レーティング:レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
失点は致し方なし。ラッシュフォードとの一対一を止めるなど、逃げ切りに貢献

DF
2 カルバハル 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。攻守に安定感が光った

5 ヴァラン 6.0
同胞ポグバやルカクと激しい肉弾戦を演じる

4 セルヒオ・ラモス 6.0
コンディション面は今ひとつも相手のカウンターを冷静に封じた

12 マルセロ 5.5
得意の攻撃参加はさほど多くなかったが、ビルドアップや守備で貢献

MF
10 モドリッチ 6.5
背番号10の責任感か、より自分で仕掛けるプレーが目立った

14 カゼミロ 7.0
ストライカー顔負けの飛び出しとフィニッシュで値千金の先制点を奪取。攻守に存在感が光った

22 イスコ 6.5
らしいフィニッシュで決勝点を奪取。優れたキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・バスケス 5.5)
守備でチームを助けつつカウンターの担い手に

8 クロース 6.5
コンディションは万全ではないが、圧巻のキック精度で多くのチャンスに絡んだ

FW
9 ベンゼマ 6.0
ボールを収めて的確に捌くなど、きっちり前線で基準点となった

(→C・ロナウド -)

11 ベイル 6.5
移籍先候補に挙がる相手に対して、1アシスト。クロスバー直撃の惜しいシュートも放った

(→アセンシオ 5.5)
決定機に絡むなど、すんなりと試合に入った

監督
ジダン 6.5
終盤はコンディションの問題で劣勢も、試合全体を通してクオリティの差を見せ付けた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.5
失点はいずれもノーチャンス。クロースの強烈ミドルやベンゼマの決定機をきっちり防いだ

DF
2 リンデロフ 4.5
1失点目ではカゼミロに背後を取られる。判断に迷いがあり、要所で緩さが見えた

12 スモーリング 6.0
周囲の微妙な出来に引きずられることなく、デ・ヘアと共に守備を支えた

36 ダルミアン 5.0
献身的に守っていたが、要所で相手に剥がされてしまった

MF
25 バレンシア 5.5
1失点目ではカゼミロへの対応が中途半端だった。後半は盛り返す

21 エレーラ 5.5
攻守に及第点の出来。出足鋭い潰しも見せた

(→フェライーニ 6.0)
ゴールの起点になるなど、持ち味の強さと高さを見せた

31 マティッチ 6.0
強烈なミドルシュートでルカクのゴールを演出。後半は出足が鈍った相手に対して、優位性を保ったプレーを見せた

6 ポグバ 6.0
持ち味の身体能力を生かしたダイナミックなプレーを披露。自由な動きで攻撃に厚みを加えようと奔走

14 リンガード 5.0
守備に追われて攻撃参加はほとんどなかった

(→ラッシュフォード 5.5)
慣れないウイングバックでのプレーも仕掛ける姿勢は見せた

FW
22 ムヒタリャン 5.5
試合中盤までなかなか良い形で攻撃に絡めなかったが、終盤に多くのチャンスに絡んだ

9 ルカク 6.0
前線で一定の存在感をみせ、ストライカーらしいフィニッシュで公式戦初ゴール

監督
モウリーニョ 5.5
フィジカル勝負で終盤に盛り返したが、内容面では大きな差があった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを発揮。ゴールと持ち味の守備以外でも果敢な持ち上がりや局面を変えるパスなど、プレーの幅を広げようという向上心がうかがえる好パフォーマンス。新シーズンに更なる進化を遂げるか。

レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前24)
イスコ(後7)
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後17)

※マドリーが2年連続4度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

コバチッチ、退団希望をロペテギ監督に通達

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が、退団希望をフレン・ロペテギ監督に伝えたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コバチッチは、2015年夏に推定3000万ユーロ(現在のレートで約39億2000万円)の移籍金でインテルからマドリーに加入。しかし、これまでの3シーズンの間にレギュラーを掴むことはできておらず、6月下旬には『マルカ』のインタビューで「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」と語っていた。 ▽当然、コバチッチの移籍は既定路線と見られており、それはロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝メンバーになっても変わっていない。W杯決勝の5日後である7月20日にロペテギ監督と面会したコバチッチは、可能な限り早く将来を決定したい、と伝えたという。その深刻さ故に、マドリー側がコバチッチを引き留めることは事実上不可能だと考えるようになったと、『マルカ』は伝えている。 ▽マンチェスター・シティやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど名だたるクラブからの関心が囁かれているコバチッチ。退団する場合の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約65億3000万円)に昇ると試算されている。 2018.07.22 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー入団ヴィニシウスが意気込み! 「ネイマールが僕のアイドル」

▽レアル・マドリーの入団会見に登場したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、新天地での意気込みを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーは昨年の5月に“次代のネイマール”と称されるヴィニシウスの加入内定を発表。移籍金は4500万ユーロ(現在のレートで約58億7000万円)と伝えられており、当時16歳だった同選手としては破格の契約だ。 ▽そんなヴィニシウスも今年の7月に18歳となり、20日にプレゼンテーションで契約書にサイン。正式な入団を果たし、晴れてチャンピオンズリーグ3連覇チーム、“ロス・ブランコス”の一員となった。 ▽新たなキャリアの1ページに、ヴィニシウスは以下のように意気込んでいる。 「ネイマールが僕のアイドルだ。僕だけでなくブラジル人みんなが彼を追いかけているよ」 「(フレン・)ロペテギ監督は何をすべきかいつも話してくれる。ディフェンスの必要に迫られた時にやり過ぎだし、ドリブルが出来なくなると言われるよ。僕はいつも得点を目指すべきなんだ」 「(チームメートの)みんなが僕の憧れだよ。ビデオ・ゲームの中でした見たことのなかった彼らと、今では一緒に練習できるんだ。言葉で表せないよ」 「目標は勝つこと。僕は勝利に憑りつかれているし、それがレアル・マドリーに来た理由だ」 「僕は左でプレーするし、右もできるよ。レアル・マドリーには残る。何試合かはレアル・マドリー・カスティージャでプレーするかどうか、まだ決めていない」 「自分のスタイルはネイマールに似ていると思う。(元ブラジル代表の)ロナウドと比べられるけど、どちらも偉大だね」 ▽スペインでの生活に慣れるため、数カ月間はBチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性が伝えられているヴィニシウス。適応力を発揮し、トップチームで活躍することはできるのだろうか。 2018.07.22 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&代理人がミラン移籍報道を徹底否定

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の代理人が、ミラン移籍の噂を断固否定した。スペイン『アス』が報じている。 ▽イタリア『スカイ』が先日に伝えたところでは、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行ったという。具体的な契約内容まで約束され、ミラン側が1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意するまでに至ったとされていた。 ▽上記の内容は、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏からの情報を基にしたものだ。高い信憑性を誇ることで知られる同氏だが、今回ばかりは当てを外したかもしれない。ベンゼマの代理人であるカリム・ジャジリ氏が、自身のツイッターアカウント(@KDjaziri)を通じて以下のように否定した。 「ディ・マルツィオはピエロだ。自分の名声を高めるための戯言だし、本当に笑わせてくれる」 ▽また、ベンゼマ本人も自身のインスタグラム(karimbenzema)を更新し、激しく否定している。 「ディ・マルツィオ、君は新しい仕事を探す必要があるみたいだ。#嘘つき」 ▽なお、現在では両投稿ともに削除済みだ。『アス』は、これらのベンゼマに関する噂はマドリーのフレン・ロペテギ監督が最終的な決断を下すまで続くだろう、伝えている。 2018.07.22 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがW杯で株急騰のトリッピアーをマーク?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(27)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽2015年からトッテナムでプレーするトリッピアーは、今夏のロシア・ワールドカップでベスト4入りしたイングランド代表の一員として、抜群のキック精度を披露。グループステージ最終節のベルギー代表戦を除く6試合に出場し、準々決勝のクロアチア代表戦で直接FKから得点もマークした。 ▽今夏にレアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したレアル・マドリーだが、トリッピアーにも興味を示している様子。トッテナムは、2022年まで残すトリッピアーを手放すとなれば、移籍金5000万ポンド(約73億1000万円)を求めるとみられる。 2018.07.22 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「うわぁ」「おぉ」「すげえ」レアル加入ヴィニシウス、超絶ループで百戦錬磨の選手たちに感嘆の声を上げさせる

先にレアル・マドリーに加入したブラジル人FWヴィニシウスは、百戦錬磨の選手たちに対しても驚きを与えるプレーを披露している。<br><br>チャンピオンズリーグ三連覇を果たし、欧州最強の集団として君臨するレアル・マドリー。しかし4500万ユーロという破格の移籍金でフラメンゴから加わった18歳のブラジル人FWは、そんなチームの中でも輝きを放てる器のようだ。<br><br>それは、21日の練習での出来事だった。世界トップレベルの選手たちとミニゲームに興じるヴィニシウスは、ミドルレンジから虚をつく右足ループシュートでゴールを狙った。高く浮かび上がったボールはGKアンドリー・ルニンの頭上を越えて、見事枠内に収まっている。<br><br>このゴラッソ(ファインゴール)に、チームメートたちは「うわぁ」「おぉ」「すげえ」などと感嘆の声を上げていた。<br><br>今季はレアル・マドリーのトップチームとBチームを行き来しながらプレーすることが見込まれるヴィニシウスだが、早い段階でトップチームに定着できるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.22 00:14 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース