昇格組ブライトン、U-21チェコ代表DFを獲得!2017.08.05 15:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、ビクトリア・プルゼニからU-21チェコ代表DFアレス・マテユ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。

▽2015年にFKプジーブラムからビクトリア・プルゼニに加入したマテユは、チェコの世代別代表で常に主力を担ってきた右サイドバック。昨シーズンは公式戦26試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

オーリエの初ゴールにソニー連発で快勝のスパーズが2連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、トッテナムvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。 ▽前節、ストーク・シティ相手に5-1の大勝を飾りリーグ5試合ぶりの勝利を手にした6位のトッテナム(勝ち点28)は、今週末に首位のマンチェスター・シティ(勝ち点46)とのビッグマッチを控える中で13位のブライトン(勝ち点17)とのホームゲームに臨んだ。ポチェッティーノ監督は連勝を目指すこの一戦に向けて先発4人を変更。両サイドバックにローズ、オーリエが入り、デレ・アリ、デンベレに代わって、ムサ・シッソコと昨年10月末以来、約1年2カ月ぶりにラメラがスタメンに戻ってきた。 ▽立ち上がりから相手を押し込んでハーフコートゲームを展開するトッテナムは、好調のソン・フンミンやケインがボックス付近から積極的にシュートを放っていく。だが、粘り強い守備に定評があるブライトンも簡単には崩されない。 ▽トッテナムペースで試合が進んでいく中、30分にはボックス内で競り勝ったケインの落としを拾ったラメラが反転から左足のシュートを放つが、このシュートは枠を捉えきれない。それでも、焦れずに攻め続けるホームチームは40分、右サイドで仕掛けたオーリエがDFに足をかけられながらも強引に右足のクロスを送り込む。すると、このクロスがGKの頭上を越えてゴール左上隅の絶妙なコースに決まり、オーリエが意外な形から移籍後初ゴールを奪った。 ▽ややツキに恵まれた感はあったものの1点リードで試合を折り返したトッテナムは、少しずつ前がかりになり始めたブライトンに対して、遅攻とカウンターを織り交ぜた攻撃で再三の決定機を作り出していく。 ▽しかし、ケインの再三のミドルシュートやエリクセンのシュートがことごとく相手のブロックに遭い、カウンターからラメラが放ったミドルシュートも相手にディフレクトして左ポストを叩くなど、試合を殺し切れない。 ▽それでも、GKロリスを中心に相手の反撃を危なげなく凌ぐと、87分にようやく試合を決める2点目が決まる。相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのエリクセンがニアに低いクロスを入れると、これをソン・フンミンがダイビングヘッドで合わせ、DFにもディフレクトしたボールがゴール右隅に吸い込まれた。そして、やや苦しみながらもホームで連勝を飾ったトッテナムがチャンピオンズリーグ出場権内の4位に浮上した。 2017.12.14 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のリバプールがブライトンに5発大勝! リーグ連勝でCLスパルタク・モスクワ戦へ《プレミアリーグ》

▽リバプールは2日、敵地で行われたプレミアリーグ第15節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、5-1で大勝した。 ▽前節、途中出場サラーの2ゴールの活躍などでストーク・シティに3-0の快勝を収めた5位のリバプール(勝ち点26)は、来週ミッドウィークに決勝トーナメント進出を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のスパルタク・モスクワ戦を控える中、10位ブライトン(勝ち点17)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からのメンバー変更は6点。負傷のマティプに代わってジャンがセンターバックで起用されたほか、両サイドバックにアーノルド、ロバートソン、中盤から前ではマネがベンチスタートになったもののコウチーニョとサラーが先発に復帰した。 ▽立ち上がりから圧倒的にボールを支配して相手を押し込むリバプールは、サラーやフィルミノが序盤からフィニッシュに絡んでいく。だが、前節マンチェスター・ユナイテッド相手に善戦したブライトンの守備は簡単に崩されない。 ▽その後も引いた相手に対して、なかなか攻め手を見いだせないリバプールだが、30分にセットプレーからゴールをこじ開ける。右CKの場面でコウチーニョがアウトスウィングで入れたボールをゴール前でDFを振り切ったジャンが豪快なヘディングでネットに突き刺した。さらに、畳みかけるリバプールは先制点の2分後の32分にもサラーの中央突破からボックス左でパスを受けたコウチーニョの折り返しを、フリーのフィルミノがワンタッチで流し込み、瞬く間にリードを2点に広げた。 ▽その後はややペースを落としながらも42分にコウチーニョが個人技で際どいシュートに持ち込むなど、上々の形で前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりの48分に試合が動く。リバプールは自陣右サイドを崩されてブラウンに決定的なクロスを許すと、これをゴール前のマーレイにワンタッチで合わせられる。だが、これをGKミニョレのビッグセーブで凌ぐと、ここから高速カウンターを発動。相手陣内をドリブルで持ち上がったサラーがDFを引き付けてボックス右に走り込むフィルミノにラストパスを通し、最後はブラジル代表FWがゴール左上隅に蹴り込んだ。 ▽この3点目で勝利を大きく引き寄せたリバプールだが、直後の51分にやや厳しい判定ながらセットプレー時の競り合いでジャンがファウルを取られPK献上。これをマーレイに決められ、点差を2点に縮められる。 ▽この失点を機にややリズムを失ったリバプールは、相変わらずサラーやコウチーニョを起点としたカウンターが機能する一方、イスキエルド、マーチの投入で攻勢を強めるブライトンの反撃に手を焼く。74分にはセットプレーの流れからダフィのヘディングパスをゴール前で受けたマーレイにボレーで合わせられるが、これは枠の左に外れて事なきを得る。 ▽その後、リバプールは80分に4試合連続ゴール中のサラーを下げてチェンバレンを投入し、逃げ切り体勢に入る。それでも、最後まで攻撃の手を緩めないチームは87分、ボックス手前中央の好位置で得たFKの場面で名手コウチーニョがジャンプした壁の下をグラウンダーで射抜く見事なシュートを突き刺し、4点目を奪取。さらに、その2分後にはカウンターから再びコウチーニョが放ったシュートが相手DFダンクのオウンゴールを誘い、5-1の大勝。攻撃陣爆発のリバプールがリーグ2連勝を飾り、CLスパルタク・モスクワ戦に向けて大きな弾みを付けた。 2017.12.03 02:03 Sun
twitterfacebook
thumb

幸運なOGで辛勝のユナイテッドが連勝で2位死守!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第13節、マンチェスター・ユナイテッドvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが25日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。 ▽前節、ポグバとイブラヒモビッチの復帰を追い風にニューカッスルに4-1の逆転勝利を収めた2位ユナイテッド(勝ち点26)。しかし、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でバーゼル相手に今季グループステージ初黒星を喫し、今節での首位通過を逃した。その敗戦からの巻き返し、リーグ連勝が懸かる今節は昇格組ながらここまで9位と健闘するブライトン(勝ち点16)をオールド・トラフォードに迎えた。 ▽モウリーニョ監督は、そのバーゼル戦から大量7選手を変更。温存していたGKデ・ヘア、マティッチ、バレンシア、ヤング、ラッシュフォードらを先発に復帰させた。 ▽試合は立ち上がりから攻め合うオープンな展開に。開始2分にボックス手前中央で受けたルカクが両チームを通じて最初のシュートを放つ。直後の4分には右サイドで味方とワンツーしたノッカールが際どいシュート性のクロスで応戦。さらに、要所で素早い切り替えを見せるアウェイチームは11分、ボックス右角からグロスが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKデ・ヘアの正面を突いた。 ▽一方、ボールは保持するものの相手の出足の鋭さ、的確なポジショニングでスペースを消す守備に苦戦するユナイテッドは、全体の距離感が悪くなかなか連動した攻撃を仕掛けられない。22分には左サイドからのクロスにファーのルカクが頭で合わすが、これは力なく相手GKの腕の中に収まる。 ▽その後もリズムを掴み切れないユナイテッドは、ポグバやルカク、マティッチらの高さをシンプルに使ったサイドからのクロスで強引にゴールをこじ開けにかかる。35分にはボックス右に抜け出したバレンシアのクロスに再びルカクが合わせるが、ここは相手DFに寄せられて枠の左に外す。前半終了間際の44分にはセットプレーの二次攻撃から右サイドでラッシュフォードが入れたクロスを、ゴール前のポグバがヘディングシュートもGKライアンがビッグセーブ。さらにこぼれ球を再びポグバが押し込みにかかるが、これもライアンにかき出された。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半も引き続き拮抗した展開に。前半同様になかなか中央で攻撃を作れないユナイテッドは53分にヤングが思い切ったミドルシュートを放つなど、比較的プレッシャーが緩いサイドを起点に攻撃を組み立てる。 ▽後半も苦戦が続くユナイテッドは62分、マタを下げて切り札のイブラヒモビッチを投入。ルカクとイブラヒモビッチのツインタワー戦術でゴールをこじ開けにかかる。すると66分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前左のヤングが強引にシュートを放つと、シュートブロックに入ったDFダンクの足に当たって大きくコースが変わったボールがゴール右上隅の絶妙なコースに吸い込まれた。 ▽非常に幸運なオウンゴールで苦しみながらも先手を奪ったユナイテッドは、マルシャルを下げてイブラヒモビッチに続いてムヒタリアンを投入し、追加点を奪いに行く。だが、失点後も気落ちせずにノッカールの個人技を生かしたブライトンの攻めに手を焼き、あわや失点という場面も作られる。さらに80分には足を痛めたラッシュフォードがプレー続行不可能となり、3枚目の交代カードとしてフェライニを投入した。 ▽その後、イブラヒモビッチらに試合を決めるチャンスが訪れたものの、最後まで決め切れないユナイテッドだったが、持ち味の堅守で相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切り、1-0の勝利。内容面で大きな課題は残しながらも得意のホームで勝ち切ったユナイテッドが、リーグ2連勝で2位キープに成功した。 2017.11.26 02:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークが2度のリードも守り切れず昇格組ブライトンとドロー決着…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節のブライトンvsストーク・シティが20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽ここまで4勝3分け4敗で8位につけるブライトンが、3勝3分け5敗で14位に沈むストークを本拠地アメリカン・エクスプレス・スタジアムに迎えた一戦。試合序盤は積極的な入りを見せたストークが攻勢に出ると、28分に試合が動く。 ▽センターライン付近でボールを受けたシャキリが前線にロングパスを供給。相手DFの裏に抜け出したチュポ=モティングが、ボックス内でボールを収めると、冷静にゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したブライトンだが、両サイドから攻撃を組み立て反撃に出る。すると44分、バイタルエリア中央からドリブルで右サイドに切り開いたプレパーがクロス。これをボックス内のグロスがダイレクトボレーで叩き込んだ。 ▽このまま前半終了かと思われたが46分、フレッチャーの左CKがゴール前の相手DFに当たると、こぼれ球をズマがヘディングで押し込み、ストークが勝ち越して前半を終えた。 ▽迎えた後半、1点を追うブライトンは60分に決定機。スティーブンスからの浮き球のパスをボックス左で収めたマーレイがゴール左のスペースに落とす。これを受けたイスキエルドがゴール前に折り返しを供給。一度は相手DFのブロックに阻まれるも、素早くこぼれ球に反応したイスキエルドがシュート。これが相手DFにディフレクトしそのままゴールに吸い込まれた。 ▽その後、ストークは74分にシャキリを下げてクラウチを投入。対するブライトンは84分にブラウン、スケロットと攻撃的な選手を立て続けにピッチに送り出したが、追加点は生まれず。 ▽結局、試合は2-2で終了。2度のリードを生かせなかったストークは、2試合ぶりの白星を逃した。一方のブライトンは5試合負けなしと好調を維持している。 2017.11.21 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライトン、昨季プレミア昇格に貢献したイスラエル代表FWヘメドと契約延長!

▽ブライトンは16日、イスラエル代表FWトメル・ヘメド(30)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月30日までとなる。 ▽イスラエルの強豪マッカビ・ハイファの下部組織出身のヘメドは、マジョルカやアルメリアを経て、2015年6月にブライトンへ加入。加入後はレギュラーとして活躍すると、これまで在籍3年間で公式戦97試合に出場し33ゴール10アシストをマーク。昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では11ゴールを記録し、チームのプレミア昇格の立役者の1人となった。 ▽また、各年代のイスラエル代表に選出されてきたヘメドは、2011年6月にフル代表デビュー。これまで29キャップに出場し15ゴールを記録している。 2017.11.17 05:57 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース