ディ・ビアッジョがU-21イタリア代表監督留任、契約を2年更新2017.08.04 23:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は4日、U-21イタリア代表を率いるルイジ・ディ・ビアッジョ監督(46)と2019年まで契約を更新したことを発表した。

▽現役時代にセントラルMFとしてインテルやローマなどで活躍したディ・ビアッジョ監督は指導者転向後、2013年からU-21イタリア代表を指揮。2015年のU-21欧州選手権ではグループステージ敗退に終わったが、今年6月に開催されたU-21欧州選手権ではグループステージを突破し、準決勝でスペイン代表に敗れていた。

▽2年の契約更新に至ったディ・ビアッジョ監督は、2019年にイタリアで開催されるU-21欧州選手権で2020年東京オリンピック出場を目指すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

セリエDで珍事? 相手サポーターに向けて放尿した選手に5試合の出場停止

▽イタリアのセリエDで珍しい形での出場停止処分が下された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今回珍しい形での処分を科されたのは、トゥリスに所属するイタリア人MFMFジョバンニ・リベルティ(21)。同選手は15日に行われ、3-3のドローに終わったサルネーゼ戦で、試合中にアウェイサポーターに向けて排尿を行い、卑猥で低俗なジェスチャーを行った疑いで5試合の出場停止処分を科された。 ▽だが、今回の出場停止処分を受けて、トゥリスのアントニオ・コラントニオ会長は、『フェイスブック』を通じてリベルティへの処分が誤解による不当なものだと反論している。 「我々のプレーヤーは規律委員会によって主張されるような行為を全くしていない」 「彼はウォームアップエリアの近くの壁側にあった水飲み場で水を飲んでおり、ピッチに入るために自分のユニフォームをズボンに入れているだけだった」 「また、今回の処分を指示した副審はピッチの反対側におり、規律委員会は副審の証言のみで今回の処分を決めた」 「対戦相手だったクラブも我々のプレーヤーがそういった行為をしていなかったことを確認してくれており、私は今回の決定を苦々しく思っている」 ▽なお、トゥリスは今回の処分に関して上訴を行う手続きをすでに行っている。 ※画像はイメージです 2017.10.20 00:38 Fri
twitterfacebook
thumb

完全燃焼のバッカ「史上最悪のミランでプレーしたけど…」

▽ビジャレアルに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカが昨シーズンまで在籍したミラン時代を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽バッカは、2015年夏にセビージャからミランに加入した。在籍2シーズンで公式戦77試合34ゴールをマーク。ミランが4シーズンぶりの欧州復帰を果たした昨シーズンを最後に、ビジャレアルに活躍の場を移した。 ▽2年間にわたってリーディングスコアラーとしてミランを支えたバッカは、母国コロンビア『W Radio Colombia』で、その当時について次のように回想した。 「ミランでの数年間は、個人的に満足しているよ。個人目標も達成できた。周りは物足りなく思っていたかもだけどね」 「僕は、史上最悪の時期を過ごすミランにいた。(シルヴィオ・)ベルルスコーニ会長も新たなオーナーにクラブを売りたがっていた」 「僕は顔を上げてクラブを去った。なぜなら、ミランをヨーロッパの舞台に戻すことに貢献できたのだからね」 「ミランがヨーロッパの戦いに戻ってきたことは嬉しい。それはセビージャから去ったときの目標だったんだ」 2017.10.19 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ戦で途中交代のインシーニェが太ももを負傷、インテル戦は欠場濃厚

▽ナポリは18日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが太ももを負傷したことを発表した。 ▽インシーニェは前日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節のマンチェスター・シティ戦で先発していたが、57分に交代を強いられていた。 ▽ナポリはインシーニェの負傷についてクラブの公式サイトで次のように発表している。 「インシーニェは右足の太ももに張りを感じたと訴えてきた。重傷ではないとの初見だが、毎日の検査で状態を確認していく」 ▽重傷ではないと発表したナポリだが、21日に行われるセリエA第9節インテル戦は欠場することが濃厚のようだ。 2017.10.19 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが12年前のデビュー時を回想「交代相手はバロンドール受賞者だった」

ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニは15日でデビュー12周年を飾った。ユベントスの公式チャンネル『ユベントスTV』のインタビューに応じている。<br><br>キエッリーニはピサ出身で、リヴォルノの下部組織で育った。2004年夏にユベントスに移籍すると、1年間はレンタルでフィオレンティーナへ武者修行。翌シーズン、ファビオ・カペッロ率いるユベントスに復帰したキエッリーニにデビューの瞬間が訪れた。2005年10月15日、スタディオ・デレ・アルピでのメッシーナ戦(1-0でユベントスが勝利)のことだ。当時のユベントスには、アレッサンドロ・デル・ピエロやズラタン・イブラヒモビッチ、ファビオ・カンナヴァーロ、リリアン・テュラムといったそうそうたるメンバーが名を連ねていた。<br><br>「感動が入り混じっていた。加入してから2カ月が経っていたけど、ユベントスの若手なら全員が経験することだ。偉大な選手が集まるクラブの一員になるには少し時間がかかったよ。考えてみて欲しい。あの試合で僕が交代した相手はバロンドール受賞者のパベル・ネドベドだったんだ」<br><br>当時21歳だったキエッリーニに代わり、ピッチを後にしたのは、2003年にバロンドールを受賞し、現在はユベントスの副会長を務めるレジェンド、ネドベド氏だったことを回想した。<br><br>「ここへ来ると、まるで別世界に押しつぶされそうになる。最初は少し苦労するけど、少しずつ自分の居場所を勝ち取っていくことができた」<br><br>その後、キエッリーニは徐々に実力を発揮し、DFアンドレア・バルザーリや今夏ミランへ移籍したDFレオナルド・ボヌッチと堅守のBBCトリオを組み、ユベントスの6連覇を支えて貢献し、現在の地位を築いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、伊主要紙のダービー評価は?「軍人のようにサイド防衛」の一方で最低評価も

ミラノ・ダービーに先発したインテルのDF長友佑都に対するイタリア各紙の意見は分かれた。<br><br>インテルは15日、セリエA第8節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合は主将FWマウロ・イカルディがハットトリックを決め、3-2でシーソーゲームを制して順位表でも単独2位に浮上した。今シーズン、長友は新加入のDFダルベルト・エンリケと交互に起用されるなど、左サイドバックにおいて熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。しかし慎重な守備が必要とされるミラノダービーでは、前節のベネヴェント戦に引き続きベテランの長友が起用され、フル出場を果たしている。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』はワースト選手として長友を挙げ、MFロベルト・ガリアルディーニと並びチーム内最低点となる「5,5」をつけた。「前半はガリアルディーニとともに唯一の汚点となったが、(ファビオ)ボリーニがチャンスを無駄にした。後半は文字通り、元リヴァプールの選手によって隅へ追いやられた」と述べ、対面したボリーニに手を焼いていたと指摘した。なお最高評価はハットトリックを決めたFWマウロ・イカルディの「9」となっている。<br><br>一方、『トゥット・スポルト』は「6」の評価を下し、「優秀な兵士は軍人のような顔つきでサイドを防衛した」と綴り、長友の守備に合格点を与えた。最高点はイカルディの「9」、最低点は途中出場したDFジョアン・カンセロの「5,5」となっている。<br><br>また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、及第点となる「6」の評価を与えている。「守備に注意深く、ダウベルトより好まれた。足元にボールを持つと震えていたが、惨事を起こすこともなかった」として、長友が与えられた役割をこなしていたと分析した。なお最高点および最低点も同じく、イカルディの「9」、カンセロの「5,5」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.17 21:53 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース