レーティング:レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
失点は致し方なし。ラッシュフォードとの一対一を止めるなど、逃げ切りに貢献

DF
2 カルバハル 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。攻守に安定感が光った

5 ヴァラン 6.0
同胞ポグバやルカクと激しい肉弾戦を演じる

4 セルヒオ・ラモス 6.0
コンディション面は今ひとつも相手のカウンターを冷静に封じた

12 マルセロ 5.5
得意の攻撃参加はさほど多くなかったが、ビルドアップや守備で貢献

MF
10 モドリッチ 6.5
背番号10の責任感か、より自分で仕掛けるプレーが目立った

14 カゼミロ 7.0
ストライカー顔負けの飛び出しとフィニッシュで値千金の先制点を奪取。攻守に存在感が光った

22 イスコ 6.5
らしいフィニッシュで決勝点を奪取。優れたキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・バスケス 5.5)
守備でチームを助けつつカウンターの担い手に

8 クロース 6.5
コンディションは万全ではないが、圧巻のキック精度で多くのチャンスに絡んだ

FW
9 ベンゼマ 6.0
ボールを収めて的確に捌くなど、きっちり前線で基準点となった

(→C・ロナウド -)

11 ベイル 6.5
移籍先候補に挙がる相手に対して、1アシスト。クロスバー直撃の惜しいシュートも放った

(→アセンシオ 5.5)
決定機に絡むなど、すんなりと試合に入った

監督
ジダン 6.5
終盤はコンディションの問題で劣勢も、試合全体を通してクオリティの差を見せ付けた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.5
失点はいずれもノーチャンス。クロースの強烈ミドルやベンゼマの決定機をきっちり防いだ

DF
2 リンデロフ 4.5
1失点目ではカゼミロに背後を取られる。判断に迷いがあり、要所で緩さが見えた

12 スモーリング 6.0
周囲の微妙な出来に引きずられることなく、デ・ヘアと共に守備を支えた

36 ダルミアン 5.0
献身的に守っていたが、要所で相手に剥がされてしまった

MF
25 バレンシア 5.5
1失点目ではカゼミロへの対応が中途半端だった。後半は盛り返す

21 エレーラ 5.5
攻守に及第点の出来。出足鋭い潰しも見せた

(→フェライーニ 6.0)
ゴールの起点になるなど、持ち味の強さと高さを見せた

31 マティッチ 6.0
強烈なミドルシュートでルカクのゴールを演出。後半は出足が鈍った相手に対して、優位性を保ったプレーを見せた

6 ポグバ 6.0
持ち味の身体能力を生かしたダイナミックなプレーを披露。自由な動きで攻撃に厚みを加えようと奔走

14 リンガード 5.0
守備に追われて攻撃参加はほとんどなかった

(→ラッシュフォード 5.5)
慣れないウイングバックでのプレーも仕掛ける姿勢は見せた

FW
22 ムヒタリャン 5.5
試合中盤までなかなか良い形で攻撃に絡めなかったが、終盤に多くのチャンスに絡んだ

9 ルカク 6.0
前線で一定の存在感をみせ、ストライカーらしいフィニッシュで公式戦初ゴール

監督
モウリーニョ 5.5
フィジカル勝負で終盤に盛り返したが、内容面では大きな差があった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを発揮。ゴールと持ち味の守備以外でも果敢な持ち上がりや局面を変えるパスなど、プレーの幅を広げようという向上心がうかがえる好パフォーマンス。新シーズンに更なる進化を遂げるか。

レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前24)
イスコ(後7)
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後17)

※マドリーが2年連続4度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーOBのグティ「ネイマールはマドリーに移籍する必要がある」

▽レアル・マドリーの下部組織であるフニベルAで指揮を執る元スペイン代表MFのグティ氏は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが成長を続けるためにはマドリーへの移籍が必要だと考えているようだ。スペイン『Cadena Ser』でのインタビューを『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽昨夏に移籍金の史上最高額となる2億2200万ユーロ(約297億円)でバルセロナからPSGに移籍したばかりのネイマール。PSG加入後は、ここまで公式戦29試合で29ゴールと期待以上の活躍を見せているが、早くもマドリー移籍の噂が熱を帯びている。 ▽そんな中、スペイン『Cadena Ser』のインタビューに応じたマドリーのOBであるグティ氏は、マドリー移籍の可能性が浮上するネイマールについて問われると、以下のようにコメントしている。 「ネイマールはマドリーに移籍する必要があると思っているよ。彼はパリ・サンジェルマンというビッグクラブにいるにもかかわらず、チャンピオンズリーグ以外で大きな舞台で戦う本物の彼を観ることができない。これはバルセロナに居た時と大きく違うことだ」 「彼が選手としてもっと成長し、より素晴らしいキャリアを築いていきたいなら、唯一の方法はマドリーに加わることだ」 ▽ジネディーヌ・ジダン監督の将来的な後任候補の1人とも目されるグティ氏は、その才能を高く評価するネイマールを自身の手で指導したいという気持ちもあるのかもしれない。 2018.02.23 03:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「誤解を生んでしまった」クルトワ、『僕の心はマドリッドにある』発言を釈明

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が、退団を希望していると解釈された自身の発言について釈明している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2011年から2014年までアトレティコ・マドリーへレンタルで移籍し、チェルシー復帰後守護神として君臨するクルトワ。チェルシーとの契約が来季限りとなっており、現在契約延長に向けた交渉が行われているが、進展していないとみられている。そんな中、かねてよりレアル・マドリーからの関心が伝えられているが、クルトワは先日『僕の心はマドリッドにある』と発言したことで、移籍を希望していると報じられた。 ▽しかし、クルトワは先日の発言が誤解されたものであると釈明。チェルシーでの生活に満足感を示し、契約延長への話し合いが継続していることを明かしている。 「将来についてハッキリしていないし、『僕の心はマドリッドにある』という僕の発言も誤解を生んでしまった。スペインのマドリッドには僕の息子が2人いる。そのような状況は簡単ではないんだ」 「ここでの契約もあと1年残っている。チェルシーで幸せだし、交渉も続けているんだ」 「彼らは僕がここに来た瞬間から信頼してくれた。それは忘れることはできないよ」 「フロレンティーノ・ペレスが僕に電話をしてくるとは思わない。僕の代理人に電話をすれば、彼がその話を聞くだろうね」 2018.02.22 11:21 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存マドリーがコパで敗れたレガネスにリベンジ! 延期試合を制して3位に浮上!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節延期分、レガネスvsレアル・マドリーが21日に行われ、アウェイのマドリーが3-1で逆転勝利した。 ▽マドリーのFIFAクラブ・ワールドカップ出場の影響で延期されていた第16節延期分。先週ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン相手に劇的な逆転勝利を飾ったマドリーは、先週末のベティス戦も5-3で勝利して公式戦3連勝を飾った。 ▽引き分け以上で3位浮上が懸かる13位レガネスとのマドリッド自治州ダービーに向けては、ベティス戦から5選手を変更。ケガのマルセロや休養が与えられたエースFWクリスティアーノ・ロナウド、守護神ケイロル・ナバスら一部主力に代わって、控えGKカシージャやテオ・エルナンデスと共にイスコ、ヴァラン、ベンゼマが先発に復帰した。なお、マルセロ、クロース、モドリッチの負傷者はいずれも招集外となった。 ▽コパ・デル・レイで敗れたレガネス相手にリベンジを目指すマドリーだったが、試合開始早々に出鼻をくじかれる。6分、レガネスの左CKの場面でニアで先に触られてフリックされると、これをゴール前のブスティンサにワンタッチで合わせられる。これはGKカシージャが何とかかき出すも、DFテオ・エルナンデスがこぼれ球をゴールライン上でクリアすると、不運にもブスティンサの頭に当ててしまい、跳ね返りがネットに吸い込まれた。 ▽前回対戦の悪夢が蘇るマドリーだったが、すぐさま反発力を見せる。11分、高い位置でのパスカットからベンゼマ、コバチッチ、カゼミロとペナルティアーク付近でダイレクトパスが繋がると、カゼミロが潰れながらも落としたボールに反応したボックス右のL・バスケスが右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽早々に試合を振り出したマドリーはここから一気に流れを掴む。この試合、2列目にL・バスケス、イスコ、アセンシオと並べ最前線にベンゼマを据えた[4-2-3-1]の布陣を採用したマドリーは、コバチッチとカゼミロの2センターハーフが入れ替わりで前に出てハイプレスや攻撃参加を見せる、流動的な動きで攻守にアグレッシブな姿勢を打ち出す。16分にはL・バスケスのパスからアセンシオに決定機も、ここはシュートがGK正面を突く。 ▽それでも、ベンゼマの絶妙なポストプレーを起点に連動した仕掛けを続けるマドリーは29分、鮮やかな連係から逆転に成功する。ボックス手前のベンゼマにクサビのパスを出したカゼミロがダイレクトのパス交換からゴール前に走り込むと、ベンゼマ、L・バスケスと繋がったパスが再びカゼミロに渡り、最後は冷静に右足のダイレクトシュートでゴール左隅に決めた。 ▽伏兵L・バスケスとカゼミロの連係による2ゴールで試合を引っくり返したマドリーは、その後も絶好調のベンゼマを起点に再三のチャンスを作りつつ、1点リードで試合を折り返す。一方、劣勢を強いられたホームのレガネスはハーフタイム明けにシオバス、グンバウを下げてマントヴァーニ、ルベン・ペレスを同時投入。前からの圧力を強めて反撃に出る。 ▽すると、後半は徐々に守備が機能し始めたレガネスの時間が続く。これに対してマドリーはDFセルヒオ・ラモスが今季5枚目のイエローカードをもらい、次節アラベス戦で出場停止となるなど、守勢を強いられる。63分には左サイドを崩されてエル・ザハルからニアに飛び込むボーヴュに決定的な折り返しを許すが、ここはGKカシージャのビッグセーブで何とか凌ぐ。 ▽その後は行ったり来たりのオープンな展開が続く中、なかなか追加点を奪えないマドリーは、試合終盤にベンゼマ、イスコを続けて下げてベイル、マルコス・ジョレンテの投入で試合を締めにかかる。すると、試合終了間際の90分に味方とのパス交換でゴール前に抜け出したコバチッチがDFに後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーのセルヒオ・ラモスが冷静に決めて勝負あり。苦しみながらもレガネスにコパのリベンジを果たしたマドリーが公式戦4連勝でバレンシアを抜き3位に浮上した。 2018.02.22 04:41 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサが狙うベジェリン、最大のライバルが横槍?

▽アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(22)に思わぬ移籍の噂が立っている。『ESPN』が報じた。 ▽22歳の快速サイドバックであるベジェリンは、パフォーマンスの高さと年齢から多くのクラブが獲得に興味を示している。 ▽今シーズンはアーセナルでより重要なポジションを任されており、プレミアリーグでは全試合で先発出場し2ゴールを記録している。 ▽最近は、アーセナルTVにて、常にチームを批判する人々を「本当のファンではない」とコメントし、炎上してしまう事態にも陥っていた。 ▽そんなベジェリンだが、スペインではレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今夏にトップターゲットにすると報道。かつてのライバルクラブへの“禁断の移籍”が実現する可能性もゼロではない。 ▽ベジェリンはバルセロナのカンテラ出身であり、2011年にアーセナルのユースチームへ移籍。2013年にトップチームへと昇格していた。 ▽古巣であるバルセロナが常にターゲットにしているベジェリンだが、まさかのマドリー移籍が起こるのだろうか。 2018.02.21 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース