにドウグラス・タンキが頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。

▽対する川崎Fは18分、中村の右CKをニアサイドの谷口が頭で合わせるが、ミートし切れず、チャンスを不意にしてしまう。

▽前半半ばに差し掛かると、立ち上がり新潟に攻め込まれていた川崎Fがポゼッションを高めるも、新潟も粘りのディフェンスでボックス内への侵攻を許さない。それでも攻勢を続ける川崎Fは39分、左サイドを突破した車屋が相手DF2枚を剥がし、ボックス左に侵攻。グラウンダーのクロスをボックス中央に走り込んでいた小林が冷静に右足で流し込み、今シーズン10ゴール目を記録した。

▽1-0で試合を折り返すと、リードしている川崎Fが攻勢を強める。55分、阿部からのパスを受けた小林がボックス手前から左足でシュート。しかし、これはGK守田に阻まれてしまう。

▽追加点が欲しい川崎Fは57分、長谷川に代えて登里を投入。すると62分、エドゥアルド・ネットのパスに抜け出した登里がボックス手前にパス。これを中村が左足でシュートを放つと、GK守田に触られるもそのままゴールに吸い込まれた。

▽点差を広げられた新潟は65分、チアゴ・ガリャルドの落としを受けた磯村がボックス手前から強烈なシュート。しかし、これはGKチョン・ソンリョンの好守に阻まれてしまう。さらに75分、味方のスルーパスでボックス右に抜け出したホニがニアサイドにグラウンダーのクロスを供給。これにドウグラス・タンキが飛び込むも、またもGKチョン・ソンリョンの牙城を崩すことができない。

▽その後、終盤押し込み続ける新潟は幾度も川崎Fゴールを脅かしたが、最後までGKチョン・ソンリョンを中心としたディフェンスを破ることができず、そのまま試合終了。2-0で川崎Fが3試合ぶりの白星を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF酒本憲幸に第三子誕生「更に良いイクメンになりたいと思います」

▽セレッソ大阪は19日、MF酒本憲幸に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、酒本の第三子は19日(木)大阪市内の病院で誕生したとのこと。母子ともに健康とのことだ。 ▽酒本はクラブを通じて「めちゃくちゃ嬉しいです!今日はイクメンの日のようですが、この日に生まれてきてくれたので、これからも更に良いイクメンになりたいと思います」と喜びを語った。 ▽今シーズンの酒本は、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。J3リーグでは、C大阪U-23として6試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合に出場している。 2017.10.19 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

クルピ・ガンバ誕生か、サントスに後任探しの動きと現地紙

▽サントスは、ガンバ大阪監督就任報道の渦中にいるレヴィー・クルピ監督(64)の後任探しをスタートさせたようだ。 ▽クルピ監督は、過去3度にわたり、セレッソ大阪を指揮。2007年には当時18歳だった日本代表MF香川真司(現ドルトムント)のポテンシャルを引き出す手腕を発揮したほか、2010年にJ1リーグでクラブ史上最高位の3位にチームを導いた実績を持つ。G大阪上層部が既に一本化したと伝えられるなど、来年のJリーグ復帰が取り沙汰されているところだ。 ▽そうした中、ブラジル『Globoesporte』が伝えたところによれば、サントスはクルピ監督の後任としてヴァグネル・マンシーニ氏(50)をリストアップ。マンシーニ氏は今シーズンからシャペコエンセを指揮していたものの、7月に成績不振を理由に解任されており、現在フリーとなっている。 ▽ちなみに、今シーズン限りでサントスとの契約が満了を迎えるクルピ監督は先日、同メディアのインタビューで「私は今、ここにいて、何もない。ただ、それを耳にして嬉しかったよ。日本は素晴らしい国。あの国でたくさんのことを学ばせてもらった」とコメントしている。 2017.10.19 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

さすがパトリックの息子! 父彷彿の圧倒的フィジカルが話題

▽サンフレッチェに所属するブラジル人FWパトリックの息子が父親譲りのフィジカルを披露して話題を呼んでいる。 ▽今夏にガンバ大坂を去り、サルグエイロからの期限付き移籍で広島に活躍の場を移したパトリック。G大坂時代からピッチを離れればアフロヘアが印象的な一人息子を溺愛する良いパパとしても知られる。 ▽定期的に息子とのプライベートの様子を明かしてきたパトリックは18日、ツイッター(@patricaguiar)を更新。6歳の息子が9歳や10歳の年上チームに交じり、サッカーを楽しむ様子を動画で伝えた。 ▽そこに写っていたのは、パトリック息子が1人の少年と一対一を仕掛けたシーン。父親を彷彿とさせるドリブルとフィジカルを武器に、年上相手を吹き飛ばすなど、圧巻のプレーを披露した。 ▽このツイートを閲覧したユーザーからも反応が続々。「パパ譲りのフィジカル」、「将来有望ですね!」、「さすがパトリックの息子」など、驚きの声が寄せられている。 2017.10.19 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、前節負傷の右ヒザ検査及び治療で一時帰国

▽横浜F・マリノスは19日、本日午前にポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが右ヒザの負傷部位の検査および治療のため一時帰国したことを発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは14日、明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦(1-1の引き分け)で先発出場。しかし、18分に負傷交代していた。 ▽ポルトガル出身のウーゴ・ヴィエイラは、今シーズンにレッドスターから加入。ここまで明治安田生命J1リーグでは25試合10得点、YBCルヴァンカップでは5試合3得点を記録している。 2017.10.19 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

広島DF千葉和彦に第一子となる長男が誕生

▽サンフレッチェ広島は18日、DF千葉和彦(32)に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、2017年10月18日に広島市内の病院で誕生。広島のゴールを守る千葉に、新たに守るものが増えたようだ。 ▽千葉は今シーズンの明治安田生命J1リーグで26試合に出場。2012年の加入以降、通算248試合に出場するなど広島の守備を支え続けている。 2017.10.18 16:23 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース