新指揮官・スパレッティが長友佑都についてコメント「様々な点で完璧」2017.08.07 12:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が日本代表DF長友佑都についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽昨シーズンはケガや起用法などの影響もあり、低調なパフォーマンスに終始した長友。ファンからの信頼も薄れかけ、今夏の放出候補とも報じられていた。

▽しかし、新指揮官のスパレッティ監督はインターナショナル・チャンピオンズカップなどプレシーズンマッチで長友を積極的に起用。ニースからブラジル人DFダルベルト(23)を獲得することが濃厚となっているが、指揮官は長友を評価していると語った。

「(ダルベルトは)明日、ミラノに到着すると思われる。我々を助けるのに手を貸してくれるだろう。しかし、私は1つのことをハッキリさせておきたい」

「我々は誰かを追い出すために補強するわけではない。彼らはチームに貢献してくれると思っている。長友が良い選手であることは知っている。彼は何をすべきかを理解しており、様々な点で完璧だよ」

▽インテル在籍8シーズン目を迎える長友にとって、10人目の指揮官となるスパレッティ監督。監督が交代しても、高い評価を受ける長友の今シーズンに注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

出場機会なしのDF酒井高徳「予想してなかった」、国内組の日本代表については「良い相乗効果になる」

▽ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が、出場機会なしに終わったフランクフルト戦を振り返った。クラブ公式ツイッター(@HSV_jp)が、酒井のコメントを伝えた。 ▽12日に行われたブンデスリーガ第16節のハンブルガーSVvsフランクフルトの一戦。両チーム合わせて4名の日本人選手がいる中、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠、MF鎌田大地はメンバー外。ハンブルガーSVの酒井とFW伊藤達哉はベンチスタートとなった。 ▽試合はハンブルガーSVがDFキリアコス・パパドプーロスのゴールで先制するも、フランクフルトがFWマリウス・ヴォルフ、MFミヤト・ガシノビッチのゴールで逆転。67分に伊藤が途中出場するも、酒井には出場機会が訪れず、1-2のまま敗戦した。 ▽酒井は試合後に記者団の取材に応対。試合を振り返るとともに、出場機会なしに終わったことに驚きを見せた。 「後半、相手が引いて少し助かった。そこで同点に出来れば良かったと思う。中2日で試合だったので練習はほぼしてなかったけど、まさか出場時間が0分だとは予想してなかった」 「今チームで決まったポジションがないので、SBでもボランチでも出場できるように頭の中では常に準備している。監督には前の試合で良いシーンより、悪いシーンの方が多かったと言われた。それは自分でも分かっていたが、自分だけだったかなと思う部分はある」 ▽また、現在日本国内でEAFF E-1サッカー選手権が行われ、Jリーグ勢での日本代表が出場している。酒井はメンバー争いが良い効果をもたらせると考えているようだ。 「選手全員が代表に食い込みたい、W杯に出場したいということを体現していた。中には僕みたいに危機感を感じている選手も出てくると思う。代表にとって良い相乗効果になる」 2017.12.14 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司と日本人ゴール共演も4失点で敗れたサウサンプトンDF吉田麻也「今日は申し訳なく思う」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽13日に行われたプレミアリーグ第17節のサウサンプトンvsレスターの一戦。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也、レスターの日本代表FW岡崎慎司は共に先発出場した。 ▽試合はマフレズ、岡崎、キングのゴールでレスターが前半に3ゴールを奪う。後半に入ると、61分に吉田がCKからヘディングでゴール。しかし、69分に岡崎がこの試合2点目を決め、1-4でレスターが勝利していた。 ▽試合前の両チームの勝ち点差は「5」であり、サウサンプトンにとってはホームでしっかりと勝利を収めたかった相手。吉田は試合を振り返り、大きな敗戦となったものの、週末へと気持ちを切り替えていると語った。 「前半に3ゴールを許してしまった。僕たちは後半取り戻そうとしたけど、十分ではなかった。僕たちのすぐ上にいたチームに対して、大きな敗戦となった」 「12月はまだ多くの試合が残っていて、チェルシーとの次の試合はビッグゲームとなる。難しい試合になるだろうけど、僕たちのスピリットを示す必要がある」 「僕たちは前に進まなければいけない。それは選手だけでなく、スタッフやファン、全ての人に必要だ」 ▽また、吉田はサポートを続けてくれるファンについてコメント。勝利を収められなかったことを謝罪しながらも、チェルシーとの一戦に向かっていると語った。 「アーセナル戦で良いパフォーマンスを見せていただけに、ファンのみんなは僕たちに多くの期待を寄せていたと思う。本当に残念だ」 「ファンはいつも僕たちをたくさんサポートしてくれている。今日は申し訳なく思う」 「サウサンプトンにとっては、本当に難しい時期だけど、僕たちはスピリットを示し、土曜日に100%を出す必要がある」 2017.12.14 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

2ゴールで勝利に貢献の岡崎慎司を指揮官が称賛「満足している」

▽レスター・シティのクロード・ピュエル監督が、古巣との対戦を振り返り、2ゴールと活躍した日本代表FW岡崎慎司についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽13日に行われたプレミアリーグ第17節のサウサンプトンvsレスターの一戦。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也、レスターの日本代表FW岡崎慎司は共に先発出場した。 ▽試合はマフレズのゴールでレスターが先制すると、32分にはCKの流れから岡崎が追加点。さらに1点を加えて0-3で試合を折り返す。後半に入り61分には、CKから吉田がヘディングで決めて1-3となるが、69分に岡崎が吉田のお株を奪うゴール。1-4でレスターが勝利し、4連勝を飾っていた。 ▽試合後、古巣との対戦となったピュエル監督はこの試合2ゴールの岡崎のパフォーマンスについてコメント。チーム全体を称賛しつつ、岡崎のパフォーマンスにも満足感を示した。 「私はシンジに満足している。他の選手たちもシンジのことが好きな理由は、常にベストを尽くしているからだ」 「彼は今夜2ゴールを記録し、彼にとって素晴らしい結果だが、私は全ての選手に満足している」 「我々はいくつかの点で変更していた。ハードスケジュールのスタートで、選手をフレッシュな状態に保っていることが重要だ。良いパフォーマンスをしたことは素晴らしかったし、このレベルを継続していきたいと思っている」 2017.12.14 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表MF森岡亮太がベルギー杯で今季9ゴール目!! ベベレンはPK戦の末に敗退

▽日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは13日、ベルギーカップ準々決勝でゲンクとアウェイで対戦し、3-3の末に迎えたPK戦で2-4の敗戦を喫した。先発出場を果たした森岡は1ゴールを奪い90分までプレーしている。 ▽森岡は1-2とビハインドの中迎えた45分に、左足でのシュートを突き刺して同点に追いついた。このゴールで森岡は今季の公式戦9ゴール目としている。 ▽その後両チームともに1点ずつを奪い合い90分が終了。森岡はここで交代が告げられ、勝負の行方をベンチから見届ける。試合は120分でも決着がつかずにPK戦に突入。このPK戦を4-2で制したゲンクが準決勝進出を決めている。 2017.12.14 09:52 Thu
twitterfacebook
thumb

2ゴールのレスター岡崎慎司に英地元紙も興奮「まさに点取り屋。並外れていた」

レスター・シティのFW岡崎慎司が、自身初のプレミアリーグ1試合2ゴールをマークし、イギリスメディアが手放しで称賛している。<br><br>レスターは13日プレミアリーグ第17節でサウサンプトンと対戦。岡崎、吉田麻也ともに先発し、日本人対決が実現した。岡崎はリヤド・マフレズの先制点をアシストすると、32分にこぼれ球を押し込んで今季5ゴール目。後半に入って吉田のヘディングで1点を返されるが、直後の69分に吉田のマークを外してクロスに合わせる。これがダメ押し弾となり、レスターが4-1で快勝している。<br><br>今季最高とも言えるパフォーマンスで4連勝を飾ったレスター。その中心にいたのは間違いなく岡崎で、地元紙『レスター・マーキュリー』も賛辞を贈っている。先発した11人に「8」か「9」という高採点が与えられたが、岡崎はもちろん最高タイの「9」。寸評では「点取り屋らしい2ゴールを挙げ、(ジェイミー)バーディーの横で並外れた働きを見せた」と記されている。<br><br>また、『デイリー・メール』では単独最高となる「8.5」の採点を得ている。なお、吉田は「6」となっている。<br><br>レスターのクラブ公式ツイッターが行っている「マン・オブ・ザ・マッチは?」という投票でも現状でトップは岡崎。約3000票が投じられ、岡崎は45%の得票率を得ている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 08:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース