京都が甲府の現役J1最年長DF土屋征夫を期限付き移籍で獲得「全てをチームに尽くしていきたい」2017.08.08 17:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は8日、ヴァンフォーレ甲府のDF土屋征夫(43)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は41。契約により、今シーズンの甲府との公式戦には出場できない。

▽土屋はヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)やヴィッセル神戸、柏レイソル、大宮アルディージャでプレーし、2013年から甲府に所属。甲府では2014年こそケガの影響で出場機会がなかったが、3シーズンに渡ってディフェンスラインを形成。しかし、今シーズンはここまでリーグ戦で出場機会がなかった。土屋は両クラブを通じてコメントしている。

◆京都サンガF.C.
「このたび京都サンガF.C.に加入することになりました土屋征夫です。クラブの目標であるJ1昇格のために、自分の持てる力、経験、全てをチームに尽くしていきたいと思います。ファン・サポーターの皆さまに少しでも早く認めていただけるようプレーしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします」

◆ヴァンフォーレ甲府
「甲府に来て4年半が経ちましたが、まずJ1の舞台で戦わせてくれたことに感謝したいと思います。甲府は良いチームで、フロント、現場のスタッフ、そしてチームメイト、素晴らしい仲間と一緒に戦えたことを誇りに思います。自分のサッカー人生の中で、素晴らしい時間でしたし、すべてに感謝したいと思います」

「ここで過ごした4年半の中で、試合に出ているとき、出ていないとき、怪我をしていたときにファン・サポーターのみなさんが僕を支え続けてくれたので、ここまでやってこれましたし、大怪我から復活もできたと思います」

「これから先も、今まで僕が歩んできたサッカー人生での経験、また、甲府で培ったことを自分のできる範囲で今までと変わりなく京都でも発揮したいと思います」

「最後に、今回は急な移籍となり、ファン・サポーターのみなさんにしっかりとした挨拶をすることが出来ず、本当に申し訳なく思っています。これからも自分なりに、サッカー人生を全うしていきたいと思います。4年半本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

讃岐、北野誠監督との契約更新を発表

▽カマタマーレ讃岐は12月1日、北野誠監督と契約を更新したことを発表した。 ▽京都パープルサンガ(現京都サンガ)で指導者としての道を歩み始めた北野監督は、2009年にロアッソ熊本の監督に就任し、初めてプロクラブを率いた。2010年からは讃岐を指揮し、来シーズンで在籍9年目を迎える北野監督に対し、クラブの代表取締役社長の山下幸男氏からは以下のコメントが送られている。 「クラブの財務規模が小さく、また練習環境が整っていないなど厳しい条件の中、J2残留を果たしてくれた手腕を高く評価し、来シーズンも引き続きチームの指揮をお願いしました。 来シーズンも地域を元気にするために、より上の順位で戦うことを期待していますが、クラブとしても練習環境の整備や財務基盤の強化に努めることなどで監督、チームとともに頑張っていきたいと考えています」 「来シーズンも引き続き、応援、ご支援のほど、よろしくお願いいたします」 2017.12.01 20:21 Fri
twitterfacebook
thumb

京都FWケヴィン・オリスが退団「全てに感謝しています」

▽京都サンガF.C.は1日、FWケヴィン・オリス(32)の契約満了を発表した。 ▽ベルギー出身のケヴィン・オリスは、ルーセラーレやロンメルユナイテッドなどベルギーの複数クラブでプレーした後、2012年に韓国の大田シチズンに加入。その後、全北現代や中国の遼寧宏運、仁川ユナイテッドでのプレーを経て2017年に京都に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合に出場して6ゴールを記録している。 ▽退団が決定したケヴィン・オリスはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「京都サンガF.C.にしていただいたこと、全てに感謝しています。サンガの未来に大きな幸福があること、そして、少しでも早く昇格を達成することを祈っています。ありがとうございました」 2017.12.01 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

京都、MFハ・ソンミンと契約満了 わずか1年で退団

▽京都サンガF.C.は30日、韓国人MFハ・ソンミン(30)との契約満了を発表した。 ▽ハ・ソンミンは、Kリーグクラシックの蔚山現代から今シーズン入団。ボランチを主戦場とし、明治安田生命J2リーグ25試合の出場をマークした。 2017.11.30 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

京都、DF内田恭兵の契約満了を発表 「這い上がっていけるよう精進」

▽京都サンガF.C.は29日、DF内田恭兵(25)との契約満了を発表した。 ▽内田は、2015年に関西大学から入団。在籍3年目の今シーズンは、加入後ワーストとなる明治安田生命J2リーグ9試合の出場にとどまった。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズンで京都サンガF.C.を離れることとなりました。3年間、伝統あるこのチームで選手として戦えたことを誇りに思います。J1昇格を果たせず悔しい気持ちと、どんなに厳しい状況でもこのチーム、さらには僕自身を支えて下さった全ての関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。僕は、次のステージで皆さんの耳に届くぐらい活躍して、這い上がっていけるよう精進して参ります。3年間ありがとうございました」 2017.11.29 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、布部陽功監督の続投を発表 指揮初年度の今季J2を12位フィニッシュ

▽京都サンガF.C.は25日、布部陽功監督(44)の契約更新を発表した。 ▽昨シーズンまで柏レイソルでヘッドコーチを務めた布部監督は、今シーズンから京都監督に就任。初年度の明治安田生命J2リーグを14勝15分け13敗の12位でシーズンを終えた。 ▽京都で2年目のシーズンを迎えることになった布部監督は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズンの応援、本当にありがとうございました。2018シーズンも引き続き指揮を執らせて頂くことになりました。今年の積み上げを更に増やし、チームとして成長する姿を、支援・応援してくださっている皆さまに見て頂けるよう、引っ張っていきたいと思います。皆で戦い、全てを乗り越えた先にあるものを信じて進んで行きます。引き続き、チーム・選手たちへの応援をお願いいたします」 2017.11.25 16:55 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース