ビエルサvsラニエリの新指揮官対決はビエルサのリールに軍配! 酒井開幕フル出場マルセイユは快勝スタート《リーグ・アン》2017.08.07 05:54 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン開幕節の3試合が6日に行われた。

▽ビエルサとラニエリという名将を新監督に招へいしたリールvsナントは、ビエルサ率いるリールが3-0で快勝した。

▽共に新指揮官の就任に加え、大幅なメンバーの入れ替えの影響もあり、前半は互いに決め手を欠きゴールレスで終了する。しかし、後半立ち上がりの48分にリールは、ボックス手前でクリアボールを拾ったフニオール・アロンソが強烈な左足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、先制点を挙げる。

▽先制して勢いに乗るリールは67分、右サイド深くに侵攻したマルキュイがボックス内でDFに倒されてPK獲得。これをキッカーのドゥ・プルヴィルが冷静に決め、追加点を奪取。さらに、70分には左サイドを深くえぐったクアメからの折り返しを、ファーに走り込んだエル・ガジ(写真後列中央)が冷静にダイレクトで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。なお、アヤックス出身のエル・ガジがゴールセレブレーションで、先月試合中に倒れて永久的な脳損傷を負った元同僚MFアブデラク・ヌーリへのサポートを示すTシャツを披露するエモーショナルな場面もあった。その後、今夏の補強の目玉であるMFチアゴ・マイアをデビューさせたリールが、新指揮官対決で快勝した。

▽また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでディジョンと対戦し、3-0で快勝した。酒井はフル出場した。

▽ヨーロッパリーグ予備予選3回戦でオーステンデを破ったマルセイユは、その試合から中2日でリーグ開幕戦に臨んだ。注目の先発メンバーでは、パイエやトヴァン、酒井といった昨季主力に加え、今夏加入したGKマンダンダやルイス・グスタボ、ジェルマン、ラミらセンターラインの選手がデビューを飾った。

▽マルセイユの攻勢が予想された試合だったが、連戦の疲労を抱えるホームチームは序盤から出足鋭いディジョンの攻勢に晒される。とりわけ、スリティやハダディの左サイドの攻撃に手を焼き、右サイドバックの酒井は守備に奔走する。だが、サイードやジャンノのシュートは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、マルセイユはハムストリングに軽度の問題を抱えていたパイエを下げてハーフタイム明けにエンジエを投入すると、この交代が試合の流れを変える。51分、相手陣内で見事なルーレットを見せたグスタボから右サイドのジェルマンにパスが通ると、ジェルマンがすかさず低いクロスを供給。これをエンジエがダイビングヘッドで流し込み、後半立ち上がりに先制点を奪う。

▽勢い付くマルセイユは54分、ジェルマンのパスに抜け出したトヴァンがボックス内の密集から技ありの左足シュートを流し込み、追加点を奪取。その後は酒井とトヴァンの右サイドが高い位置を取って相手を押し込むなど、完全にディジョンを圧倒。72分には左サイドから切り込んだエンジエがDF3枚をかわして右足を振り抜くと、相手DFにディフレクトして浮いたボールがGKの頭上を破り、試合を決める3点目が入った。エンジエの投入で流れを変えたマルセイユが、ホームでの開幕戦を大勝で飾った。

▽また、同日行われたアンジェvsボルドーは2-2のドローに終わった。

リール 3-0 ナント
アンジェ 2-2 ボルドー
マルセイユ 3-0 ディジョン

コメント

関連ニュース

thumb

大連一方を退団したポルトガル代表DFフォンテがリールへ移籍

▽リールは20日、中国スーパーリーグの大連一方を双方合意の上で退団していたポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となっている。 ▽2018年2月にウェストハムから大連一方へ加入したセンターバックのフォンテは、中国スーパーリーグでは7試合に出場。先日まで開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)にもポルトガル代表として4試合に出場していた中、15日に双方合意の上で同クラブを退団することが発表された。 ▽これまでクリスタル・パレスや日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトン、ウェストハムでのプレー経験を持つフォンテは、プレミアリーグへの復帰が噂されていたが、自身初のプレーとなるフランスに新天地を求める形となった。 2018.07.21 01:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンがリールのマリ代表MFビスマを獲得、推定移籍金は22億円

▽ブライトンは17日、リールのマリ代表MFイヴ・ビスマ(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は1500万ポンド(約22億2000万円)とのことだ。 ▽2016年7月にマリのクラブからリールに移籍したセントラルMFのビスマは、これまでリールで公式戦55試合に出場して4ゴール2アシストを記録。2017-18シーズンはリーグ・アンで24試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽2015年10月にデビューしたマリ代表ではこれまで13試合に出場して3ゴールをマークしている。 2018.07.18 03:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表FWエデルがロコモティフ・モスクワへ完全移籍

▽ロコモティフ・モスクワは16日、ポルトガル代表FWエデル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽190cmとフィジカルに優れた大型ストライカーのエデルは、アカデミカやブラガで活躍後、スウォンジーに移籍。しかし、スウォンジーではノーゴールと活躍できず2016年冬にリールへ移籍。そのリールでは公式戦51試合に出場して13ゴール9アシストを記録し、2017年夏にロコモティフへレンタル移籍していた。そして2017-18シーズン、ロシア・プレミアリーグで18試合に出場して4ゴールを挙げ、同クラブの14年ぶり3度目の優勝に貢献していた。 ▽ポルトガル代表としてはこれまで33試合に出場。ユーロ2016決勝で決勝点を挙げて母国の初優勝に貢献していたが、ロシア・ワールドカップの最終メンバーからは漏れていた。 2018.07.17 03:24 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎同僚の元フランス代表FWレミがリールに完全移籍! 5年ぶりの母国復帰

▽リールは13日、ラス・パルマスから元フランス代表FWロイク・レミ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。 ▽これまでリヨンやニース、マルセイユで活躍したレミは2012年にQPRからチェルシーに加入。加入初年度こそリーグ戦19試合に出場し、7ゴールを挙げるなど準主力の立場を得たが、徐々に出場機会を減らし、2016-17シーズンはレンタルでクリスタル・パレスに加入。しかし、太ももの負傷により長期離脱を余儀なくされ、公式戦わずか8試合の出場にとどまっていた。 ▽その後、2年契約で加入したラス・パルマスでは、リーグ戦12試合で5ゴールとまずまずの結果を残していたが、首脳陣との衝突によって干されると今年1月にヘタフェへレンタル移籍。そのヘタフェではリーグ戦11試合に出場し3ゴールを挙げていた。 ▽なお、レミにとっては2013年まで在籍していたマルセイユ時代以来、5年ぶりの母国フランスへの復帰となった。 2018.07.14 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

リール、トルコ代表DFチェリクを5年契約で獲得

▽リールは、イスタンブルスポルからトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽ブルサスポルの下部組織出身のチェリクは、2015年にレンタルで加入したトルコリーグ4部のブルサ・ニリュフェルでプロデビューすると、2016年の夏にイスタンブルスポルへ移籍。イスタンブルスポルでは、在籍2シーズンで公式戦69試合で3ゴール1アシストを記録した。 ▽また、各年代のトルコ代表に選出されてきたエリートのチェリクは、2018年3月にフル代表に初選出されると、6月に行われたロシア代表との国際親善試合でデビューを飾った。 ▽チェリクは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「リールに加入できて本当に嬉しいよ。ここは僕が残りのキャリアでプレーしたいと思っていたクラブだし、挑戦できることに満足しているよ」 2018.07.09 02:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース