新天地での生活に満足感を示すジダン長男エンツォ「このチームで幸せ」2017.08.09 14:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アラベスのフランス人MFエンツォ・ジダンが新しいクラブでの充実感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の長男であることで知られるエンツォは昨シーズン、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)の32試合に出場し、5ゴール5アシストを決めた攻撃的MF。この活躍が評価され、今年6月、2004年から所属していたマドリーからアラベスに移籍した。

▽リーガエスパニョーラデビューに向けて新天地へと身を移したエンツォは、アラベスというクラブに対して満足感示している。また、ファンに向けて活躍を誓った。

「このとても素晴らしく親切なチームの一員になることは、驚異的なことだ。このチームは初めからとても快く迎えてくれたし、幸せだよ」

「僕は今、多くを学んでいる。全てのプロフェッショナルなプレイヤーから得るものがあるからね。ほとんど毎日2回の練習が用意されていて僕たちは全力で取り組んでいる。トレーニングに参加することが嬉しいんだ」

「ファンからのサポートは予期していなかった。チームの公式プレゼンテーションにあんなに多くの人々が来てくれて驚いたよ。彼らには僕らのベストをみせたい。メンディソロツァ(アラベスの本拠地)で行われる最初の試合でプレーして、ファンに恥じない試合にしたい」

▽なお、アラベスがホームで行う最初の公式戦は、26日(日本時間)のリーガエスパニョーラ第2節バルセロナ戦となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、初先発セバージョスの2発で開幕全敗のアラベスに辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、マドリーが2-1で勝利した。 ▽前節、終了間際の失点でベティス相手に今季初黒星を喫したマドリーは、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられている。今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図るチームは、開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥り、前アルバニア代表監督のデ・ビアージ新監督を招へいしたアラベスとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を控えるチームだが、マルセロやクロースが新たに負傷者リストに加わった影響で思った形のターンオーバーを行うことができず、モドリッチとベイルをベンチスタートしたものの、左サイドバックでスクランブル起用のナチョ、移籍後初先発のダニ・セバージョスを除き現状のベストメンバーを揃えた。 ▽やや慎重な入りを見せたマドリーだが、開始10分に先制点を奪う。ボックスhぢありをえぐったアセンシオからマイナスパスを受けたセバージョスがDFと交錯しながらも体勢を立て直して右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まり、初先発の新星が移籍後初ゴールを奪った。 ▽ここからゴールラッシュと行きたいマドリーだったが、ルーカス・バスケスやC・ロナウドらのシュートがなかなか枠を捉え切れない。31分にはイスコのクロスからナチョがヘディングシュートも、これも相手GKにセーブされる。 ▽すると40分、一瞬の隙から相手にカウンターを許したマドリーは、右サイドのムニルが上げたクロスをゴール前にフリーで走り込んできたマヌ・ガルシアに頭で合わせられ、アラベスに今季のリーグ戦初ゴールを献上した。 ▽この失点で嫌な空気が漂うマドリーだったが、再びセバージョスがチームを救う。43分、右サイドのカルバハルが入れたクロスをGKが遠くに弾き切れず、ボールがボックス中央にこぼれる。すると、このルーズボールに反応したセバージョスの右足のシュートがゴールネットを揺らした。 ▽セバージョスの2ゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーは、開始直後にC・ロナウドがポスト直撃のシュートを放つなど、ゴールを予感させる攻めを見せる。 ▽しかし、62分にもC・ロナウドのシュートがバーに阻まれるなど、なかなか試合を決定付ける追加点が奪えないマドリーは、逆に途中出場のペドラツァに2度の枠直撃のシュートを許すなど、あわや同点ゴールという場面を幾度も招くなど、守備面で締め切れない。 ▽その後もフィニッシュの精度を欠き続けるマドリーだったが、この試合で初めてゴールを奪ったという、相手の決定力不足に助けられ、結局試合は2-1でタイムアップ。今季全敗のアラベス相手に大苦戦のマドリーだったが、辛くも勝ち点3を持ち帰ることに成功した。 2017.09.24 01:38 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕全敗アラベス、アルバニア代表退任のデ・ビアージ氏を新指揮官に招へい

▽アラベスは22日、先日にアルバニア代表との契約を解消したジャンニ・デ・ビアージ氏(63)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽今シーズン、開幕5連敗に加え、未だ無得点という絶望的なスタートを切ったアラベスは、先週末にルイス・スベルディア前監督(36)を解任していた。 ▽なお、アラベスの立て直しを託されたイタリア人指揮官のデ・ビアージ氏は、これまで母国のブレシアやトリノ、ウディネーゼといったクラブの指揮官を歴任。2011年からはアルバニア代表監督に就任し、ユーロ2016本大会出場に導くなど、優れた手腕を発揮していた。また、2007-08シーズンにレバンテを率いた経験もあり、10年ぶりにリーガエスパニョーラに復帰することになった。 ▽デ・ビアージ氏を新指揮官に迎えたアラベスは、23日に行われる第6節でレアル・マドリーとホームゲームを戦う。 2017.09.23 06:14 Sat
twitterfacebook
thumb

元ミドルズブラ指揮官のカランカ氏がアラベスからの監督オファーを断る

▽元ミドルズブラ指揮官のアイトール・カランカ氏(44)が、アラベスからの監督就任オファーを断ったようだ。スペインのラジオ局『Cadena SER』が伝えている。 ▽アラベスは、今年6月に同クラブの指揮官に就任したルイス・スベルディア監督(36)を成績不振のため、17日に解任。後任監督としてアラベスは、元ミドルズブラ指揮官のカランカ氏へオファーをかけたが、カランカ氏は父親が亡くなったことを理由にこのオファーを断ったという。 ▽後任監督が白紙となったアラベスは、アシスタントコーチのハビエル・カベージョ氏(43)を暫定監督に指名している。 2017.09.19 01:47 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベス、リーガ開幕4戦全敗&無得点で監督交代

▽アラベスは17日、ルイス・スベルディア監督(36)の解任を発表した。 ▽スベルディア監督は今シーズンから指揮。FWムニル・エル・ハダディやFWボージャン・クルキッチらを補強し、今シーズンを迎えた。 ▽だが、その今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ開幕4戦全敗。さらに、未だに無得点と攻撃陣の不発が続いている。 2017.09.18 18:22 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナFWムニルがアラベスへレンタル移籍

▽アラベスは1日、バルセロナの元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2011年からバルセロナに在籍するアタッカーのムニルは、2014年にトップチームデビュー。しかし、バルセロナでは分厚い選手層に阻まれて出場機会に恵まれず、昨季はバレンシアにレンタル移籍。リーガエスパニョーラで34試合に出場して6ゴールをマークしていた。 ▽また、スペイン代表としては2014年9月にデビューを飾ったが、それ以降は招集されていない。 2017.09.02 06:19 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース