ディ・ビアッジョがU-21イタリア代表監督留任、契約を2年更新2017.08.04 23:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は4日、U-21イタリア代表を率いるルイジ・ディ・ビアッジョ監督(46)と2019年まで契約を更新したことを発表した。

▽現役時代にセントラルMFとしてインテルやローマなどで活躍したディ・ビアッジョ監督は指導者転向後、2013年からU-21イタリア代表を指揮。2015年のU-21欧州選手権ではグループステージ敗退に終わったが、今年6月に開催されたU-21欧州選手権ではグループステージを突破し、準決勝でスペイン代表に敗れていた。

▽2年の契約更新に至ったディ・ビアッジョ監督は、2019年にイタリアで開催されるU-21欧州選手権で2020年東京オリンピック出場を目指すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ローマ 0-2 ミラン《セリエA》

▽セリエA第26節、ローマvsミランが25日に行われ、0-2でミランが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_11_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 好守も見せたが、2失点 DF 25 ブルーノ・ペレス 5.0 雑なプレーが多く、2失点目はオフサイドトラップをかけ損ねた 44 マノラス 5.5 クトローネのフィジカルによく対応していたが、失点場面では付ききれず 20 ファシオ 5.5 正確なパス出しでビルドアップの起点に 11 コラロフ 5.0 攻撃参加時のプレーの質が低かった MF 7 ペッレグリーニ 5.0 もっとボールに絡みたい (→ジェルソン -) 6 ストロートマン 5.5 後半は相手の攻撃を抑えられず 4 ナインゴラン 5.0 失点につながりかねないミスパスを犯すなど精彩を欠いた (→ゼコ 5.0) 特に流れを変えるようなプレーはなかった FW 17 ジェンギズ・ユンデル 5.0 1本らしいミドルシュートを放つもそれ以外に見せ場はなかった (→デフレル 5.0) ゼコ同様、仕事ができなかった 14 シック 5.0 ゼコの代役はまだまだ荷が重い 8 ペロッティ 5.5 彼の仕掛けが少ない攻撃の形だった 監督 ディ・フランチェスコ 5.0 主力を一部温存したこともあって完敗に近い内容 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 終始、安定したゴールキーピングだった DF 2 カラブリア 6.5 ペロッティの対応に集中し、2点目を挙げる 19 ボヌッチ 6.0 安定した守備でチームを支えた。フィードも正確 13 ロマニョーリ 6.0 シックとのマッチアップで完勝 68 R・ロドリゲス 6.0 好調ジェンギズを封じた MF 79 ケシエ 6.0 攻守に利いていた 21 ビリア 6.0 中盤をコントロール 5 ボナヴェントゥーラ 6.0 ゴール前に絡んでアクセントを付ける (→モントリーボ -) FW 8 スソ 6.0 なかなか仕事ができなかったが、クトローネのゴールをアシスト (→ボリーニ -) 63 クトローネ 6.5 孤立していたが、少ないチャンスを決めきった (→カリニッチ 6.0) 自身の決定機はアリソンに阻まれたが、2点目をアシスト 10 チャルハノール 6.5 果敢にシュートを狙い、ゴールに迫った。多くのチャンスも演出 監督 ガットゥーゾ 6.5 好試合が続いており、好調は本物の様子。CL出場権争いに名乗り ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クトローネ(ミラン) ▽守備陣も好パフォーマンスを見せたが、やはり試合を動かしたストライカーを選出。エースの働きを続け、決定的な仕事をこなしている。 ローマ 0-2 ミラン 【ミラン】 クトローネ(後3) カラブリア(後29) 2018.02.26 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランが敵地でローマ撃破! 3連勝でCL出場権争いに名乗り《セリエA》

▽セリエA第26節、ローマvsミランが25日に行われ、0-2でミランが快勝した。 ▽前節ウディネーゼ戦をジェンギズの3試合連続ゴールでリーグ戦3連勝としたローマ(勝ち点50)は3位に浮上。しかし、4日前に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦は1-2で逆転負けを喫した。そのシャフタール戦のスタメンから3選手を変更。ゼコ、デ・ロッシ、フロレンツィに代えてシック、ペッレグリーニ、ブルーノ・ペレスを起用した。そして、公式戦4試合連続ゴール中のジェンギズが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、前節サンプドリア戦をR・ロドリゲスがPKを失敗したものの、ボナヴェントゥーラ弾で1-0と勝利して2連勝とした6位ミラン(勝ち点41)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦を1stレグのアドバンテージを生かして主力を温存し、1-0と勝利して順当にベスト16進出を決めた。そのルドゴレツ戦のスタメンから6選手を変更。スソやボヌッチ、ボナヴェントゥーラら主力がスタメンに戻った。 ▽徐々にポゼッションを高める入りを見せたローマは、5分にジェンギズがミドルシュートでGKドンナルンマを強襲。続く10分にもショートカウンターからペロッティが枠内シュートをマークしたローマが流れを引き寄せにかかる。一方、押し込まれ始めたミランは最前線のクトローネ目掛けてロングフィードを送るなどしてけん制。 ▽前半半ば以降もローマがボールを保持する展開が続いたが、互いにシュートに持ち込めず膠着状態が続く。結局、ハーフタイムにかけても睨み合いが続いた試合は、ミランがシュート0本に終わり、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽重苦しい前半を終えて迎えた後半開始3分、ミランが試合を動かす。クトローネのパスを受けたスソが右サイドからインスウィングにかけたクロスを上げると、ゴール前に詰めたクトローネがマノラスの前にポジションを取ってダイレクトヒールで流し込んだ。 ▽ここからヒートアップした試合はまずは失点したローマがペロッティのミドルシュートで反撃を窺う。対するミランもケシエ、チャルハノールのミドルシュートで応戦。57分にはスソのパスを受けたチャルハノールがボックス左から際どいシュートを浴びせて追加点に迫った。 ▽追うローマはナインゴランに代えてゼコを投入。シックとの2トップに移行し、圧力を強めていく。一方のミランはクトローネに代えてカリニッチを投入した。 ▽すると72分、ミランに決定機。カウンターに転じ、チャルハノールの右足アウトにかけたパスを受けたボックス中央のカリニッチがシュート。しかし、GKアリソンのファインセーブに阻まれる。 ▽それでも74分、ミランが突き放す。カリニッチとのパス交換でボックス中央に侵入したカラブリアがGKとの一対一を制した。終盤にかけてはミランが自陣に引いてローマの攻撃を受け止め、危なげなく時間を消化。3連勝としたミランがローマとのポイント差を6に縮め、CL出場権争いに名乗りを上げている。一方、連勝が3で止まったローマはCL圏外の5位に後退している。 2018.02.26 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョージ・ウェアそっくりと話題のサンプFW。謙虚に真の狙いを明かす

▽25日に行われたセリエA第26節のサンプドリアvsウディネーゼの一戦で、「ジョージ・ウェアの再来」と絶賛される得点が生まれた。『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えている。 ▽話題のゴールを決めたのはサンプドリアFWドゥバン・サパタ。ロシアW杯で日本と対戦する可能性もあるコロンビア人アタッカーだ。 ▽サンプドリアが1点リードで迎えた83分、サパタは自陣のペナルティエリア付近からドリブルを開始し、力強く相手DFを引き離した。そのまま約60メートルを駆け抜け、柔らかいシュートでゴールネットを揺らしている。このときの姿が元ミランのスター、ジョージ・ウェアとかぶった人は少なくないようで、SNSでも話題になっている。 ▽ただ、サパタは正直者だった。試合後にウェアに似ていると聞かれた同選手は「彼のことは知っているけど、その映像を見たことはないんだ。似ていると言われたけど、本当は(中にいたFWファビオ・)クアリアレッラに出したんだ」と、真の狙いを明かしている。 2018.02.26 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスとアタランタの一戦が豪雪で延期…28日にはコッパ・イタリアでも対戦予定

25日に予定されていたセリエA第26節、ユベントスとアタランタの一戦が豪雪により延期となった。<br><br>トリノのアリアンツ・スタジアムで開催されるはずだった一戦は、大雪により、ピッチ全面が真っ白に。両チームは試合前のウォーミングアップを続けていたものの、マッチオフィシャルは両チームのキャプテンを呼び、延期することを伝えた。<br><br>首位ナポリの試合が26日に予定されていたため、ユベントスは暫定でトップに立つ可能性もあったが、そのチャンスはなくなってしまった。なお、今回の一戦が何日に延期されるかはいまだ発表されていない。<br><br>なお、両チームはコッパ・イタリア準決勝2ndレグでも対戦予定。28日に再びトリノで顔を合わせる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.26 05:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチのドッピエッタとインモービレのPK弾でラツィオがサッスオーロとの10人対決を完勝《セリエA》

▽ラツィオは25日、セリエA第26節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、 3-0で完勝した。 ▽前節ヴェローナ戦をインモービレの1カ月半ぶりのゴールで2-0と快勝し、連敗を3で止めてチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上したラツィオ(勝ち点49)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のステアウア・ブカレスト戦をインモービレのハットトリックなどで逆転でのベスト16進出を決めた。そのステアウア戦のスタメンから大幅に7選手を変更。インモービレやフェリペ・アンデルソン、ルーカス・レイバにGKストラコシャのみ引き続きスタメンとなって、デ・フライやL・アルベルト、パローロら主力がベンチスタートとなった。 ▽7試合勝利のない16位サッスオーロ(勝ち点23)に対し、オープンな立ち上がりとなった中、7分にラツィオが先制する。バイタルエリア左でパスを受けたミリンコビッチ=サビッチがゴール右上へ完璧なコントロールシュートを蹴り込んだ。 ▽GKが一歩も動けないパーフェクトシュートで先制したラツィオがその後の流れを引き寄せると、30分にVARの末PKが与えられる。ボックス内で浮き球を処理にかかったペルーゾの手にボールが当たったと判定された。このPKをインモービレが決めてリードを広げたラツィオは、ハーフタイムにかけてもサッスオーロに付け入る隙を与えずに2-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にラツィオがダメ押しの3点目を奪いきる。右サイドからのフェリペ・アンデルソンのアーリークロスをゴール前に走り込んだミリンコビッチ=サビッチが頭で押し込んだ。 ▽そして54分には数的優位となる。ベラルディがドリブルでの持ち出しが大きくなったところで足を伸ばすと、ラドゥの足首にスパイクが入り、一発退場となった。 ▽余裕のラツィオはルーカス・レイバとJ・ルカクをお役御免とし、パローロとルリッチを投入。しかし63分、ラツィオも退場者を出してしまう。マルシッチが競り合いの際に対応したロジェリオにエルボーを見舞ってしまった。 ▽それでも、終盤にかけてのサッスオーロの反撃をシャットアウトしたラツィオが3-0で完勝。10人対決を制し、CL圏内を死守している。 2018.02.26 00:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース