鎌田大地が1G3Aと躍動! フランクフルトが4部のFSVフランクフルトを一蹴《フレンドリーマッチ》2017.08.07 00:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは6日、FSVフランクフルト(ドイツ4部)とフレンドリーマッチを行い、5-2で勝利した。サガン鳥栖から今シーズン加入したMF鎌田大地は先発フル出場し、1ゴール3アシストと勝利に貢献した。前日行われたベティス戦にフル出場した日本代表MF長谷部誠は欠場した。

▽試合は早々に動き出す。7分、左サイドを崩すと、ボックス内でパスを受けたバルコクがシュート。これはGKがセーブするも、こぼれ球を走り込んだ鎌田が冷静に流し込み、フランクフルトが先制する。

▽さらに21分、ハーフウェイライン付近で相手ボールをカットすると、パスを受けた鎌田が前線へ浮き玉のパス。これに抜け出したフルゴタがループシュートで沈め、フランクフルトがリードを広げる。

▽前半を2-0で終えたフランクフルトは47分、セットプレーのこぼれ球から追加点を奪う。こぼれ球を拾ったダ・コスタがボックス内右からクロスを送ると、ファーサイドで鎌田がヘッドで折り返し、最後はダダショフが押し込んでリードを3点に広げる。

▽さらに65分には、フランクフルトがPKを獲得するとベスシュコウが冷静に沈めてリードを4点に。72分にアズアグに1点を返されるも、81分には追加点。浮き玉を相手DFがクリアミスすると、GKとの競り合いのこぼれ球を鎌田が落とし、最後はヨビッチが流し込んで再びリードを4点とする。

▽しかし、FSVフランクフルトも粘りを見せる。83分、左サイドからのクロスを35が緩慢な対応でミスすると、ナマビザデーが押し込んで1点を返す。

▽その後もフランクフルトがペースを握り、終了間際にはCKからダダショフが決定機を迎えるもDFが間一髪クリア。そのまま試合は終了し、フランクフルトが勝利を収めた。

フランクフルト 5-2 FSVフランクフルト
【フランクフルト】
鎌田大地(前7)
フルゴタ(前21)
ダダショフ(後2)
ベスシュコウ(後20)
ヨビッチ(後36)
【FSVフランクフルト】
アズアグ(後27)
ナマビザデー(後38)

コメント

関連ニュース

thumb

前半終盤から途中出場の武藤が今季7ゴール目もラッバディア新体制のヴォルフスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは23日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は41分から出場し、今季7ゴール目を挙げている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦をクアイソンのドッペルパックで2-0と快勝して連敗を3で止めた16位マインツ(勝ち点23)は、武藤が2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽M・シュミット監督が成績不振により辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、マインツは6分に失点する。自陣右サイドから上げられたクロスをブレカロに蹴り込まれた。 ▽続く11分にはCKからギラヴォギのヘディングシュートがバーを直撃するなど、まずい入りとなったマインツは、14分にクアイソンがドリブルシュートでGKを強襲。ここからマインツがギアを上げていったが、時間の経過とともにヴォルフスブルクにいなされていってしまう。 ▽そんな中、ベルグレーンの負傷によって41分に武藤が投入されると、クアイソンがミドルシュートで再びGKを強襲。すると44分、武藤が早速仕事を果たす。左サイドのホルトマンのクロスを武藤が左足でうまく合わせたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。武藤の5試合ぶりとなる今季7ゴール目で試合を振り出しに戻したマインツが1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いついたマインツが良い入りを見せていたが、63分に大ピンチ。マリにディフェンスライン裏を取られてGKゼントナーと一対一に。しかし、マリの丁寧に狙ったシュートはゴール右へ外れていった。 ▽助かったマインツは武藤をディフェンスライン裏に走らせる形から打開を狙うも、こう着状態に陥ってしまう。打破を狙うマインツは終盤、デ・ブラシスやウジャーを投入すると、終了間際にウジャーにGKと一対一の局面が訪れたが、カスティールスの好守に阻まれて、ヴォルフスブルクと勝ち点1を分け合った。 2018.02.24 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美が2戦連発となる1G1Aの活躍もデュッセルドルフ、3点のリードを守れず大逆転負け《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは23日、ブンデスリーガ2部第24節でレーゲンスブルクとアウェイで対戦し、3-4で敗れた。FW宇佐美貴史はフル出場し、脳震とうから回復途中のMF原口元気は引き続きベンチ外となった。 ▽前節グロイター・フュルト戦で宇佐美に約5カ月ぶりとなる今季3ゴール目が生まれたものの、1-1で引き分けて2戦勝利から見放され2位に転落したデュッセルドルフ(勝ち点44)が、8位レーゲンスブルク(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽9試合ぶりの先発となった宇佐美が[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった試合は開始3分、デュッセルドルフが先制する。ラマンとのパス交換でボックス内に侵入したヘニングスが左足でシュートを蹴り込んだ。 ▽その後、レーゲンスブルクに押し込まれる状況を強いられたデュッセルドルフだったが凌ぐと13分、宇佐美の右サイドからの絶妙なクロスをファーサイドのラマンが左足ボレーでうまく押し込んだ追加点を奪った。 ▽さらに15分、宇佐美が2試合連続ゴールを決める。デュッセルドルフがロングカウンターに転じると、ロングフィードに抜け出した宇佐美がGKと一対一に。宇佐美は冷静にボックス手前からループシュートを流し込んだ。 ▽攻め手を緩めないデュッセルドルフはFKの流れからアイハンのシュートがポストを直撃すると、31分には宇佐美に再び決定機。しかし、スルーパスに抜け出した宇佐美はGKとの一対一を今度は決めきれなかった。 ▽すると37分、CKから1点を返されると、バタつく守備陣は3分後に1点差に詰め寄られてしまう。結局、宇佐美が1ゴール1アシストの活躍を見せて3点をリードしたデュッセルドルフだったが、まずい守備によって前半を3-2で終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれる状況を強いられたデュッセルドルフは60分、PKを献上してしまう。そして、このPKを決められ、ついに試合を振り出しに戻されてしまった。 ▽さらに65分、FKからあっさり失点し、大逆転を許してしまったデュッセルドルフはその後も不安定な守備を突かれ、何度もピンチを迎えてしまう。 ▽結局、一度失ったリズムを取り戻せなかったデュッセルドルフは3-4でまさかの大逆転負け。宇佐美の活躍も虚しく3試合ぶりの勝利とはならなかった。 2018.02.24 04:24 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、長谷部誠に延長オファーか

▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠(34)に契約延長の可能性が浮上した。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽2014年夏にフランクフルト入りして以降、主にボランチとセンターバックをプレーエリアとし、チーム内で不動の地位を確立する長谷部。現行契約が今シーズン限りで満了を迎える状況だが、ケガなく残り試合を戦い抜くようであれば、フランクフルトは5月に新契約を提示する見通しだという。 ▽今シーズンの長谷部はケガから復帰後、昨年12月20日に行われたDFBポカールのFCハイデンヘイム戦から現在に至るまで公式戦8試合連続でフル出場。チームもその間、ブンデスリーガ4勝1分け1敗の好調を続けており、チャンピオンズリーグ圏内の3位まで順位を上げている。 2018.02.23 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16進出チームが決定! 日本人所属3クラブは揃って勝ち抜け!《EL》

▽22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の全日程が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。いずれも接戦が目立った中、RBライプツィヒに敗れたナポリを除きアーセナルやミラン、アトレティコ・マドリー、ドルトムントといった優勝候補が順当にラウンド16進出を果たした。 ▽また、日本人選手所属ではMF香川真司が2試合共に欠場となったドルトムントがアタランタとの接戦を制した。また、グループIで同居して共にグループステージ突破を決めたDF酒井宏樹のマルセイユ、MF南野拓実のザルツブルクはそれぞれブラガ、レアル・ソシエダを下してラウンド32を突破した。なお、1stレグでは酒井がアシスト、南野が貴重な同点ゴールときっちりチームの突破に貢献していた。 ▽また、国別での勝ち上がりをみると、唯一の参戦となったイングランド勢のアーセナルを除き、5大リーグと評されるスペイン、イタリア、ドイツ、フランスがそれぞれ2チームずつをラウンド16に送り込んでいる。その一方で、ラウンド16に最多3チームを送り込んだのは優勝候補にも挙がるゼニトを含め、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが勝ち上がったロシア勢だった。 ▽なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日の日本時間21時にスイスのニヨンで開催される予定だ。また、ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同月15日に行われる。ELラウンド16進出チームは以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム アーセナル(イングランド) ミラン(イタリア) ラツィオ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) RBライプツィヒ(ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) アスレティック・ビルバオ(スペイン) リヨン(フランス) マルセイユ(フランス) スポルティング・リスボン(ポルトガル) ゼニト(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2018.02.23 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場マルセイユ、敵地で敗北も2戦合計3-1でラウンド16進出! 《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、ブラガvsマルセイユが22日にブラガのホームで行われ、1-0でブラガが勝利。だが、2戦合計3-1でマルセイユがラウンド16に駒を進めることとなった。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽ホームでの1stレグで3-0の勝利を収めたマルセイユが、アウェイに乗り込んで行った一戦。 ▽マルセイユは、1-0で勝利した直近のリーグ・アン第26節ボルドー戦からスタメンを4名変更。パイエ、トヴァンらに代えて、オカンポス、エンジエらを起用した。酒井は、ボルドー戦と異なる左サイドバックとして先発に名を連ねることとなった。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続き、互いに素早い攻撃からカウンターを浴びせていく。それでも、守備のバランスを崩しすぎずにプレーする両チームは、大きなチャンスも作らせない。 ▽しかし、ややマルセイユの中盤が間延びしてきた31分、ブラガが好機を掴み取る。セットプレーの流れから左サイド浅い位置でボールを持ったジェフェルソンがボックス内にアーリークロスを入れる。ファーのエドゥアルドが足下で受けようとすると酒井がチェックに行くが、エドゥアルドは逆手に取るようにワンタッチで中央に折り返す。反応したオルタが、ネットを揺らした。 ▽試合は、ブラガが1点を奪って折り返すことに。後半に入ると、あと2点以上必要なブラガがやや前がかりに。マルセイユは、よりカウンター志向を強めていく。 ▽すると61分には、カウンターから左サイドでボールを受けた酒井がアーリークロスを入れていく。しかし、これは味方に合わず。チャンスには繋げられなかった。 ▽攻撃参加を控えていた酒井が前線に顔を出し始めると、64分にもカウンターの場面からチャンスに絡む。右サイドでボールを持ったジェルマンがクロスを入れると、酒井がボックス内に侵攻してヘディングシュートを放つ。GKマテウスの攻守に阻まれたが、積極性をみせていく。 ▽しかし結局、マルセイユはこの日ゴールを奪うことができず。1-0でブラガがリードしたまま試合が終了することに。この結果、2戦合計が3-1となりゴール数で上回るマルセイユがラウンド16に進出することとなった。 2018.02.23 07:24 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース