ELプレーオフ組み合わせ決定! 酒井宏樹、南野拓実が本戦出場を懸けて登場《ELプレーオフ》2017.08.04 20:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグのプレーオフ組み合わせが4日にスイスのニヨンで行われた。

▽プレーオフでは、予選を勝ち上がったミラン(イタリア)はシュケンディヤ(マケドニア)と対戦。エバートン(イングランド)はハイデュク・スプリト(クロアチア)と対戦する。

▽また、チャンピオンズリーグの予選3回戦で敗れたFW南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)はFCヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア)と対戦。また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)は、ドムジャレ(スロベニア)と対戦する。

▽プレーオフ1stレグは、17日に開催。2ndレグは24日に行われる。

◆ELプレーオフ組み合わせ
シュケンディヤ(マケドニア) vs ミラン(イタリア)
バルダル(マケドニア) vs フェネルバフチェ(トルコ)
アヤックス(オランダ) vs ローゼンボリ(ノルウェー)
オシエク(クロアチア) vs オーストリア・ウィーン(オーストリア)
レッドスター・ベオグラード(セルビア) vs FCクラスノダール(ロシア)
アルタッハ(オーストリア) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
BATEボリソフ(ベラルーシ) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ)
クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs AEKアテネ(ギリシャ)
マリティモ(ポルトガル) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs スカンデルベウ(アルバニア)
ルドゴレツ(ブルガリア) vs スードゥヴァ(リトアニア)
パナシナイコス(ギリシャ) vs アスレティック・ビルバオ(スペイン)
アポロン(キプロス) vs ミッティラン(デンマーク)
ドムジャレ(スロベニア) vs マルセイユ(フランス)
パルチザン・ベオグラード(セルビア) vs ビデオトン(ハンガリー)
ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) vs ブラガ(ポルトガル)
エバートン(イングランド) vs ハイデュク・スプリト(クロアチア)
ユトレヒト(オランダ) vs ゼニト(ロシア)
レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs シェリフ(モルドバ)
FCヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア) vs ザルツブルク(オーストリア)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs AEKラルナカ(キプロス)
PAOK(ギリシャ) vs エステルンド(スウェーデン)

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトンが日本代表DF吉田麻也の負傷を発表…全治約5週間の見込み

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は約5週間の離脱となるようだ。同クラブを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督が、22日に行われた公式会見で語った内容をクラブの公式ツイッターが伝えている。 ▽吉田は、今シーズンのここまでプレミアリーグ18試合に出場。だが、第23節のワトフォード戦を境にプレーチャンスを得られておらず、17日に行われたFAカップ5回戦のWBA戦でベンチメンバーから外れていた。 ▽その吉田は、18日に自身のツイッター(@MayaYoshida3)で「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですが更にパワーアップして帰ってきたいと思います!」と、負傷を報告していた。 ▽なお、日本代表は3月中旬以降にルーマニア代表やアルジェリア代表と国際親善試合を行う欧州遠征を予定しているが、吉田の出場は絶望的となっている。 2018.02.23 02:02 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】ラウンド16進出を懸けた運命の第2戦! 香川ドルトや南野ザルツに注目!

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが22日に開催される。先週に行われた1stレグでは優勝候補がいずれも順当に勝利を重ねたが、ラウンド16進出を懸けた運命の第2戦の行方はいかに。ドルトムントやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ミランといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32第2戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・1stレグ結果◆ レッドスター 0-0 CSKAモスクワ アスタナ 1-3 スポルティング・リスボン ドルトムント 3-2 アタランタ ルドゴレツ 0-3 ミラン マルセイユ 3-0 ブラガ ニース 2-3 ロコモティフ・モスクワ エステルスンド 0-3 アーセナル レアル・ソシエダ 2-2 ザルツブルク スパルタク・モスクワ 1-3 ビルバオ AEKアテネ 1-1 ディナモ・キエフ セルティック 1-0 ゼニト ステアウア・ブカレスト 0-1 ラツィオ コペンハーゲン 1-4 アトレティコ・マドリー リヨン 3-1 ビジャレアル パルチザン 1-1 ビクトリア・プルゼニ ナポリ 1-3 RBライプツィヒ ◆ラウンド32・2ndレグ◆ ▽2/21(水) CSKAモスクワ 1-0(AGG:1-0) レッドスター ▽2/22(木) 《25:00》 ロコモティフ・モスクワ vs ニース 《27:00》 アトレティコ・マドリー vs コペンハーゲン ディナモ・キエフ vs AEKアテネ ラツィオ vs ステアウア・ブカレスト RBライプツィヒ vs ナポリ スポルティング・リスボン vs アスタナ ビクトリア・プルゼニ vs パルチザン ビジャレアル vs リヨン ゼニト vs セルティック 《29:05》 ミラン vs ルドゴレツ アーセナル vs エステルスンド アタランタ vs ドルトムント ビルバオ vs スパルタク・モスクワ ブラガ vs マルセイユ ザルツブルク vs レアル・ソシエダ ★注目はアタランタvs香川ドルト、南野ザルツvsソシエダ! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述のようにビッグクラブが概ね順当に勝利を重ねた中、この第2戦でより緊迫感のある勝負が期待されるのがアタランタvsドルトムントと、ザルツブルクvsレアル・ソシエダの2カードだ。 ▽ドルトムントホームで行われた初戦は、ドルトムントがMFシュールレのゴールで先制に成功するも、追いすがるアタランタが後半立ち上がりにMFイリチッチの連続ゴールで逆転。しかし、好調を維持するドルトムントは新エースFWバチュアイの2ゴールによって再逆転に成功し、ホームで3-2の勝利を手にした。 ▽しかし、2ndレグに向けてアタランタは2つのアウェイゴールを持ち帰っており、セリエAの強豪を苦しめるベルガモの地での逆転は十分に可能だ。直近のフィオレンティーナ戦では一部主力を温存した中、フィオレンティーナ相手に追いついての1-1のドローと調子を維持している。 ▽対するドルトムントは先週末に行われたボルシアMG戦を苦しみながらもMFロイスの復帰弾と守護神ビュルキの好守で1-0の勝利を収め、公式戦4連勝を飾っている。足首を負傷中のMF香川真司の欠場は決定的となっているが、過密日程の中でラウンド16進出を果たしたいところだ。 ▽また、MF南野拓実の試合終了間際の劇的な同点弾によって難所アノエタで2-2のドローという好結果を持ち帰ったザルツブルクは、ホームに舞台を移して行われる今回の2ndレグでラウンド16進出を目指す。前回対戦ではセットプレーと相手の個人技から失点を喫したものの、チームとして崩される場面は少なく、今回の一戦でも1stレグ同様のアプローチで臨むと思われる。その中で先発出場が期待される南野にはポジショニングミスや集中力に難がある相手守備陣に対して、積極的なオフ・ザ・ボールの動きで揺さぶりをかけていきたい。とりわけ、カウンターの場面では得点のチャンスがありそうだ。 ★初戦大勝のアーセナルら強豪は週末のビッグマッチに向け主力温存へ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽格下との対戦となったアーセナル、ミラン、アトレティコ・マドリー、マルセイユら優勝候補はいずれも初戦を大勝で飾り、余程のことがなければ、ラウンド16進出が濃厚だ。そのため、今回の2ndレグは一部主力を温存して若手や控えメンバー主体で戦うことになりそうだ。 ▽エステルスンド(スウェーデン)との敵地での初戦を3-0で快勝したアーセナルは、今週末にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝というビッグマッチを控えており、その試合に万全の状態で臨むため1stレグで起用したMFエジルやMFムヒタリアン、DFモンレアルらの主力を温存する見込みだ。代わってFWエンケティアやFWネルソン、MFナイルズといった期待の若手に加え、DFコラシナツなどの控えメンバーがスタメンに名を連ねる見込みだ。 ▽同様にルドゴレツ(ブルガリア)とのアウェイゲームを3-0で快勝したミランは、こちらも今週末にセリエAのローマ戦、来週ミッドウィークにラツィオとのコッパ・イタリア準決勝という重要な連戦を控えており、主力温存が濃厚だ。 ▽さらに、コペンハーゲンとのアウェイゲームを4-1で逆転勝利したアトレティコは今週末にセビージャとの上位対決を控えており、今回の2ndレグではFWトーレスやMFビトロら控え組にチャンスが与えられそうだ。 ▽また、途中出場のDF酒井宏樹のアシストなどによってホームで3-0の勝利を収めたマルセイユは、ブラガの本拠地に乗り込む今回の2ndレグに向けて同じく主力を温存する構え。今週末にはリーグ首位パリ・サンジェルマンとの“フランス・ダービー”が予定されており、酒井やFWトヴァン、MFサンソンらが温存される見込みだ。 ★ゼニトやラツィオ、ナポリの逆転は? <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、敵地での初戦を落としたゼニトやラツィオ、ビジャレアルといった強豪チームはホームで戦うこの2ndレグで逆転突破を目指す。 ▽ロジャーズvsマンチーニという名将対決に注目が集まったセルティックとの初戦を終盤の失点により0-1で落としたゼニト。だが、その1stレグがウィンターブレーク明け最初の公式戦だったという事情もあり、試合勘を取り戻した中で戦う極寒のホームでのリターンマッチに向けて十分に望みはあるはずだ。MFパレデスやFWドリウッシなどアルゼンチン人プレーヤーの活躍に期待がかかるところだ。 ▽また、ステアウア・ブカレストとの1stレグを0-1で落としたラツィオだが、月曜に行われたヴェローナ戦ではここ数試合沈黙が続いていた主砲FWインモービレのドッピエッタの活躍で公式戦6試合ぶりの勝利。勢いを取り戻した中、アウェイチームにとっては難しいオリンピコを舞台に逆転突破を狙う。 ▽前述の2チームとは異なり、ビジャレアルは厳しい立場に立たされている。昨季セミファイナリストのリヨンのホームに乗り込んだ初戦ではミス絡みの連続失点で流れを失うと、MFフォルナルスのゴールで貴重なアウェイゴールを奪うも、後半終盤に相手FWデパイのスーパーゴールで突き放され、1-3の敗戦を喫した。また、先週末のリーガでも格下エスパニョールに勝ち切れず、公式戦4戦未勝利となっている。もちろん、対戦相手のリヨンもEL直後のリーグ戦を引き分けているが、相手の強力な攻撃陣を抑え込んでの2-0の逆転突破は非常に困難なミッションだ。 ▽一方、ラウンド32に屈指の好カードとなったライプツィヒとの初戦でホームで1-3の大敗を喫したナポリは、ビジャレアル以上に厳しい状況だ。そのため、1stレグと同様に一部主力を温存して敵地での2ndレグに臨む構えだ。セリエAでは直近のSPAL戦を1-0で勝ち切ってクラブ記録タイの9連勝で2位ユベントスとの勝ち点1差をキープしており、チームのプライオリティーは完全にスクデットへと向いている。 2018.02.22 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】「なんで俺を呼ばへんのや」。ブラジル予備登録から4年。最後の追い上げ見せる23歳の点取屋・南野拓実

▽15日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16、レアル・ソシエダ戦。レッドブル・ザルツブルクは敵地・サンセバスチャンのエスタディオ・アノエタで1-2の劣勢を強いられたまま、90分を過ぎた。ギリギリまで追い込まれる中、アディショナルタイムが4分に差し掛かったところでミラクルが起きる。ペナルティエリア付近に上がったMFハイダラパスを受けた右サイドバックのライトナーが絶妙の折り返しを中央へ。そこに飛び込んで右足を振り抜いたのが背番号18・南野拓実だった。76分から投入されていた切り札はマルコ・ローズ監督の期待に応える値千金の同点弾をゲット。敵地での勝ち点1という大仕事をやってのけたのだ。 ▽その南野が2014年ブラジルワールドカップ日本代表予備登録メンバーだったことを知っているサッカーファンは少なくないはずだ。当時まだセレッソ大阪所属の19歳だったが、アルベルト・ザッケローニ監督(現UAE代表監督)に非凡な才能を認められ、あと一歩で本大会に滑り込みそうだった。 ▽最後の最後でメンバー外となった悔しさを胸に、南野は2015年1月にザルツブルクへ移籍。後半戦だけを戦った1シーズン目こそオーストリア・ブンデスリーガ3得点にとどまったが、15-16シーズンは10点、16-17シーズンは11点と2年連続2ケタ得点をマークする。その活躍ぶりだっただけに、今季は同じレッドブルがメインスポンサーを務めるドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒへのステップアップが有力視されていた。 ▽ところが、新天地への移籍が叶わなかったうえ、シーズン序盤に負傷。1カ月半にわたる長期離脱を強いられる。そのタイミングがちょうど2018年ロシアワールドカップ出場権を獲得した頃。新戦力テストの数少ない場となった昨年10月のニュージーランド(豊田)&ハイチ(横浜)2連戦、ブラジル(リール)&ベルギー(リエージュ)2連戦の日本代表招集も見送りとなり、ロシア行きの可能性がかなり低くなったと見られていた。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も2015年10月のイラン戦(テヘラン)で南野を呼び、残り2分でピッチに送り出したが、試したのはその1回だけ。「2~3年後には日本代表に定着しているだろう」という自身のコメントを忘れたかのように、彼の招集を見送り続けている。 ▽同じリオ世代の久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)が日本代表で存在感を高めてきたた2016年秋、ザルツブルクの練習場で取材に応じた南野は「『なんで俺を呼ばへんのや』という気持ちはすごくある。呼んでくれたら日本代表の力になれる自信はある」と語気を強めていた。甘いマスクにも関わらず、誰よりも負けず嫌いで、闘争心を前面に押し出すこの男は世界の大舞台でもタフに、そしてアグレッシブ戦える選手。それが冒頭のソシエダ戦でよく分かったはずだ。ハリルホジッチ監督のその一挙手一投足を目の当たりにしたのであれば、3月のマリ&ウクライナ(ともにリエージュ)2連戦で最後のアピールのチャンスを与えるべきではないだろうか。 ▽南野の主戦場である右サイドのポジションはここまで久保と浅野がリードしているが、久保はヘントでトップ下を担っていて、右サイドでのプレーに少なからず戸惑いを覚えている様子だ。浅野に至っては2018年に入ってから一度もシュツットガルトで試合に出ていない。その代役として、2017年東アジアカップ(E-1選手権)で頭角を現した伊東純也(柏)が浮上。確かに新世代のスピードスターも乗りに乗ってはいるが、南野の国際経験値と決定力を見逃すのはもったいない。 ▽それに加えて、南野には4年越しのワールドカップへの強い思いがある。95年1月生まれでありながら、98年フランスワールドカップの日本代表の戦いぶり、あるいは名勝負と言われたイングランドvsアルゼンチン、決勝のフランスvsブラジルなどのビデオを擦り切れるほど見て、脳裏に焼き付けているこの男にとって、ワールドカップというのはやはり特別なもの。ブラジル大会の時はまだ19歳でピッチに立てるという実感はなかっただろうが、3年間欧州で戦い抜いてきた今は違う。コロンビア、セネガル、ポーランドといった相手と対峙しても、冷静に自分自身の力を発揮できるはずだ。 ▽南野が最後の最後にロシアへ滑り込むためには、ソシエダ戦を皮切りに、今季終盤戦に爆発的なパフォーマンスを見せ、目覚ましい結果を残すこと。それしかボスニア人指揮官の心を動かす術はない。イングランドやドイツでプレーしている選手より所属リーグの格が低いことを自覚して、そのマイナス面を感じさせないほどの強烈なインパクトを残せば、風向きは変わってくるかもしれない。 ▽ここからが南野の最後の勝負だ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

8戦連続フル出場の長谷部誠、独メディアも絶賛「鷹のように…」チームはCL出場圏内浮上

ライプツィヒ戦で好パフォーマンスをみせたフランクフルトMF長谷部誠を、ドイツメディアも高く評価している。<br><br>19日に行われたブンデスリーガ第23節で、ライプツィヒをホームに迎えたフランクフルト。チャンピオンズリーグ出場権を争うチームとの対戦は、逆転でフランクフルトが制している。<br><br>長谷部はこの試合でも先発し、安定したパフォーマンスを披露。8試合連続のフル出場を果たした。その間チームは6勝1分1敗と、絶好調を維持している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は、チーム2位タイの「2」をつけた。「DFラインの前で、素晴らしい視野を発揮した。ライプツィヒの攻撃を、鷹のように摘み取った。多くのボールを支配し、パスは正確だった」と絶賛している。<br><br>この勝利で、フランクフルトは公式戦3連勝。勝ち点を39に伸ばし、CL出場圏内の3位に浮上した。日本代表キャプテンは、絶好調のチームで確かな存在感を放っているようだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、3月に戦列復帰か

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、2月中の復帰が厳しいのかもしれない。ドイツ『レヴィア・シュポルト』が伝えている。 ▽香川は、10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で足首を負傷。それ以降、ここ公式戦2試合の欠場を余儀なくされている。 ▽ペーター・シュティーガー監督は、「確かなことはわからない」としつつ、「深刻じゃないが、2週間はかかるだろう」と復帰時期を推測したという。 ▽今シーズンから途中から指揮を執るシュティーガー監督の下、出場機会を増やした香川。ここまで公式戦26試合6ゴール7アシストを記録している。 ▽香川の復帰時期とみられる3月は、日本代表がベルギー遠征を予定。ここ最近、代表から遠ざかる香川にとって、アピールの機会となるが、果たして…。 2018.02.20 11:15 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース