トリノ、リヨンからカメルーン代表DFエンクルを獲得!2017.08.05 17:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは5日、リヨンからカメルーン代表DFニコラ・エンクル(27)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽2011年にマルセイユに加入して以降、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍してきたエンクルだが、昨夏国内のライバルであるリヨンに4年契約で加入。しかし、DFエマヌエル・マンマナ(現ゼニト)とDFムクタル・ディアカビという伸び盛りの若手センターバックとのポジション争いに敗れ、昨シーズンはリーグ戦13試合の出場にとどまるなど、思うようなシーズンを送ることができなかった。

▽それでも、カメルーン代表として通算72キャップを誇り、昨夏にはナポリやローマも獲得に関心を示した百戦錬磨のセンターバックの加入は、トリノにとって大きな補強となりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーがナイジェリア代表DFアイナと契約延長! 今季はトリノにレンタル移籍

▽チェルシーは14日、ナイジェリア代表DFオラ・アイナ(21)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。また、アイナが今シーズン終了までトリノにレンタル移籍することを併せて伝えている。 ▽チェルシーのアカデミー出身のアイナは2016年にトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに武者修行に出てレギュラーとして活躍した。 ▽また、左右のサイドバックを主戦場とする右利きのDFはU-16~U-20のカテゴリーまでイングランド代表でプレーしてきたが、2017年10月にルーツがあるナイジェリアのフル代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた30名の予備登録メンバーに選出されたが、最終登録メンバー入りは逃していた。 2018.08.15 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーボがトリノからナイジェリア代表MFジョエル・オビを完全移籍で獲得

▽キエーボは11日、トリノからナイジェリア代表MFジョエル・オビ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなり、1年間の延長オプションも付いている。 ▽ジョエル・オビは、2005年7月にインテルの下部組織に入団。2010年7月にトップチームへと昇格を果たす。2013年9月からはパルマへ1年間のレンタル移籍を経験。2015年7月にトリノへ完全移籍していた。 ▽セリエAでは通算110試合に出場し7ゴール6アシストを記録。トリノでは公式戦59試合に出場し7ゴール5アシスト、2017-18シーズンはセリエAで22試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、ナイジェリア代表としても17キャップを記録しており、ロシア・ワールドカップのメンバー入りを果たしたが、出場機会はなかった。 2018.08.12 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアで復活したザザが欲しい…トリノがリャイッチ売却で資金調達を目指す

▽トリノは、バレンシアのFWシモーネ・ザザ(27)の獲得資金捻出のため、セルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)の売却に動くようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。すると、リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 ▽トリノは、スペインで活躍するイタリア人FWの獲得資金を調達するため、リャイッチの売却を検討。ベシクタシュ、スパルタク・モスクワ、マルセイユのいずれかに1500万ユーロ(約19億円)で売却しようと考えているようだ。 ▽昨シーズンのリャイッチは、セリエAで27試合に出場し6ゴールを記録。しかし、ワルテル・マッツァーリ監督のサッカーに馴染めずにいた。 ▽バレンシアは、チェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイをレンタル移籍で獲得。これにより、ザザの放出も問題なくなっている。スペインで復活したイタリア代表FWの去就はどうなるだろうか。 2018.08.11 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フィルミノ1G1Aなど3発のリバプールがトリノに快勝《プレシーズンマッチ》

▽リバプールは7日、プレシーズンマッチでアンフィールドにトリノを迎え、3-1で快勝した。 ▽12日にウェストハムとのプレミアリーグ開幕戦を控えるリバプールは、3トップにサラー、マネ、フィルミノを起用。中盤にN・ケイタやファビーニョ、バックラインにファン・ダイクやアーノルド、GKにアリソンを起用した。 ▽ベロッティやファルケ、GKシリグらを起用してきたトリノに対し、立ち上がりからリバプールが押し込む展開とすると、16分にPKを獲得する。サラーが敵陣でボールを奪ってマネがシュートに持ち込むと、マネへのボックス内でのファウルによりPKとなった。しかし、キッカーのファビーニョがゴール左を狙ったシュートは枠を外れ、先制するには至らない。 ▽それでも21分、サラーのパスを受けたフィルミノがDFを切り返しで外してシュートに持ち込むと、ディフレクトしたシュートがゴールに吸い込まれ、リバプールが先制した。 ▽その後もアーノルドのミドルシュートなどでゴールに迫ったリバプールは24分、フィルミノのスルーパスを受けたワイナルドゥムがボックス右からシュートを決めて追加点を奪取した。 ▽しかし31分、デ・シルベストリの鋭い右クロスからベロッティに頭で押し込まれて1点を返されると、ここからトリノにやや盛り返されてしまう。それでも40分にワイナルドゥムの前線への飛び出しで決定機を演出したリバプールが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半からGKアリソンとアーノルド以外の9選手を変更し、シャキリやスタリッジを投入したリバプールが引き続き押し込む展開とすると、59分にスタリッジがGKを強襲するシュートを浴びせていく。 ▽その後はこう着状態が続き、終盤の82分にララナのお膳立てからスタリッジが決定機を迎えると、87分に勝負を決定付けた。ボックス手前右からのシャキリの浮き球パスをスタリッジがヘッドで流し込み、3点目を奪った。このまま3-1で快勝したリバプールがプレミアリーグ開幕に弾みを付けている。 2018.08.08 05:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがベロッティと個人間合意

▽ナポリが、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(24)と個人契約で合意に至ったようだ。イタリア『スポーツ・イタリア』の報道をもとに複数メディアが伝えている。 ▽記事によれば、ナポリとベロッティは、年俸350万ユーロ(約4億5000万円)の5年契約で合意に至った模様。しかし、障壁となっているのがトリノの要求額で、5000万ユーロ(約64億7000万円)の移籍金を用意しているナポリに対し、トリノ側は6500万ユーロ(約84億円)でないと手放す気はないようだ。 ▽新シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執る新生ナポリは、今夏はここまでスペイン人MFファビアン・ルイスやイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ、同代表GKアレックス・メレトら新戦力となり得る選手を獲得してきたが、今度は生粋の点取り屋であるベロッティに的を絞ったようだ。 ▽2015年夏にパルマからトリノに加入したベロッティは、加入1年目からリーグ戦35試合に出場して12ゴール5アシストを記録すると、2年目の16-17シーズンはリーグ3位の26ゴールを記録。しかし、昨シーズンはケガに苦しみ10ゴール止まり。トリノは契約解除金を1億ユーロに設定していたようだが、現在の市場価値はおおよそその半額程度となっているようだ。 2018.08.03 13:40 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース