甲府がかつてG大阪でプレーしたブラジル人FWリンスを獲得2017.08.04 20:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は4日、かつてガンバ大阪でプレーしたブラジル人FWリンス(29)の加入を発表した。2015年以来2年ぶりのJリーグ復帰となる。背番号は「39」をつける。

▽リンスは、ブラジルのモジミリンでキャリアをスタートさせ、パウリスタやポンチ・プレッタ、グレミオなど国内クラブでプレー。2014年にガンバ大阪へと加入すると、J1で46試合出場6得点、カップ戦で11試合出場1得点、天皇杯で6試合出場2得点を記録していた。リンスはクラブを通じてコメントしている。

「日本に来ることが出来て嬉しいです。自分のベストを尽くしてチームメイトと戦い、出来るだけ早くこの厳しい状況から抜け出せるよう頑張ります」

「多くのサポーターに来てもらうことが力になりますので、ぜひスタジアムに応援に来てください。甲府サポーターの皆さんよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

今季限りでの現役引退を発表していた甲府一筋のMF石原克哉「17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつける」

▽12日に今シーズン限りで現役を引退することが決定したことを発表していたヴァンフォーレ甲府のMF石原克哉(39)は、15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のFC東京戦(1-1のドロー)後、引退会見を行った。 ▽2001年に順天堂大学から加入してプロキャリアをスタートさせた石原は、17シーズンにわたって甲府一筋でプレー。1年目からリーグ戦30試合に出場し、レギュラーに定着すると2005年にはJ2リーグと入れ替え戦全試合に出場してクラブ初のJ1昇格に貢献した。2007年にはキャプテンに就任し、チームを支えた。 ▽Jリーグでの通算成績は、J1リーグ142試合11得点、J2リーグ325試合19得点、国内カップ戦通算21試合2得点、天皇杯通算26試合2得点を記録している。 ▽引退会見を行った石原は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さん、こんにちは。 日頃よりヴァンフォーレ甲府を応援、サポートして頂きまして誠にありがとうございます。 クラブからリリースされた通り、私、石原克哉は今シーズン限りでの引退を決意致しました」 「決断の理由は、ここ数年間、ヒザの痛みによって100%の力を発揮することができなくなったということです。気持ちの部分では今でも戦う準備はできていますが、やはり100%の力で毎日の練習もできていない現実を考えて、このような結論に至りました」 「今シーズンもあと5試合になりました。この17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつけ、なにがなんでも残留し、少しでも順位を上げていけるように貢献していきたいと思っています。これまで支えてくださった全ての方々に感謝し、みんなで笑って終われるよう最後まで戦いますので、応援よろしくお願いします! 」 2017.10.15 22:19 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府、10人の FC東京に追いつかれドロー止まり《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のヴァンフォーレ甲府vsFC東京が15日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝9分け13敗で16位に位置する甲府(勝ち点27)と、10勝7分け11敗で11位のFC東京(勝ち点37)が激突した。ホームの甲府は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦と同様のスターティングイレブンをチョイス。対するFC東京は、0-0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦からGK林、大久保嘉、前田に代えてGK大久保択、ピーター・ウタカ、ユ・インスを起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合は、開始からポゼッションを高めて能動的に攻めるFC東京が序盤は押し気味に進める。すると、20分に決定機を演出。ゴール正面のペナルティアーク付近で高萩からの浮き球をトラップした永井が、うまく反転してシュート。これが枠を捉えたが、GK河田の好セーブに遭って先制点とはならない。 ▽やや苦しい展開となった甲府だが、23分にセットプレーからチャンスをモノにする。右サイドで得たFKでキッカーの島川がゴール前にクロスを入れると、正面のリンスが打点の高いヘッドで合わせる。このヘディングシュートがゴール右に決まり、甲府がリードした。 ▽ハーフタイムにかけては同点弾を狙うFC東京が前に出る。40分にはゴール正面でウタカが粘って、最後はユ・インスがシュート。DFにディフレクトしたボールがゴールに向かったが、これはバーにヒットして同点弾とはならなかった。 ▽圧力を強めたいFC東京だったが、前半終了間際にアクシデント。ポストプレー中のウタカが背後に背負っていたマーカーの田中に肘打ち。これが悪質なプレーと判断され、レッドカードを提示された。ビハインドを背負うFC東京が数的不利を強いられる。 ▽迎えた後半は、ボールを保持するFC東京に対して甲府がカウンターを狙う展開となる。55分には、その甲府がカウンターからチャンス。縦パスを受けたドゥドゥがドリブルで仕掛けてボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、スコアを動かしたのは10人のFC東京だった。60分、左サイドで得たFKでキッカーの太田がゴール前に鋭いクロスを入れる。これに正面で合わせた丸山がヘディングシュートでネットを揺らし、FC東京が1-1のタイスコアに持ち込む。 ▽終盤にかけても展開は変わらない。勝ち越し弾を狙うFC東京は88分、ペナルティアーク手前から太田がゴール右を捉える直接FKでゴールを襲うも、GK河田の好セーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2017.10.15 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府一筋のMF石原克哉が今季限りでの現役引退を発表…2005年にはクラブ初のJ1昇格に貢献

▽ヴァンフォーレ甲府は12日、MF石原克哉(39)が今シーズン限りで引退することが決定したことを発表した。 ▽2001年に順天堂大学から加入してプロキャリアをスタートさせた石原は、17シーズンにわたって甲府一筋でプレー。1年目からリーグ戦30試合に出場し、レギュラーに定着すると2005年にはJ2リーグと入れ替え戦全試合に出場してクラブ初のJ1昇格に貢献した。2007年にはキャプテンに就任し、チームを支えた。 ▽Jリーグでの通算成績は、J1リーグ142試合11得点、J2リーグ325試合19得点を記録している。 ▽なお、10月15日(日)に行われる明治安田生命J1リーグ第29節のFC東京戦後、「石原克哉選手現役引退記者会見」を実施予定。また、その様子をヴァンフォーレ甲府のオフィシャルスポンサーであります株式会社フォネットのサービスを通じてインターネット中継するとのことだ。 2017.10.12 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、今季加入の大卒ルーキーDF小出悠太がプロA契約締結

▽ヴァンフォーレ甲府は6日、DF小出悠太(21)とのプロA契約締結を発表した。9月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節の柏レイソル戦にてプロA契約締結条件を満たした。 ▽千葉県出身の小出は明治大学から今シーズン加入。今年5月に行われたルヴァンカップのアルビレックス新潟戦でデビューを飾った小出は、ここまでJ1リーグ4試合とリーグカップ1試合、天皇杯1試合の合計6試合に出場している。 ▽小出はプロA契約締結を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「これからも感謝の気持ちを忘れずに、真面目に謙虚に直向きに努力し続けていきたいと思います」 2017.10.06 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

交代拒否ドゥドゥが圧巻のゴラッソで古巣柏に10戦ぶり黒星与える! 連勝甲府が逆転残留に向け大きな勝ち点3《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府が30日に日立柏サッカー場で行われ、アウェイの甲府が1-0で勝利した。 ▽9戦無敗で2位の川崎フロンターレと同勝ち点の3位に付ける柏(勝ち点53)が、前節7試合ぶりの白星を収めた16位の甲府(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。前節、FC東京に快勝の柏は、その試合の先発からユン・ソギョンに代えて、古賀を起用した以外同じメンバーを起用。一方、前節横浜F・マリノスに競り勝った甲府は、阿部に代えて松橋を起用した以外、こちらも同じメンバーを起用してきた。 ▽立ち上がりからボールを保持して押し込む柏に対して、甲府は粘り強い守備からドゥドゥ、リンスの個人技を生かしたロングカウンターでゴールを目指す。12分には松橋の左クロスのこぼれ球を小椋が拾って右足を振り抜くが、このシュートは惜しくも左ポストを叩く。 ▽一方、柏は21分に相手のミスパスをカットした右サイドの伊東のクロスをゴール前に飛び込んだクリスティアーノがダイビングヘッドで合わすが、これはわずかに枠の上。続く25分には小池のフィードに反応したクリスティアーノが強引な突破からボックス右でシュートを放つが、今度はGK河田の好守に遭い、先制点とはならず。 ▽前半半ばから終盤にかけては甲府のロングカウンターが機能し、ドゥドゥ、リンスに続けてボックス内で決定機が訪れるが、シュートがサイドネットを叩くなど、最後のところで決め切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も引き続き拮抗した展開が続く。ホームで勝ち点3がほしい柏は、55分に左サイドをえぐった古賀のグラウンダーのクロスにクリスティアーノ、62分にはキム・ボギョンのお膳立てから武富がボックス中央でシュートを狙うが、いずれの決定機も先制点とはならず。 ▽一方、後半も攻守両面でインテンシティの高さを見せる甲府は格上相手に堂々と渡り合う。62分には敵陣中央のリンスが見事なドリブル突破からボックス内に持ち込み、トゥーキックでシュートを放つがこれはGK中村の好守に遭う。さらに、こぼれ球に田中が詰めるが、これも枠に飛ばせない。 ▽流れを変えたい柏ベンチは、65分に武富を下げてディエゴ・オリヴェイラを投入。76分にはボックス手前で得たFKを名手クリスティアーノが狙うが、わずかに枠の左。さらに78分には相手ボックス中央で判断を誤ったDFエデル・リマからボールを奪ったオリヴェイラが無人のゴールへシュートするが、これをクロスバーに当ててしまう。 ▽試合終盤にかけては柏が押し込む展開が続くが、古巣対戦で燃える甲府のエースが大仕事を果たす。76分過ぎに橋爪との交代を拒否していたドゥドゥは89分、ロングカウンターから相手陣内左サイドをドリブルで持ち上がる。そして、ボックス手前中央でDF中山との競り合いで一度はバランスを崩すも、豪快に右足インステップのシュートを放つと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さった。その後、後半アディショナルタイムにはボックス中央で伊東に決定的な反転シュートを許すも、これをGK河田が見事なセーブで阻み、試合はこのままタイムアップ。ドゥドゥの2試合連続ゴールで9戦無敗の柏を敵地で破った甲府が、今季2度目の連勝を飾り、15位サンフレッチェ広島と勝ち点27で並んだ。 2017.09.30 18:12 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース