横浜FCがポルトガル2部へ期限付き移籍中のDFフェリペをブラジルクラブへ期限付き移籍2017.08.06 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FCは6日、ブラジル人DFフェリペ(23)がCAペナポレンセ(ブラジル)へ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2017年8月2日から2018年5月15日となる。

▽フェリペはサンパウロから2014年に横浜FCへ加入。加入1年目はJ2で3試合に出場するも、2015年にはポルトガルのSCファレンセへと期限付き移籍。今シーズンはポルトガル2部のサンタクララ・アソーレスへと期限付き移籍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FC、奥寺康彦SDの暫定監督就任を発表 初陣は20日町田戦に

▽横浜FCは18日、同クラブのスポーツダイレクター(SD)を務める奥寺康彦氏(65)が暫定的にチームの指揮を執ると発表した。初陣は20日に行われる明治安田生命J2リーグ第38節のFC町田ゼルビア戦となる。 ▽J1昇格を狙う横浜FCは、明治安田生命J2リーグ第37節終了の現時点で16勝9分け12敗の勝ち点57で8位。15日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の東京ヴェルディ戦後、中田仁司監督を解任していた。 ▽秋田県出身の奥寺氏は、現役時代に古河電工サッカー部を皮切りに、ケルンやヘルタ・ベルリン、ブレーメンでプレー。日本代表としても32試合9得点の記録を持つ。奥寺氏は、「クラブが目標とするJ1昇格に向けて、今自分ができることを最大限発揮できればと思います」とコメントしている。 2017.10.18 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、DF永田拓也の負傷離脱を発表 右ヒザじん帯損傷で全治4カ月

▽横浜FCは18日、DF永田拓也の負傷離脱を発表した。 ▽2014年から横浜FCでプレーする永田は、15日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の東京ヴェルディ戦で負傷。右ヒザ後十字じん帯損傷で全治4カ月と診断された。 ▽27歳の永田は、今シーズンのここまでJ2第37節終了時点で24試合1ゴール。東京V戦後に中田仁司監督の解任を発表した20日に行われる次節、FC町田ゼルビアとのホーム戦に臨む。 2017.10.18 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J1自動昇格を目指す横浜FCが成績不振により中田仁司監督を解任…早川知伸コーチが暫定指揮

▽横浜FCは15日、シーズン当初より掲げていたJ1自動昇格への成績不振にともない中田仁司監督(55)の解任を発表した。 ▽中田監督は、2015年9月にミロシュ・ルス監督の辞任に伴い横浜FCの指揮官に就任。2016年は再びミロシュ・ルス監督が指揮を執っていたが、不整脈症状の検査及び治療のため辞任。同年6月から再び指揮を執っていた。 ▽2017シーズンも継続して指揮を執っていた中田監督だが、ここまで16勝9分け12敗の成績で現在勝ち点57でプレーオフ圏外の8位。ここ3試合は1分け2敗と結果が出ていなかった。中田監督、北川浩史代表取締役社長兼COOのコメントは以下の通り。 ◆中田仁司監督 「今シーズン目標としてきたことが達成できず非常に残念です。J1昇格に向けて残り試合目標達成のために選手、スタッフみんなで頑張って欲しいと思います。3年弱ありがとうございました」 ◆北川浩史代表取締役社長兼COO 「今シーズン残り少ないJ1昇格への可能性を今一度奮起し、なんとしてもここからJ1昇格プレーオフに進出して勝ち上がるために、監督交代を決断させていただきました」 ▽なお、17日(火)からのトレーニングは早川知伸コーチ(40)が暫定的に指揮を執る。 2017.10.15 18:09 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCと東京Vの上位対決は両者譲らず!! 首位・湘南は手堅い勝利で勝ち点重ねる《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第33節の8試合が、16日に各地で開催された。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCvs東京Vが行われ、1-1のドローに終わっている。 ▽2位のアビスパ福岡を勝ち点5差の6位・横浜FC(勝ち点52)と、同じく福岡に勝ち点7差の9位・東京Vが激突。お互いに自動昇格を目指す上でライバルチームとの負けられない直接対決となった。 ▽前半をゴールレスで終えた試合は72分に動きを見せた。横浜FCは野崎が佐藤の縦パスに抜け出すと、ボックス内から放ったシュートがネットを揺らして先制する。追いかける展開となった東京Vはそこから反撃に出ると、84分にボックス手前でこぼれ球を拾った高木善がシュートを放つと、これがゴールネットに突き刺さり試合は振り出しへ。しかし決勝点は生まれず、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ▽首位を独走する湘南ベルマーレは、Shonan BMW スタジアム平塚にカマタマーレ讃岐を迎えた。32分に奈良輪のクロスからアンドレ・バイアのヘディングシュートが決まり、湘南が幸先良く先制。その後は追加点こそ奪えなかったものの、危なげない試合運びを見せた湘南が勝ち点3を積み重ねた。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第32節 ▽9/16(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 3</span>-0 ザスパクサツ群馬 徳島ヴォルティス 3-3 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 2-1 水戸ホーリーホック 町田ゼルビア 0-0 モンテディオ山形 横浜FC 1-1 東京ヴェルディ レノファ山口 0-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ▽9/17(日) ツエーゲン金沢 vs 名古屋グランパス(17:00) ▽9/19(月・祝) ロアッソ熊本 vs アビスパ福岡(18:00) ※台風の影響により延期 ▽未定 愛媛FC vs 京都サンガF.C. ※台風の影響により延期 2017.09.16 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCが内田智也の現役引退を発表…今後は社員として勤務

▽横浜FCは5日、香港プレミアリーグに所属するSouthern District FCのMF内田智也(34)が現役引退することを発表した。また、5日より横浜FC HAMABULEプロジェクトコミュニケーションマネージャーとして横浜FCの事業部員として勤務することも発表している。 ▽三重県出身の内田は、四日市中央工業高校から2002年に横浜FCへ入団。6シーズン在籍すると、2008年に大宮アルディージャへと移籍。3シーズンプレーし、2011年にヴァンフォーレ甲府へ移籍すると、2012年から横浜FCに復帰してプレーしていた。J1通算79試合4得点、J2通算230試合18得点、カップ戦では9試合1得点、天皇杯では21試合4得点を記録していた。内田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、16年間の現役生活を終えることをきめました。応援していただいていたサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。自分の実力以上に長くプレーできたのは、サポーターのみなさんが時に厳しく、時には優しくそしていつもそばで支え続けてくださったからだと思っています。これからは、違う形になりますが横浜FCというクラブに貢献していけたらと思っています。たくさんの方々とまたスタジアムでお会いできるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました」 2017.09.05 15:37 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース