バロテッリが友人のフェラーリで時速200キロ爆走!2017.08.09 16:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、またもや騒動を起こしたようだ。スペイン『マルカ』がイタリア紙『ジョルナーレ・デ・ヴィンチェンツァ』を引用して伝えている。

▽インテル、マンチェスター・シティ、リバプール、ミランといったビッグクラブを渡り歩きながらも、素行の悪さや好不調の波があることが問題視されていたバロテッリは昨夏、ニースに入団。すると、2014⁻2015、2015-2016シーズンの2シーズンの合計で7得点にとどまっていた同選手が、ニースでの初年度であった2016-2017シーズンに公式戦28試合17得点を記録して復活を果たした。

▽新天地で再び評価を高めているバロテッリだが、待望の新シーズンが始まる矢先にまたもや騒動を起こしたようだ。5日の午後、友人のフェラーリを借りた同選手は、イタリアの世界遺産があることで知られるヴィチェンツァに向かう道路を時速200キロで爆走。現地警察に追走されると、パドヴァの手前で車を停め、違反点数として5ポイントが計上されたとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

スタジアムで悲劇…ベオグラード・ダービーでホームのサポーターグループが大乱闘

▽13日に行われたセルビア・スーペルリーガ第22節、パルチザンvsレッドスターの“ベオグラード・ダービー”でサポーターによる乱闘騒ぎが起こった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽パルチザンのホームであるスタディオン・パルチザーナで行われた今回のダービーマッチ。試合の途中でサポーターによる乱闘が勃発したという。『スカイ・スポーツ』は試合の撮影に訪れていたカメラマンの証言を伝えた。報道によると、今回の乱闘騒ぎはホームサポーターたちがいる一角で発生したようだ。 ▽サポーターグループ間による乱闘は、小競り合いから殴り合いへと発展。騒動が収まらなかったために警察が介入し、事態は沈静化したという。なお、この乱闘により17名の負傷者が出たようで、顔から血を流すサポーターもいたようだ。問題を起こしたサポーターグループの数名はスタジアムから強制退場させられた。 ▽試合は後半にスマーのPKでパルチザンが先制も、84分にボアキエのゴールでレッドスターがドローに持ち込んでいる。 ▽なお、ベオグラード・ダービーでは、旧ユーゴスラビア崩壊以降、サポーター同士による定期的なトラブルを抱えており、世界でみても危険なダービーの1つと言われている。 2017.12.14 09:37 Thu
twitterfacebook
thumb

親日家ヴェンゲルが相撲について語る「勝者が感情を表さないのは驚いた」

▽ここ最近、連日話題に挙がっている日本の国技である相撲。様々なことが報じられているが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、その相撲の魅力について語っている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽かつて、名古屋グランパスで指揮を執っていたヴェンゲル監督は、日本滞在中に相撲観戦をしたことがあるという。 ▽相撲以外にも日本の文化に多くの興味を持っているヴェンゲル監督は、相撲の魅力についてコメント。フットボール界では相撲界にある“リスペクト”の精神が再現できないと感じているようだ。 「勝者が敗者へのリスペクトから何の感情も見せなかった。それは我々全員を驚かせた」 「15日間毎日、そこには戦いがあり、最も多く勝利したものがトーナメント(場所)の勝者となる」 「トップ・オブ・トップである横綱になるには、6つの場所で最低でも2場所優勝する必要がある。とても興味深いのは、倫理的な判断を下すために(横綱審議)委員会に出向くことだ」 「たとえ場所で優勝をしたとしても、立ち振る舞いが悪ければ、横綱になることはできないんだ」 ▽日本ならではの慣習がある相撲。強者が上に立つという単純なヒエラルキーではなく、トップに立つ横綱になるためにも、尊厳が必要となり、礼儀や作法が重要な部分を握っていることに興味があるようだ。 ▽また、ヴェンゲル監督は江戸時代からその形式が変わっていないことにも触れ、「行司装束」に大きな興味を示している。 「1600年以来、中世以来変わっていない世界でも数少ないスポーツの1つだ。ルールや衣装(まわし)、レフェリー(行司)が着ているもの(行司装束)も同じだ。実際にその衣装を着て、我々のレフェリーに会いたいね」 2017.12.13 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

航空機墜落事故の生還者・シャペコエンセのルシェウが結婚

▽2016年11月28日に起きた、航空機墜落事故。その犠牲者の1人であるシャペコエンセのDFアラン・ルシェウ(28)が結婚した。自身のインスタグラム(alanruschel)で報告した。 ▽かつてJリーグでプレーしたケンペスやチエゴ、アルトゥール・マイア、クレーベルらブラジル・セリエAのシャペコエンセの選手多数を含む71名が命を落とした悲劇。アラン・ルシェウのほか、ジャクソン・フォルマン、ネトが生還していた。 ▽悪夢の事故から生還したルシェウは、今シーズン途中に戦列復帰。セリエAでは5試合に出場していた。 ▽ルシェウが結婚したお相手は、デザイナーのマリーナ・ストーチさん。9日に、セーラ・ガウーシャのベント・ゴンサウベスで挙式を行っていた。事故から1年経過し、ルシェウは公私ともに幸せを掴むこととなった。 2017.12.13 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーの場外戦…モウリーニョは水をかけられアルテタは殴られる?

▽プレミアリーグの天王山となったマンチェスター・ダービーの舞台裏で場外戦が行われていたようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽10日に行われたプレミアリーグ第16節では、首位に立つマンチェスター・シティと2位のマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー"が行われた。勝ち点8差で行われた大一番は、アウェイのシティが2-1で勝利しその差を「11」まで拡大させた。 ▽シティにとっては、プレミアリーグ記録となる14連勝を飾り、宿敵であるユナイテッドとのダービーマッチに勝利したことで喜びもひとしおのはず。実際に試合後のドレッシングルームではシティの選手たちが大騒ぎをしていたようだ。 ▽これに対して、ユナイテッドの指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督は「敗者への敬意を欠いている」として抗議行動に出た模様。その際に、シティのブラジル代表GKエデルソンと口論になったことからヒートアップ。両軍入り乱れての大乱闘が行われたようだ。 ▽この乱闘の中で、モウリーニョ監督は水をかけられたという。さらにシティでコーチを務めている元スペイン代表MFのミケル・アルテタは割って入ったところを殴られた模様。顔面に切り傷を負ったようで流血していたと伝えられている。最終的にはスタジアム警備員や警察が仲裁に入り、乱闘は収まったようだ。 2017.12.12 09:58 Tue
twitterfacebook
thumb

36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。 ▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。 ▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。 ▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。 ▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。 ▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。 2017.12.08 22:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース