名古屋が横浜FMのDF新井一耀を期限付き移籍で獲得2017.08.08 11:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは8日、横浜F・マリノスのDF新井一耀(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。背番号は「2」をつける。なお、今シーズンの横浜FMとの公式戦には出場できない。

▽新井は、2016年に順天堂大学から横浜FMへと入団。1年目はリーグ戦で5試合に出場するなど、公式戦12試合に出場。今シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合に出場していた。新井は両クラブを通じてコメントしている。

◆名古屋グランパス
「横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入することになりました。J1昇格に向けてチームに少しでも貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」

◆横浜F・マリノス
「名古屋グランパスに期限付き移籍することになりました。成長して帰って来られるように頑張ります。1年半ありがとうございました。そして、引き続き応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル人トリオで3発! G大阪との乱打戦制した名古屋が白星発進《J1》

▽24日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のガンバ大阪vs名古屋グランパスは、アウェイの名古屋が3-2で勝利した。 ▽レヴィー・クルピ新体制で3年ぶりのタイトルを狙うG大阪は、右足首痛で出遅れる今野の欠場により、高卒ルーキーの福田を市丸の相方としてボランチで起用する大胆采配。2年ぶりのJ1となる風間体制2年目の名古屋は、新加入のジョーを最前線に置き、U-18所属で高校2年生の菅原をセンターバックの一角に抜擢した。 ▽試合は、序盤から互いの攻撃的な姿勢がぶつかり合う展開となる。その中、G大阪は13分、後方からのロングフィードに反応した倉田が敵陣左サイド深くでタックルを試みた菅原を突破。最後はボックス左寄りの位置から遠藤が倉田の横パスを右足インサイドで合わせてボールをゴール左下に沈め、ホームのG大阪が先制した。 ▽失点した名古屋だが、26分にガブリエル・シャビエルとジョーによる新たなホットラインが機能。相手の不揃いな最終ラインのスペースで味方のパスを受けたジョーが縦にドリブルを仕掛けて並走するガブリエル・シャビエルにパスを出す。これに反応したガブリエル・シャビエルが左足で合わせ、名古屋が追いついた。 ▽リードを失ったG大阪は、やや名古屋に押し込まれ始めたものの、序盤から積極果敢な仕掛けで存在感を高めるファン・ウィジョが44分に三浦のパスカットを繋いで右足シュート。これがゴール左上角に飛んだが、新戦力GKランゲラックのビッグセーブに阻まれてしまう。結局、試合は一進一退の展開でハーフタイムを迎えた。 ▽その後半、名古屋が逆転。51分、敵陣左サイドの位置でFKのチャンスを得ると、キッカーのガブリエル・シャビエルが左足で丁寧にクロスボールを供給する。これに反応した三浦とファビオだが、重なってボールがホーシャの元へ。このこぼれ球をフリーで拾った新加入のホーシャが決め、名古屋がスコアをひっくり返した。 ▽追いかける展開を強いられたG大阪は、浦和レッズから新加入の矢島、高校2年生ルーキーの中村を立て続けに投入。すると、79分、その中村が起点となり、オ・ジェソクが右サイドを抜け出して右足で中央にクロスボールを供給する。これに反応した長沢が菅原の制止を振り切って頭でねじ込み、G大阪がイーブンに戻した。 ▽だが、名古屋は84分、G大阪の押せ押せムードを尻目にカウンター。長谷川アーリアジャスールのパスを途中出場の八反田がワンタッチで最終ラインの背後に流す。これに反応したジョーがGK東口の股下を抜く右足シュートを決め、名古屋が再びリードした。結局、これが決勝点となり、乱打戦を制した名古屋がJ1復帰初戦を白星スタートで飾っている。 2018.02.24 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】攻撃志向者が激突! 両軍共に開幕戦で若手大抜擢か《G大阪vs名古屋》

▽J創設25周年という節目のシーズン──Jリーグ史上初の金曜日開催となる23日より、2018年の明治安田生命J1リーグが開幕。そして、24日、ガンバ大阪と名古屋グランパスという攻撃志向者の率いる2チームが、今シーズンから新たに名称変更のパナソニック スタジアム 吹田で激突する。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃スタイル披露なるか、復権の第一歩〜ガンバ大阪〜</span> ▽ここ2年間無冠に終わり、5年間に及ぶ長谷川健太政権に終止符を打ったG大阪。チームスローガンは「奪還」で、今シーズンから新たに招へいした元セレッソ大阪指揮官のレヴィー・クルピ監督に再建段階にあるチームの命運を託す。その今シーズンから戦い方も、前任の規律だった守備的なスタイルから一転して、個々のタレント力を生かしたより自由度の高い攻撃的なスタイルに。再び西の横綱に返り咲くためにも、開幕戦白星発進で気持ち良く今シーズンのスタートを切りたい。 <span style="font-weight:700;">◆J1で通じるか、1年積み上げの攻撃サッカー〜名古屋グランパス〜</span> ▽一方、昨年の明治安田生命J2リーグをプレーオフ制覇の末に勝ち上がり、“18番目のチーム”としてJ1復帰を果たした名古屋。今シーズンは、2年ぶりとなるJ1凱旋のシーズンとなる。その中で、指揮官もJ2を戦った昨年に引き続き、風間八宏監督が続投。アクションサッカーを志向とする風間監督の下、チームスローガン「攻める」を合言葉に、昨年に1年間積み上げてきた攻撃的なスタイルで高みを目指す。風を吹かすためにも、開幕戦は白星で飾りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆乱打戦の様相!?</span> ▽両者の対戦成績は、リーグ戦とJリーグカップ戦を含む直近5試合で1勝3分け1敗の五分。得点数において、両チーム合わせて21得点が生まれており、打ち合いの展開が多き一戦となる。今シーズンから攻撃サッカーを掲げるレヴィー・クルピ監督がG大阪を率いることから、これまで以上に激しい乱打戦が繰り広げられる可能性も十分にありそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:福田湧矢、市丸瑞希、ファン・ウィジョ、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿 監督:レヴィー・クルピ ▽フォーメーションは、形を帯びつつある[4-2-3-1]が有力。だが、FWアデミウソンとMF今野泰幸がケガで出遅れ、この開幕戦に間に合わず、定まり始めた先発の顔ぶれにおいて、レヴィー・クルピ監督はさっそく再考を強いられている。その中で、高卒ルーキーのMF福田湧矢が21日のミニゲームでプレーしたボランチとして、MF市丸瑞希と共に先発の可能性。浦和レッズから加入して話題を呼んだMF矢島慎也の可能性もあるが、ベンチスタートの様相だ。 <span style="font-weight:700;">◆名古屋グランパス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、菅原由勢、ホーシャ、秋山陽介 MF:和泉竜司、小林裕紀、長谷川アーリアジャスール FW:青木亮太、ジョー、ガブリエル・シャビエル 監督:風間八宏 ▽布陣は、[4-3-3]が決定的。先発メンバーに関して、コリンチャンスからの加入で多くの注目を集めた昨年のブラジル全国選手権得点王の元ブラジル代表FWジョーは、昨年途中からの加入で出色のパフォーマンスを披露したMFガブリエル・シャビエルと揃ってスタートからピッチに立つことになりそうだ。また、最終ラインにおいて、17日に来日したばかりの新戦力DFホーシャと共に、U-18所属のU-17日本代表DF菅原由勢に開幕スタメンの可能性が高まっている。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF市丸瑞希(ガンバ大阪)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、MF遠藤保仁の後継者としての台頭が期待される市丸だ。これまで世代別代表でこそパサーとして存在感を高めたものの、所属クラブで遠藤や今野、MF井手口陽介(現クルトゥラル・レオネサ)との熾烈な定位置争いを強いられ、トップチームで出場機会を増やした同じくユース出身で同世代のDF初瀬亮や、MF堂安律(現フローニンヘン)、FW高木彰人に遅れを取る格好に。だが、C大阪で数多くの若手を育て上げた新任のレヴィー・クルピ監督は「ヤットのような選手に」と期待大。ブレイクの1年にするためにも、先発濃厚な名古屋戦で結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">◆MF青木亮太(名古屋グランパス)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、名古屋の注目選手は、昨年にJ2ながらブレイクを果たした生え抜きのMF青木亮太だ。昨年、風間監督の下でチャンスを掴むと、J2リーグ26試合に出場して11ゴールをマーク。ドリブル、パス、シュートなど攻撃的なセンスに優れた選手として一躍脚光を浴びた。今シーズンからチームがJ1に舞台を移したことで、対戦相手のレベルも一段上がることになるが、ジョーや、ガブリエル・シャビエルと共に躍進のキーマンの1人。まだ粗削りな才能だが、大化けする期待値も高く、日本トップレベルのリーグ、相手に対してどれだけ通用するのか刮目したいところだ。 2018.02.23 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】“18番目のチーム”とは思えない豪華陣容! 風間体制2年目でJ1に旋風巻き起こすか《名古屋グランパス》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催となる23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第12弾は名古屋グランパスを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆目指すは昨季のセレッソ大阪</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:上位争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_grampus_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽風間八宏新監督の下、昨季J2を3位で終えたチームはJ1昇格プレーオフを制して最低限のノルマであった1年でのJ1復帰というミッションをコンプリートした。風間体制2年目で戦う今季に向けてはFWジョー、GKランゲラックと大物助っ人を確保したうえ、現有戦力の残留にも成功しており、クラブの定める目標はひと桁順位でのフィニッシュおよびACL出場権獲得となる。 ▽その目標を達成するうえで良き手本となるのが、一昨季のJ1昇格プレーオフ覇者であり、いわゆるJ1“18番目のチーム”としてシーズンに臨みながらも、リーグ戦3位にルヴァンカップ、天皇杯の二冠という偉業を成し遂げた昨季のセレッソ大阪だ。尹晶煥新監督を迎えて新たなスタートを切ったC大阪と、風間監督の下で継続路線を図る両者のアプローチは異なるものの、豊富な資金やブレないチーム作りという点で共通点は少なくない。 ▽昨季、J2を席巻した魅力的な攻撃スタイルが今季もチームのストロングポイントではあるが、プレシーズンマッチのFC東京戦では中央のスペースを徹底的に消す相手守備の攻略、ロングボールを使った相手のカウンターアタックに対してハイプレスが空転するなど昨季から継続する課題を克服できていない。そのため、要改善の守備面と共に戦術面でのアップデートが求められるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆昨季ブラジル得点王の大物ジョーが電撃加入</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:A】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_grampus_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽豊富な資金力を武器に1年での復帰を果たしたJ1で戦うための戦力をきっちり整えてきた。昨季、自動昇格を逃す最大の要因となった脆弱な守備面に関しては、ドルトムントやシュツットガルトでもプレー経験があるオーストラリア代表GKランゲラックをレバンテから獲得できたことが最大の補強だ。 ▽加えて、開幕直前に新レギュラー候補のDFウィリアン・ホーシャをグアラニから、バックアッパー候補のDF畑尾大翔をヴァンフォーレ甲府から補強。また、昨季特別指定選手としてデビュー済みのMF秋山陽介にも左サイドバックの即戦力として期待が懸かる。さらに、昨季の主軸を担ったDF櫛引一紀、DF宮原和也を完全移籍やレンタル期間延長で残留させられた点も大きい。 ▽中盤では昨季からの“風間スタイル”の体現者として中央に君臨したMF田口泰士のジュビロ磐田への流出が痛恨となったが、その後釜にはタイプは異なるものの、Jリーグ屈指のユーティリティープレーヤーのMF長谷川アーリアジャスールを大宮アルディージャから獲得している。ただ、長谷川以外に目立った補強はなく、風間監督得意のコンバートや現有戦力で賄う構えだ。 ▽前線は元ブラジル代表FWにして、昨季ブラジル全国選手権で得点王と最優秀選手賞のダブル獲りを果たした大物FWジョーの獲得に成功し、今冬の移籍市場最大のサプライズとなった。また、昨季すでに特別指定選手としてベンチ入りも果たしている逸材FW大垣勇樹(興國高等学校)の加入も好補強となっている。<hr>【IN】 GKランゲラック(29)←レバンテ(スペイン)/完全 DF櫛引一紀(25)←北海道コンサドーレ札幌/レンタル→完全 DF新井一耀(24)←横浜F・マリノス/レンタル→完全 DF宮原和也(21)←サンフレッチェ広島/レンタル延長 DF畑尾大翔(27)←ヴァンフォーレ甲府/完全 DFウィリアン・ホーシャ(28)←グアラニ(ブラジル)/レンタル DF秋山陽介(22)←早稲田大学 MFガブリエル・シャビエル(24)←ヴィトーリア(ブラジル)/レンタル延長 MF長谷川アーリアジャスール(29)←大宮アルディージャ/完全 FWジョー(30)←コリンチャンス(ブラジル)/完全 FW大垣勇樹(17)←興國高等学校 【OUT】 GK荻晃太(34)→ヴィッセル神戸/完全 DFイム・スンギョム(22)→大分トリニータ/レンタル DF酒井隆介(29)→FC町田ゼルビア/期限付き MF田口泰士(26)→ジュビロ磐田/完全 FWフェリペ・ガルシア(27)→ゴイアス(ブラジル)/レンタル FW杉森考起(20)→FC町田ゼルビア/レンタル FW永井龍(26)→松本山雅FC/完全 FWロビン・シモヴィッチ(26)→大宮アルディージャ/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_grampus_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF青木亮太(21) 2017シーズン(J2) 26試合出場11得点<hr>▽昨季ブラジル全国選手権得点王のFWジョー、ドルトムントなどヨーロッパトップレベルを経験したGKランゲラックと2人の大物助っ人に注目が集まる中、昨季J2を席巻した万能型アタッカー、MF青木亮太を推したい。 ▽2014年に加入した名古屋では大ケガの影響もあり加入3年間はほぼ出場機会がなかった。しかし、ケガから完全復活を遂げた昨季は智将・風間監督の下でそのあり余る才能が完全開花。両サイドを主戦場に姿勢の良さが際立つ推進力ある縦への突破、トリッキー且つ相手の逆を取る変幻自在のドリブルで昨季J2を席巻した。 ▽加えて、冷静に味方を使うチャンスメークにオフ・ザ・ボールの動き出しやシュート精度にも優れており、近い将来のサムライブルー入りも期待される万能型のアタッカーだ。昨季阿吽の呼吸を見せたMFガブリエル・シャビエルに加え、今季新加入のFWジョーとの連係が深まれば、二桁ゴールも十分に狙えるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-3-3] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_grampus_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、櫛引一紀、ワシントン、秋山陽介 MF:長谷川アーリアジャスール、小林裕紀、和泉竜司 FW:青木亮太、ジョー、ガブリエル・シャビエル<hr>▽昨季は中盤フラットの[4-4-2]をメインに、[4-2-3-1]や[3-4-2-1]の複数システムを使い分けてきたが、ここまでのプレシーズンマッチでは[4-3-3]をメインシステムとして採用しており、一先ず[4-3-3]でシーズンをスタートする見込みだ。昨季は主軸を担ったバンディエラ、GK楢崎正剛を中心にGK武田洋平、GK渋谷飛翔の3選手が併用されたGKは新加入のランゲラックと武田がポジションを争う構図となる。 ▽最終ラインでは昨季フィールドプレーヤーとして最長の出場時間を誇ったDF宮原和也と、DF櫛引一紀が現時点でレギュラーポジション当確だ。櫛引の相棒に関してはボランチが本職ながら昨季センターバックでも多くの出場機会を得ていたMFワシントン、開幕直前に加入したDFウィリアン・ホーシャのブラジル人2選手の争いとなる。左サイドバックは大卒ルーキー、MF秋山陽介の起用が濃厚だ。 ▽中盤ではアンカーにMF小林裕紀、インサイドハーフにいずれも超ユーティリティープレーヤーとして知られるMF和泉竜司、新加入のMF長谷川アーリアジャスールがレギュラー候補として君臨。バックアッパーにMF八反田康平やFW押谷祐樹、FW玉田圭司らが控える。 ▽前線はセンターフォワードにFWジョー、左右のウイングにMFガブリエル・シャビエル、MF青木亮太の3人が鉄板だ。そして、FW佐藤寿人や玉田、押谷がセンターフォワード、FW杉本竜士、FW大垣勇樹らがウイングのバックアップを担う。ただ、前線で高さと強さという特長を持つ唯一の存在であるジョー不在時には[4-2-3-1]や2トップのオプションも考慮すべきところだ。 2018.02.20 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋、ブラジル人DFウィリアン・ホーシャをレンタル移籍で獲得!

▽名古屋グランパスは14日、ブラジルのグアラニFCからウィリアン・ホーシャ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年1月1日までとなり、背番号は36を着用する。 ▽ウィリアン・ホーシャは、ブラジルのカンピオナート・パウリスタのユース出身で2009年にプロデビュー。2011年にトンベンセに移籍すると、その後は国内クラブをレンタル移籍で渡り歩き、2017年にグアラニへ加入。昨シーズンはセリエB(ブラジル2部相当)で12試合に出場し、2ゴールを記録していた。 ▽ウィリアン・ホーシャは、クラブの公式サイトで次のように意気込みを語っている。 「名古屋グランパスのファン・サポーターの皆さま、初めまして、ウィリアン・ホーシャです。このような素晴らしい機会を与えていただき、関係するすべての人々に感謝を伝えたいと思います。 チームの目標をすべて達成することが、名古屋グランパスへの最大の恩返しになると考えています。皆さまから日々多くのことを学ぶともに早く、チームに馴染んで、グランパスにはホーシャが必要だ!となるように頑張りますので応援のほど、よろしくお願いします。 とても楽しみにしています。親しみを込めて。ARIGATO!」 2018.02.14 18:51 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰の名古屋、キャプテンは昨季に続き佐藤寿人! 副キャプテンは小林裕紀、和泉竜司が就任

▽2シーズンぶりにJ1を戦う名古屋グランパスは8日、2018シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 ▽キャプテンは、昨シーズンに続きFW佐藤寿人が就任。副キャプテンはMF小林裕紀、MF和泉竜司が務めることとなる。3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW佐藤寿人 「昨年に引き続き、キャプテンに任命していただき光栄に思います。J1の舞台でチームがひとつになって戦っていけるよう、どんな時でも前向きに、「攻める」名古屋グランパスを体現していきたいと思います」 ◆MF小林裕紀 「副キャプテンとして、責任感を持ってチームに貢献できるようピッチ内外で取り組んでいきたいと思います。また、キャプテンの寿人さんをサポートできるよう頑張りたいです」 ◆MF和泉竜司 「副キャプテンに任命していただき驚きましたが、それと同時に責任も強く感じました。チームがJ1の舞台で一丸となれるよう自分の出来ることを頑張っていきたいと思います」 2018.02.08 17:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース