レーティング:レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
失点は致し方なし。ラッシュフォードとの一対一を止めるなど、逃げ切りに貢献

DF
2 カルバハル 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。攻守に安定感が光った

5 ヴァラン 6.0
同胞ポグバやルカクと激しい肉弾戦を演じる

4 セルヒオ・ラモス 6.0
コンディション面は今ひとつも相手のカウンターを冷静に封じた

12 マルセロ 5.5
得意の攻撃参加はさほど多くなかったが、ビルドアップや守備で貢献

MF
10 モドリッチ 6.5
背番号10の責任感か、より自分で仕掛けるプレーが目立った

14 カゼミロ 7.0
ストライカー顔負けの飛び出しとフィニッシュで値千金の先制点を奪取。攻守に存在感が光った

22 イスコ 6.5
らしいフィニッシュで決勝点を奪取。優れたキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・バスケス 5.5)
守備でチームを助けつつカウンターの担い手に

8 クロース 6.5
コンディションは万全ではないが、圧巻のキック精度で多くのチャンスに絡んだ

FW
9 ベンゼマ 6.0
ボールを収めて的確に捌くなど、きっちり前線で基準点となった

(→C・ロナウド -)

11 ベイル 6.5
移籍先候補に挙がる相手に対して、1アシスト。クロスバー直撃の惜しいシュートも放った

(→アセンシオ 5.5)
決定機に絡むなど、すんなりと試合に入った

監督
ジダン 6.5
終盤はコンディションの問題で劣勢も、試合全体を通してクオリティの差を見せ付けた

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.5
失点はいずれもノーチャンス。クロースの強烈ミドルやベンゼマの決定機をきっちり防いだ

DF
2 リンデロフ 4.5
1失点目ではカゼミロに背後を取られる。判断に迷いがあり、要所で緩さが見えた

12 スモーリング 6.0
周囲の微妙な出来に引きずられることなく、デ・ヘアと共に守備を支えた

36 ダルミアン 5.0
献身的に守っていたが、要所で相手に剥がされてしまった

MF
25 バレンシア 5.5
1失点目ではカゼミロへの対応が中途半端だった。後半は盛り返す

21 エレーラ 5.5
攻守に及第点の出来。出足鋭い潰しも見せた

(→フェライーニ 6.0)
ゴールの起点になるなど、持ち味の強さと高さを見せた

31 マティッチ 6.0
強烈なミドルシュートでルカクのゴールを演出。後半は出足が鈍った相手に対して、優位性を保ったプレーを見せた

6 ポグバ 6.0
持ち味の身体能力を生かしたダイナミックなプレーを披露。自由な動きで攻撃に厚みを加えようと奔走

14 リンガード 5.0
守備に追われて攻撃参加はほとんどなかった

(→ラッシュフォード 5.5)
慣れないウイングバックでのプレーも仕掛ける姿勢は見せた

FW
22 ムヒタリャン 5.5
試合中盤までなかなか良い形で攻撃に絡めなかったが、終盤に多くのチャンスに絡んだ

9 ルカク 6.0
前線で一定の存在感をみせ、ストライカーらしいフィニッシュで公式戦初ゴール

監督
モウリーニョ 5.5
フィジカル勝負で終盤に盛り返したが、内容面では大きな差があった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを発揮。ゴールと持ち味の守備以外でも果敢な持ち上がりや局面を変えるパスなど、プレーの幅を広げようという向上心がうかがえる好パフォーマンス。新シーズンに更なる進化を遂げるか。

レアル・マドリー 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前24)
イスコ(後7)
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後17)

※マドリーが2年連続4度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマ獲得狙うアーセナル、レアル・マドリーに入札か

▽アーセナルがレアル・マドリーに所属する元フランス代表MFカリム・ベンゼマ(29)獲得に乗り出しているようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽以前からベンゼマに関心を寄せているとされてきたアーセナル。MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの2枚看板が今シーズン限りで退団することを懸念するアーセン・ヴェンゲル監督は、金に糸目をつけず、ベンゼマ獲得に動く意向を示しているという。 ▽そのベンゼマは、今シーズンのここまで公式戦8試合に出場して2得点1アシスト。ストライカーとしては物足りなさを残すものの、FWクリスティアーノ・ロナウドの良きパートナーとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を寄せられている。 ▽だが、フロレンティーノ・ペレス会長は、先月9月に契約延長に達したばかりのフランス人ストライカーに関して、魅力的なオファーが届けば売却を考慮。そして、『Don Balon』も「時が来た」とベンゼマに移籍の可能性が高まっているとの見解を示している。 2017.10.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、クルトワに来夏オファーを確約か

▽チェルシーの絶対的守護神であるベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が来夏のレアル・マドリー移籍に向かっているようだ。スペイン『Diario Gol』が報じた。 ▽レアル・マドリーのGK人事を巡っては、以前から様々な噂が錯綜。レアル・マドリーの現守護神であるGKケイロル・ナバスを評価していないフロレンティーノ・ペレス会長は、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアをトップターゲットに定めているようだが、獲得困難であることから、クルトワに対する関心を強めているという。 ▽また、ペレス会長は、クルトワの元恋人と2人の子供が現在、生活拠点をマドリッドに置いていることを注視。子供らとの同居を希望するクルトワとも接触済みで、本人に来夏のオファーを約束したとのことだ。 2017.10.19 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズのモドリッチ2世、本家との初マッチアップに「彼とのプレーは特別だった」

▽トッテナムは、17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリー戦を1-1のドローで終えた。この試合でフル出場を果たしたイングランド代表MFハリー・ウィンクスが、少年時代からの憧れのプレーヤーとのマッチアップを振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽トッテナムのアカデミー育ちのウィンクスは、2008年にディナモ・ザグレブからトップチームに加入したクロアチア代表MFルカ・モドリッチを常に目標に掲げ、日々研鑽を積んで来た。そして、17日に行われた試合でアンカーでフル出場した同選手は、その憧れのモドリッチやもう1人の名手トニ・クロースと幾度となくマッチアップした。 ▽ウィンクスは、自身のプレーするポジションで世界屈指の評価を集める2選手とのマッチアップが非常に厳しいものだったと振り返りつつも、憧れのモドリッチとのプレーを楽しんだと語っている。 「僕が子供時代にアカデミーに通っていたとき、彼(モドリッチ)のことをいつもホワイト・ハート・レーンで見ていたんだ」 「僕は今でも彼のことを尊敬しているし、彼は本当に素晴らしいワールドクラスのプレーヤーなんだ。彼と対峙してプレーできたことは特別なことだったよ」 「彼とクロースは2人のワールドクラスだ。僕自身、憧れのプレーヤーたちだから、少し意識してしまう部分もあったよ。だけど、それを一旦脇に置いて通常のゲームで普段の相手とプレーするような意識でプレーしていた」 ▽また、ウィンクスはチームに勝ち点1をもたらすビッグセーブを連発した守護神のウーゴ・ロリスを絶賛している。 「彼は世界最高クラスのキーパーだよ。ベンゼマの決定機を彼がどのように止めたのか、理解できないよ。あんなセーブは他の人にはなかなかできるものではないし、だからこそ彼が世界最高のキーパーの1人なんだ」 2017.10.19 00:49 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルGKナバス、トッテナム戦の引き分けに「満足できない」…来月の再戦に向け意気込み

レアル・マドリーGKケイラー・ナバスは、トッテナム戦の結果は満足できるものではないと語っている。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、レアル・マドリーはホームでトッテナムと対戦。ラファエル・ヴァランのオウンゴールで先制点を許したマドリーだが、45分にクリスティアーノ・ロナウドがPKから得点を挙げて追いつき、グループHの首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。<br><br>FWハリー・ケインの決定機を何度も防ぐなど、勝ち点1の獲得に貢献したナバスは、試合後『アンテナ3』で「この結果に満足なんてできない。僕たちは勝利を求めていたよ。神様のおかげで良いプレーはできた」とパフォーマンスを評価したものの、ホームでの引き分けに不満があると語った。<br><br>続けて「彼らにもチャンスはあったし、僕らもそうだった。とても良い試合だったと思う。(ウーゴ・)ロリスはいくつかビッグセーブを見せていた。何度かチャンスがあったが、思うようにはいかなかった。常にクリーンシートを目指しているが、(失点の場面は)どうしようもなかった。でも、次は得点を許さず、勝利できることを願っている」とコメントを残している。<br><br>この引き分けで、マドリーとトッテナムはともに2勝1分けの勝ち点7で並んでいる。この2チームは、2週間後の11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマの敏腕ディレクター・モンチ、マドリーDFナチョを1月のターゲットに?

▽ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(27)に興味を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーの下部組織出身のナチョ。昨シーズンからコンスタントに出場するようになった同選手は、今シーズンもここまで公式戦9試合に出場するなど、ジネディーヌ・ジダン監督にとって欠かせない選手となりつつある。 ▽しかし、『アス』は、ナチョが継続した出場機会を得られないことに満足していないと推測。イタリア『Calciomercato』の報道を基に、ディフェンスライン全般をカバーできるユーティリティ性を持つ同選手の獲得にローマが乗り出すのではないかと伝えており、クラブのスポーツ・ディレクターを勤めるモンチ氏が熱心な動きをみせているようだ。 ▽また、『アス』によると、マドリーとの契約を2020年までとしているナチョに対しては、ローマが昨夏にも獲得に動いていたようで、現在はイギリスやドイツ方面からも触手が伸びてきているという。 2017.10.18 17:00 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース