富山MF馬渡隼暉が関西1部のアミティエSC京都へ期限付き移籍2017.08.07 15:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カターレ富山は7日、MF馬渡隼暉(20)が関西1部リーグのアミティエSC京都へ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2017年8月7日~2018年1月31日となる。

▽馬渡は、富山の下部組織出身で、2015年にトップチームへ昇格。3シーズンでJ3通算18試合に出場し2得点を記録していた。馬渡はクラブを通じてコメントしている。

「この度、アミティエSC京都に期限付き移籍することになりました。自分で決めた道が正解だったと思えるように、思い切りチャレンジしていきたいと思います。そして、必ず成長して富山に戻ってきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

富山が水戸DF佐藤和樹を育成型期限付き移籍で獲得「昇格に向けて少しでも力になれるように全力を尽くしたい」

▽カターレ富山は12日、水戸ホーリーホックのDF佐藤和樹(24)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は9月13日から2018年1月31日までとなる。 ▽佐藤は名古屋グランパスのU-18出身で、2015年に名古屋から水戸へ移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで11試合に出場したものの、今シーズンはここまで出場機会がなかった。佐藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カターレ富山 「水戸から育成型期限付き移籍で加入することとなりました、佐藤和樹です。昇格に向けて少しでも力になれるように全力を尽くしたいと思っています。応援をよろしくお願いします」 ◆水戸ホーリーホック 「昨年チームに加入してから今まで、あまり力になれなかった事を悔しく思っています。それでも温かく接してくれたファン・サポーターの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。富山に行くことになりましたが、選手としても人間としてもパワーアップしていけるように、変わらず頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2017.09.12 20:39 Tue
twitterfacebook
thumb

富山が岡山DF近藤徹志の期限付き移籍加入を発表!

▽カターレ富山は14日、ファジアーノ岡山に所属するDF近藤徹志(30)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「30」に決定している。 ▽福岡県出身の近藤は、これまで浦和レッズ、愛媛FC、岡山でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆カターレ富山 「今年の目標であるJ2昇格の力になれるように、全力で頑張ります」 ◆ファジアーノ岡山 「7年半過ごしたこのクラブを離れることはすごく悩みましたが、現状を変えるために移籍を決めました。怪我をしているときでも、変わらず声援をくださったファジアーノ岡山のファン・サポーターの皆さんには本当に感謝をしています。ぜひ、これからもファジアーノ岡山を支え続けてください」 2017.08.14 10:19 Mon
twitterfacebook
thumb

富山DF石坂元気がJFLのブリオベッカ浦安へ期限付き移籍

▽カターレ富山は29日、DF石坂元気(24)がJFLのブリオベッカ浦安へ期限付き移籍することが決定したことを発表した。期間は2017年8月3日から2018年1月31日まで。 ▽富山県出身の石坂は、2016年に東洋大学より加入。今シーズンはここまで、明治安田生命J3リーグで3試合に出場していた。 ▽ブリオベッカ浦安への加入が決定した石坂は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ブリオベッカ浦安 「このたび、カターレ富山から加入することになりました、石坂元気です。チームの目標を達成するために、自分の持てる力を全て出して、チームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」 ◆カターレ富山 「J2昇格を目指している中で、チームに貢献することができず、チームを離れることに大変申し訳ないと思っています」 「地元である富山で多くのことを学ばせてもらいました。とても感謝しています。サポーターの皆様に成長した姿をお見せできるように日々努力し、頑張ってきます」 2017.07.29 14:49 Sat
twitterfacebook
thumb

富山、熊本からFW平繁龍一を期限付き移籍で獲得

▽カターレ富山は13日、ロアッソ熊本からFW平繁龍一(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年1月31日まで。なお、平繫は熊本と対戦するすべての公式試合に出場できない。 ▽サンフレッチェ広島のユース出身の平繁は、徳島ヴォルティスや東京ヴェルディ、ザスパクサツ群馬などを経て、2015年に熊本に加入。Jリーグでは、通算出場試合数は209試合を数え、43ゴールを記録している。 ▽熊本で今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ7試合1ゴールを記録していた平繁は、両クラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆カターレ富山 「このたび、ロアッソ熊本から加入することになりました平繁龍一です。カターレ富山のJ2昇格に貢献できるように頑張ります。スタジアムで皆さんに会えるのを楽しみにしています。よろしくお願いします」 ◆ロアッソ熊本 「このたび、カターレ富山に期限付き移籍することになりました。今のロアッソ熊本のチーム状況や、2017シーズン背番号10を僕に託してくれたクラブの事を考えると残念ですし、いつも応援して頂いているサポーター、そしてスタジアムに10番のユニホームを着て応援してくれたサポーターの方には本当に申し訳ない気持ちです。ただ、サッカー選手として試合に出たいという気持ちが強く、いくつかの選択肢がありましたが、カターレ富山でチャレンジしたい気持ちになりました」 「家族も熊本での生活をとても気に入り、僕も熊本が大好きです。その熊本を離れるのは残念ですが、家族4人富山で頑張ろうと思います。 2年半ありがとうございました」 2017.07.13 18:19 Thu
twitterfacebook
thumb

4位栃木と2位富山の上位対決は10人の富山が土壇場で追いつきドロー決着!《J3》

▽明治安田生命J3リーグの第16節の4試合が8日に行われた。 ▽栃木県グリーンスタジアムで行われた栃木SCvsカターレ富山は、1-1のドローに終わった。1試合消化試合が多いものの、首位ブラウブリッツ秋田(勝ち点34)を3差で追う2位の富山(勝ち点31)は、4位の栃木(勝ち点25)との上位対決に臨んだ。試合は立ち上がりからオープンな展開が続く中、13分にボックス右でクリアボールに反応した廣瀬がノールックで技ありの反転ループシュートをファーポストに流し込み、栃木が先手を奪う。その後は互いに決定機があるものの、両守護神の活躍でスコアは変わらず。だが、後半半ばに相手にヒジ打ちを見舞った窪田が一発退場となり、富山が数的不利を強いられると、流れは栃木へと傾く。それでも、諦めない富山は最小失点差をキープすると、試合終了間際の左CKから脇本が泥臭く押し込み、土壇場で追いついた。連勝が「3」でストップした富山だが、価値ある勝ち点1で6戦無敗をキープした。 ▽また、共に中位同士の対決となった6位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点22)vs7位FC琉球(勝ち点21)と、8位ギラヴァンツ北九州(勝ち点20)vs12位グルージャ盛岡(勝ち点15)は、琉球が1-0で、北九州が5-1で勝利した。北九州はホームで先制を許すも、池元の2ゴールなど、攻撃陣が爆発して見事な逆転勝利を飾った。 ▽その他では、11位福島ユナイテッドFC(勝ち点17)と12位FC東京U-23の一戦は、2-2のドローに終わった。立ち上がりから攻勢に出た福島が後半序盤までに2点リードも、試合終盤に猛攻を仕掛けたFC東京U-23が、ユ・インスのPKと内田の2ゴールで追いつき、ドローに持ち込んだ。 ◆明治安田生命J3リーグ第16節 ▽7/8(土) 福島ユナイテッドFC 2-2 FC東京U-23 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> 栃木SC 1-1 カターレ富山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 5</span>-1 グルージャ盛岡 ▽7/9(日) 《15:00》 SC相模原 vs ガイナーレ鳥取 アスルクラロ沼津 vs AC長野パルセイロ ブラウブリッツ秋田 vs Y.S.C.C.横浜 《17:00》 藤枝MYFC vs ガンバ大阪U-23 2017.07.08 21:24 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース