岡山FW赤嶺真吾が右脛骨近位部骨挫傷で全治6~8週間2017.08.08 12:06 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は8日、FW赤嶺真吾の負傷を発表した。

▽赤嶺は5日に行われた明治安田生命J2リーグ第26節の京都サンガF.C.戦で負傷。先発出場を果たすも、36分にFW藤本佳希と交代していた。

▽クラブの発表によると、赤嶺は右脛骨近位部骨挫傷と診断。全治は6~8週間とのことだ。赤嶺は今シーズンの明治安田生命J2リーグで11試合に出場し7得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

山形、新潟でのプレー経験を持つFWブルーノ・ロペスを獲得! 2011年にはJ1で13発

▽モンテディオ山形は16日、アルビレックス新潟でのプレー経験を持つブラジル人FWブルーノ・ロペス(31)の加入を発表した。メディカルチェック後に正式契約をするとのこと。背番号は「50」に決定している。 ▽2004年にフィゲイレンセとプロ契約締結後、ブラジル複数クラブを渡り歩いていたブルーノ・ロペスは2011年から2013年まで新潟へ期限付き移籍で加入してプレー。2011年にはJ1リーグでチームトップの13ゴールを決めていた。その後はタイ・プレミアリーグのラーチャブリー、インドネシア・スーパーリーグのプルシジャ・ジャカルタなどでプレーし、今シーズンはマレーシア・スーパーリーグのケランタンに加入していた。 ▽山形はブルーノ・ロペスの特徴を「フィジカルの強さとスピードを生かした縦への推進力とヘディングの強さを持つ。両足からの強烈なシュートを得意とし、ミドルシュートでのゴールも多い」と紹介している。 2018.07.16 10:48 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山、横浜FCからMFジョン・チュングンを期限付き移籍で獲得

▽ファジアーノ岡山は16日、横浜FCから韓国人MFジョン・チュングン(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2018年12月31日まで。背番号は「37」に決定しており、横浜FCと対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽韓国出身のジョン・チュングンは、2017年にフランスのFCナントBから横浜FCに加入。2017シーズンは明治安田生命J2リーグで37試合7ゴール3アシストを記録した。今シーズンはここまでJ2リーグで17試合に出場していた。 ▽岡山への期限付き移籍が決定したジョン・チュングンは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「横浜FCから期限付き移籍で加入することになりました、ジョン チュングンです。今回の豪雨災害では、岡山県でも甚大な被害があったことをニュースで知り、心を痛めていました。一日も早い復興を心から願っています」 「これからファジアーノ岡山の一員として自分のストロングポイントである、スピードを活かしたプレーでチームの勝利に貢献できるよう全力で頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「シーズン途中ですが、ファジアーノ岡山に期限付き移籍することになりました。1試合でも多く試合に出場し、成長した姿を横浜FCサポーターの皆さんにも見ていただけるように、頑張ってきたいと思います」 2018.07.16 10:38 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山、広島DF高橋壮也が期限付き加入! 「精一杯走ります」

▽ファジアーノ岡山は10日、サンフレッチェ広島に所属するDF高橋壮也(22)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日までとなる。 ▽島根県出身の高橋は、広島の提携スクールであるサンフレッチェくにびき出身で、立正大学淞南高校に進学。2014年に広島入団を果たした。昨シーズンこそ明治安田生命J1リーグ21試合に出場したが、今シーズンは出番がなかった。 ▽シーズン途中で出場機会を求めて移籍することになった高橋は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして、サンフレッチェ広島から加入した高橋壮也です。このたびの大雨の被害に遭われた岡山の皆さまへ、お見舞い申し上げます。これから、ファジアーノ岡山のJ1昇格に貢献できるように精一杯走ります。応援をよろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「このたびの豪雨で被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 サンフレッチェ広島に加入してからの4年半、お世話になりました。今年はなかなかチームの力になれませんでしたが、J1で優勝することを願っています。ファジアーノ岡山では自分らしく頑張ってきたいと思います。今後とも応援をよろしくお願いします」 2018.07.10 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

28分間の再開試合で岡山の猛攻を耐え抜いた東京Vが4連勝で昇格PO圏内の6位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節、ファジアーノ岡山vs東京ヴェルディの再開試合が27日にシティライトスタジアムで行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。 ▽5月18日に行われた試合は開始20分にFW藤本のプロ初ゴールで東京Vが先制して前半を1点リードで折り返すも、62分に雷雨の影響で試合途中に中止が決まり、約1カ月後に同時間帯からの再開試合となった。 ▽前回対戦時の先発からのメンバー変更では岡山に変更はなかったが、東京Vは負傷の若狭に代わって畠中が入り、中断前の60分に交代していた藤本に代わってそのまま田村が起用された。また、ベンチメンバーでは岡山はU-19日本代表招集中の阿部に代わって後藤、東京Vは畠中の先発繰り上げ、契約解除のカルロス・マルティネスに代わって内田、アラン・ピニェイロが新たに登録された。 ▽62分、岡山の左CKで再開された試合はいきなり見せ場が訪れる。CKの二次攻撃から右サイドに流れたボールを拾い仲間がグラウンダーのクロス。これを齊藤が右足ボレーで合わせるが、枠の右隅を捉えたシュートはGK上福元がビッグセーブで防ぐ。 ▽その後もパワープレーとロングスロー、セットプレーから東京Vを自陣深くに押し込んだ岡山は齊藤のヘディングシュートなどでゴールに迫るが、相手のブロックなどに阻まれて同点ゴールとはならない。 ▽岡山ペースが続く中、選手交代で戦況への変化を試みる両ベンチ。岡山は79分に大竹、86分には武田、リカルド・サントスと攻撃的なカードを切る。一方、東京Vは内田、アランの投入で高さと守備の強度を加える。 ▽4分のアディショナルタイムを含めて最後まで猛攻を見せた岡山だったが、GK上福元を中心とする東京Vの堅守をこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。再開前の藤本のプロ初ゴールを泥臭く守り切った東京Vは4連勝で昇格プレーオフ圏内の6位に浮上。一方、猛攻実らず敗れた岡山は5戦未勝利となった。 2018.06.27 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今季岡山加入のMFデューク・カルロス、全治4〜6週間の負傷離脱

▽ファジアーノ岡山は25日、MFデューク・カルロスの負傷離脱を発表した。 ▽デューク・カルロスは20日の練習中に負傷。左大腿部肉離れで全治4〜6週間の見込みだ。 ▽川崎フロンターレの下部組織で育ったデューク・カルロスは、岡山に今シーズン入団。ここまで出番がない。 2018.06.25 18:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース