新指揮官・スパレッティが長友佑都についてコメント「様々な点で完璧」2017.08.07 12:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が日本代表DF長友佑都についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽昨シーズンはケガや起用法などの影響もあり、低調なパフォーマンスに終始した長友。ファンからの信頼も薄れかけ、今夏の放出候補とも報じられていた。

▽しかし、新指揮官のスパレッティ監督はインターナショナル・チャンピオンズカップなどプレシーズンマッチで長友を積極的に起用。ニースからブラジル人DFダルベルト(23)を獲得することが濃厚となっているが、指揮官は長友を評価していると語った。

「(ダルベルトは)明日、ミラノに到着すると思われる。我々を助けるのに手を貸してくれるだろう。しかし、私は1つのことをハッキリさせておきたい」

「我々は誰かを追い出すために補強するわけではない。彼らはチームに貢献してくれると思っている。長友が良い選手であることは知っている。彼は何をすべきかを理解しており、様々な点で完璧だよ」

▽インテル在籍8シーズン目を迎える長友にとって、10人目の指揮官となるスパレッティ監督。監督が交代しても、高い評価を受ける長友の今シーズンに注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

ケルン、大迫フル出場もBATEボリソフの一撃に沈み3連敗…《EL》

▽ケルンは19日、ヨーロッパリーグ(EL)グループ・H第3節でBATEボリソフとアウェイで対戦し、0-1で敗北した。ケルンのFW大迫勇也は、先発フル出場した。 ▽開幕節のアーセナル戦(1-3で敗北)に続き、第2節のレッドスター戦も0-1で落とし連敗スタートとなっているケルンは、巻き返しを図る一戦にFW大迫を2トップの一角で先発起用。1分け1敗と同じく低空飛行中のBATEボリソフとの試合に臨んだ。 ▽ケルンは序盤から長い時間ボールを持っているものの、効果的なチャンスを作り出すことができない。前線の大迫が中盤まで下りてパス回しに絡むが、なかなか相手ゴールを脅かすには至らない。20分には右サイドの大迫が大きくサイドチェンジ。左サイドで受けたヨイッチがカットインしてシュートまで持ち込んだが、GKシェルビツキにキャッチされた。 ▽続く32分には、右サイドに侵攻したオルコウスキがクロスを供給する。飛び込んだS・ツォラーが至近距離から頭で合わせると、GKシェルビツキが攻守を披露。左サイドでこぼれ球を拾ったヨイッチがクロスを上げ、再び反応したツォラーが右足アウトで合わせたが、これもキャッチされケルンは好機を逃がすこととなった。 ▽スコアレスで試合を折り返すと、55分にBATEボリソフが先制。イバニッチがボックス内で収めてシュートモーションに入ると、DFが寄せてボールがこぼれる。ボックス内でフリーになっていたアレクセイ・リオスの下に渡ると、冷静に蹴り込みネットを揺らした。 ▽失点後、ケルンはサイドを起点に攻撃を試みたものの、危険なエリアに入ることができない。試合はこのまま終了し、ケルンは3連敗を喫すことに。対するBATEボリソフは、今季のEL初勝利をホームで飾ることとなった。 2017.10.20 04:12 Fri
twitterfacebook
thumb

2戦連続フル出場のFW本田圭佑、2ゴールに絡む活躍もパチューカは3試合未勝利《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間19日、リーガMX前期第10節延期分のトルーカ戦に臨み、2-2のドローに終わった。本田は1トップで2試合連続で先発。フル出場を果たし、2得点に絡む活躍を見せた。 ▽大規模地震の影響で延期されていた13位のパチューカと4位のトルーカの一戦。2試合白星がないパチューカは25分、トルーカのバリエントスにドリブルでボックス内への侵攻を許し、シュートのこぼれ球にいち早く反応したウリベに押し込まれる。 ▽先制を許したパチューカは1点ビハインドで迎えた49分、J・マルティネスのパスをボックス手前やや右で受けた本田が左足を振り抜く。強烈なシュートがGKのファンブルを誘い、走り込んでいたJ・マルティネスがプッシュした。 ▽本田の一振りから同点ゴールを奪ったパチューカはさらに58分、敵陣中央で本田がキープから左サイドに展開。これを受けたウレタビスカヤのクロスをビクトル・グズマンがワントラップから冷静にゴール左へと流し込み、逆転に成功する。 ▽しかし、パチューカはその後、75分にトルーカのロドリゴ・サリナスにゴールネットを揺らされ、2-2で試合終了。本田が2得点に絡む活躍を見せるもチームは3試合未勝利で終わっている。 パチューカ 2-2 トルーカ 【パチューカ】 ホアキン・マルティネス(後4) ビクトル・グズマン(後13) 【トルーカ】 ウリベ(前25) ロドリゴ・サリナス(後30) 2017.10.19 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪日本代表の森保一監督、ドルトを訪問

▽2020年東京オリンピックのサッカー日本代表に就任した森保一監督(49)は12日、ドルトムントに訪問していたようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽研修のためにドイツ滞在中の森保監督は、ドルトムントの練習場を訪問すると、トップチームの非公開練習を視察。U-20日本代表のコーチ時代から親交がある日本代表MF香川真司も、13日に自身のツイッター(@S_Kagawa0317)で再会したことを報告していた。 ▽森保監督は、2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任し、1年目からJ1年間王者に輝くと、翌シーズンに連覇を達成。2015年にも年間優勝を果たし、4シーズンで3度のJ1王者に輝く功績を残した。しかし、今シーズンは開幕から不振に陥り、7月4日に広島を退任。今月12日に東京オリンピックの日本代表就任が決定していた。 2017.10.18 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

格下相手に痛恨ドローのドルトムントがGS突破に黄色信号…フル出場香川はバー直撃のミドルも勝利に導けず《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、アポエルvsドルトムントが17日にGSPスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。ドルトムントのMF香川真司は先発フル出場した。 ▽トッテナム、レアル・マドリーとのライバル2連戦を共に落とし厳しい連敗スタートとなったドルトムントは、直近のRBライプツィヒ戦も2-3で落とし、国内リーグ戦での今季初黒星を喫した。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて連勝が求められるアポエルとの初戦に向けては、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。バルトラと負傷明けのシュメルツァーが左右のサイドバックに入り、トプラクとパパスタソプーロスと4バックを形成し、中盤は復帰した香川とヴァイグルがゲッツェと組み、3トップはプリシッチ、オーバメヤン、ヤルモレンコの並びとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持して攻勢に出るドルトムントは開始4分、香川のスルーパスに抜け出したヤルモレンコがボックス右からシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに11分と13分には積極的に前線に飛び出していく香川が続けてシュートを狙うが、いずれも枠に飛ばせない。 ▽その後も香川やゲッツェを起点に中央を固める相手の守備ブロック攻略を目指すドルトムントは、21分にボックス手前の好位置で得たFKをシュメルツァーが左足で狙うも、これは相手GKの守備範囲に飛んだ。 ▽すると、徐々に攻めあぐね始めたドルトムントは、アロネフスやザヒドの両翼を起点とするアポエルのカウンターに晒され、何度となくピンチを招く。だが、30分にエースFWデ・カマルゴ、前半終了間際に守護神ヴァテルマンという攻守の要を負傷交代で失ったホームチームに流れを渡さず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も攻勢を続けるドルトムントだが、足を痛めたトプラクがトルヤンとの負傷交代を強いられるアクシデントが発生。すると62分、自陣でバックパスを味方に繋ごうとしたGKビュルキがまさかのパスミスでエベリシオにボールをプレゼント。そして、慌てた守護神はボックス中央に持ち込んだエベリシオのシュートを再びファンブルしてしまうミスを犯すと、こぼれ球に反応したポテにドリブルでかわされて無人のゴールへシュートを流し込まれた。 ▽守護神の痛恨ミスでまさかのビハインドを負ったドルトムントだが、67分に追いつく。左CKの二次攻撃からボックス左付近でゲッツェが浮き球で入れたクロスをゴール前で競り勝ったパパスタソプーロスが頭で叩き込んだ。勢い付くドルトムントは69分、カウンターから中央をドリブルで持ち上がった香川がボックス手前から渾身の右足ミドルシュート。だが、枠を捉えたシュートは相手GKが懸命に伸ばした手に当たり惜しくもクロスバーを叩く。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて勝ち点3が必須のドルトムントは、シュメルツァー、ヤルモレンコを下げてM・フィリップ、イサクの若手アタッカーを続けて投入。85分にはボックス左付近で香川が上げた絶妙なクロスにファーのプリシッチが飛び込むが、このボサーシュートはサイドネットを叩く。さらに試合終了間際には見事な単騎突破で敵陣深くに持ち込んだプリシッチの右クロスをボックス左で待ち構えたオーバメヤンが頭で合わすが、これは相手GKの鋭い反応と左ポストに阻まれ、劇的な逆転ゴールとはならず。 ▽結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。格下相手のアウェイゲームでまたしても今大会初勝利を逃したドルトムントは、上位2チームとの勝ち点を縮めることができず、グループステージ突破に向けて厳しい立場に立たされた。 2017.10.18 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

内田篤人に試練続く…練習中に負傷し左足肉離れで離脱

▽ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンは17日、元日本代表DF内田篤人が練習中に負傷したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、内田は17日に行われたトレーニングセッション中に左足を負傷。その後の検査の結果、左足大腿部の筋繊維に損傷を負ったことが確認されたという。なお、現時点で離脱期間に関して明かされていないが、少なくとも数週間の離脱となる見込みだ。 ▽今夏、シャルケからウニオン・ベルリンに完全移籍した内田は、第5節のデュッセルドルフ戦でデビューを飾ると、第7節のサンドハウゼン戦では2年半ぶりのフル出場を果たしていた。 ▽また、来月に行われる日本代表の欧州遠征で代表復帰の可能性も報じられたが、この戦列復帰を受けて、その可能性は消滅する見込みだ。 2017.10.17 22:47 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース