広島から清水に期限付き移籍していたMF野津田岳人が仙台に期限付き移籍加入「早くチームに溶け込みたい」2017.08.07 16:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は7日、サンフレッチェ広島から元U-23日本代表MF野津田岳人(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2017年8月8日から2018年1月31日までとなり、今シーズンの広島との公式戦には出場できない。背番号は「16」をつける。

▽野津田は、広島の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。2016年はアルビレックス新潟へと期限付き移籍すると、今シーズンは清水エスパルスへと期限付き移籍していた。今シーズンは明治安田生命J1リーグで11試合、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。野津田は仙台、清水を通じてコメントしている。

◆ベガルタ仙台
「このたび、ベガルタ仙台に加入することになりました野津田岳人です。シーズン中の移籍になりますので、まずは一日でも早くチームに溶け込みたいと思います。ベガルタ仙台のために全力を尽くし、ピッチ上でチームに貢献できるようがんばります。これから応援よろしくお願いいたします」

◆清水エスパルス
「今回、新たな環境でプレーすることを決断しました。コンディション不良もあって試合になかなか絡むことができず、チームの力になれなかったことは申し訳なく思っています。このタイミングで移籍することは自分自身も非常に残念ではありますが、さらに成長した姿をお見せできればと思います。短い期間でしたが、これまで応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台が終盤の華麗な逆転劇で連勝! 新潟の11試合ぶりの白星を絶つ《J1》

▽19日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節のアルビレックス新潟vsベガルタ仙台は、アウェイの仙台が2-1で勝利した。 ▽前節の大宮アルディージャ戦を落とした最下位の新潟(勝ち点9)。3連敗中で10戦未勝利と苦しんでいる。一方、12位の仙台(勝ち点26)は、前節のサンフレッチェ広島戦で8試合ぶりの白星。今回の新潟戦は、連勝を懸けた一戦となる。 ▽試合が動いたのは23分。左サイドの加藤大がクロスが上げる。中央でフリーのドウグラス・タンキがジャンピングボレーで合わせると、相手DFのクリアがポストに当たってラインを割り、新潟がリードした。 ▽しかし、攻勢に出た仙台は82分、途中出場のクリスランが左サイドからクロスを供給。これは相手GKに弾かれたものの、こぼれ球を石原がプッシュし、仙台が追いついた。 ▽これで勢い付いた仙台は同点から4分後、右サイドでパス交換を試みた三田啓貴が左足を一閃。このミドルシュートが相手DFの足に当たってコースが変わり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽結局、終盤の逆転劇が勝負の分かれ目となり、仙台が今シーズン3度目の連勝を飾っている。 2017.08.19 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

奥埜弾で仙台が広島を下し、8試合ぶりの白星を飾る《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島がユアテックスタジアム仙台で行われ、1-0で仙台が勝利した。 ▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、13位の仙台(勝ち点23)が、17位の広島(勝ち点15)をホームに迎えた。リーグ戦で7試合白星から遠ざかっている仙台は、前節のジュビロ磐田戦から5人を変更。出場停止のDF平岡、DF蜂須賀、MF梁勇基、MF佐々木、FWクリスランに代えてDF古林、DF椎橋、MF奥埜、FW西村、FW石原を起用した。 ▽対する広島はここ2試合で1勝1分けと勝ち点を積み重ねている。前節のガンバ大阪戦から2人を変更し、出場停止のMF青山、MFフェリペ・シウバに代えてMF柴崎、MF森島をスタメンで起用した。 ▽試合はアウェイチームが主導権を握る展開となり、8分にはパトリックがフリックしたボールを受けたアンデルソン・ロペスがヒールで流す。これを受けたパトリックが右足で合わせた。これはGKシュミット・ダニエルに防がれたが、その後も広島がパトリックの高さと強さを活かして仙台を押し込んでいく。 ▽対する仙台はビルドアップ時のパスでエラーが目立ち、なかなか相手陣内にボールを運べない。それでも27分には古林が奥埜とのワンツーで右サイドを突破して、深い位置からクロスを配給。ゴール前の西村がこれを受けると、相手を背負った状態から反転して左足を振り抜いたが、GK中林にキャッチされた。 ▽その後、ハーフタイムにかけては中盤での潰し合いが続き、お互いに決定機までは持ち込めずに前半終了のホイッスルを迎えた。 ▽互いに交代なしで迎えた後半は47分にアンデルソン・ロペスが中盤でボールを拾ってそのまま運び、ミドルレンジから左足で狙う。強烈なシュートだったが枠を捉えきれず、ボールはゴールマウスの右へとそれていった。すると51分、今度は仙台がチャンスを作ると、西野がボックス手前から放ったシュートのこぼれ球を奥埜が押し込み、劣勢だった仙台が先取点をもぎ取る。 ▽このゴールで勢いに乗った仙台は、54分にはボックス手前でFKを獲得すると、三田が左足で直接狙う。壁の外側を巻いて狙ったシュートだったが、GK中林の好セーブに阻まれて広島を突き放せない。 ▽追いかける広島は65分に森島を下げて森崎を投入。ピッチに張った森崎はボランチにポジションを取り、柴崎がトップ下に。すると70分には柏が左サイドを突破してクロスを入れると、これにパトリックが頭で合わせる。しかしボールは右ポストを叩き、ネットを揺らすことはできない。 ▽さらに広島は81分に高橋を下げて工藤を投入。柏をサイドバックに下げる攻撃的な布陣で1点を目指す。90分にはゴール前の混戦からアンデルソン・ロペスが狙ったが決めきれず。試合はそのまま終了を迎え、仙台が3連戦最後の一線で白星を飾った。 2017.08.13 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

盛岡が仙台MF差波優人を期限付き移籍で獲得「必ず成長して仙台に」

▽グルージャ盛岡は10日、MF差波優人(24)がベガルタ仙台から期限付き移籍で加入したことを発表した。契約期間は2017年8月10日から2018年1月31日まで。チーム合流日が11日であることも明かしている。 ▽青森山田高校出身の差波は、明治大学を経て2016シーズンから仙台に入団。同年3月にJリーグヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)で公式戦初出場を果たしたものの、通算で公式戦3試合のみに出場と、出場機会は確保できていない。盛岡は差波のプレースタイルを「中盤の底から広い視野と長短のパスでゲームを組み立てるボランチ」と評しており、セットプレーのキッカーとしても期待しているとのことだ。 ▽差波は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。 ◆グルージャ盛岡 「ベガルタ仙台から期限付き移籍で加入することになりました差波優人です。チームの目標達成に貢献するためにも、自分の持っている力を発揮して勝利のために全力でプレーしたいと思います。これから応援よろしくお願いいたします」 ◆ベガルタ仙台 「グルージャ盛岡へ期限付き移籍することになりました。初めての移籍ということで、自分にとって新たなチャレンジになりますが、これまで応援していただいたみなさんに、試合に出場して活躍する姿を披露できるよう日々全力でがんばってきます。必ず成長して仙台に帰ってきます」 2017.08.10 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田、川辺&ムサエフ復帰も白星ならず…仙台は7試合勝利なし《J1》

▽9日に明治安田生命J1リーグ第21節のベガルタ仙台vsジュビロ磐田がユアテックスタジアム仙台で行われ、0-0のドローに終わった。 ▽ここまで6勝4分け10敗で13位に位置する仙台が、10勝4分け6敗で7位につける磐田をホームに迎えた。前節の鹿島アントラーズ戦を0-2で落とし、リーグ戦6試合白星がない仙台は、その一戦から先発メンバーを3人変更。椎橋と奧埜、古林に代えて、蜂須賀と佐々木、クリスランを起用した。 ▽一方、サンフレッチェ広島戦を2-3で敗れ、連勝が「6」でストップした磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。上田と松本に代えて川辺と出場停止明けのムサエフを起用した。 ▽巻き返しを図りたい両者の一戦は、磐田が川辺のシュートでファーストシュートを記録する。その後は、仙台に攻め込まれる時間帯が続いた磐田だが19分、川辺のクロスのこぼれ球を拾った宮崎がミドルシュートを放つも枠を捉えることができない。 ▽その後もボールを保持して試合を優位に進めるが、崩し切れない磐田。対する仙台は32分、佐々木のパスを受けた三田がボックス左からシュート。これは相手DFに当たるも、ボールはボックス中央へ。これを待ち構えていたクリスランが左足でシュートを放つが、これも決め切ることができない。 ▽攻めあぐねる磐田は43分、右サイドで高橋のパスを受けた中村がボックス右手前から左足を振り抜くも、ボールはゴールの上を通過。さらに前半アディショナルタイム、右サイドでのパス回しから抜け出した櫻内がボックス右へと侵攻し、中央へ折り返す。これがファーサイドに抜けると、ボックス左の宮崎がフリーで右足を合わせるが、ゴール左へと外れてしまう。試合はそのままゴールレスで折り返した。 ▽後半に入ると、ホームの仙台がセットプレーからチャンスを迎える。49分、左CKをキッカーの梁勇基がニアサイドへのクロスを選択。これに走り込んだ増嶋が頭で合わせたが、わずかにゴール右を外れた。 ▽その後は、互いにラストパスの精度を欠いてしまい、決定的なチャンスを作れず、こう着した時間帯が続く。磐田は78分、味方のパスを受けた川辺がボックス右手前からドリブルでボックス右へと侵攻。そのまま右足を振り抜くが、わずかにゴール左に外れる。 ▽試合終盤、仙台がビックチャンスを迎える。83分、ボックス右角から蜂須賀が右足でクロスを供給。これをゴール前やや左のクリスランがヘディングシュートで合わせるも、GKカミンスキーがファインセーブで磐田のピンチを救う。 ▽窮地を脱した磐田は後半アディショナルタイム3分、味方からの縦パスをボックス内で受けた大井がポストプレー。これを受けた荒木がボックス中央やや左から左足を振り抜いたが、枠を捉え切れず、ゴールレスのまま試合終了。決定力を欠いた両者の一戦は痛み分けに終わった。 2017.08.09 21:14 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台DF増嶋竜也に第2子となる長女が誕生「がんばって元気な子を産んでくれた妻に感謝」

▽ベガルタ仙台は8日、DF増嶋竜也に第2子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、増嶋の長女は7日に誕生したとのことだ。増嶋はクラブを通じてコメントしている。 「まずはがんばって元気な子を産んでくれた妻に感謝します。大事な家族がまた1人増え、これからの生活が凄く楽しみです。サッカーへのモチベーションを今まで以上に上げて、妻と子供達のためにもがんばります!!」 ▽また、妻である潮田玲子さんも自身のブログで出産を報告。喜びを綴っている。 「今朝報道でもあったように、昨日7日、無事に第二子となる女の子を出産しましたので、ご報告させて頂きます!母子ともに元気です!」 「妊娠報告から温かく見守ってくださった皆様、本当にありがとうございます^ ^」 「これから家族4人、賑やかになる分、余裕もなくなるとは思いますが笑明るく楽しく頑張りますのでよろしくお願いします!」 ▽柏レイソルから今シーズン期限付き移籍で仙台に加入した増嶋は、3バックの一角を務めるなどここまで明治安田生命J1リーグで14試合に出場している。 2017.08.08 11:00 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース