アトレティコがリュカの劇的弾でブライトンとの打ち合いを制す!《プレシーズンマッチ》2017.08.07 04:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは6日、プレシーズンマッチでブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、3-2で勝利した。

▽2日に行われたアウディカップ2017決勝でリバプールをPK戦の末に退け、初優勝を飾ったアトレティコは、グリーズマンやカラスコ、コケなどほぼベストメンバーを送り込んだ。

▽試合は互いにチャンスを作り出すも、スコアが動かないまま時間が経過。このままゴールレスで前半終了かに思われたが、アトレティコは42分に右サイドからカットインしたガイタンがアタッキングサード手前からロングシュート。これがGKマシュー・ライアンのキャッチミスを誘い、そのままゴールラインを越えた。

▽1点リードで後半を迎えたアトレティコだが、後半はブライトンが先にスコアを動かす。61分、ボックス左手前で獲得したFKをグロスが直接狙うと、ガイタンにディフレクトしたボールが左ポストに当たりゴールに吸い込まれた。

▽不運な形で同点を許したアトレティコだが、すぐに反撃に転じる。すると67分、右サイドをオーバーラップしたフアンフランのクロスをトーレスがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。しかし77分、左サイドを突破したマーチのクロスからシドウェルにゴールネットを揺らされ、試合は再び振り出しへと戻った。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが89分に試合が動く。コケのパスでゴール前に抜け出したグリーズマンが胸トラップで相手DFをかわしシュート。これがGKライアンの好守に阻まれるが、こぼれ球をリュカが押し込んだ。

▽結局、これが決勝点となり試合終了。勝利したアトレティコは、12日に元日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェとのプレシーズンマッチを行う。

ブライトン&ホーヴ・アルビオン 2-3 アトレティコ・マドリー
【ブライトン】
グロス(後16)
シドウェル(後32)
【アトレティコ】
ガイタン(前42)
トーレス(後22)
リュカ(後44)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコがジルー獲得に動く! グリーズマンとクラブでもコンビ形成へ

▽アトレティコ・マドリーがチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)の獲得に動いているようだ。ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽今夏、ミランのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(30)の獲得に動くなど、スペイン代表FWジエゴ・コスタのライバルとバックアップを担えるストライカーを探すアトレティコ。 ▽対してユベントスからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)の獲得を目指すチェルシーは、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)ではなくジルーを放出候補に考慮しているようだ。 ▽なお、アトレティコではエースのFWアントワーヌ・グリーズマンとDFリュカ・エルナンデスに加え、今夏モナコからMFトマ・レマルの加入が決定しており、ジルーの加入が実現した場合、一気にフランス化が進むことになる。 2018.07.21 20:54 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、百戦錬磨の若手SBジョニー・カストロ獲得迫る!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタのスペイン人DFジョニー・カストロ(24)獲得に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セルタの下部組織出身のジョニーは、2011-12シーズン後半からトップチームでのプレーを始め、2013年冬に正式に昇格。以来、セルタの攻撃的なサッカーを支え続け、24歳にして既にリーガエスパニョーラ183試合3ゴール12アシストの記録を残している。ちなみに、若くから才能を発揮していたことで知られる1歳年上のレアル・マドリーDFラファエル・ヴァランですら、リーガに限定した出場記録は141試合2ゴール4アシストと及ばない。 ▽2016年夏にはルイス・エンリケ前監督(現スペイン代表)が率いたバルセロナが興味を示していたとも報じられた、トップレベルでの経験が豊富な若手サイドバックだ。 ▽『マルカ』によれば、アトレティコは22日にもジョニーを迎える予定である模様。なお、入団後は本人が希望するプレミアリーグにレンタルで加入し、更なる経験を積む可能性も伝えられている。 2018.07.21 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ルガーニ放出ならゴディン引き抜きか

▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーDFディエゴ・ゴディンの獲得を検討しているようだ。イタリア『プレミアム・スポルト』が伝えた。 ▽ユベントスは現在、DFダニエレ・ルガーニにチェルシー移籍の可能性が浮上している。ロマン・アブラモビッチオーナーがミラノを訪れ、ユベントスとの交渉に入った模様だ。 ▽この取引が実現した場合に備えて、ユベントスはセンターバックの補強を考えている。その候補に挙がったのがウルグアイ代表のゴディンだ。 ▽ゴディンとアトレティコ・マドリーの契約は2019年まで。今夏の放出を逃せば、フリーでトランスファーになる可能性もある。ルガーニ放出となれば、ユベントスは契約解除金の2000万ユーロ(約26億円)を全て支払ってでも引き抜く構えだという。 ▽チェルシーはルガーニのほか、FWゴンサロ・イグアインの獲得にも動いているようだが、こちらも代役候補のリストアップは進んでいるのだろうか。 2018.07.20 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコが守護神オブラク死守に成功 セレソ会長「今後数年重要な役割担う」

▽アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長がスロベニア代表GKヤン・オブラクの慰留に自信を示している。同会長がスペイン『オンダ・セロ』で語った。 ▽現在、3シーズン連続でサモラ賞(リーガ最優秀GK賞)を獲得するなど世界屈指の守護神に成長したオブラクには1億ユーロ(約131億円)の契約解除金が設定してあることもあり、昨季終了後には今夏の退団の可能性が盛んに報じられていた。 ▽しかし、今夏の移籍市場ではオブラクの獲得候補に挙がっていたレアル・マドリーがチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ、リバプールがローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーの獲得に迫っているほか、パリ・サンジェルマン(PSG)が元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを獲得しており、オブラクの今夏のアトレティコ残留は濃厚となっている。 ▽また、セレソ会長は現時点でオブラクに対するいかなるオファーも受け取っていないことを明かした。 「誰も彼(オブラク)の獲得のために我々にコンタクトを取ってきた者はいない」 「我々と彼の間には強い結び付きがあり、彼が今後数年間に渡って我々のチームの重要な役割を担ってくれることを確信している」 ▽オブラク慰留に自信を示した一方、同会長は今夏の新戦力補強に関しても言及している。 「新戦力? ロドリ(ロドリゴ・エルナンデス)が今週木曜(19日)に、レマルが金曜(20日)にお披露目される予定だ。同時に更なる取引成立に向けて動いているところだ」 「我々は実現可能な取引を受け入れ、自分たちのスカッドを強化していくつもりだ」 ▽なお、アトレティコではスポルティング・リスボンのポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスと、ミランのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの移籍成立が間近に迫っているとの報道も出ている。 2018.07.19 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、カリニッチ&ジェルソン獲得間近に…クラブ間交渉が合意すれば発表へ

アトレティコ・マドリーが、ミランFWニコラ・カリニッチ、スポルティング・リスボンFWジェウソン・マルティンスの獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>同紙曰く、アトレティコのカリニッチ&ジェルソンの獲得発表は、すでに時間の問題となっている模様。同クラブはすでに両選手と個人合意に至っており、クラブ間交渉がまとまり次第、獲得を発表するとのことだ。<br><br>ロシア・ワールドカップで出場拒否を理由に、クロアチア代表から追放されたことで話題となったカリニッチは、今週にもアトレティコ加入が発表される見通しという。アトレティコとミランの交渉は、1800万ユーロの買い取り義務付きの1年レンタルで合意に至る見通しとされる。<br><br>その一方でポルトガル代表のジェルソンは、スポルティングとの間に問題を抱えたことで契約を一方的に解除したが、アトレティコはスポルティングとの友好的な関係を維持するためにも同クラブと交渉を行っているようだ。<br><br>スポルティングはFWルシアーノ・ビエットのレンタル移籍を望んでいるようだが、同選手の完全移籍での売却を急がず進めていく方針のアトレティコは難色を示している様子。いずれにしろアトレティコは、ジェルソンをすでに確保したものと考えながらスポルティングと話し合い、交渉がまとまらない場合にはフリーで同選手を引き入れる方針とみられる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.17 10:50 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース