長友フル出場のインテルがビジャレアルに3発完勝!《プレシーズンマッチ》2017.08.07 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽6日にインテルvsビジャレアルのプレシーズンマッチがリベエラ・デル・パルムで行われ、3-1で勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都は、フル出場している。

▽中国、シンガポールで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップを全勝で終えたインテルは、エデルを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からカンドレーバ、ジョアン・マリオ、ペリシッチを起用。長友は左サイドバックで先発した。

▽一方、ここまでプレシーズンマッチ2勝3敗のビジャレアルは、ソルダードやカスティジェホ、サンソーネ、トリゲロスなどほぼベストメンバーを送り込んだ。

▽立ち上がりから一進一退の展開となる中、先にスコアを動かしたのはインテル。26分、スルーパスで右サイド突破したカンドレーバがダイレクトで折り返すと、中央に走り込んだエデルが右足で流し込んだ。

▽先制を許したビジャレアルも40分に決定機。左サイドを突破したルカビナがマイナスのクロスを供給。これをボックス中央で受けたサンソーネがワントラップからシュート。これはGKハンダノビッチが弾くも、こぼれ球をソルダードが押し込み、1-1で前半を終えた。

▽迎えた後半、インテルはカンドレーバとガリアルディーニに代えてコンドグビアとブロゾビッチを投入。さらにインテルは、63分にエデルとジョアン・マリオ、ミランダを下げてヨベティッチとヴェシーノ、ムリージョをピッチに送り出した。

▽すると、この交代が追加点を生む。67分、バックパスを受けた相手GKへコンドグビアがプレスをかけると、敵陣でパスミスを奪ったヴェシーノが素早く前線へつなぐ。これに反応したヨベティッチが強引な突破でゴール前まで持ち込むと、ゴール中央へシュートを突き刺した。

▽勝ち越しに成功したインテルは、試合終了間際の90分にもチャンス。途中出場のイカルディがスルーパスを供給すると、ボックス内に侵入したブロゾビッチが左足でゴールネットを揺らした。

▽結局、試合はそのまま3-1で終了。勝利したインテルは、12日にベティスとのプレシーズンマッチを行う。

コメント

関連ニュース

thumb

5戦ぶり先発の長友佑都、カップ戦でPK戦最後のキッカーも「落ち着いて蹴れた」理由とは?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、落ち着いてPKを蹴られたことを明かしている。『インテルTV』が伝えた。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア(TIMカップ)5回戦でセリエCのポルデノーネと対戦した。主力選手を温存したインテルは格下を相手に大苦戦。試合はPK戦にまでもつれ込んだ。<br><br>PK戦でもサドンデスに突入するが、GKダニエレ・パデッリが7人目のキックをセーブすると、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。試合後、長友は「しばらくプレーしていなかったので、これからもっと良くしていきたいと思います」と話し、PKについてはこう語る。<br><br>「1カ月くらいプレーしていなかったので、とても疲れましたね。でもPKは落ち着いて蹴れました。2年前ユベントス戦でも決めていましたから。ファンの合唱は聞こえていたし、簡単ではありませんでした。この勝利は大きいですね」<br><br>フル出場を果たした長友は5試合ぶりの試合出場に。次戦は16日のウディネーゼ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

長友がチームを勝利に導くPK成功! 3部相手に120分間ゴールレスの低調インテルがPK戦制して準々決勝進出!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦、インテルvsポルデノーネが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したインテルが準々決勝進出を果たした。なお、インテルのDF長友佑都はフル出場した。 ▽2010-11シーズン以来のコッパ・イタリア制覇を目指すインテルの今シーズンコッパ初戦。直近のセリエAでユベントスとの敵地でのイタリア・ダービーをゴールレスドローで終えたスパレッティ監督率いるチームは、セリエC所属の格下をホームに迎えた一戦でシュクリニアルとヴェシーノを除く先発9人を変更。GKパデッリやカンセロ、カラモーの新戦力と共にエデル、ピナモンティを今季初先発させたほか、リーグ戦4戦不出場の長友を右サイドバックで先発起用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むインテルは開始10分にセットプレーの流れからエデルがゴール左隅を捉えたシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。さらに21分にはガリアルディーニのスルーパスに抜け出したカラモーに決定機も、今度もGKペリッリの鋭い反応に阻まれる。 ▽なかなか決定機を決め切れないインテルは、徐々に相手の反撃を受け始める。31分にはボックス手前右のマニャージに強烈なミドルシュートを許すが、ここはGKパデッリが見事な反応で何とか触り、ボールは右ポストを叩く。一方、前半終了間際にはゴール右でカンセロからパスを受けたカラモーに絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばせず。 ▽格下相手の低調なゴールレスでの折り返しにインテリスタのブーイングも飛び交う中、前半は終了。何とか流れを変えたいスパレッティ監督はピナモンティを下げて、ハーフタイム明けにブロゾビッチを投入。この交代でエデルを最前線に上げる。 ▽だが、前半同様に決め切れないホームチームは、68分にカラモーを下げて主力のペリシッチを投入。そのペリシッチは投入直後の73分にカンセロのクロスをファーで拾って決定的なシュートを放つが、これを枠に飛ばせない。 ▽スタンド、ベンチ共にフラストレーションが溜まる展開にイタリア人指揮官は80分、ダウベルト・エンリケを下げて、ついにエースFWイカルディまで投入。そのイカルディは後半終了間際に2度の決定機を迎えるが、エースも決め切れず。3部相手に主力を投入したうえ、90分間で決着をつけることはできなかった。 ▽延長に入ってもセットプレーなどから決定機を作り出すインテルだったが、完全に乗せてしまった相手守護神のGKペリッリの再三の好守に阻まれ続け、延長戦でもゴールをこじ開けることはできず。屈辱のPK戦突入となった。 ▽運命のPK戦では両GKの活躍によって2人ずつが失敗してサドンデスに突入。6人目は互いに成功するも、先攻のポルデノーネ7人目のパローディのシュートをGKパデッリが今回のPK戦2度目のセーブで防ぐ。すると、インテル7人目のキッカーは長友に。長友はプレッシャーがかかるこのPKを、冷静に相手GKの逆を突くシュートで左隅に蹴り込み、チームを勝利に導いた。 ▽今季のセリエA首位チームながら3部相手のホームゲームで終始低調なパフォーマンスをみせたインテルだったが、これがデビュー戦のGKパデッリの活躍により、辛くも準々決勝進出を果たした。なお、翌日に行われるミランvsヴェローナでミランが勝ち抜けた場合、準々決勝でミラノダービーが実現することになった。 2017.12.13 07:57 Wed
twitterfacebook
thumb

「金正恩はインテリスタ。モウリーニョを見に通っていた」伊の親朝鮮派上院議員が証言

イタリアのアントニオ・ラッツィ上院議員がラジオ局『ラディオ・クサーノ・カンプス』のインタビューに応じ、北朝鮮について触れた。<br><br>ラッツィ議員はミランの元名誉会長であるシルヴィオ・ベルススコーニ氏が党首を務めるフォルツァ・イタリアに所属。北朝鮮とのパイプを持つ議員として知られている。ラッツィ議員はインタビューにおいて、金正恩朝鮮労働党委員長が今シーズン、セリエAでトップを走るインテルのファンであると断言した。スイス在住時にインテルの本拠地ジュゼッペ・メアッツァで開催される試合に足を運んでいたと説明している。<br><br>「キム・ジョンウンはインテリスタだよ。イタリアサッカーが好きだったから、ベルンからジュゼッペ・メアッツアまで通っていたんだ。当時は(ジョゼ)モウリーニョがチームを率いていたから、よくインテルの試合を見に行っていたよ。タイトルを総なめにしたモウリーニョのような監督を見に行く好きだったようだ。それに(元ブラジル代表)ロナウドや偉大なトッププレーヤーが何人もいたからね。彼はインテルを応援していたが、私はユベンティーノなのでこれだけは残念だ&hellip;」<br><br>北朝鮮の核・ミサイル問題により世界情勢が不安視されていることについて、同議員はインテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティや主将のFWマウロ・イカルディが平和的解決に寄与できると主張した。<br><br>「彼らなら貢献できるかもしれない。彼はイタリアサッカーを知り尽くしているよ。きっとキムは喜ぶだろう。だけどインテルのチーム全員が訪問して、世界最大の平壌のスタジアムでフレンドリーマッチを開催すればもっと喜ぶだろうね。」<br><br>なおラッツィ議員は過去に何度も訪朝しており、セリエBペルージャに所属する19歳FWハン・グァンソンを発掘し、イタリア移籍を実現させた人物として知られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 17:37 Tue
twitterfacebook
thumb

躍進インテルの縁の下の力持ち“復活組”に現地識者が注目「ナガトモらを忘れるな」

元ラツィオのGKで現在はイタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のコメンテーターを務めるフェルナンド・オルシ氏が11日、『トゥット・メルカート・ウェブ』のラジオ番組でインタビューに応じた。<br><br>オルシ氏は、今シーズン、無敗のまま首位を独走するインテルについて言及。開幕前は移籍の噂が流れ、退団寸前と見られていた日本代表のDF長友佑都らを復活させることに成功した指揮官ルチアーノ・スパレッティの功績を称えた。<br><br>「(ミラン)シュクリニアルが素晴らしいパフォーマンスを見せているのは事実だが、スパレッティが復活させた選手たちを忘れてはならない。(ダニーロ・)ダンブロージオ、(ダビデ・)サントン、それにナガトモも&hellip; メンタル面において本当に物凄い仕事を成し遂げたと思う。ルチアーノが現役監督の中でも最高峰の1人であることを証明している」<br><br>また9日に行われたユベントスとのイタリアダービー(0-0)での戦いぶりについて非難の声が見られたものの、オルシ氏はスパレッティを支持する。<br><br>「ポジティブなファンですら、現段階でクラブが首位につけるなど考えていなかったわけで、インテルへの批判は大げさだ。アリアンツスタジアムで守備的にプレーすることは不名誉ではない。スパレッティはトリノで1ポイントをもぎ取ったことに満足しているだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.12.12 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュチェスニー 5.5 守備機会がなかった DF 2 デ・シリオ 6.0 対面のペリシッチを消した 4 ベナティア 6.5 前節のメルテンスに続き、イカルディを完璧に潰した 3 キエッリーニ 6.5 身体を張った守備でベナティアと共に鉄壁を築く 22 アサモア 6.5 ミラン戦やナポリ戦同様、ビッグマッチで冷静なプレーぶり。攻守に質が高かった MF 6 ケディラ 6.0 前線への飛び出しでアクセントに (→ディバラ 5.5) さほど良い形でボールを持てなかった 5 ピャニッチ 6.0 的確な捌きでリズムを与える (→ベンタンクール -) 14 マテュイディ 6.0 前線への飛び出しでケディラと共にアクセントに。守備にもよく戻った FW 7 クアドラード 6.5 マンジュキッチとのホットラインで好クロスを供給 9 イグアイン 5.0 ボールホルダーによくプレスをかけていたが、攻撃面では効果的な働きはできなかった 17 マンジュキッチ 5.5 クアドラードとのホットラインはあったが、シュートを決めきれず 監督 アッレグリ 6.0 ディバラのベンチスタート、インテルに合わせた[4-3-3]の採用など大胆な采配を施し優勢に試合を進めた ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 的確なゴールキーピングでクリーンシート DF 33 ダンブロージオ 5.5 マンジュキッチとのミスマッチも乗り切る 37 シュクリニアル 6.5 ソリッドな守備でイグアインを封じる 25 ミランダ 6.5 終始、安定した守備を続けた 21 サントン 5.0 対面のクアドラードに押し込まれた (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 投入直後こそクアドラードに苦戦も徐々に慣れる MF 87 カンドレーバ 5.0 仕掛けのプレーはなかった (→ガリアルディーニ 5.5) 守備を安定させた 11 ヴェシーノ 6.0 バイタルエリアを締めた 77 ブロゾビッチ 5.0 イカルディをサポートできなかった 20 ボルハ・バレロ 6.0 一定のキープ力を見せて時間を作る 44 ペリシッチ 5.0 カンドレーバ同様、仕掛けのプレーは出せず FW 9 イカルディ 5.0 ボールが入らなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 劣勢ながらもしっかりと勝ち点1を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミランダ(インテル) ▽両陣営のセンターバックが出色のパフォーマンスを発揮していたためMOMは選びにくいが、勝ち点1を得た価値がより大きなインテルからミランダを選出。相棒のシュクリニアルと共に鉄壁を築いた。 ユベントス 0-0 インテル 2017.12.10 06:48 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース