ドルトムント、新星FWイサクの4発などで格下相手に逆転勝利!《プレシーズンマッチ》2017.08.07 02:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは6日、プレシーズンマッチでRWエアフルト(ドイツ3部)と対戦し、5-2で勝利した。日本代表MF香川真司は欠場した。

▽前日にDFLスーパーカップ2017でバイエルンと対戦したドルトムントは、GKヴァイデンフェラーやパスラック、スボティッチなどサブ組に加え、新加入のトプラクやマクシミリアン・フィリップ、ダフードがスタメンに名を連ねた。

▽ドルトムントは、開始11分に最終ラインのミスからエアフルトに先制を許す苦しい立ち上がりを強いられる。だが、18分にスルーパスでボックス中央に抜け出したイサクがワンタッチで流し込み、同点に追いついた。

▽さらに20分には、ボックス右手前からのFKをU-19所属のベステが直接ゴール右に突き刺し、逆転に成功。しかし、39分にセットプレーから失点を許し、前半は2-2で終了した。

▽迎えた後半、ドルトムントは前日のバイエルン戦にも出場したダフードを下げてエーベルワインを投入。すると、後半最初のチャンスはドルトムント。51分、最終ラインからのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したイサクがボックス右からゴールネットを揺らした。

▽勝ち越し弾で勢いづくドルトムントは、61分にもベステの左クロスをイサクがワンタッチで流し込み、ハットトリック達成。さらに88分にも、ボックス手前右からカットインしたイサクがゴール左隅にシュートを突き刺した。

▽勝利したドルトムントは、12日にDFBポカール1回戦で6部リーグのFCリーラジンゲン=アーレンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

【ELプレビュー】ラウンド16進出を懸けた運命の第2戦! 香川ドルトや南野ザルツに注目!

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが22日に開催される。先週に行われた1stレグでは優勝候補がいずれも順当に勝利を重ねたが、ラウンド16進出を懸けた運命の第2戦の行方はいかに。ドルトムントやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ミランといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32第2戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・1stレグ結果◆ レッドスター 0-0 CSKAモスクワ アスタナ 1-3 スポルティング・リスボン ドルトムント 3-2 アタランタ ルドゴレツ 0-3 ミラン マルセイユ 3-0 ブラガ ニース 2-3 ロコモティフ・モスクワ エステルスンド 0-3 アーセナル レアル・ソシエダ 2-2 ザルツブルク スパルタク・モスクワ 1-3 ビルバオ AEKアテネ 1-1 ディナモ・キエフ セルティック 1-0 ゼニト ステアウア・ブカレスト 0-1 ラツィオ コペンハーゲン 1-4 アトレティコ・マドリー リヨン 3-1 ビジャレアル パルチザン 1-1 ビクトリア・プルゼニ ナポリ 1-3 RBライプツィヒ ◆ラウンド32・2ndレグ◆ ▽2/21(水) CSKAモスクワ 1-0(AGG:1-0) レッドスター ▽2/22(木) 《25:00》 ロコモティフ・モスクワ vs ニース 《27:00》 アトレティコ・マドリー vs コペンハーゲン ディナモ・キエフ vs AEKアテネ ラツィオ vs ステアウア・ブカレスト RBライプツィヒ vs ナポリ スポルティング・リスボン vs アスタナ ビクトリア・プルゼニ vs パルチザン ビジャレアル vs リヨン ゼニト vs セルティック 《29:05》 ミラン vs ルドゴレツ アーセナル vs エステルスンド アタランタ vs ドルトムント ビルバオ vs スパルタク・モスクワ ブラガ vs マルセイユ ザルツブルク vs レアル・ソシエダ ★注目はアタランタvs香川ドルト、南野ザルツvsソシエダ! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述のようにビッグクラブが概ね順当に勝利を重ねた中、この第2戦でより緊迫感のある勝負が期待されるのがアタランタvsドルトムントと、ザルツブルクvsレアル・ソシエダの2カードだ。 ▽ドルトムントホームで行われた初戦は、ドルトムントがMFシュールレのゴールで先制に成功するも、追いすがるアタランタが後半立ち上がりにMFイリチッチの連続ゴールで逆転。しかし、好調を維持するドルトムントは新エースFWバチュアイの2ゴールによって再逆転に成功し、ホームで3-2の勝利を手にした。 ▽しかし、2ndレグに向けてアタランタは2つのアウェイゴールを持ち帰っており、セリエAの強豪を苦しめるベルガモの地での逆転は十分に可能だ。直近のフィオレンティーナ戦では一部主力を温存した中、フィオレンティーナ相手に追いついての1-1のドローと調子を維持している。 ▽対するドルトムントは先週末に行われたボルシアMG戦を苦しみながらもMFロイスの復帰弾と守護神ビュルキの好守で1-0の勝利を収め、公式戦4連勝を飾っている。足首を負傷中のMF香川真司の欠場は決定的となっているが、過密日程の中でラウンド16進出を果たしたいところだ。 ▽また、MF南野拓実の試合終了間際の劇的な同点弾によって難所アノエタで2-2のドローという好結果を持ち帰ったザルツブルクは、ホームに舞台を移して行われる今回の2ndレグでラウンド16進出を目指す。前回対戦ではセットプレーと相手の個人技から失点を喫したものの、チームとして崩される場面は少なく、今回の一戦でも1stレグ同様のアプローチで臨むと思われる。その中で先発出場が期待される南野にはポジショニングミスや集中力に難がある相手守備陣に対して、積極的なオフ・ザ・ボールの動きで揺さぶりをかけていきたい。とりわけ、カウンターの場面では得点のチャンスがありそうだ。 ★初戦大勝のアーセナルら強豪は週末のビッグマッチに向け主力温存へ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽格下との対戦となったアーセナル、ミラン、アトレティコ・マドリー、マルセイユら優勝候補はいずれも初戦を大勝で飾り、余程のことがなければ、ラウンド16進出が濃厚だ。そのため、今回の2ndレグは一部主力を温存して若手や控えメンバー主体で戦うことになりそうだ。 ▽エステルスンド(スウェーデン)との敵地での初戦を3-0で快勝したアーセナルは、今週末にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝というビッグマッチを控えており、その試合に万全の状態で臨むため1stレグで起用したMFエジルやMFムヒタリアン、DFモンレアルらの主力を温存する見込みだ。代わってFWエンケティアやFWネルソン、MFナイルズといった期待の若手に加え、DFコラシナツなどの控えメンバーがスタメンに名を連ねる見込みだ。 ▽同様にルドゴレツ(ブルガリア)とのアウェイゲームを3-0で快勝したミランは、こちらも今週末にセリエAのローマ戦、来週ミッドウィークにラツィオとのコッパ・イタリア準決勝という重要な連戦を控えており、主力温存が濃厚だ。 ▽さらに、コペンハーゲンとのアウェイゲームを4-1で逆転勝利したアトレティコは今週末にセビージャとの上位対決を控えており、今回の2ndレグではFWトーレスやMFビトロら控え組にチャンスが与えられそうだ。 ▽また、途中出場のDF酒井宏樹のアシストなどによってホームで3-0の勝利を収めたマルセイユは、ブラガの本拠地に乗り込む今回の2ndレグに向けて同じく主力を温存する構え。今週末にはリーグ首位パリ・サンジェルマンとの“フランス・ダービー”が予定されており、酒井やFWトヴァン、MFサンソンらが温存される見込みだ。 ★ゼニトやラツィオ、ナポリの逆転は? <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、敵地での初戦を落としたゼニトやラツィオ、ビジャレアルといった強豪チームはホームで戦うこの2ndレグで逆転突破を目指す。 ▽ロジャーズvsマンチーニという名将対決に注目が集まったセルティックとの初戦を終盤の失点により0-1で落としたゼニト。だが、その1stレグがウィンターブレーク明け最初の公式戦だったという事情もあり、試合勘を取り戻した中で戦う極寒のホームでのリターンマッチに向けて十分に望みはあるはずだ。MFパレデスやFWドリウッシなどアルゼンチン人プレーヤーの活躍に期待がかかるところだ。 ▽また、ステアウア・ブカレストとの1stレグを0-1で落としたラツィオだが、月曜に行われたヴェローナ戦ではここ数試合沈黙が続いていた主砲FWインモービレのドッピエッタの活躍で公式戦6試合ぶりの勝利。勢いを取り戻した中、アウェイチームにとっては難しいオリンピコを舞台に逆転突破を狙う。 ▽前述の2チームとは異なり、ビジャレアルは厳しい立場に立たされている。昨季セミファイナリストのリヨンのホームに乗り込んだ初戦ではミス絡みの連続失点で流れを失うと、MFフォルナルスのゴールで貴重なアウェイゴールを奪うも、後半終盤に相手FWデパイのスーパーゴールで突き放され、1-3の敗戦を喫した。また、先週末のリーガでも格下エスパニョールに勝ち切れず、公式戦4戦未勝利となっている。もちろん、対戦相手のリヨンもEL直後のリーグ戦を引き分けているが、相手の強力な攻撃陣を抑え込んでの2-0の逆転突破は非常に困難なミッションだ。 ▽一方、ラウンド32に屈指の好カードとなったライプツィヒとの初戦でホームで1-3の大敗を喫したナポリは、ビジャレアル以上に厳しい状況だ。そのため、1stレグと同様に一部主力を温存して敵地での2ndレグに臨む構えだ。セリエAでは直近のSPAL戦を1-0で勝ち切ってクラブ記録タイの9連勝で2位ユベントスとの勝ち点1差をキープしており、チームのプライオリティーは完全にスクデットへと向いている。 2018.02.22 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、アタランタ戦欠場へ

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がアタランタ戦を欠場するようだ。 ▽ヨーロッパリーグ決勝トーナメントラウンド32・1stレグでアタランタに3-2で先勝したドルトムント。22日に2ndレグでアタランタのホームに乗り込む。 ▽そんな中、ドルトムントの公式ホームページには香川の名前が負傷者リストの欄に入っている。先日、ドルトムントを指揮するペーター・シュティーガー監督はドイツ『レヴィア・シュポルト』に「確かなことはわからない」としつつ、「深刻じゃないが、2週間はかかるだろう」と復帰時期を推測していた。 ▽香川は15日に行われたアタランタとの1stレグ、18日に行われたブンデスリーガ第23節のボルシアMG戦にも欠場している。 2018.02.22 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、3月に戦列復帰か

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、2月中の復帰が厳しいのかもしれない。ドイツ『レヴィア・シュポルト』が伝えている。 ▽香川は、10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で足首を負傷。それ以降、ここ公式戦2試合の欠場を余儀なくされている。 ▽ペーター・シュティーガー監督は、「確かなことはわからない」としつつ、「深刻じゃないが、2週間はかかるだろう」と復帰時期を推測したという。 ▽今シーズンから途中から指揮を執るシュティーガー監督の下、出場機会を増やした香川。ここまで公式戦26試合6ゴール7アシストを記録している。 ▽香川の復帰時期とみられる3月は、日本代表がベルギー遠征を予定。ここ最近、代表から遠ざかる香川にとって、アピールの機会となるが、果たして…。 2018.02.20 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの貴公子が復活弾! 「意図してない形だったけど…」

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが復帰弾を喜んだ。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽ロイスは18日に行われたブンデスリーガ第23節のボルシアMG戦で決勝弾をマーク。ボックス右角から右足を振り抜き、相手GKの意表を突く頭上を狙った右足のシュートを決め、9カ月ぶりの得点でチームに勝ち点3をもたらした。 ▽ロイスは試合後、次のように言及。ゴールシーンについて、当初の狙いとちうコースに決まったことを明かすなど、復帰後初得点を振り返った。 「ゴールを決めたけど、意図してない形だった。実際、ゴールの左側を狙っていたんだけど、決められて良かったよ。難しい試合だった」 「後半に入って、相手の方が僕らより良かったし、より多くのチャンスもあった。その点で、僕らはラッキーだったよ」 「今の僕らは勝ち続けることがとても大切だ。テーブルの上を目指している僕らにとってね」 ▽リーグ戦3連勝のドルトムントは現在、首位のバイエルンまで勝ち点19ポイント差の2位。25日に行われる次節は、8位アウグスブルクをホームで迎え撃つ。 2018.02.19 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。 ▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。 ▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。 ▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 ▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。 ▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。 ▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。 ▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。 2018.02.19 04:10 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース