581日ぶりに得点! 2015年のマドリー戦での負傷から復活したアギレチェ「このために闘っていた」2017.08.06 16:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽522日間もの長期間に渡って負傷離脱していたレアル・ソシエダのスペイン人FWイマノル・アギレチェ(30)が、2日に2-0で勝利したフローニンヘンとの親善試合で得点を記録し、喜びを語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽ソシエダの下部組織出身でクラブ一筋を貫いているアギレチェは、2015-2016シーズンのリーガエスパニョーラで16試合13得点というペースでゴールを量産していたが、2015年12月30日に行われた第17節のレアル・マドリー戦で負傷した。その後、2016年2月27日に行われた第26節マラガ戦の1試合のみに復帰し、1得点を記録。しかし、再離脱を余儀なくされ、再びチームに戻るまでに522日間、復活弾を決めるまでに581日間を要した。

▽リーガ通算で168試合56得点の実績を持つアギレチェが、久々の得点を決めたことに対する喜びを語った。

「朝から妙な日だったよ。興奮はしていたけど、もしかしたら試合には出られないとも思っていたからね。でも、とてもビューティフルで重要な日になったよ。ケガの心配をせずにプレーをすることが1つの目標だったんだ。(負傷していた)足首が回復して、サッカー選手だということを再び実感しているよ。このために長い間闘っていたんだ」

「負傷してから581回の昼と夜が過ぎたけど、何の違和感もなくプレーすることができたよ。最も願っていたことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

地元紙「ジョーカー南野は救世主」ELソシエダ戦のAT弾は、無敗を継続させる値千金の一撃

UEFAヨーロッパリーグのラウンド32、レアル・ソシエダvsザルツブルクの一戦で、南野拓実が後半アディショナルタイムに同点弾を決め、敵地で2-2の引き分けに貢献した。この試合での活躍を受けて、地元オーストリアメディアも南野に賛辞を贈っている。<br><br>南野は敵地で行われたレアル・ソシエダ戦に途中出場。82分には豪快なミドルを披露して相手ゴールを脅かすと、1点を追う90分に右からのクロスに飛び込んでゴールネットを揺らし、スコアを2-2とした。試合はこのまま引き分けで決着している。<br><br>オーストリアの地元メディア『kleinezeitung』は「オーストリア王者のザルツブルクにとって、次のラウンドに進む扉は大きく開く結果となった」との見出しで、敵地でのドロー決着を報じた。<br><br>「アドナン・ヤヌザイのFKで(80分に)リードを許したが、南野は試合終了間際に素晴らしいゴールを決めた」<br><br>「ザルツブルクの&ldquo;ジョーカー&rdquo;南野は、82分にも惜しいシュートを放っていたが、土壇場でゴールをねじ込んだ。(指揮官)マルコ・ローズ体制で2度目の黒星の危機から救った、文字通り救世主だ」<br><br>ザルツブルクは今シーズン、オーストリア・ブンデスリーガ第6節でシュトルム・グラーツ相手に0-1で敗れている。だが今季の敗戦はこの1試合のみで、それから公式戦25試合にわたり、リーグ戦、ヨーロッパリーグ、オーストリアカップとすべてのコンペティションで黒星を経験しておらず、昨年8月27日以降は無敗を維持している状況だ。<br><br>レアル・ソシエダ戦で、後半アディショナルタイムに南野は値千金の同点ゴールを叩き込んだが、このゴールはチームの公式戦無敗記録を継続させる意味でも、価値ある1点となったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 08:53 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場の南野が土壇場同点弾でEL初ゴール! ザルツブルク、敵地アノエタで価値ある引き分け《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・1stレグのレアル・ソシエダvsザルツブルクが、15日にソシエダの本拠地・アノエタで行われ、2-2の引き分けに終わった。ザルツブルクのMF南野拓実は、76分から出場して1ゴールを決めた。 ▽直近のリーガエスパニョーラ第23節でレアル・マドリーに2-5の大敗を喫したソシエダは、その試合からスタメンを5名変更。スルトゥサ、カナレスらに代えて、バウティスタ、スベルディアらを送り出した。一方、ザルツブルクでは直近のリーグ戦である1-0で勝利したアルタッハ戦でスタメン出場した南野がベンチからのスタートとなった。 ▽序盤からサイドを広く使った攻撃をしかけるソシエダが、試合のペースを握っていく。12分には、オドリオソラが右サイドを突破してクロスを供給。ボックス内左のシャビ・プリエトがヘディングシュートを放ったが、GKヴァルケに処理された。 ▽ザルツブルクは、攻め込まれながらもギリギリのところで耐え続ける。すると、16分にカウンターからファン・ヒチャンがボックス内に抜け出す。しかし、中央への折り返しは味方に合わない。続く18分にも、自陣からオーバーラップしたラマ―リョがボックス内に侵攻。そのままシュートを放ったが、GKルジの好守に阻まれた。 ▽前半の中ごろからは、徐々にザルツブルクがボールを持つ時間が増えていく。チャンスも作り出していくが、最後のところでソシエダのネットを揺らすことができず。一進一退の攻防が続く。 ▽得点が生まれたのは、意外な形からだった。27分、ザルツブルクの右CKの場面で、ニアを狙ったボールが供給される。GKルジがパンチングに出たがうまく処理できずにボールが通り過ぎると、背後に居たオヤルサバルの頭に当たり、ゴールに転がり込んだ。 ▽アウェイゴールを奪われたソシエダは、攻勢を強めて前半のうちに追い付くことを目指したが、ザルツブルクの守備を崩すことができない。試合はザルツブルクが1点のリードを保ったまま折り返しを迎えた。 ▽巻き返したいソシエダは、ハーフタイム中にファンミに代えてヤヌザイを投入。前線の活性化を図っていく。すると57分、ボックス手前やや右でボールを持ったオドリオソラがドリブルを選択。相手を2人かわして右足でミドルシュートを放ち、ゴール右端に沈めた。 ▽勝ち越したいザルツブルクは、76分にヤボに代えて南野を投入する。南野は、トップ下のポジションでの出場となった。 ▽しかし80分、ボックス手前中央でソシエダがFKを獲得すると、ヤヌザイが直接狙う。左足で放たれたシュートは壁の間を通り抜け、ネットを揺らした。一転追う立場となったザルツブルクは82分、ボックス手前中央で南野にボールが渡る。しかし、左足で放たれたシュートはゴール右に逸れ、得点には繋がらない。 ▽それでも試合終了間際の94分、オーバーラップしたライナーがボックス右の深いところから中央マイナスに折り返す。これに飛び込んだ南野が滑り込むように足で合わせ、土壇場の同点弾を決め切った。なお、南野にとってこのゴールはELでの初ゴールとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、ザルツブルクはアウェイゴール2発で価値ある引き分けに持ち込むことに成功した。対するソシエダは、掴みかけた勝利を手放すこととなった。なお、2ndレグは来週木曜にザルツブルクのホームで行われる。 2018.02.16 05:06 Fri
twitterfacebook
thumb

“元ギグス後継者”ヤヌザイ、ファン・ハールを恨む

▽ソシエダに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(23)がマンチェスター・ユナイテッド時代の指揮官であるルイス・ファン・ハール氏に恨み節を炸裂させた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽ユナイテッド下部組織出身のヤヌザイは、2013年にデイビッド・モイーズ監督の下でプロデビュー。元ウェールズ代表MFのライアン・ギグス氏から背番号11番を継承するなど将来を嘱望された。だが、2014年のファン・ハール監督就任後、2015年夏にドルトムントにローン移籍。復帰後も出場機会に恵まれない日々を過ごし、2016年夏に完全移籍でソシエダに活躍の場を求めた。 ▽ソシエダ在籍2年目の今シーズン、ここまで公式戦20試合2ゴール4アシストの成績を収めるヤヌザイ。イギリス『Sunday People』のインタビューに対して、自身のユナイテッドにおけるキャリアを狂わせたオランダ人老将を次のように叩いた。 「ノーチャンスさ。どうすれば良いのか僕から聞いたのに、彼(ファン・ハール)から何のシグナルもなかった」 「若手に自信を持たせ、成長を促すのが監督だ。でも、ファン・ハールの下で何もなく、難しい時期を過ごす羽目になった」 「その一方で、デイビッド・モイーズは初日から僕に信頼をよせてくれた」 2018.02.12 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

開始1分にレアル・マドリーの先制点許したソシエダ、イジャラメンディ「20分まで失点防ぐプランだった」

10日のリーガエスパニョーラ第23節、レアル・ソシエダは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦を2&minus;5で落とした。MFアシエル・イジャラメンディは試合後、4失点を喫した前半の内容が「完全な失敗」であったと振り返っている。<br><br>スペイン『アス』が元レアル・マドリーMFのコメントを伝えた。<br><br>「前半は完全な失敗だった。後半になって良くはなったが、サンティアゴ・ベルナベウのようなスタジアムで逆転するのは不可能だ。最初から苦労を強いられたし、状況をひっくり返すことができなかった」<br><br>イジャラメンディによれば、ソシエダは開始から20分前後までレアル・マドリーの攻勢に耐え、それから反撃に出るプランだったようだ。だが結局、1分にMFルーカス・バスケスのゴールを許してしまった。<br><br>「20分までは我慢をして、何としてでも失点を防ぐ。それが僕たちのプランだったが、そうできなかった。彼らはかなり気合を入れて試合に入ってきた。僕たちはいつも後方から攻撃を組み立てるが、今日は失敗し、何度もボールを奪われて彼らの攻撃を許してしまった」<br><br>「とにかく、もうページをめくらなければいないし、この試合を過去のものとする必要がある」<br><br>提供:goal.com 2018.02.11 23:03 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド今季リーガ初ハット! 5発快勝でPSG戦に照準《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節でレアル・ソシエダを本拠地のサンティアゴ・ベルナベウに迎え、5-2で勝利した。 ▽前節レバンテに2-2で引き分けた4位に低迷するマドリー(勝ち点39)が、前節デポルティボに5-0で大勝し連敗を「4」でストップした14位ソシエダ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。マドリーは前節からスタメンを2名のみ変更し、カゼミロ、ベイルに代えてアセンシオ、L・バスケスを起用した。 ▽試合が始まると、マドリーが早々に結果を出す。1分、マルセロの浮き球のスルーパスを受けたC・ロナウドが、ボックス左まで侵攻して切れのあるフェイントからクロスを入れる。ファーに飛び込んで頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽さらに7分にも、相手陣内のボックス手前中央でボール奪取に成功したマルセロが、ベンゼマにボールを渡す。ベンゼマはGKルジとの一対一の場面を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれる。 ▽23分、L・バスケスのボックス右からのクロスにアセンシオが頭で合わせたが、シュートはセーブに遭う。マドリーは主導権を握り続けていながらもなかなか追加点を奪い切れない。 ▽それでも27分、左サイドのアセンシオが相手DFを引き付けてオーバーラップしたマルセロにボールを送る。マルセロがスピードに乗った状態でクロスを供給すると、フリーのC・ロナウドがボックス中央で足で合わせて追加点とした。 ▽32分にはカウンターの場面でモドリッチのパス一本で抜け出したC・ロナウドが、GKルジまでかわして並走していたベンゼマにパスを送る。しかし、ベンゼマのシュートは戻っていた相手DFに阻まれて大きくバーを越えていった。 ▽しかし、ベンゼマがチャンスを逃したのも束の間、34分には右サイドのL・バスケスからボックス手前でパスを受け取ったクロースがダイレクトでゴール右上隅を射抜き、37分には右CKのキッカーをモドリッチが担当して精度の高いボールを供給。高く飛び上がったC・ロナウドがヘディングで自身の2得点目を沈めた。 ▽スコアに4点の差がついたところで前半が終了。圧倒的優位を保ったまま試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入ると、マドリーは前に出すぎずに試合を進行。ボールを持てるようになったソシエダは52分に左CKを獲得しファンミがヘディングシュートを放つが、ボールは枠を捉えない。 ▽ソシエダがボールを持てる時間帯に決定的な攻撃ができずにいると、ジダン監督は63分に2枚替えを敢行。前半にハードワークしていたL・バスケス、モドリッチに代えてイスコ、コバチッチを起用し、再びギアを上げていく。 ▽しかし、69分にはボックス手前中央でソシエダにFKを与えてしまう。キッカーをイジャラメンディが務めると鋭いシュートが放たれたが枠を捉えず。 ▽チャンスを作られたマドリーは、73分にアセンシオに代えてベイルを投入し、さらなるリフレッシュを図る。しかし74分、ボックス手前でボールを持ったオヤルサバルが途中出場のバウティスタにラストパスを供給。バウティスタがGKケイロル・ナバスとの一対一を制し、1点を返した。 ▽それでも80分、相手陣内中央でボールを収めたC・ロナウドが右サイドのベイルにパスを送る。ベイルが角度のないところから放ったシュートはGKルジに弾かれたものの、こぼれ球にC・ロナウドが詰めて自身の今季リーガ初ハットトリックとした。 ▽しかし直後の83分、ソシエダに左CKを与えるとショートコーナーからオヤルサバルがクロスを供給。ファーのファンミが頭で中央に落とし、イジャラメンディが滑り込みつつ足で合わせる。これが決まり、古巣相手の恩返し弾とした。 ▽7発が入り乱れた試合はここで終了。先制アシスト&ハットトリックとエースが爆発したマドリーは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)パリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けて弾みを付けることに成功した。対するソシエダは5失点大敗。勝ち点を持ち帰ることは叶わず、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦に向けて不安を抱えることとなった。 2018.02.11 06:39 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース