レーティング:ドルトムント 2-2(PK4-5) バイエルン《DFLスーパーカップ》2017.08.06 06:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントvsバイエルンのDFLスーパーカップが5日に行われ、2-2で90分を終了した。そしてPK戦を4-5で制したバイエルンが2年連続6度目の優勝を飾っている。ドルトムントのMF香川真司は欠場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 6.5
勝利に導けなかったが、好守を連発

DF
26 ピシュチェク 5.5
守備に徹してリベリをケア

25 パパスタソプーロス 6.0
バルトラと共に中央を締めた

5 バルトラ 6.0
不安定なザガドゥをカバー

2 ザガドゥ 5.0
自身の背後を何度も取られる不安定ぶり

(→パスラック -)

MF
19 ダフード 5.0
徐々に消えて前半で交代

(→ローデ 6.0)
中盤を活性化

8 シャヒン 6.0
持ち前のパスワークでリズムを作った

27 カストロ 6.0
攻撃によく絡んだ

FW
7 O・デンベレ 6.0
決勝点をアシスト。カウンターの起点に

17 オーバメヤン 6.0
なかなかシュートシーンがなかったが、少ないチャンスを決めきった

22 プリシッチ 6.0
消えている時間があるものの、先制点奪取

(→M・フィリップ -)

監督
ボス 6.0
PK戦で敗れたものの、プレシーズンマッチよりは状態は上がっている様子

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 6.5
防げるシュートは止め、PK戦で2本ストップ

DF
32 キミッヒ 6.5
ラームを彷彿とさせるタイミングの良いオーバーラップが目立った

5 フンメルス 6.0
集中切らさずプレー

8 ハビ・マルティネス 4.5
ボールロストから失点に関与。負傷交代

(→ジューレ 6.0)
同点弾に絡む

13 ラフィーニャ 5.5
不慣れな左サイドバックで守備に専念

MF
23 ビダル 5.5
攻撃にさほど絡めず

19 ルディ 6.5
正確なフィードとミドルシュートで攻撃面で違いを生む

24 トリッソ 5.5
守備に気を遣い、やや攻守に物足りず

(→レナト・サンチェス -)

FW
25 ミュラー 5.5
前半終盤、好機に絡んだ

(→コマン 5.0)
試合に入れなかった

9 レヴァンドフスキ 6.0
少ない決定機を確実に決めた

7 リベリ 6.0
キレのあるドリブルを随所に見せる

監督
アンチェロッティ 6.0
ドルトムント同様、散々なプレシーズンマッチの内容に比べると改善されている

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
キミッヒ(バイエルン)
▽PKこそ失敗してしまったが、質の高いプレーで攻守に活躍。2点に絡んで不調のチームを救った。

ドルトムント 2-2(PK4-5) バイエルン
【ドルトムント】
プリシッチ(前12)
オーバメヤン(後26)
【バイエルン】
レヴァンドフスキ(前18)
OG(後43)

バイエルン (PK5-4) ドルトムント
1.レヴァンドフスキ 〇〇 デンベレ
2.リベリ 〇 〇 フィリップ
3.キミッヒ × 〇 オーバメヤン
4.ルディ 〇 × ローデ
5.ビダル 〇 〇 カストロ
6.ジューレ〇 × バルトラ

コメント

関連ニュース

thumb

CLグループステージ敗退危機のドルトムント、ボス監督「難しくなってしまった」

ドルトムントのピーター・ボス監督は、アポエル戦に引き分けたことで、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出が厳しくなったことを認めた。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>ドルトムントはCLグループステージの開幕2試合を連敗スタート。レアル・マドリー、トッテナムと同居する&ldquo;死のグループ&rdquo;で厳しい幕開けとなった。第3節の格下アポエル戦では勝利が義務付けられたが、敵地で苦戦し、1-1の引き分けに終わっている。<br><br>ボス監督は試合後、「結果にはがっかりしている。いいスタートを切れたが、その後が続かなかった。それからスピードが遅くなり、悪くなっていってしまった」と反省点を語る。<br><br>続けて、チームが思うような試合運びができなかったことを認めた。<br><br>「自分たちを見つめ直さなければならない。ボールを前に素早く進められなかった。改善しようとしたが、実行できなかった。このような試合では先制点が重要になる。前半はチャンスがあったが、決められなかった」<br><br>一方で、レアル・マドリー対トッテナムは1-1のドローに終わり、厳しい状況となった。それでもボス監督は前を向いている。<br><br>「マドリーでの結果も我々にとってはよくなかった。難しくなったことはわかっているが、ホームではアポエルに勝たなければならない。それから残り2試合を見てみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪日本代表の森保一監督、ドルトを訪問

▽2020年東京オリンピックのサッカー日本代表に就任した森保一監督(49)は12日、ドルトムントに訪問していたようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽研修のためにドイツ滞在中の森保監督は、ドルトムントの練習場を訪問すると、トップチームの非公開練習を視察。U-20日本代表のコーチ時代から親交がある日本代表MF香川真司も、13日に自身のツイッター(@S_Kagawa0317)で再会したことを報告していた。 ▽森保監督は、2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任し、1年目からJ1年間王者に輝くと、翌シーズンに連覇を達成。2015年にも年間優勝を果たし、4シーズンで3度のJ1王者に輝く功績を残した。しかし、今シーズンは開幕から不振に陥り、7月4日に広島を退任。今月12日に東京オリンピックの日本代表就任が決定していた。 2017.10.18 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

格下相手に痛恨ドローのドルトムントがGS突破に黄色信号…フル出場香川はバー直撃のミドルも勝利に導けず《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、アポエルvsドルトムントが17日にGSPスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。ドルトムントのMF香川真司は先発フル出場した。 ▽トッテナム、レアル・マドリーとのライバル2連戦を共に落とし厳しい連敗スタートとなったドルトムントは、直近のRBライプツィヒ戦も2-3で落とし、国内リーグ戦での今季初黒星を喫した。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて連勝が求められるアポエルとの初戦に向けては、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。バルトラと負傷明けのシュメルツァーが左右のサイドバックに入り、トプラクとパパスタソプーロスと4バックを形成し、中盤は復帰した香川とヴァイグルがゲッツェと組み、3トップはプリシッチ、オーバメヤン、ヤルモレンコの並びとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持して攻勢に出るドルトムントは開始4分、香川のスルーパスに抜け出したヤルモレンコがボックス右からシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに11分と13分には積極的に前線に飛び出していく香川が続けてシュートを狙うが、いずれも枠に飛ばせない。 ▽その後も香川やゲッツェを起点に中央を固める相手の守備ブロック攻略を目指すドルトムントは、21分にボックス手前の好位置で得たFKをシュメルツァーが左足で狙うも、これは相手GKの守備範囲に飛んだ。 ▽すると、徐々に攻めあぐね始めたドルトムントは、アロネフスやザヒドの両翼を起点とするアポエルのカウンターに晒され、何度となくピンチを招く。だが、30分にエースFWデ・カマルゴ、前半終了間際に守護神ヴァテルマンという攻守の要を負傷交代で失ったホームチームに流れを渡さず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も攻勢を続けるドルトムントだが、足を痛めたトプラクがトルヤンとの負傷交代を強いられるアクシデントが発生。すると62分、自陣でバックパスを味方に繋ごうとしたGKビュルキがまさかのパスミスでエベリシオにボールをプレゼント。そして、慌てた守護神はボックス中央に持ち込んだエベリシオのシュートを再びファンブルしてしまうミスを犯すと、こぼれ球に反応したポテにドリブルでかわされて無人のゴールへシュートを流し込まれた。 ▽守護神の痛恨ミスでまさかのビハインドを負ったドルトムントだが、67分に追いつく。左CKの二次攻撃からボックス左付近でゲッツェが浮き球で入れたクロスをゴール前で競り勝ったパパスタソプーロスが頭で叩き込んだ。勢い付くドルトムントは69分、カウンターから中央をドリブルで持ち上がった香川がボックス手前から渾身の右足ミドルシュート。だが、枠を捉えたシュートは相手GKが懸命に伸ばした手に当たり惜しくもクロスバーを叩く。 ▽逆転での決勝トーナメント進出に向けて勝ち点3が必須のドルトムントは、シュメルツァー、ヤルモレンコを下げてM・フィリップ、イサクの若手アタッカーを続けて投入。85分にはボックス左付近で香川が上げた絶妙なクロスにファーのプリシッチが飛び込むが、このボサーシュートはサイドネットを叩く。さらに試合終了間際には見事な単騎突破で敵陣深くに持ち込んだプリシッチの右クロスをボックス左で待ち構えたオーバメヤンが頭で合わすが、これは相手GKの鋭い反応と左ポストに阻まれ、劇的な逆転ゴールとはならず。 ▽結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。格下相手のアウェイゲームでまたしても今大会初勝利を逃したドルトムントは、上位2チームとの勝ち点を縮めることができず、グループステージ突破に向けて厳しい立場に立たされた。 2017.10.18 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァイグルを巡り、バルサvsシティ勃発か

▽バルセロナとマンチェスター・シティが、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(22)に関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今シーズン、ここまで7勝1分けと最高のスタートを切ったバルセロナ。リーガエスパニョーラで首位に立つカタランの雄は、内容も24得点3失点と申し分ない。だが、『アス』によれば、バルセロナは更なる補強を企てているようで、ヴァイグルがその第一候補に挙がっているという。 ▽ヴァイグルはボランチを本職とするMF。2015年の加入以来、主力として攻撃と守備の起点を担ってきた。そんなヤングスターを、バルセロナはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(29)に代わる選手として、獲得を願望しているようだ。しかし、伝えられるところによると、ヴァイグルを狙っているのはバルセロナだけではなく、マンチェスター・シティも同選手に注目しているという。 ▽現在、シティの守備的MFを担うブラジル代表MFフェルナンジーニョ(32)とコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(34)は契約が今季限り。年齢から考えても、同ポジションに新たな選手を必要とするシティは、ジョゼップ・グアルディオラ監督がヴァイグルの獲得を希望している模様だ。 ▽なお、ヴァイグルは昨年12月にクラブとの契約を2021年まで延長。獲得を目指すバルセロナとシティはそれなりの移籍金を用意する必要がありそうだ。 2017.10.17 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

両者退場者を出す大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配! ドルトムントはリーグ戦ホーム無敗記録が途切れる…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のドルトムントvsライプツィヒが14日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ライプツィヒが2-3で勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節のアウグスブルク戦を香川の決勝点で勝利した首位ドルトムント(勝ち点19)は、その試合からスタメンを6人変更。香川やプリシッチ、バルトラらがベンチスタートとなってゲッツェ、シャヒン、カストロらがスタメンとなった。 ▽一方、ここまで4勝2敗1分けで4位につけるライプツィヒ(勝ち点13)は、前節のケルン戦からスタメンを4人変更。フォルスベリやデンメ、コナテらに代えてオギュスタンやカンプル、出場停止明けのナビ・ケイタらがスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。4分、バックパスを受けたイルザンカーがオーバメヤンにプレスを受けると、不用意なバックパスを選択。このパスを奪ったオーバメヤンが、ボックス左から仕掛けると、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したライプツィヒは10分に反撃。バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、カンプルのFKをボックス左のハルステンベルクが頭で折り返し、最後はサビツァーがヘディングで流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、25分にライプツィヒが再びスコアを動かす。左サイドでボールを受けたブルマが縦への突破を図ると、ゴールラインぎりぎりからカットイン。飛び出したGKビュルキの股下を通した折り返しを、最後はゴール前のY・ポウルセンが左足でゴールに流し込んだ ▽逆転を許したドルトムントは、41分に決定機。スルーパスに抜け出したカストロがボックス左から折り返すも、これは飛び出したGKグラクシがブロック。こぼれ球をヤルモレンコがk~ぎ、最後はM・フィリップがシュートを狙ったが、これも相手DFにブロックされ、前半は1-2で終了した。 ▽迎えた後半、ドルトムントはトルヤンとシャヒンを下げてプリシッチとヴァイグルを投入する2枚替えを敢行。対するライプツィヒは、N・ケイタに代えてデンメをピッチに送り出した。すると47分、ライプツィヒはスルーパスに反応したオギュスタンがボックス左から仕掛けるも、ボックス内でパパスタソプーロスに倒されてPKを獲得。このプレーでパパスタソプーロスにはレッドカードが提示された。 ▽数的優位となったライプツィヒは、このPKをオギュスタンがゴール右隅に決め、追加点を奪う。しかし、49分と56分にイルザンカーが立て続けにイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽早い時間に数的不利が無くなったドルトムントは61分、ザガドゥの縦パスに反応した オーバメヤンがボックス左でウパメカーノに倒される。主審がすかさずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求すると、ウパメカーノの左足がオーバメヤンの足を踏んでおり、主審はPKを宣告。このPKをオーバメヤンがゴール右隅に決め、ドルトムントが1点を返した。 ▽その後はポゼッションで上回るドルトムントがライプツィヒゴールに襲いかかる。84分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、ゲッツェのクロスをニアサイドのヤルモレンコが頭で合わせるも、これは相手GKがキャッチ。 ▽さらに試合終了間際の92分にも、ゲッツェのロングパスがハルステンベルクのクリアミスを誘うと、抜け出したオーバメヤンがシュート。GKグラクシが弾いたこぼれ球をヤルモレンコが押し込むが、これも枠の上に外れた。 ▽結局、そのまま試合は終了し、両チームに退場者を出した大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配が上がった。かろうじて首位をキープしたドルトムントは、今季初黒星を喫すると共にリーグ戦ホーム無敗記録が“41”で途絶えた。 2017.10.15 04:03 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース