581日ぶりに得点! 2015年のマドリー戦での負傷から復活したアギレチェ「このために闘っていた」2017.08.06 16:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽522日間もの長期間に渡って負傷離脱していたレアル・ソシエダのスペイン人FWイマノル・アギレチェ(30)が、2日に2-0で勝利したフローニンヘンとの親善試合で得点を記録し、喜びを語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽ソシエダの下部組織出身でクラブ一筋を貫いているアギレチェは、2015-2016シーズンのリーガエスパニョーラで16試合13得点というペースでゴールを量産していたが、2015年12月30日に行われた第17節のレアル・マドリー戦で負傷した。その後、2016年2月27日に行われた第26節マラガ戦の1試合のみに復帰し、1得点を記録。しかし、再離脱を余儀なくされ、再びチームに戻るまでに522日間、復活弾を決めるまでに581日間を要した。

▽リーガ通算で168試合56得点の実績を持つアギレチェが、久々の得点を決めたことに対する喜びを語った。

「朝から妙な日だったよ。興奮はしていたけど、もしかしたら試合には出られないとも思っていたからね。でも、とてもビューティフルで重要な日になったよ。ケガの心配をせずにプレーをすることが1つの目標だったんだ。(負傷していた)足首が回復して、サッカー選手だということを再び実感しているよ。このために長い間闘っていたんだ」

「負傷してから581回の昼と夜が過ぎたけど、何の違和感もなくプレーすることができたよ。最も願っていたことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

新規参入のロサンゼルスFCがソシエダのベラを獲得、加入は1月

▽2018年からメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入するロサンゼルスFCは11日、メキシコ代表FWカルロス・ベラ(29)を獲得したことを発表した。契約期間などは明かされていない。 ▽アーセナルで欧州でのキャリアをスタートさせた右ウイングを主戦場にプレーするベラは、2011年夏にソシエダへレンタル移籍。主力として活躍すると、翌年に完全移籍を果たし、これまで公式戦230試合に出場して72ゴールと、ソシエダの中心選手としてプレーしていた。 ▽ロサンゼルスFCはNBAのスター選手であったマジック・ジョンソン氏やアメリカ女子サッカー代表選手ミア・ハム氏らが共同オーナーを務めている。 2017.08.12 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

I・マルティネス獲得に近づくバルセロナ、ヴェルメーレンは放出へ

バルセロナは、この夏の移籍市場で守備陣の補強を敢行することを決断したようだ。<br><br>FWネイマールがパリ・サンジェルマンへと移籍したバルセロナだが、それと引き換えに同選手の契約解除金2億2200万ユーロを懐に入れた。その資金を頼りに、まずはセンターバックの獲得に動いている。<br><br>エルネスト・バルベルデ監督は、このプレシーズンでDFトーマス・ヴェルメーレン、マーロン・サントスの能力を見極め、CB獲得をクラブに要望した様子。ヴェルメーレンは放出される見込みで、マーロンには徐々に出場機会を与えていく方針だ。<br><br>現在CBの補強候補として、筆頭に挙げられているのがレアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスである。I・マルティネスはバルセロナ移籍に前向きな姿勢を示しているという。ただ、同選手は負傷によって、ここまでのプレシーズンをすべて個人トレーニングに費やしており、コンディションに不安を抱えているというのが懸念材料だ。<br><br>ソシエダはI・マルティネスの残留を強く望んでいるが、同選手の契約解除金3200万ユーロ(約40億円)を他クラブが支払えば、移籍成立は可能だ。バルセロナはすでに同額を準備し、ソシエダとコンタクトを取ったとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.06 06:32 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナがソシエダDFイニゴ・マルティネスに興味

▽バルセロナが、レアル・ソシエダの元スペイン代表DFイニゴ・マルティネス(26)の獲得に興味を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ソシエダの生え抜きであるイニゴ・マルティネスは、2011-2012シーズンにトップチームに昇格。同シーズンのリーガエスパニョーラ第2節でデビューを飾るとその年からレギュラーを掴み、負傷で離脱する第32節までにリーガ26試合出場3得点を記録した。さらに、デビューシーズン直後の2012年に行われたロンドン五輪にもU-23スペイン代表として出場。着々と経験を積んでいる。 ▽以来、ソシエダの守備の要として活躍するイニゴ・マルティネスは公式戦通算223試合に出場し、CBでありながら16得点を決めている。昨シーズンも公式戦40試合出場4得点5アシストをマークし、ヨーロッパリーグ(EL)圏内である6位の確保に貢献した同選手に対して、『マルカ』はバルセロナが引き抜きを画策していると報道している。 ▽記事によると、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督がイニゴ・マルティネスに強い興味を示しており、直接的に交渉を働きかけているとのことだ。しかし、ソシエダ側が交渉に応じない意向であるため、同選手の獲得には契約解除金の満額である3200万ユーロ(約41億8000万円)を支払う必要が生じるとも伝えられている。 2017.08.04 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎獲得のヘタフェがソシエダからMFマルケルを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽ヘタフェは18日、レアル・ソシエダのスペイン人MFマルケル・ベルガラ(31)を獲得したことを発表した。契約内容は発表されていないが、スペイン『マルカ』によれば2017-18シーズン終了後に買い取りオプションが付いているレンタル移籍とのことだ。 ▽ソシエダのカンテラ出身であるマルケルはピボーテを本職とするMF。ソシエダではこれまで公式戦205試合に出場して4ゴールを記録している。しかし、2016-17シーズンはリーガエスパニョーラ6試合の出場に留まっていた。 ▽テネリフェとの昇格プレーオフを制して1年でリーガに復帰したヘタフェでは今夏、MF柴崎岳を前日に獲得していた。 2017.07.18 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ヤヌザイがソシエダと5年契約を締結、移籍金は約12億円

▽レアル・ソシエダは12日、マンチェスター・ユナイテッドの元ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、移籍金はイギリス『BBC』によれば980万ポンド(約12億3000万円)とのことだ。 ▽ユナイテッドユース出身のヤヌザイは、デイビッド・モイーズ氏が率いていた2013年にトップチーム入り。将来が嘱望されていたものの、ユナイテッドで定位置を掴むことができず、レンタル移籍で経験を積んできた。2016-17シーズンは、そのモイーズ氏が指揮するサンダーランドにレンタル移籍。公式戦28試合で1ゴール3アシストの記録を残していた。 ▽ソシエダへの移籍が決まったヤヌザイは公式サイトで次のように語っている。 「新シーズンに向けて清々しい気持ちで、とても興奮している。ソシエダはとても良いサッカーをしていることを知っている。ソシエダの選手のことも知っているし、早く彼らとプレーしたい」 2017.07.13 04:32 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース