レバンテ、メスからコートジボワール代表MFを獲得!2017.08.05 15:12 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバンテは4日、メスからコートジボワール代表MFシェイク・ドゥクレ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。

▽ロリアンでプロキャリアをスタートしたドゥクレは、2014年にメスへ完全移籍で加入。185cmの恵まれた体躯を生かした守備に加え、シンプルな繋ぎで攻撃のリズムを作る守備的MFは、昨シーズンのリーグ戦29試合に出場していた。

▽また、2015年にデビューを飾ったコートジボワール代表では、ここまで通算16試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、がん治療のベリッソ監督復帰もゴールレスドロー《セビージャ》

▽リーガエスパニョーラ第16節のセビージャvsレバンテが、15日にサンチェス・ピスファンで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節のレアル・マドリー戦で0-5の大敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)と、前節のビルバオ戦で1-2と惜敗し3戦勝ちのない15位のレバンテ(勝ち点16)が対戦した。ホームのセビージャは、マドリー戦からスタメンを5名変更し、キャロル、フランコ・バスケス、ヘスス・ナバス、ムリエル、ノリートに代えて、エスクデロ、ガンソ、コレア、イェデル、サラビアを起用。また、先月28日に前立腺がんの手術を受けていたベリッソ監督がこの試合からベンチに復帰した。 ▽がんの治療を経て復帰したベリッソ監督の起用に応えたいセビージャの面々は、序盤から積極的に前線にボールを配給していく。しかし、中盤とディフェンスの2ラインをコンパクトに保つレバンテの牙城を崩せない。16分には、左サイドでボールを持ったコレアが突破を図ったが、相手DFに止められた。 ▽逆に17分には、ボックス内中央で味方からの折り返しを受けたウナルが、ダイレクトで合わせる。至近距離からの枠を捉えたシュートだったが、GKセルヒオ・リコが気迫のセーブ。ゴールを死守した。 ▽その後は、レバンテが中盤でのボール奪取からショートカウンターを浴びせる場面が続いたが、セビージャは最後の場面で集中した守備を披露。すると30分にチャンスが訪れる。エスクデロのクロスが相手DFに当たり軌道が変わると、ボックス内フリーのガンソの下へ。ガンソは飛び上がり頭で合わせたが、枠を捉えることができない。 ▽もう一度攻勢に出たいレバンテは、35分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのジェイソンが強烈なシュートを蹴ると、右のポストに当たりゴールの内側に跳ね返る。ボールはネットに吸い込まれるかに思われたが、GKセルヒオ・リコが足で弾き出しスコアは動かず。試合はゴールレスで折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、セビージャはペースを掴み切れない。48分には、ジェイソンがボックス右に侵攻して右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、積極的にセビージャのゴールマウスを脅かしていく。 ▽それでも57分には、敵陣右奥でボールを受けたサラビアが中央にドリブルしつつ、ダイアゴナルに走り込んだイェデルにスルーパスを供給。イェデルは至近距離からシュートを放ったが、GKオイエルに阻まれた。 ▽勝利したいセビージャは、67分にガンソに代えてフランコ・バスケスを、77分にはメルカドに代えてヘスス・ナバス、80分にはコレアに代えてムリエルを投入するなど、攻撃的な交代を敢行。しかし、その采配が効果を発揮することはなく、最後までゴールは生まれず。 ▽ゴールレスのまま試合が終了し、セビージャはベリッソ監督の復帰戦で勝利することはできなかった。対するレバンテも、4戦連続で勝ちなしとなっている。 2017.12.16 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマン&ガメイロの2Gなどで5発大勝のアトレティコ、開幕からの無敗を維持《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは25日、リーガエスパニョーラ第13節でレバンテと対戦し、5-0で勝利した。 ▽4位のアトレティコ(勝ち点24)が、13位のレバンテ(勝ち点15)の本拠地シウダ・デ・バレンシアに乗り込んだ一戦。公式戦ここ10試合負けなしも、なかなか勝ち切れていないアトレティコ。前節のレアル・マドリーとの引き分けを挟んで2試合ぶりの白星を狙うロヒ・ブランコスは直近のチャンピオンズリーグのローマ戦から5選手を変更。ゴディンやガビ、コレアが先発に復帰したほか、ディフェンスラインにサビッチ、前線にはガメイロが起用された。 ▽試合は早々に動く。5分、最終ラインからのロングボールで一気に抜け出したガメイロがボックス右からグラウンダーのクロスを送ると、これがR・スアレスのオウンゴールを誘い、アトレティコが幸運な形で先制した。 ▽先制後も集中した戦いでレバンテに攻撃の隙を与えないアトレティコは、13分にコケ、23分にガメイロがゴールに迫る。すると29分、順調に2点目を追加する。 ▽ガビのスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したコレア。GKオイエルもかわして無人のゴールを狙ったが、チェマ・ロドリゲスが懸命に戻り、シュートをブロック。しかしクリアしきれず、ゴール前に残ったこぼれ球をガメイロが流し込んでリードを広げた。 ▽後半もアトレティコペースで進むが、57分にGKオブラクのゴールキックを奪われると最後はウナルにゴール右をかすめるシュートを放たれ一瞬ヒヤリとする場面に。それでも、地力で勝るアトレティコは59分、グリーズマンのパスをオフサイドラインギリギリで受けたガメイロが難なくGKとの一対一を制し、3点目を挙げた。 ▽さらに65分、今度はガメイロがグリーズマンのゴールを御膳立て。味方のパスでボックス右に侵攻したガメイロがグラウンダーのクロスをファーサイドに送ると。走りこんだグリーズマンが合わせて4点目。直後の68分にも、ガメイロのボックス右からのシュートのこぼれ球をグリーズマンが押し込んで5点目を奪った。 ▽試合はこのまま終了。アウェイで5点を奪ったアトレティコがレバンテに大勝し、リーグ戦開幕からの無敗を維持した。 2017.11.26 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎級のゴラッソなど圧巻3発のレバンテが無敗継続! 完敗ソシエダは連敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節のレバンテvsレアル・ソシエダが21日に行われ、ホームのレバンテが3-0で快勝した。 ▽ここまで1勝3分けで無敗を継続する昨季2部王者レバンテと、前節レアル・マドリー相手に敗れ、連勝が「3」でストップしたソシエダが対峙した一戦。レバンテは好調のバルディやカンパーニャ、アレグリアが先発入り。一方のソシエダは若手DFゴロサベルをデビューさせるなど、直近のマドリー戦から幾つかメンバーを入れ替え、前線はベラ、ファンミ、ウィリアン・ジョゼが3トップを組んだ。 ▽地力で勝るソシエダが押し込む入りが予想された中、意外にも試合はホームのレバンテが押し込む展開に。細かい繋ぎを生かしたコレクティブなカウンターからゴールに迫るレバンテは17分、ボックス手前中央のホセ・モラレスのヒールパスに反応したトーニョが狙い澄ました左足のシュートを放つが、これはGKルジの圧巻のセーブに遭う。さらにこぼれ球をジェイソンが無人のゴールへ蹴り込むが、素早く身体を起こしたルジが再び驚異の反応で弾き出した。 ▽その後は徐々に盛り返したソシエダがセットプレーからエルストンド、ウィリアン・ジョゼやベラがフィニッシュに絡むが、なかなかシュートを枠に飛ばせない。 ▽前半終盤にかけては経験不足の若手DFゴロサベルの守る相手右サイドを執拗に突くレバンテが押し込むも、ゴール至近距離からジェイソンが放ったシュートは再びGKルジのビッグセーブに遭う。それでも、攻勢を続けるレバンテは45分、セットプレーの二次攻撃から右サイドでホセ・モラレスが上げたクロスを、攻め残っていたセンターバックのチェマ・ロドリゲスがボックス手前中央から圧巻の左足ダイレクトボレーでゴール右上隅に突き刺し、GKルジの牙城を破った。 ▽先日にヘタフェMF柴崎岳が決めたゴラッソに勝るとも劣らないチェマのゴラッソで先手を奪ったレバンテは、後半に入っても主導権を渡さない。カンパーニャやバルディのプレースキックでゴールを脅かしていく。 ▽苦しい状況が続くソシエダは、バウティスタ、オドリオソラ、カナレスと次々に交代カードを切っていくが、この交代策が裏目に。74分、相手のカウンターからホセ・モラレスにボックス内への侵入を許すと、オドリオソラが引き倒してしまい、痛恨のPK献上。キッカーのホセ・モラレスが左に蹴ったシュートはGKルジが読み切るも、脇の下を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽このPKで勝利を大きく近づけたレバンテは、88分にボックス手前でR・スアレスがジョレンテに倒されてFKを獲得。このファウルで2枚目の警告を受けたジョレンテが退場となると、好位置からのFKをバルディが見事な右足のシュートで直接左隅に叩き込み、勝負あり。 ▽チェマとバルディの圧巻ゴラッソで快勝のレバンテが、今季2勝目で開幕からの無敗記録を更新。一方、完敗のソシエダは3連勝からの厳しい連敗となった。 2017.09.22 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ負傷退場にマルセロ一発退場のレアル・マドリー、格下レバンテに痛恨ドローで2戦連続引き分け《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第3節でレバンテをサンチャゴ・ベルナベウに迎え、1-1で引き分けた。 ▽代表ウィーク前に行われた前節バレンシア戦を2-2で引き分けて1勝1分けスタートとなったレアル・マドリーは、C・ロナウドが引き続き出場停止の中、代表戦を戦ったモドリッチやGKケイロル・ナバスが欠場となって、テオ・エルナンデスやM・ジョレンテ、L・バスケスといったバックアップメンバーがスタメンとなった。 ▽レアル・マドリーと同じく1勝1分けスタートとしたレバンテに対し、2トップにベンゼマとアセンシオ、両ウイングバックにマルセロ、L・バスケス、テオ・エルナンデスを左サイドバックに配すフラットな[4-4-2]で臨んだレアル・マドリーが、立ち上がりから押し込んでいく。 ▽しかし12分、先制される。ロングスローの流れからあっさりイヴィにゴールへ流し込まれた。 ▽その後も押し込んだレアル・マドリーだったが、決定機を生み出すことができずにいると、25分にアクシデント発生。ベンゼマが右足太ももを負傷し、ベイルが投入され、そのまま2トップの一角に入った。 ▽そのレアル・マドリーは31分に直接FKでイヴィにゴールを脅かされるも、36分に左CKから追いつく。セルヒオ・ラモスのヘディングシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをL・バスケスが押し込んだ。 ▽前半終盤にかけてレアル・マドリーは立て続けにベイルに決定機が訪れる。まずは43分、マルセロの左クロスからヘディングシュート。しかし、これは枠を捉えきれない。さらに45分、セルヒオ・ラモスのロングフィードに抜け出したベイルがGKと一対一となるも、枠を捉えていたシュートは止められてしまった。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが攻勢に出るも、レバンテを攻めあぐねる状況が続くと、62分にM・ジョレンテに代えてイスコを投入。それでも好機を生み出せず72分にはL・バスケスに代えてコバチッチを投入した。 ▽すると83分に決定機。ベイルのヒールパスをボックス右で受けたアセンシオが狙い済ましてシュート。しかし、GKの好守に阻まれた。続く87分にはイスコの右クロスにベイルがヘディングで合わせるも、シュートは枠の右に外れた。 ▽そして、89分のマルセロのミドルシュートをGKの好守に止められると、この直後にアクシデント。相手選手ともつれたマルセロが蹴ってしまい、一発退場となった。結局、追加タイム3分のクロースのコントロールシュートは右ポストに直撃し、1-1のままタイムアップ。格下レバンテに引き分け、ホームで痛い2戦連続ドローに終わってしまった。 2017.09.09 22:16 Sat
twitterfacebook
thumb

レバンテがウルグアイ人CBカバコを買い取りオプション付きレンタルで獲得

▽レバンテは1日、ナシオナルのウルグアイ人DFエリック・カバコ(22)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽185cmのセンターバックであるカバコは、2016年夏に母国の名門クラブであるナシオナルからリーグ・アンのナンシーにレンタルで加入。昨季は公式戦22試合に出場していた。 ▽下部年代のウルグアイ代表としてはU-20代表まで選出され、2015年のU-20ワールドカップに出場していた。 2017.09.02 01:02 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース