浦和MF関根貴大、独2部インゴルシュタットへ 完全移籍でクラブ間合意と発表2017.08.06 10:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは6日、MF関根貴大(22)がブンデスリーガ2部のインゴルシュタットに完全移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。関根は10日にドイツへ出発し、現地でメディカルチェックを受ける予定だ。

▽浦和ユース出身の関根は、2014年にトップチーム昇格。卓越したドリブルスキルで右ウィングバックのレギュラーの座を射止め、在籍4シーズンでJ1通算106試合13得点を記録した。

▽今シーズンもここまでJ1リーグ21試合3得点をマークしていた関根。シーズン途中の移籍を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントとしている。

「このたび、ドイツのFCインゴルシュタット04に移籍することを決断いたしました。2007年にアジアナンバー1のクラブに輝いた浦和レッズに憧れ、レッズでプロサッカー選手になることを決心し、ジュニアユースの一員になりました。育成で6年間、多くのことを学び、2014年に目標であった浦和レッズとのプロ契約を結ぶことができました」

「1年目からチャンスを与えてもらい3年半浦和レッズの選手として戦えたことを心から感謝し誇りに思っています。去年ルヴァンカップを獲得できた嬉しさを味わった一方でリーグタイトルを獲れなかった悔しさは一生忘れることはありません」

「クラブからの慰留もありましたし、今チームが大きな変革期を迎えているタイミングで移籍の決断をするのは本当に悩みましたが、家族、チームメイト、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー企業のみなさまなど多くの方々に支えられプレーしてきた結果、それが認められ一人のサッカー選手として成長できるチャンスが来たのだと思い、新たなチャレンジをする決断をいたしました」

「埼玉スタジアムで自分を応援してくれるサポーターのみなさんのコールを聞くことができなくなるのは寂しい気持ちもありますが、日本一のサポーターに支えられたことを胸に、自分のサッカー人生をかけてチャレンジしたいと思っています。みなさんに行って良かったと言ってもらえるような選手になって、いつの日か埼玉スタジアムに戻ってくることができるようがんばってきますので、引き続き浦和レッズと共に応援していただけると嬉しいです。3年半ありがとうございました」

▽インゴルシュタットは、2015-16シーズンにクラブ史上初のブンデスリーガ昇格したが、2016-17シーズンを17位フィニッシュ。2部に降格した。なお、前橋育英高校出身の元U-19日本代表MF渡邊凌磨(20)が所属している。

コメント

関連ニュース

thumb

群馬がMF佐藤遵樹、MF志村駿太、MF早坂龍之介のtonan前橋への移籍を発表

▽ザスパクサツ群馬は18日、MF佐藤遵樹(23)、MF志村駿太(20)、MF早坂龍之介(23)が関東リーグ2部に所属するtonan前橋へ移籍することが決定したことを発表した。 ▽千葉県出身の佐藤は、今シーズンに専修大学から群馬にアマチュア契約で入団。しかし、ここまで公式戦での出場はなかった。群馬県出身の志村は、2016年に群馬の下部組織からアマチュア契約でトップチーム昇格。今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合出場していた。山梨県出身の早坂は、今シーズンに明治大学から群馬にアマチュア契約で入団。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。 ▽3選手の移籍について群馬のゼネラルマネージャーを務める菅原氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「選手の強化・育成において、公式戦における実戦経験が最も意義のある事と考え、昨年に引き続き今回の移籍を決定いたしました。関東リーグ2部公式戦で経験を積み、ザスパの戦力として復帰させる予定です」 2017.08.18 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬DF藤原雅斗とDF中村俊貴が関東2部のtonan前橋へ期限付き移籍

▽ザスパクサツ群馬は18日、DF藤原雅斗(23)とDF中村俊貴(24)が関東リーグ2部のtonan前橋へ期限付き移籍することが決定したことを発表した。移籍期間は両選手共に2017年8月18日から2018年1月31日まで。 ▽大阪府出身の藤原は、今シーズンに流通経済大学から群馬に加入。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。神奈川県出身の中村は、2016年にアマチュア契約で群馬に加入。同年3月にtonan前橋への期限付き移籍を経て、12月に群馬への復帰とプロ契約を果たしたが、今シーズンの公式戦での出場はなかった。 ▽群馬のゼネラルマネージャーを務める菅原氏は、両選手の期限付き移籍について以下のようにコメントしている。 「選手の強化・育成において、公式戦における実戦経験が最も意義のある事と考え、昨年に引き続き今回の移籍を決定いたしました。関東リーグ2部公式戦で経験を積み、ザスパの戦力として復帰させる予定です」 2017.08.18 16:11 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬退団の韓国人GKハン・ホドンが関東2部のtonan前橋加入決定

▽ザスパクサツ群馬は18日、韓国人GKハン・ホドン(21)の移籍先が関東リーグ2部のtonan前橋に決定したことを発表した。 ▽韓国出身のハン・ホドンは、今シーズンに韓国の韓国外国語大学校からアマチュア契約で群馬に入団。しかし、公式戦での出場はなく、7月に登録を抹消されていた。 2017.08.18 16:02 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が広島MF長沼洋一を育成型期限付き移籍で獲得

▽モンテディオ山形は18日、サンフレッチェ広島に所属するMF長沼洋一(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2017年8月18日から2018年1月31日までとし、当該間で対戦する全ての公式戦に出場することができない。背番号は「32」に決定している。 ▽長沼は、2016年に広島ユースからトップチーム昇格を果たした。今シーズンはここまで、YBCルヴァンカップで6試合1得点を記録。天皇杯には1試合出場していた。 ▽山形への加入が決定した長沼は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「サンフレッチェ広島から来ました長沼洋一です。モンテディオ山形の勝利に貢献できるように精一杯、頑張ります。応援をよろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。このタイミングでチームを離れることになり迷惑をかけますが、自分が一段階でも二段階でも上の選手になるために決断しました。成長して広島に帰ってきたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願いします」 2017.08.18 15:41 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が来季加入内定の流通経済大FW渡邉新太を特別指定選手として登録

▽日本サッカー協会(JFA)は17日、流通経済大学のFW渡邉新太(22)を16日付で2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のアルビレックス新潟では、背番号「37」を着用する。 ▽新潟県出身の渡邉は、新潟ユースから流通経済大学へと進学。2016年には全日本大学選抜に選出されていた。なお、新潟は15日、渡邉の来シーズン加入内定を発表している。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.08.17 18:15 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース