ビエルサvsラニエリの新指揮官対決はビエルサのリールに軍配! 酒井開幕フル出場マルセイユは快勝スタート《リーグ・アン》2017.08.07 05:54 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン開幕節の3試合が6日に行われた。

▽ビエルサとラニエリという名将を新監督に招へいしたリールvsナントは、ビエルサ率いるリールが3-0で快勝した。

▽共に新指揮官の就任に加え、大幅なメンバーの入れ替えの影響もあり、前半は互いに決め手を欠きゴールレスで終了する。しかし、後半立ち上がりの48分にリールは、ボックス手前でクリアボールを拾ったフニオール・アロンソが強烈な左足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、先制点を挙げる。

▽先制して勢いに乗るリールは67分、右サイド深くに侵攻したマルキュイがボックス内でDFに倒されてPK獲得。これをキッカーのドゥ・プルヴィルが冷静に決め、追加点を奪取。さらに、70分には左サイドを深くえぐったクアメからの折り返しを、ファーに走り込んだエル・ガジ(写真後列中央)が冷静にダイレクトで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。なお、アヤックス出身のエル・ガジがゴールセレブレーションで、先月試合中に倒れて永久的な脳損傷を負った元同僚MFアブデラク・ヌーリへのサポートを示すTシャツを披露するエモーショナルな場面もあった。その後、今夏の補強の目玉であるMFチアゴ・マイアをデビューさせたリールが、新指揮官対決で快勝した。

▽また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでディジョンと対戦し、3-0で快勝した。酒井はフル出場した。

▽ヨーロッパリーグ予備予選3回戦でオーステンデを破ったマルセイユは、その試合から中2日でリーグ開幕戦に臨んだ。注目の先発メンバーでは、パイエやトヴァン、酒井といった昨季主力に加え、今夏加入したGKマンダンダやルイス・グスタボ、ジェルマン、ラミらセンターラインの選手がデビューを飾った。

▽マルセイユの攻勢が予想された試合だったが、連戦の疲労を抱えるホームチームは序盤から出足鋭いディジョンの攻勢に晒される。とりわけ、スリティやハダディの左サイドの攻撃に手を焼き、右サイドバックの酒井は守備に奔走する。だが、サイードやジャンノのシュートは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、マルセイユはハムストリングに軽度の問題を抱えていたパイエを下げてハーフタイム明けにエンジエを投入すると、この交代が試合の流れを変える。51分、相手陣内で見事なルーレットを見せたグスタボから右サイドのジェルマンにパスが通ると、ジェルマンがすかさず低いクロスを供給。これをエンジエがダイビングヘッドで流し込み、後半立ち上がりに先制点を奪う。

▽勢い付くマルセイユは54分、ジェルマンのパスに抜け出したトヴァンがボックス内の密集から技ありの左足シュートを流し込み、追加点を奪取。その後は酒井とトヴァンの右サイドが高い位置を取って相手を押し込むなど、完全にディジョンを圧倒。72分には左サイドから切り込んだエンジエがDF3枚をかわして右足を振り抜くと、相手DFにディフレクトして浮いたボールがGKの頭上を破り、試合を決める3点目が入った。エンジエの投入で流れを変えたマルセイユが、ホームでの開幕戦を大勝で飾った。

▽また、同日行われたアンジェvsボルドーは2-2のドローに終わった。

リール 3-0 ナント
アンジェ 2-2 ボルドー
マルセイユ 3-0 ディジョン

コメント

関連ニュース

thumb

リールが元フランス代表MFマルヴァン・マルタンと双方合意の下で契約解除

▽リールは11日、元フランス代表MFマルヴァン・マルタン(29)の契約解除を発表した。双方合意の下での契約解除となる。 ▽育成に定評のあるソショーの下部組織出身のマルタンは、2008年にトップチームデビューを果たすと、2012年にチェルシーへ移籍したベルギー代表MFエデン・アザールの後釜としてリールへ加入。昨季は昇格組のディジョンへレンタル移籍で加入していた。 ▽9シーズンを過ごしたリーグ・アンでマルタンは、リーグ戦215試合に出場し8ゴール48アシストを記録。また、2011年に初選出されたフランス代表では15キャップを記録している。 2017.08.12 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リール、20歳のスロバキア代表GKを獲得!

▽リールは26日、スパルタク・トルナヴァからスロバキア代表GKアダム・ヤクベシュ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽母国のタトラン・プレショフでキャリアをスタートしたヤクベシュは、2015年にスパルタク・トルナヴァへ完全移籍。昨シーズンは公式戦39試合に出場するなど、守護神の座を掴んだ。 ▽また、今年1月のウガンダ代表戦でスロバキア代表デビューも飾っている。 ※写真はリール新指揮官のマルセロ・ビエルサ 2017.07.27 01:35 Thu
twitterfacebook
thumb

リール、次代のセレソン中盤担う逸材MFチアゴ・マイアを獲得! リオ五輪で金メダル獲得に貢献

▽リールは25日、サントスからブラジル代表MFチアゴ・マイア(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽これまでチェルシーやパリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブの関心を集めた中、マルセロ・ビエルサ新監督率いる新生リールへの移籍を決めたチアゴ・マイアは、同クラブの公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「僕は子供の頃から夢見てきたヨーロッパでのプレーを実現するため、努力を続けてきたんだ。だから、今回このようなチャンスを掴むことができて本当に嬉しいよ。家族との話し合いの中でリールというクラブこそ自分が進化し学び、成長していくのに最適なクラブだと判断したんだ。今日、この場に居られることを嬉しく思っているよ」 ▽2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とする新進気鋭のボランチ。サントスではこれまで公式戦71試合に出場し、4ゴールを挙げていた。 ▽また、リオ・デ・ジャネイロオリンピックでブラジル代表の金メダル獲得に貢献したチアゴ・マイアは、ここまでフル代表でも3試合に出場している。 2017.07.26 02:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リールの重鎮MFマブバが9年半過ごしたクラブを退団…スパルタ・プラハに完全移籍

▽スパルタ・プラハは21日、リールから元フランス代表MFリオ・マブバ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽ボルドーの下部組織出身のマブバは2003年にトップチームデビュー。その後、ビジャレアルを経て、2008年1月に半年間のレンタルでリールに加入。その翌シーズンから完全移籍でリールに残留すると、在籍9年半で公式戦369試合に出場し5ゴールを記録。小兵ながら豊富な運動量と戦術眼を生かした円熟味のあるプレーでリーグ屈指の守備的MFと評された同選手は、2010-11シーズンにリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの国内2冠達成に貢献。また、近年はキャプテンを務めていた。 ▽昨シーズンはリーグ戦18試合の出場にとどまるも、今季も残留が濃厚と思われていたマブバだったが、新オーナー変更にマルセロ・ビエルサ新監督の就任で様変わりしたクラブを旅立つ決断をした。 ▽なお、昨シーズンのチェコリーグを3位で終えたスパルタ・プラハは、これまでインテルやウディネーゼを指揮してきたアンドレア・ストラマッチョーニ氏を新監督に招へい。今夏の移籍市場ではトルコ代表DFセミフ・カヤやオーストリア代表FWマルク・ヤンコを獲得している。 2017.07.22 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、リールからフランス代表DFコルシア獲得! 日本ツアーへの参加も決定

▽セビージャは13日、リールからフランス代表DFセバスティアン・コルシア(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽なお、セビージャの発表によると、コルシアはメディカルチェックや書類手続きの遅れによって、すでにプライベートジェットで日本へ旅立ったチームメートに合流できなかったという。しかし、13日午前にマドリッドで日本への入国ビザを取得し、通常の便で大阪入りすることになったとのことだ。 ▽ル・マンでプロキャリアをスタートしたコルシアは、ソショーを経て2014年冬にリールへ完全移籍で加入。高精度の右足のキックと攻撃センスを武器に、同クラブでは公式戦127試合に出場し7ゴール10アシストを記録。昨季はリーグ戦全試合に出場し、1ゴール4アシストを挙げていた。 ▽また、国内屈指のクロッサーは、2016年11月に行われたコートジボワール代表戦でフランス代表デビューも飾っている。 2017.07.13 23:50 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース