ニース加入のスナイデルが意気込み 「タイトルを獲得するためニースに来た」2017.08.08 23:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースへの加入が決定したオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(33)が、新天地での意気込みを語った。同クラブの公式ツイッターが8日、新10番のコメントを伝えている。

▽これまでアヤックスやレアル・マドリー、インテルでプレーしたスナイデルは、今夏にガラタサライとの契約を双方合意の下で解消。新天地に注目が集まる中、昨シーズンのリーグ・アンを3位で終えたニース行きを決断し、契約延長オプション付きの1年契約にサインした。

▽スナイデルはニースを新天地に選んだ理由に関して以下のように語っている。

「僕は自分のキャリアにおいて、常に新たな挑戦を見つけてきた。同時にまだタイトルを獲得したい。そのためにニースに来たんだ」

「今は誇らしい気持ちだ。歓迎も素晴らしいものだったよ。僕はチームを助けるためにここへ来たし、良い感覚でトレーニングもできている。それにニースは美しい都市だ。もちろん、僕はスポーツ面を重視してここに来た」

「僕はこのチームとプレースタイルが気に入り、リーグ・アンにやってきた。だから、移籍の決断は簡単なものだった」

コメント

関連ニュース

thumb

劇的OG弾で4連勝のラツィオがグループKを首位で通過! ズルテ・ワレヘムが今季EL初勝利でニースとの2位争いに名乗り《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループK第4節のラツィオvsニースが2日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。この結果、グループステージ4連勝を飾ったラツィオの首位通過が決定した。 ▽全勝で首位に立っているラツィオ(勝ち点9)が、2勝1敗で2位につけるニースを本拠地スタディオ・オリンピコに迎えた一戦。今節の勝利でGS首位通過の決まるラツィオは、直近に行われたセリエA第11節ベネヴェント戦から先発を6人変更。インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、パローロらに代えてカイセドやナニ、ムルジャらを先発で起用した。 ▽一方、前回対戦で敗戦を喫したニースは、直近に行われたリーグ・アン第11節パリ・サンジェルマン戦から先発を5人変更。GKカルディナーレやバロテッリ、ルサンバらに代えてGKワルテル・ベニテスやプレア、コジエッロらが先発した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中、23分にニースはダンテのロングパスからボックス右に走り込んだメルがダイレクトボレーで合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽対するラツィオは、31分に左CKのこぼれ球をボックス手前のマルシッチがダイクレトシュート。しかし、このシュートは相手DFに当たりゴール右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、一進一退の展開が続くとラツィオが先に動く。59分、ナニとムルジャを下げてミリンコビッチ=サビッチとルリッチを投入する2枚替えを敢行。対するニースは66分、スナイデルを下げてルサンバをピッチに送り出した。 ▽ラツィオは74分、J・ルカクを下げてパローロを投入し、3枚の交代カードを使い切った。しかし、直後にチャンスを迎えたのはニース。77分、スルーパスで右サイドを突破したワルテルの折り返しをニア走り込んだプレアが合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれる。 ▽攻勢を強めたいニースは、80分にメルを下げてバロテッリを投入したが、ゴール前で集中した守りを見せるラツィオ守備陣を崩し切れない。 ▽試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムに試合が動く。93分、ルイス・アルベルトの右CKをニアサイドに走り込んだパローロが頭でフリックすると、このボールがル・マルシャンに当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的オウンゴール弾で4連勝を飾ったラツィオが、グループKを首位で通過した。 ▽また、同日に行われたグループKもう一試合のフィテッセvsズルテ・ワレヘムは0-2でズルテ・ワレヘムが勝利。試合は開始早々の3分にボードリーのゴールでズルテ・ワレヘムが先制。 ▽リードして後半を迎えたズルテ・ワレヘムは、70分にもカヤのゴールで追加点を奪うとそのまま逃げ切りに成功。今季EL初勝利を飾った。 ▽この結果、ラツィオ(勝ち点12)がグループKを首位通過。ラツィオに連敗を喫したニース(勝ち点6)が2位、今節勝利したズルテ・ワレヘム(勝ち点4)が3位、フィテッセ(勝ち点1)が4位となっている。 2017.11.03 07:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ファブレ、バロテッリの代表招集待望論に「ニースの試合を見てくれれば良い」

ニースの指揮官ルシアン・ファブレが1日、ヨーロッパリーグ(EL)第4節ラツィオ戦の前日記者会見に臨んだ。<br><br>ニースはリーグ・アンにおいて4連敗を喫しており、降格圏が間近の17位と低迷している。ELではグループKにおいて首位ラツィオに続く2位につけているが、前節では同クラブをホームに迎えて1-3で敗れた。ファブレ監督は前節を振り返りつつ、意気込みを語る。<br><br>「前節では良い試合ができていたが、集中力が切れた。その後何が起こったかは皆知っている。明日は、最後まで高いレベルで試合をすることが重要だ。65分だけでは足りない。より高い集中力が必要だ。現在6ポイントで突破を信じているが、良いチームが相手なので全力で挑みたい」<br><br>ニースのエースであるFWマリオ・バロテッリは今シーズン、リーグ・アンで7試合に出場5得点、ELでは3試合に出場2得点1アシストと好調だ。10日および13日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフにおいて、バロテッリの母国イタリアはスウェーデンと対戦する。代表メンバーは4日に発表されるが、バレンシアのFWシモーネ・ザザと並び、イタリア代表への招集が期待されているバロテッリについて、ファブレは自身の見解を示した。<br><br>「バロテッリを代表に呼ぶべき? それは私の仕事ではない。彼がニースで良いプレーをしてくれることが私にとっては重要。それ以外の判断は代表監督がするべきことだ。だがニースの試合で彼がどんなプレーを見せているかを皆で見てくれても良い」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.02 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール不在もPSGがカバーニの2発などで低迷するニースに快勝!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第11節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsニースが27日にパルク・デ・プランスで行われ、3-0でPSGが勝利した。 ▽リーグ無敗で首位に立つPSGが、ホームに14位に低迷するニースを迎えた一戦。前節のマルセイユ戦をカバーニの劇的FK弾でドローに持ち込んだPSGは、その一戦から先発を5人変更。出場停止のネイマールやモッタ、ムニエ、クルザワらに代えてディ・マリアやドラクスラー、ダニエウ・アウベス、キンペンベらを先発に起用した。 ▽一方、前節は昇格組のストラスブールに敗れるなど、躍進した昨年の勢いが影を潜めているニース。リーグ屈指の強豪PSGとの一戦に向けてファブレ監督は、バロテッリやスナイデル、ダンテら主力を先発に並べた。 ▽試合は開始早々に動く。3分、左サイド深くでユーリがルサンバに倒されFKを獲得。ディ・マリアのFKをニアサイドに走り込んだカバーニがダイビングヘッドでゴールに流し込み、PSGが先制に成功した。 ▽対するニースは10分、ミドルサードでボールを受けたバロテッリが持ち上がりボックス左手前からシュートを放つが、これはゴール右に逸れた。 ▽膠着状態が続く中、31分にPSGが追加点を奪う。左サイドからカットインしたディ・マリアが前線にループパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したカバーニが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽続く39分にはボックス左から仕掛けたムバッペのクロスからディ・マリアにチャンスが生まれるも、シュートはGKカルディナーレのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も先にスコアを動かしたのはリードするPSG。53分、右クロスのセカンドボールをバイタルエリア左で拾ったユーリがワンテンポ置いてからクロスを供給。これをゴール右に走り込んだカバーニが頭で折り返すと、ゴール前の混戦からダンテのオウンゴールを誘い、追加点を奪った。 ▽PSGは61分にも、バイタルエリア左からダイアゴナルに切り込んだムバッペがボックス右からシュート。しかし、これは右サイドネットに外れた。3点をリードするPSGは、66分にラビオを下げてロ・セルソを投入。 ▽危なげない試合展開を見せると、80分にムバッペを下げてパストーレ、85分にカバーニを下げてルーカス・モウラを投入し試合をクローズ。ネイマール不在の中、エースFWカバーニの2ゴールなどでニースに快勝したPSGが首位を快走している。 2017.10.28 05:43 Sat
twitterfacebook
thumb

練習中に厳しいタックルは禁止?パリSGのネイマールへの“VIP待遇”契約条件とは

パリ・サンジェルマンは、FWネイマールに&ldquo;VIP待遇&rdquo;を約束しているという。フランス『パリジャン』が伝えた。<br><br>パリSGは今夏、巨額を投じてバルセロナからネイマールを獲得。バルセロナとの契約解除を成立させるべく、クラブが支払った額は2億2200万ユーロ(約286億円)だ。<br><br>ネイマール獲得に際して、パリSGは特別な条件を契約に盛り込んでいた模様だ。そこには練習中にチームメートがネイマールに対して厳しいタックルをしないこと、試合においては守備のタスクが軽減されること、個別に2人のフィジカルトレーナーを付けることなどが付け加えられていたという。<br><br>また、2018-19シーズンからは、新たな条件が加えられることになるようで、そこには「ネイマールをPKキッカーに指名する」旨が記されるとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.25 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リーガ移籍に関心のバロテッリ「マドリーが好きだがバルサに呼ばれても嘆かない」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、リーガエスパニョーラで覇権を争う2つのクラブに対する憧れを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アンと、欧州各国のリーグを経験しているバロテッリは現在、リーガへの移籍に興味を示しているようだ。同選手は、その件について冗談めかしつつ語った。 「俺はレアル・マドリーが好きだ。でも、もしバルセロナからお呼びがかかったとしても、嘆きはしないだろう」 ▽また、バロテッリは2013年1月の移籍市場でマンチェスター・シティからミランに移籍したが、その当時にユベントスとの交渉も行われていたことを明かした。 「最初はユベントスと話していたんだ。でも俺はミランと契約を結ぶことを決めた。ロッソネリ(ミラン)のファンで、(当時のミランの最高経営責任者(CEO)アドリアーノ・)ガッリアーニがそこに居たんだ。彼とは仲が良い」 ▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、昨年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると同選手は、加入初年度の昨シーズンにリーグ・アン23試合15得点を記録。さらに、今シーズンも第10節終了時点でリーグ・アン6試合5得点の活躍をみせ、再度評価を高めている。 2017.10.23 14:09 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース