新指揮官・スパレッティが長友佑都についてコメント「様々な点で完璧」2017.08.07 12:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が日本代表DF長友佑都についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽昨シーズンはケガや起用法などの影響もあり、低調なパフォーマンスに終始した長友。ファンからの信頼も薄れかけ、今夏の放出候補とも報じられていた。

▽しかし、新指揮官のスパレッティ監督はインターナショナル・チャンピオンズカップなどプレシーズンマッチで長友を積極的に起用。ニースからブラジル人DFダルベルト(23)を獲得することが濃厚となっているが、指揮官は長友を評価していると語った。

「(ダルベルトは)明日、ミラノに到着すると思われる。我々を助けるのに手を貸してくれるだろう。しかし、私は1つのことをハッキリさせておきたい」

「我々は誰かを追い出すために補強するわけではない。彼らはチームに貢献してくれると思っている。長友が良い選手であることは知っている。彼は何をすべきかを理解しており、様々な点で完璧だよ」

▽インテル在籍8シーズン目を迎える長友にとって、10人目の指揮官となるスパレッティ監督。監督が交代しても、高い評価を受ける長友の今シーズンに注目が集まる。

コメント

関連ニュース

thumb

2戦連発のレスター岡崎慎司にイギリス紙も高評価「抜け目ないポーチャー」

レスター・シティを今シーズン初勝利に導くゴールを挙げた日本代表FW岡崎慎司に、イギリスメディアからは高評価が与えられている。<br><br>レスターは19日、プレミアリーグ第2節で昇格組のブライトンと対戦。2試合連続で先発出場した岡崎は、開始からわずか50秒で結果を残す。右サイドからFWリヤド・マフレズが切れ込んでシュート。するとGKが弾いたボールを岡崎が押し込んで、先制点をマークした。<br><br>54分にもレスターは追加点を挙げて2-0で勝利。今季初の白星を手にした。地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム2位タイとなる「8」の採点。「ポーチャーとしての働きで今季2点目を挙げた」と評価している。ポーチャーとは英語で&ldquo;密猟者&rdquo;という意味となるが、フットボールではエリア内で強さを発揮するルート・ファン・ニステルローイやフィリッポ・インザーギのような選手を指すことが多く、ゴール付近で仕事ができる選手を評価する単語だ。<br><br>また、イギリス紙『デイリー・メール』でも「7.5」と高採点を与えられた。なお、両紙ともに最高評価はマフレズとなっている。<br><br>開幕から2試合連続でゴールをマークし、好調をキープする岡崎。次節のシェフィールド戦でもゴールは生まれるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人、構想外で今夏退団か

▽日本代表DF内田篤人(29)に7年間を過ごしてきたシャルケ退団の可能性が急浮上した。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽内田は2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。加入当初から右サイドバックとして活躍してきた。だが、2015年夏に右ヒザの手術を受けた影響でチームから長期離脱。昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽しかし、『ビルト』によれば、ドメニコ・テデスコ新監督は守備力に欠けるとして内田を構想外に。その内田は18日に代理人を伴って、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアン・ハイデル氏との会談に臨み、将来について話し合ったという。 ▽内田の退団理由は、右サイドバックのレギュラー争い。テデスコ新監督は、同ポジションでプレーできるMFダニエル・カリジウリやMFアレッサンドロ・シェプフ、DFコケを評価しているようだ。なお、内田は19日に行われたブンデスリーガ開幕節のライプツィヒ戦でメンバー外となっている。 2017.08.20 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘーレンフェーン小林祐希が2戦連続先発! 直接FKで見せ場《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは19日、エールディビジ第2節のヘラクレス戦に臨み、1-1で引き分けた。小林は2戦連続先発。74分までプレーした。 ▽今シーズン初連勝を目指したヘーレンフェーンだったが、前半アディショナルタイムに失点。小林は73分にバイタルエリア右の位置で得たFKから直接ゴールを狙うが、ゴール右下を突いたシュートは相手GKに阻まれてしまう。 ▽それでも、後半アディショナルタイムにFWネマンヤ・ミハイロビッチのヘディングシュートで追いついたヘーレンフェーンが勝ち点1を獲得。26日に行われる次節は、ADOデン・ハーグとのアウェイゲームに臨む。 2017.08.20 08:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ベベレン森岡亮太が2アシスト! 今季ここまで2得点4アシストの活躍《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは19日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節のロケレン戦に臨み、2-3で敗れた。森岡は4戦連続フル出場。2アシストの活躍を見せた。 ▽この試合で連勝を狙ったベベレンだが、前半に3失点の苦しい展開を強いられてしまう。それでも、57分に左サイドの森岡が左足のクロスからMFFナナ・オポク・アンポマーのゴールをアシスト。72分にも森岡の左CKからDFリュディ・カマーショのゴールを導いた。 ▽しかし、あと1点が遠く、ベベレンは開幕4戦目にして今シーズン初黒星。26日に行われる次節は、シント・トロイデンとのアウェイゲームに臨む。なお、森岡は今シーズンのここまで2得点4アシスト。チームの総得点「10」のうち「6」に絡む好パフォーマンスが続いている。 2017.08.20 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田が決勝PKを獲得! サウサンプトンが土壇場PK弾でホーム開幕戦を白星で飾る!!《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは19日、プレミアリーグ第2節でウェストハムとホームで対戦し、3-2で勝利した。日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 ▽12日に行われた開幕節のスウォンジー戦をゴールレスドローで終えたサウサンプトンは、その試合からワード=プラウズに代えて新戦力のレミナを起用した。一方のウェストハムは、完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメンを4人変更。リードやエジミウソン・フェルナンデスらに代えて古巣対決となるフォンテやアントニオらを起用した。 ▽試合は早い時間に動く。11分、レドモンドのスルーパスでボックス左に抜け出したガッビアディーニが左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。先手を取ったサウサンプトンは、33分に退場を誘発。最終ラインのスティーブンスが後ろからボールを奪いに来たアルナウトビッチにヒジ打ちを受けた。 ▽数的優位となったサウサンプトンは38分、レドモンドのパスをボックス内で受けたデイビスがフォンテに引き倒されPKを獲得。このPKをダディッチが決めて追加点を奪った。 ▽2点のリードを許したウェストハムだが、前半終了間際に1点を返す。45分、ボックス手前でボールを受けたアントニオが反転からミドルシュート。GKフォースターの弾いたルーズボールをエルナンデスが押し込んだ。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。サウサンプトンは65分、レミナを下げてワード=プラウズを投入。対するウェストハムは、68分にアントニオとA・アイェウに代えてD・サコとE・フェルナンデスを投入する2枚替えを敢行。 ▽すると、この交代で功を奏したのはウェストハム。74分、サイドチェンジを受けたクレスウェルが左クロスを供給すると、D・サコがヘディングシュート。GKフォースターの弾いたボールがクロスバーを叩くと、セカンドボールに反応したエルナンデスが押し込み、同点に追いついた。 ▽試合終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが後半アディショナルタイム3分に試合が動く。吉田を前線に上げ、パワープレーを敢行するサウサンプトンは、ワード=プラウズのロングパスをボックス内で競り合った吉田がサバレタに倒され、PKを獲得。このPKを途中出場のオースティンが決め、土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり3-2で試合終了。サウサンプトンがホーム開幕戦で今季初勝利を手にした。 2017.08.20 04:21 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース