レーティング:レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
失点は致し方なし。ラッシュフォードとの一対一を止めるなど、逃げ切りに貢献

DF
2 カルバハル 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。攻守に安定感が光った

5 ヴァラン 6.0
同胞ポグバやルカクと激しい肉弾戦を演じる

4 セルヒオ・ラモス 6.0
コンディション面は今ひとつも相手のカウンターを冷静に封じた

12 マルセロ 5.5
得意の攻撃参加はさほど多くなかったが、ビルドアップや守備で貢献

MF
10 モドリッチ 6.5
背番号10の責任感か、より自分で仕掛けるプレーが目立った

14 カゼミロ 7.0
ストライカー顔負けの飛び出しとフィニッシュで値千金の先制点を奪取。攻守に存在感が光った

22 イスコ 6.5
らしいフィニッシュで決勝点を奪取。優れたキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・バスケス 5.5)
守備でチームを助けつつカウンターの担い手に

8 クロース 6.5
コンディションは万全ではないが、圧巻のキック精度で多くのチャンスに絡んだ

FW
9 ベンゼマ 6.0
ボールを収めて的確に捌くなど、きっちり前線で基準点となった

(→C・ロナウド -)

11 ベイル 6.5
移籍先候補に挙がる相手に対して、1アシスト。クロスバー直撃の惜しいシュートも放った

(→アセンシオ 5.5)
決定機に絡むなど、すんなりと試合に入った

監督
ジダン 6.5
終盤はコンディションの問題で劣勢も、試合全体を通してクオリティの差を見せ付けた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.5
失点はいずれもノーチャンス。クロースの強烈ミドルやベンゼマの決定機をきっちり防いだ

DF
2 リンデロフ 4.5
1失点目ではカゼミロに背後を取られる。判断に迷いがあり、要所で緩さが見えた

12 スモーリング 6.0
周囲の微妙な出来に引きずられることなく、デ・ヘアと共に守備を支えた

36 ダルミアン 5.0
献身的に守っていたが、要所で相手に剥がされてしまった

MF
25 バレンシア 5.5
1失点目ではカゼミロへの対応が中途半端だった。後半は盛り返す

21 エレーラ 5.5
攻守に及第点の出来。出足鋭い潰しも見せた

(→フェライーニ 6.0)
ゴールの起点になるなど、持ち味の強さと高さを見せた

31 マティッチ 6.0
強烈なミドルシュートでルカクのゴールを演出。後半は出足が鈍った相手に対して、優位性を保ったプレーを見せた

6 ポグバ 6.0
持ち味の身体能力を生かしたダイナミックなプレーを披露。自由な動きで攻撃に厚みを加えようと奔走

14 リンガード 5.0
守備に追われて攻撃参加はほとんどなかった

(→ラッシュフォード 5.5)
慣れないウイングバックでのプレーも仕掛ける姿勢は見せた

FW
22 ムヒタリャン 5.5
試合中盤までなかなか良い形で攻撃に絡めなかったが、終盤に多くのチャンスに絡んだ

9 ルカク 6.0
前線で一定の存在感をみせ、ストライカーらしいフィニッシュで公式戦初ゴール

監督
モウリーニョ 5.5
フィジカル勝負で終盤に盛り返したが、内容面では大きな差があった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを発揮。ゴールと持ち味の守備以外でも果敢な持ち上がりや局面を変えるパスなど、プレーの幅を広げようという向上心がうかがえる好パフォーマンス。新シーズンに更なる進化を遂げるか。

レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前24)
イスコ(後7)
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後17)

※マドリーが2年連続4度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

タレントの松田るかさんが“2017-18 WOWOWリーガール”に就任!「リーガダイジェスト!」は今年で10周年!

▽WOWOWは21日、19日に開幕した「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 2017-18シーズン」の「リーガダイジェスト!」初回放送分の収録を行い、“2017-18 WOWOWリーガール”にタレントとして活躍中の松田るかさんが就任したことを発表した。 ▽WOWOWはこの日、メディア向けのスタジオ収録見学会を実施。新シーズンのリーガ・エスパニョーラを盛り上げるだけでなく、彩る存在として6代目のリーガールに就任した松田さんも、お披露目も兼ねて今回の収録に初登場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wowow20170821_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽松田さんは沖縄県出身の21歳。『仮面ライダーエグゼイド』ではヒロイン役の仮野明日那役、ポッピーピポパポ役で出演している。松田さんは、今後、今年で番組放送10周年目を迎える「リーガダイジェスト!」のみならず、ヘタフェに所属する元日本代表MF柴崎岳の最新情報を中心にネット配信する新番組「リーガダイジェストNEXT」などを通じて、彼女ならではの視点からリーガ・エスパニョーラの魅力を伝えていく。 ★「リーガダイジェスト!」 【放送日】8月21日(月)〜 毎週月曜 夜8:00 週末に開催されたリーガの全試合全ゴールをお届けしてきた「リーガダイジェスト!」。10周年を迎える今シーズンは、放送時間を10分拡大し、リーガの魅力によりディープに迫る。 ★「リーガダイジェストNEXT」 【放送日】8月24日(木)〜 毎週木曜 夜8:00 日本人情報や現地最新映像、プレー解説などを中心にお届けするネット配信の新番組! 2017.08.21 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕戦で退場のセルヒオ・ラモスがリーガ最多退場記録に並ぶ

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録に並んだ。 ▽18日に新シーズンの開幕を迎えたリーガエスパニョーラ。マドリーは、アウェイでデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦。3-0で勝利したが、セルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手をヒジ打ちし、2枚目のイエローカードを受けて退場処分となっていた。 ▽セルヒオ・ラモスは、これによりリーガエスパニョーラで18回目の退場処分となり、かつてバルセロナやアトレティコ・マドリー、セビージャなどでプレーしたパブロ・アルファロ氏、レアル・サラゴサなどでプレーしたシャビ・アグアード氏に並んでしまった。 2017.08.21 12:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、今月中にもレアル・マドリーとの新契約にサインか

▽レアル・マドリーと元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)は、今月中にも新契約締結に至るようだ。スペイン『アス』がフランス『Le Journal du Dimanche』の情報を基に伝えた。 ▽2009年夏からレアル・マドリーでプレーするベンゼマが新たに契約を結ぶのは今回で2度目。新契約の期間は2021年6月までとみられ、昇給も見込まれているという。 ▽ベンゼマは、これまで公式戦通算368試合182得点103アシストをマーク。2度のリーガエスパニョーラ、3度のチャンピオンズリーグ優勝を経験するなど数々のトロフィー獲得に貢献してきた。 ▽なお、今シーズンもここまでUEFAスーパカップの1試合、スーペル・コパの2試合、リーガエスパニョーラの1試合に出場。スーペル・コパ2ndレグで今シーズンの公式戦初ゴールを記録している。 2017.08.21 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス退場も王者レアル・マドリーが鬼門リアソール攻略で快勝スタート《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第1節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽昨季王者のレアル・マドリーは、4日前に行われたバルセロナとのスーペル・コパ2ndレグを2-0と快勝。UEFAスーパーカップ、スーペル・コパを制して既に今季2つのタイトルを獲得した中、バルセロナ戦のスタメンから4選手を変更。ヴァランやアセンシオがベンチスタートとなって温存されていたイスコやカゼミロ、ベイルらがスタメンとなった。 ▽鬼門リアソールでのデポルティボ戦に向けて、3トップに右からベイル、ベンゼマ、イスコと並べる[4-3-3]で臨んだレアル・マドリーがアグレッシブな入りを見せる。しかし、開始5分にピンチを迎える。 ▽ナチョに競り勝ったアンドネにボックス左に侵入されシュートを打たれた。決定的だったが、GKケイロル・ナバスが好守で凌ぐ。続く8分にもディフェンスライン裏に抜け出たアンドネがGKと一対一となるも、ここもケイロル・ナバスがファインセーブで止めると、20分に先制した。 ▽モドリッチのミドルシュートをGKが弾くと、ルーズボールをベンゼマがフリーのベイルへパス。ベイルは無人のゴールに押し込んだ。さらに26分、ボックス左のマルセロの鋭いグラウンダークロスをファーサイドのカゼミロが押し込んだ。ハーフタイムにかけてはレアル・マドリーが主導権を握ったまま、前半を終えた。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込む展開としたものの、59分にピンチ。左CKの流れからアンドネのヘディングシュートが枠に飛んだが、ゴールライン前のセルヒオ・ラモスがカットした。 ▽ひやりとしたレアル・マドリーは61分にベイルの直接FKでゴールに迫ると、62分に突き放した。ボックス左に侵入したベイルのマイナスの折り返しを、クロースが丁寧にゴールへ流し込んだ。 ▽その後、自陣でのミスパスからギジェルメにバー直撃のシュートを浴びたものの、余裕のレアル・マドリーはイスコに代えてアセンシオを、ベイルに代えてL・バスケスを投入していく。 ▽終盤の88分、カルバハルがPKを献上したものの、キッカーのアンドネのシュートをGKケイロル・ナバスがセーブ。追加タイム2分に競り合いの際にヒジ打ちをしたとしてセルヒオ・ラモスが2枚目のイエローカードを受けて退場となったが、レアル・マドリーが3-0で快勝。鬼門リアソールを攻略し、快勝スタートとしている。 2017.08.21 07:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスがコバチッチ獲得へ約96億円のオファーもマドリーは拒否

▽レアル・マドリーは、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)に対するユベントスからのオファーを拒否したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユベントスは、コバチッチに対し7500万ユーロ(約96億3000万円)のオファーを出したとのこと。しかし、マドリーはこのオファーを拒否したようだ。コバチッチは、2013年1月に1100万ユーロ(約14億1200万円)でディナモ・ザグレブからインテルへと移籍。2015年夏に3100万ユーロ(約39億8000万円)でマドリーに加入していた。 ▽ユベントスは、先日パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得。そのため、コバチッチに対しては金額を改めてオファーを出す気はないようだ。 ▽コバチッチは、シーズン開幕前に行われたスーペル・コパのバルセロナ戦で2試合に出場。チームの今季初タイトル獲得に貢献していた。 2017.08.20 11:20 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース