ヘタフェ柴崎岳が決勝弾! レギュラー奪取にアピール《プレシーズンマッチ》2017.08.06 08:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェに所属する元日本代表MF柴崎岳が5日に行われたジローナとのプレシーズンマッチで決勝弾を挙げた。

▽今夏加入のヘタフェで定位置確保に向けたアピールが続く柴崎は先発。ゴールレスで迎えた78分、右サイドのボックス外側で相手からボールを奪い、そのまま右足のシュートをゴール右上隅に突き刺した。

▽このゴールが決勝点となり、試合は1-0でヘタフェが勝利。柴崎がリーガエスパニョーラ開幕戦へ上々の仕上がりを見せている。

▽柴崎の一挙手一投足に注目が集まるヘタフェは20日、開幕するリーガエスパニョーラ第1節でビルバオとアウェイで対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘタフェ対エイバル、乾&柴崎の採点はともに低評価…柴崎「リズムを欠いている」乾「最高のレベルには程遠かった」

9日のリーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェ対エイバル(0&minus;0)で、MF柴崎岳とMF乾貴士の現地評価は乏しいものとなった。<br><br>&ldquo;日本人ダービー&rdquo;としてリーガ側が盛り上げることを狙ったこの対戦。先発出場の乾は63分に交代によってベンチに下り、その10分後に柴崎が出場と、両日本人選手は入れ違いでプレーすることになった。<br><br>スペイン『マルカ』の両選手の採点は、3点満点中1点となった。寸評において、柴崎は「見事なヒールを見せた。プレーリズムを欠いていた」と負傷明けの影響を指摘され、乾については「プレーにあまり関与せず。最高のレベルには程遠かった」と精彩を欠いていたとの見解が示されている。<br><br>なおリーガ第16節で、ヘタフェはアウェイでジローナと対戦し、エイバルはホームにバレンシアを迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 23:13 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎と乾によるリーガ史上初の日本人対決はすれ違いでピッチ内競演ならず…PK失敗エイバルはドローで連勝ストップ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェvsエイバルが9日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は74分から途中出場した。エイバルのMF乾貴士は先発出場し63分までプレーした。 ▽リーガ史上初の日本人対決が期待されたMF柴崎岳擁する8位のヘタフェ(勝ち点19)と、MF乾貴士を擁する13位のエイバル(勝ち点17)の一戦。 ▽前節、数的不利を強いられながらも2位バレンシアに今季初黒星を与える金星を挙げたヘタフェ。ホームで連勝を目指す今節では9月に行われた第4節バルセロナ戦以降、欠場が続いていた柴崎が11試合ぶりのベンチメンバー入りを果たした。 ▽一方、これまでの得点力不足が嘘のように3試合連続複数得点で3連勝中のエイバルは今季初ゴールを狙う乾が6試合連続で先発出場を果たした。 ▽試合前に乾と柴崎、スペイン人フィギュアスケーターのハビエル・フェルナンデスがキックインセレモニーを行うなど、リーガ史上初の日本人対決に注目が集まった一戦。だが、試合開始直後から中盤での潰し合いが目立ち、クローズな展開が続く。 ▽時間の経過とともに押し込み始めるエイバルは、右サイドを突破したアレホがクロスバーを掠めるシュート。35分にはボックス左で収めた乾がシュートを狙うが、ここは相手DFにブロックされる。 ▽互いに見せ場を作れないまま、ゴールレスで折り返した試合は、後半立ち上がりに動きを見せる。52分、ボックス内でシュート体勢に入ったセルジ・エンリクがDFに倒されてPKを獲得。だが、この場面でキッカーのホルダンがやや足を滑らせてシュートをクロスバーの上に外してしまう。 ▽相手のPK失敗に救われたヘタフェは63分、後半最初の決定機。相手GKドミトロビッチが前に出て弾いたボールを拾ったファイルが無人のゴールに向けてミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。 ▽一方、流れを変えたいエイバルは63分、後半立ち上がりにカードをもらっていたうえ、やや相手の守備に苦戦していた乾を下げてベベを投入。これにより、ピッチ内でのリーガ史上初の日本人対決はエイバルホームで行われる次回対戦に持ち越されることになった。それでも、エイバルは69分、ボックス手前でパスを受けたセルジ・エンリクが際どいシュートを放つ。しかし、枠の左隅を捉えたボールは相手GKグアイタの好守に阻まれた。 ▽乾の交代から11分後、ヘタフェベンチが動く。74分、ポルティージョに代わって柴崎が約3カ月ぶりにピッチに入る。左サイドに入った柴崎は負傷明けの感じさせない堅実なプレーでリズムを作る。 ▽試合終盤にかけてはヘタフェの時間が続くもファイルの直接FKや後半アディショナルタイムのラセンの胸トラップからのボレーが相手GKの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。互いに勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.12.09 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎岳の復帰を待ちわびるスペイン現地記者「ヘタフェの人々は恋しがっている」

スペインの現地記者は、間もなく実戦の復帰が近づくヘタフェMF柴崎岳を皆が待ちわびていると語った。『OMNISPORT』が報じている。<br><br>柴崎は9月に行われたリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦で、左足の第5中足骨を亀裂骨折。その後、出術を行い、リハビリに励んできた同選手は全体練習に復帰し、間もなく実戦にも出場すると、ホセ・ボルダラス監督が明かしている。<br><br>また、柴崎の復帰を待ちわびるのはヘタフェの関係者だけではないという。スペイン紙『アス』で同クラブの番記者を務めるホセ・アントニオ・デ・ラ・ロサは「皆が彼を恋しがっている」と話す。<br><br> <br><br>「彼を初めて見たとき、そのパフォーマンスは我々にとって良い意味でサプライズだった。FIFAクラブワールドカップでのレアル・マドリー戦で、彼のことを誰も知らなかったわけだが、非常に良いプレーをしてゴールまで決めてみせた。そして昨年はスペイン2部でプレーし、現在はチームに非常によく順応している。今シーズンも最初の2カ月は素晴らしいパフォーマンスで、すぐにチームのスター選手の一人になった」<br><br>同様に、『カデナ・コープ』のアルバロ・ロルデンも柴崎のクオリティを高く評価し、復帰を心待ちにしている。<br><br> <br><br>「私が考えるに、彼はチームのベストプレーヤーで随一のテクニックの持ち主だ。バルセロナ戦で負傷してしまったあの試合でも素晴らしいゴールを決めていた。サポーターは彼をヘタフェの&ldquo;オリベル・アトム&rdquo;(キャプテン翼の主人公・大空翼のスペイン語名)と呼んで親しんでいる。我々も彼が早くゲームに戻ってくることを願っているよ」<br><br>提供:goal.com 2017.12.08 13:06 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳が語るスペイン移籍の経緯…リーガで自身が担う大きな責務とは?

ヘタフェのMF柴崎岳がリーガ公式のインタビューに応じ、スペイン移籍を選んだ経緯を明かした。<br><br>9月に行われたバルセロナ戦で負傷したものの、復帰が間もなくとなっている柴崎。鹿島アントラーズ時代にはレアル・マドリーからゴールを奪い、ヘタフェでの初ゴールはバルセロナから挙げた鮮烈なボレーとなった。&ldquo;ジャイアントキラー&rdquo;との呼び声もある中、柴崎は強豪からの成功体験が貴重な経験になっていると説明する。<br><br>「もちろん毎試合どんな相手でもゴールを決めたいと思ってプレーしています。その2チームから点を取れたことはもちろん良い経験にはなっていますし、自信にもなります。それを持ってこれからもそういった数多くのチームから点を奪いたいと考えていますね」<br><br>クラブ・ワールドカップでレアル・マドリーから2ゴールを挙げ、柴崎は一躍時の人なった。当時はブンデスリーガのクラブからオファーがあったとも伝えられたが、スペインでのプレーしか頭になかったという。<br><br>「ドイツでプレーしようってあまり考えてなかったんで。前からスペインでプレーしたいと考えていましたし、チャンスがそこにあったので、2部でしたけどしっかりチャンスをつかんで1部でプレーしたいというビジョンを持ってその時は決断しました」<br><br>エイバルの乾貴士とともに、日本人として世界最高のリーグでプレーすることを「誇りに思う」と話す柴崎は、アジアのレベルを上げるという責務を担っていると自覚する。<br><br>「アジアもサッカーのレベルを世界の中で上げていかないといけないと思いますし、ワールドカップではなかなかアジアは成績を残せていないので、日本のみならずアジア全体でサッカーのレベルを上げていくことが必要だと思うので、そのきっかけというか、エイバル戦もそうですけどこれからもそういったところに手助けできるようにしたいな、というふうに思ってます」<br><br>「これから日本人選手がリーガに入って来てどんどんプレーできるように僕らも日本人の価値を高めなきゃいけない」とも話し、大きな責任を担っていることを認める柴崎。ピッチ上で責務を果たせるかどうか注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 11:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ監督「柴崎の復帰は近い」エイバル乾との日本人ダービー実現の可能性も?

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督によると、MF柴崎岳はまもなく戦列に復帰できる模様だ。<br><br>9月に行われたリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦で、左足第5中足骨に亀裂骨折を負った柴崎。その後、出術を行い、リハビリに励んできた同選手だが、ボルダラス監督によるとまもなく復帰することが可能なようだ。<br><br>ボルダラス監督は、3日に行われたリーガ第14節バレンシア戦終了後の会見で、次のようにコメントした。<br><br>「復帰はとても近いと思っている。再適応の期間は終わり、何の問題もなく、とても素晴らしい形で仕事に励んでいる。昨日(2日)にはチーム練習に復帰した」<br><br>「彼はチームに見事に適応した。その存在の重要性はチーム、そして彼自身のプレーに依存する。彼はとても規律正しく、誠実で、チームを助けられるクオリティーの持ち主だ」<br><br>ヘタフェは9日に行われるリーガ第15節で、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスにMF乾貴士を擁するエイバルを迎える。ボルダラス監督は柴崎がその試合で復帰を果たし、日本人ダービーが実現する可能性も示唆している。<br><br>「(エイバル戦出場が)100%とは言い切れない。しかし調子は良いし、この1週間をどのように過ごすかを見てから、先発か、それとも途中出場かということを決めたい」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.05 02:15 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース