ニース加入のスナイデルが意気込み 「タイトルを獲得するためニースに来た」2017.08.08 23:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースへの加入が決定したオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(33)が、新天地での意気込みを語った。同クラブの公式ツイッターが8日、新10番のコメントを伝えている。

▽これまでアヤックスやレアル・マドリー、インテルでプレーしたスナイデルは、今夏にガラタサライとの契約を双方合意の下で解消。新天地に注目が集まる中、昨シーズンのリーグ・アンを3位で終えたニース行きを決断し、契約延長オプション付きの1年契約にサインした。

▽スナイデルはニースを新天地に選んだ理由に関して以下のように語っている。

「僕は自分のキャリアにおいて、常に新たな挑戦を見つけてきた。同時にまだタイトルを獲得したい。そのためにニースに来たんだ」

「今は誇らしい気持ちだ。歓迎も素晴らしいものだったよ。僕はチームを助けるためにここへ来たし、良い感覚でトレーニングもできている。それにニースは美しい都市だ。もちろん、僕はスポーツ面を重視してここに来た」

「僕はこのチームとプレースタイルが気に入り、リーグ・アンにやってきた。だから、移籍の決断は簡単なものだった」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、冬のコウチーニョ獲得への動きはなし?

▽バルセロナは、今冬の移籍市場でのリバプールMFフィリペ・コウチーニョ(26)獲得に前向きではないもようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でコウチーニョ獲得に向けて巨額オファーを提示したものの、リバプールがすべて拒絶。コウチーニョ自身がバルセロナ移籍を希望しているとみられていたこともあり、移籍市場を賑わせていた。 ▽バルセロナは冬の移籍市場でもコウチーニョを引き続き狙うことが考えられていた。しかし、『ミラー』によればバルセロナは冬の移籍市場ではニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の獲得に力を入れるもようで、そのことによりコウチーニョへの関心は薄れる見込みだ。 ▽ただ、バルセロナは来夏に再びコウチーニョ獲得に動くかどうか考慮中だとのことで、リバプールは引き続き慰留への戦いが待っているかもしれない。 2017.09.15 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナDFマルロン、ニースへ2年レンタル移籍

▽バルセロナは29日、U-23ブラジル代表DFマルロン(21)がニースへレンタル移籍することを発表した。期間は2018-19シーズン終了後までの2年間となっている。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したセンターバックのマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。今年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。 2017.08.30 06:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、CL強行出場を告白「ケガが治っていなかったがチームを助けたかった」

ニースのFWマリオ・バロテッリが27日、インスタグラムを更新し、今後の挽回を約束した。<br><br>バロテッリは今夏、筋肉系のトラブルを抱え、スタートが出遅れた。しかし、22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ、ニース対ナポリ戦の2ndレグには先発し、新加入のMFヴェスレイ・スナイデルとの相乗効果が期待された。だがバロテッリは精彩を欠き、チームは0-2で敗戦。バロテッリが欠場した26日のリーグ・アン第4節アミアン戦でもニースは0-3と完敗し、批判が高まっている。このためバロテッリはインスタグラムを更新し、ファンへ挽回を予告した。またナポリ戦の際、ケガから回復しておらず、強行出場だったことも告白している。<br><br>「ニースが不振から抜け出せるよう、自分の力を出し切りたい。オレがプレーしたこの間の試合(ナポリ戦)はまだケガが完治していなかった。復帰までの時間をスピードアップして、コンディションは50%にも達していない状態だった。復帰を急いだのは、チームの助けになりたかったからだけど、皆が知っているようにオレにはそれができなかった」<br><br>「4日間、風邪をひいてしまい今は病み上がりの状態。だからアミアン戦を欠場したんだ。物事が上手く進まない時にオレを攻撃するのはいつも簡単だろう。オレは悲しくなるけど、同時に誇りにも感じる。皆がオレのことをまだ信じてくれている証拠だからだ。ヤジった人たちは間違っていたと証明することがオレにできるすべてだ。子供は転ぶけど、大人は立ち上がる。オレたちは大人なのだから、怒らずに前を向こう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.28 19:19 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏3度目のバルサvsPSGが勃発!? バルサ関心のセリをPSGが急襲か

▽バルセロナが関心を示しているニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)に関して、パリ・サンジェルマン(PSG)が横槍を入れているようだ。選手の代理人であるフランクリン・マラ氏がカタルーニャのラジオ局『RAC1』で明かした。 ▽中盤の補強を目指すバルセロナは、セリと4年契約で合意。ニースとは移籍金4000万ユーロ(約52億円)で合意したと報じられていた。しかし、現在のとこと正式な契約は結ばれていない。 ▽そんな中、またしてもバルセロナの前にPSGが立ちはだかるとのこと。マラ氏によると、PSGがセリの獲得に動き、バルセロナへの移籍を阻もうとしているようだ。 「バルセロナとニースは交渉していたし、合意に達することができた」 「火曜日、彼らはフランスにおり、技術面について話していた。しかし、彼らは既にセリの能力については知っていた」 「PSGは3日前にやってきたんだ。今、PSGは選手を獲得するため、クラブに圧力をかけている。それはクレイジーだよ。彼らはバルサを邪魔したいだけなんだ」 ▽今夏の移籍市場において、バルセロナとPSGの間にはいくつかの衝突が起きている。まずは、バルセロナが獲得を目指していたイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに関しては、PSGが放出を拒否。一方で、PSGは市場高額となる2億2200万ユーロ(約291億円)の契約解除金を支払い、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得していた。 ▽セリの件によって、今夏3度目の両クラブ間での争いが起こることになるが、PSGが3連勝を果たすことはあるのだろうか。一部では、バルセロナが撤退するとの報道もあるが結末は…。 2017.08.24 11:11 Thu
twitterfacebook
thumb

獲得寸前から一転、バルサがセリを諦める?今夏ここまでの獲得費総額は106億円

ニースに所属するMFジャン・ミシェル・セリ獲得に迫っていたバルセロナだが、最終的に同選手を引き入れる可能性を除外した模様だ。<br><br>先週セリの代理人と接触したバルセロナは、4年契約で選手との個人合意にこぎ着けたとみられていた。そして22日には、移籍金4000万ユーロ(約52億円)でニースとも合意間近であることがと伝えられた。<br><br>しかし一転、バルセロナはセリ獲得から撤退したという。エルネスト・バルベルデ監督とコーチングスタッフが、コートジボワール代表MF獲得に難色を示したためだとされる。<br><br>バルセロナは今夏FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍で2億2200万ユーロ(約290億円)という大金を懐に入れた。ここまでFWジェラール・デウロフェウの買い戻しに1200万ユーロ、DFネウソン・セメド獲得に3000万ユーロ、MFパウリーニョ獲得に4000万ユーロと、選手獲得に総額8200万ユーロ(約106億円)を費やしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.24 01:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース