レーティング:レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
失点は致し方なし。ラッシュフォードとの一対一を止めるなど、逃げ切りに貢献

DF
2 カルバハル 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。攻守に安定感が光った

5 ヴァラン 6.0
同胞ポグバやルカクと激しい肉弾戦を演じる

4 セルヒオ・ラモス 6.0
コンディション面は今ひとつも相手のカウンターを冷静に封じた

12 マルセロ 5.5
得意の攻撃参加はさほど多くなかったが、ビルドアップや守備で貢献

MF
10 モドリッチ 6.5
背番号10の責任感か、より自分で仕掛けるプレーが目立った

14 カゼミロ 7.0
ストライカー顔負けの飛び出しとフィニッシュで値千金の先制点を奪取。攻守に存在感が光った

22 イスコ 6.5
らしいフィニッシュで決勝点を奪取。優れたキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・バスケス 5.5)
守備でチームを助けつつカウンターの担い手に

8 クロース 6.5
コンディションは万全ではないが、圧巻のキック精度で多くのチャンスに絡んだ

FW
9 ベンゼマ 6.0
ボールを収めて的確に捌くなど、きっちり前線で基準点となった

(→C・ロナウド -)

11 ベイル 6.5
移籍先候補に挙がる相手に対して、1アシスト。クロスバー直撃の惜しいシュートも放った

(→アセンシオ 5.5)
決定機に絡むなど、すんなりと試合に入った

監督
ジダン 6.5
終盤はコンディションの問題で劣勢も、試合全体を通してクオリティの差を見せ付けた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.5
失点はいずれもノーチャンス。クロースの強烈ミドルやベンゼマの決定機をきっちり防いだ

DF
2 リンデロフ 4.5
1失点目ではカゼミロに背後を取られる。判断に迷いがあり、要所で緩さが見えた

12 スモーリング 6.0
周囲の微妙な出来に引きずられることなく、デ・ヘアと共に守備を支えた

36 ダルミアン 5.0
献身的に守っていたが、要所で相手に剥がされてしまった

MF
25 バレンシア 5.5
1失点目ではカゼミロへの対応が中途半端だった。後半は盛り返す

21 エレーラ 5.5
攻守に及第点の出来。出足鋭い潰しも見せた

(→フェライーニ 6.0)
ゴールの起点になるなど、持ち味の強さと高さを見せた

31 マティッチ 6.0
強烈なミドルシュートでルカクのゴールを演出。後半は出足が鈍った相手に対して、優位性を保ったプレーを見せた

6 ポグバ 6.0
持ち味の身体能力を生かしたダイナミックなプレーを披露。自由な動きで攻撃に厚みを加えようと奔走

14 リンガード 5.0
守備に追われて攻撃参加はほとんどなかった

(→ラッシュフォード 5.5)
慣れないウイングバックでのプレーも仕掛ける姿勢は見せた

FW
22 ムヒタリャン 5.5
試合中盤までなかなか良い形で攻撃に絡めなかったが、終盤に多くのチャンスに絡んだ

9 ルカク 6.0
前線で一定の存在感をみせ、ストライカーらしいフィニッシュで公式戦初ゴール

監督
モウリーニョ 5.5
フィジカル勝負で終盤に盛り返したが、内容面では大きな差があった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを発揮。ゴールと持ち味の守備以外でも果敢な持ち上がりや局面を変えるパスなど、プレーの幅を広げようという向上心がうかがえる好パフォーマンス。新シーズンに更なる進化を遂げるか。

レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前24)
イスコ(後7)
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後17)

※マドリーが2年連続4度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

ケパがレアル・マドリー移籍で合意の模様…年俸250万ユーロで6年契約を結ぶ見込み

レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオGKケパ・アリサバラガの獲得を決めたようだ。11日付のスペイン『マルカ』が1面で報じている。<br><br>レアル・マドリーはケパと移籍に関して合意に達しており、この冬の移籍市場が開くと同時に戦力に加える意向。契約期間は6年で、年俸は250万ユーロとなる見込みだ。<br><br>ケパとアスレティックの契約は今季限りとなっており、契約解除金は2000万ユーロに設定されている。アスレティックとの契約を延長する意思がないケパは、同クラブで出場機会を失い、スペイン代表としてロシア・ワールドカップに出場する可能性が絶たれる可能性を危惧して、この冬にレアル・マドリーに加わることを決断した模様だ。<br><br>なおレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長とアスレティックのホス・ウルティア会長の関係は冷え切っているが、ペレス会長はアスレティックに対して契約解除金以上の額となる2500万ユーロを支払うことを提案して、円満移籍の実現を目指すとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

3連覇目指すマドリーはPSGとチェルシーはバルセロナと対戦!《CL》

▽11日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われた。 ▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。大会2連覇中のレアル・マドリーや、バイエルンと同組ながら首位通過したパリ・サンジェルマン、CL最終節まで無敗を継続していたマンチェスター・シティといった強豪クラブが1位通過していた。 ▽連覇中のマドリーは、大型補強を敢行しCL制覇を目指すパリ・サンジェルマンと対戦。昨シーズンのプレミアリーグチャンピオンであるチェルシーは、今シーズンのリーガ・エスパニョーラで首位を走るバルセロナとの対戦が決まった。 ▽その他、バイエルンはベシクタシュと、ユベントスはトッテナムと、セビージャはマンチェスター・ユナイテッドとの対戦が決まった。 ▽ラウンド16は2月13日、14日、20日、21日に1stレグ、3月6日、7日、13日、14日に2ndレグが行われる。 ◆CLラウンド16組み合わせ ユベントス vs トッテナム バーゼル vs マンチェスター・シティ ポルト vs リバプール セビージャ vs マンチェスター・ユナイテッド レアル・マドリー vs パリ・サンジェルマン シャフタール・ドネツク vs ローマ チェルシー vs バルセロナ バイエルン vs ベシクタシュ 2017.12.11 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

クラブ・ワールドカップへ意気込むケイロル・ナバス「簡単な大会ではない」

▽レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、13日に控えるクラブ・ワールドカップ(CWC)初戦に向けて意気込みを語っている。スペイン『マルカ』がFIFA.comでのインタビューを伝えた。 ▽昨シーズンのヨーロッパ王者であるマドリーは、13日に準々決勝で浦和レッズを破った開催国王者のアル・ジャジーラと対戦する。前大会では、決勝で鹿島アントラーズを下し優勝。連覇を目指す戦いが始まる。 ▽各大陸の王者が集結するCWCは、毎年のことながらヨーロッパ王者が楽々と優勝するだろうとの見方が大半だ。それでも、昨年のCWC決勝では格下と思われていた鹿島相手に1度は逆転を許し、延長戦までもつれ込む激戦を繰り広げた経験から、ケイロル・ナバスはCWCが簡単な大会ではないことを強調している。 「人々はクラブ・ワールドカップを簡単な大会だと思っているようだが、それは間違いだ。レベルがそれほど高くないリーグのチームだからといって、そのチームのレベルが低いと決め付けるべきではない」 「僕たちはそれぞれの試合に集中しなければならない」 ▽2年連続での出場となったマドリー。果たして、史上初の2連覇を達成することはできるのだろうか。 2017.12.11 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今夜CLラウンド16抽選会! 2位通過のチェルシーは困難な相手が確定

▽11日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われる。 ▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。その中で、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ドルトムントが3位に終わり、ヨーロッパリーグへと回ることが決定した。 ▽大会2連覇中のレアル・マドリーや、バイエルンと同組ながら首位通過したパリ・サンジェルマン、CL最終節まで無敗を継続していたマンチェスター・シティといった強豪クラブが1位通過している。 ▽一方で、2位通過となったクラブの中で、チェルシーは難しい組み合わせになる可能性が高い。ラウンド16では、同じコンペティションのクラブとの対戦が回避される。昨シーズンのヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドが出場したことで、イングランドのクラブは5つ参加。5クラブともにラウンド16へと進んだが、チェルシー以外の4クラブが首位通過し、チェルシーのみ2位通過に。また、ローマはグループステージで同居したために排除されるため、選択肢はバルセロナ、ベシクタシュ、パリ・サンジェルマンの3つとなる。 ▽また、バルセロナから見れば、レアル・マドリー、セビージャは同じコンペティション、ユベントスがグループステージで同居したため、5クラブが候補に。バイエルン、チェルシーを避けられれば、ベスト8進出は固いと言える。 ▽注目の抽選会は、11日の20時から。ラウンド16は2月13日、14日、20日、21日に1stレグ、3月6日、7日、13日、14日に2ndレグが行われる。 ◆グループ1位通過 バルセロナ ベシクタシュ リバプール マンチェスター・シティ マンチェスター・ユナイテッド パリ・サンジェルマン ローマ トッテナム ◆グループ2位通過 バーゼル バイエルン チェルシー ユベントス ポルト レアル・マドリー セビージャ シャフタール・ドネツク 2017.12.11 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドこそNo1プレーヤー! マルセロ「彼の比較は無理」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを「世界最高の選手」と評した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨シーズンにレアル・マドリーのリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)連覇、史上初のCL5年連続得点王に輝いたC・ロナウド。2年連続のバロンドール受賞に輝き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並ぶ史上最多5度目の“世界最高選手”の栄誉を手にした。 ▽レアル・マドリーで不動の左サイドバックに君臨するマルセロは、スペイン『マルカ』のインタビューでかつての英雄たちを引き合いに出して、良きチームメートであるC・ロナウドのバロンドール受賞の正当性を次のように主張した。 「僕にとって、クリスティアーノこそ世界最高の選手だ」 「(ディエゴ・)マラドーナやペレのプレーを見たことはない。でも、彼(C・ロナウド)と比較できる選手なんて存在しない」 2017.12.11 14:45 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース