ビエルサvsラニエリの新指揮官対決はビエルサのリールに軍配! 酒井開幕フル出場マルセイユは快勝スタート《リーグ・アン》2017.08.07 05:54 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン開幕節の3試合が6日に行われた。

▽ビエルサとラニエリという名将を新監督に招へいしたリールvsナントは、ビエルサ率いるリールが3-0で快勝した。

▽共に新指揮官の就任に加え、大幅なメンバーの入れ替えの影響もあり、前半は互いに決め手を欠きゴールレスで終了する。しかし、後半立ち上がりの48分にリールは、ボックス手前でクリアボールを拾ったフニオール・アロンソが強烈な左足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、先制点を挙げる。

▽先制して勢いに乗るリールは67分、右サイド深くに侵攻したマルキュイがボックス内でDFに倒されてPK獲得。これをキッカーのドゥ・プルヴィルが冷静に決め、追加点を奪取。さらに、70分には左サイドを深くえぐったクアメからの折り返しを、ファーに走り込んだエル・ガジ(写真後列中央)が冷静にダイレクトで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。なお、アヤックス出身のエル・ガジがゴールセレブレーションで、先月試合中に倒れて永久的な脳損傷を負った元同僚MFアブデラク・ヌーリへのサポートを示すTシャツを披露するエモーショナルな場面もあった。その後、今夏の補強の目玉であるMFチアゴ・マイアをデビューさせたリールが、新指揮官対決で快勝した。

▽また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでディジョンと対戦し、3-0で快勝した。酒井はフル出場した。

▽ヨーロッパリーグ予備予選3回戦でオーステンデを破ったマルセイユは、その試合から中2日でリーグ開幕戦に臨んだ。注目の先発メンバーでは、パイエやトヴァン、酒井といった昨季主力に加え、今夏加入したGKマンダンダやルイス・グスタボ、ジェルマン、ラミらセンターラインの選手がデビューを飾った。

▽マルセイユの攻勢が予想された試合だったが、連戦の疲労を抱えるホームチームは序盤から出足鋭いディジョンの攻勢に晒される。とりわけ、スリティやハダディの左サイドの攻撃に手を焼き、右サイドバックの酒井は守備に奔走する。だが、サイードやジャンノのシュートは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、マルセイユはハムストリングに軽度の問題を抱えていたパイエを下げてハーフタイム明けにエンジエを投入すると、この交代が試合の流れを変える。51分、相手陣内で見事なルーレットを見せたグスタボから右サイドのジェルマンにパスが通ると、ジェルマンがすかさず低いクロスを供給。これをエンジエがダイビングヘッドで流し込み、後半立ち上がりに先制点を奪う。

▽勢い付くマルセイユは54分、ジェルマンのパスに抜け出したトヴァンがボックス内の密集から技ありの左足シュートを流し込み、追加点を奪取。その後は酒井とトヴァンの右サイドが高い位置を取って相手を押し込むなど、完全にディジョンを圧倒。72分には左サイドから切り込んだエンジエがDF3枚をかわして右足を振り抜くと、相手DFにディフレクトして浮いたボールがGKの頭上を破り、試合を決める3点目が入った。エンジエの投入で流れを変えたマルセイユが、ホームでの開幕戦を大勝で飾った。

▽また、同日行われたアンジェvsボルドーは2-2のドローに終わった。

リール 3-0 ナント
アンジェ 2-2 ボルドー
マルセイユ 3-0 ディジョン

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール欠場のPSGが不調リールに完勝で公式戦連敗をストップ!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第17節でリールと対戦し、3-1で勝利した。 ▽前節、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した首位のPSGが、ホームのパルク・デ・プランスに17位に低迷するリールを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループB最終節のバイエルン戦(1-3)を行ったPSGは、その試合から先発を4人変更。累積で出場停止のネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバ、クルザワに代えてディ・マリアやパストーレ、キンペンベ、ユーリを先発で起用した。 ▽試合はPSGが立ち上がりからポゼッションでリールを圧倒し主導権を掌握したが、アタッキングサードでのプレーの質を欠いて決定機をつくるには至らない。膠着状態のまま前半半ばに差し掛かると28分に試合が動く。 ▽パストーレのスルーパスをボックス右付近で受けたダニエウ・アウベスがクロスを供給するとゴール前に走り込んだディ・マリアがヘディングシュートで流し込み、PSGが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点をリードするPSGはラビオを下げてロ・セルソを投入。するとPSGは49分、中盤でヴェッラッティのパスカットからカウンターを発動。最前線でボールを受けたカバーニの横パスをペナルティアーク付近のディ・マリアがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス中央に走り込んだパストーレがシュートをゴール左に突き刺した。 ▽追加点を奪ったPSGは、72分にもヴェッラッティのパスをボックス左で受けたムバッペが決定機を迎えるも、シュートはGKメニャンの好セーブに阻まれた。 ▽その後、87分に途中出場のエル・ガジに1点を返されたPSGだが、93分に自陣での相手CKからロングカウンターを発動。マルキーニョスのクリアで相手DFの裏に抜け出したムバッペがドリブルで独走すると、無人のゴールにボールを流し込み、勝負を決める3点目を奪取。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。エースFWネイマールを欠きながら、下位相手にホームでしっかりと勝ち点3を奪ったPSGが連敗をストップすると共に公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.12.10 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ビエルサ、危篤状態の相棒見舞うためチリへ無断渡航! リールが一時職務停止発表でこのまま退団も…

▽リールは23日、同クラブを率いるマルセロ・ビエルサ監督の職務一時停止を公式サイトで発表した。 ▽一部フランスメディアの報道によると、ビエルサ監督はかつてアルゼンチン代表やチリ代表などで21年間を連れ添ったフィジカルトレーナーで、現在は胃がんの闘病生活を強いられているルイス・ボニーニ氏(67)を訪ねるため、クラブの許可なくチリに渡航したという。その後、23日には12日間集中治療室で治療を受けた末、同氏の死亡が明かされた。 ▽一方、リールは一連の報道を受け、公式サイトで以下の声明を発表した。 「リールは、マルセロ・ビエルサ氏の監督としての職務を一時的に停止することを本日決定した」 ▽なお、フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、今回の職務放棄と成績不振を理由にリールがビエルサ監督の更迭に踏み切る可能性があるという。その場合、同監督は現在、指揮官不在のチリ代表監督に復帰する可能性もあるようだ。 ▽今夏にビエルサ監督を招へいしたリールだが、開幕から不振に陥るとリーグ・アン第13節終了時点で3勝7敗3分けの19位に低迷。なお、リールは25日にリーグ・アン第14節でモンペリエとのアウェイ戦に臨む。 2017.11.24 01:06 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井宏フル出場のマルセイユ、ビエルサ率いるリールにシャットアウト勝利《リーグ・アン》

▽マルセイユは29日、リーグ・アン第11節でリールとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽開幕節以来勝利のない19位リール(勝ち点6)に対し、前節パリ・サンジェルマンとのフランス・ダービーを終了間際に引き分けに持ち込まれた5位マルセイユ(勝ち点18)は、酒井宏が右サイドバックで8試合連続スタメンとなった。 ▽かつてリールを率いたガルシア監督とマルセイユを率いたビエルサ監督の名将対決。立ち上がりからアウェイのマルセイユが圧力をかける展開とすると、7分に先制する。ボックス右わずかに外で得たトヴァンのFK。サインプレーを使ってグラウンダーのパスをマイナスに送ると、サンソンがシュートを流し込んだ。 ▽先制後、リールにポゼッションを譲ったマルセイユは23分にエル・ガジにボックス左からシュートを打たれるも、GKマンダンダがセーブ。その後もリールがボールを持つ流れとなり、41分にはFKからアマドゥに決定的なヘディングシュートを許すも、GKマンダンダが立ちはだかり、マルセイユが前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半もリールが攻勢に出ると52分、エル・ガジの直接FKがディフレクトしてゴールに向かったが、わずかに枠を外れる。助かったマルセイユは65分に酒井宏がチャンスメーク。持ち上がった酒井宏がジェルマンにパスを送り、ボックス右に侵入したジェルマンがシュート。しかし、バーに嫌われた。 ▽終盤にかけてもマルセイユは自陣に引いてリールの攻撃に対応。酒井宏も安定した守備を続け、1-0のシャットアウト勝利に貢献している。 2017.10.30 06:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ファルカオ今季11点目にヨヨ&ゲザルが移籍後初ゴール! モナコがビエルサ・リールを粉砕!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第7節、リールvsモナコが22日に行われ、アウェイのモナコが4-0で圧勝した。 ▽前節、ストラスブールに快勝して公式戦3試合ぶりの白星を手にしたモナコは、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、ここまでわずか1勝とビエルサ新体制で苦戦するリールとのアウェイゲームに臨んだ。前節からはシディベとティーレマンスに代えて、アルマミー・トゥーレ、モウティーニョの2選手を起用した以外、同じメンバーを起用し、ヨベティッチとファルカオが2トップを組んだ。 ▽立ち上がりはビエルサ仕込みのハイプレスを前に苦戦を強いられたモナコだが、時間の経過と共に良い守備からカウンターに転じ、相手ゴールに迫っていく。 ▽すると24分、相手ボックス付近で相手の不用意なバックパスをカットしたヨベティッチが反転しながらペナルティアーク付近で右足を振り抜くと、ゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽ヨベティッチの移籍後初ゴールで勢いづくモナコは30分、相手DFのクリアミスを右サイド深くで回収したトゥーレがそのままボックス内に侵入して丁寧なグラウンダーのクロス。これをファーサイドでフリーのゲザルが冷静にワンタッチで流し込み、ヨベティッチに続いて移籍後初ゴールを決めた。その後、前半終了間際にアラウージョに際どいシュートを許すも、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるモナコは48分、ボックス左にドリブルで持ち込んだロニー・ロペスが左足のシュート。これはGKメニャンの好守に遭うも、ゴール前に浮いたボールをファルカオが相手DFをブロックしながら冷静に頭で流し込み、開幕7試合で早くも今季のゴール数を二桁に乗せた。 ▽その後、CLポルト戦を睨んでヨベティッチ、ゲザルを下げてディアカビ、レマルをピッチに送り込んだモナコは、76分に試合を決める4点目を奪う。ジョルジがボックス内で後方からDFに倒されてPKを獲得。これをファルカオが冷静に決め、2試合連続の2ゴールで今季11点目を記録した。格下リール相手に完勝のモナコはリーグ2連勝を飾り、ポルト戦に向けて大きな弾みを付けた。 2017.09.23 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ニースやリールで活躍したフランス人MFバウシークがAリーグ参戦

▽かつてニースやリールで活躍したフランス人MFエリック・バウシーク(30)が8日、自身の『インスタグラム』でオーストラリアプロサッカーリーグ(Aリーグ)に所属するブリスベン・ロアーへの加入を発表した。 ▽2007年にカンヌでプロデビューを飾った技巧派MFのバウシークは、以降ディジョンやニース、リールで主力として活躍。だが、昨シーズン終了後にリールとの契約が終了してからフリーの状況が続いていた。 ▽今夏の移籍市場では母国のクラブに加え、イングランドやドイツ、イタリア、ポルトガルからオファーが届いていたが、オーストラリアを新天地に選んだ。 2017.09.09 15:01 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース